FC2ブログ
Welcome to my blog

「追想五断章」米澤穂信

ななこ




Amazonのページはこちら→追想五断章 (集英社文庫)


追想五断章
著者:米澤穂信
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大学を休学し、伯父の古書店に居候する菅生芳光は、ある女性から、死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語」を探して欲しい、という依頼を受ける。調査を進めるうちに、故人が20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の容疑者だったことがわかり―。五つの物語に秘められた真実とは?青春去りし後の人間の光と陰を描き出す、米澤穂信の新境地。精緻きわまる大人の本格ミステリ。



米澤さん、といえば青春ミステリ!
……というイメージは、とうの昔に捨ててしまいましたよかお

「ボトルネック」や「儚い羊たちの祝宴」を読んで、
すでにこの作家さんには、ブラックな一面がある事は分かってます。
そしてそういうお話は、個人的には決してキライではないのです。

でも。
今回ばかりは、読む時期が悪かったのかな~??
読み進めるうちに、どんどん気が滅入っていくのが分かりましたきもち


ライン

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ミステリ  リドルストーリー  古本屋  物語の結末は…


叔父の営む古本屋でバイトをしている芳光は、
店に来たある女性から、亡くなった父の書いた5つの小説を探して欲しいと依頼を受ける。

面白いのは、
その女性の手元には、結末が1行だけ書かれた5つの文章は残っているという事。
だから、どこかにあるハズの結末のない小説を探したいのだという。

なんというか、主人公が「ボトルネック」並みに陰気!
まぁこんな暗い物語ですから、底抜けに明るいヤツだったら逆に怖いけどね~かお
それにしたってあまりに影の薄い主人公ですね。。。

5つのリドルストーリー(結末のない物語)が、
作中作として収められていて、そのお話が思いのほか面白かったですきもち

そして、そのストーリーの背後に隠された真相…
派手ではないけれど、よく練られていて。つくづく米澤さんは巧いなぁと感心します。

決して読後感の良い作品ではありませんが、よくできたミステリでした。


≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

関連記事

Comments 16

There are no comments yet.
月夜  
ご無沙汰してます^^;

nanacoさんこんにちは^^
「この人だれ!?」って思われてたらどうしよう!?
とドキドキしながら、コメント書いてます♪
ブログ移転されたんですね!
私もFC2は使いやすくて好きですよ★

ダークな米澤さん全開の作品でしたよね^^;
作中作のお話は今でも印象に残っていますよ。
全体のお話より、こちらの方が好きでした。笑

またちょくちょくお邪魔させて頂きますね^^♪

2012/10/20 (Sat) 17:19 | EDIT | REPLY |   
picchuko  
nanaco☆ちゃ~ん♪

nanaco☆ちゃん、こんばんは!
これまた独特の世界観を持つ小説ですね~。^^
あらすじを読んで、これは面白そう!って思いました。
nanaco☆ちゃんの星は3つだけど、でもnanaco☆ちゃんのレビューそのものからは、その面白さが滲み出ていて。
nanaco☆ちゃんが書いてあるように、時期さえ悪くなかったら、この★の数は変わってたのかな?

それにしても、米澤さん?
よくこんな面白いストーリーが頭に浮かびますね。^^

2012/10/20 (Sat) 19:07 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
この本、積読本入りしてます(*^^)v

nanaco☆さん、こんにちは~(^^)/

あっ、この本、積読してありますよ~^^
「古書店」と「結末のない物語」が気になって購入したんですが…
nanaco師匠の感想をうかがうと、ちょっと微妙な感じですねぇ(><)
陰気ですか?…それは、読む時を選ばないと酷い目に会いそうだわ(笑)
おまけに主人公の影が薄いのね~(>_<)
せめて、“美青年”という救いは…ないですよねぇ???

2012/10/21 (Sun) 14:54 | EDIT | REPLY |   
塩平  

お久しぶりです(*゚▽゚)ノ
僕もこれ積んでるですよね~
ボトルネックは「救いようが無いけん読まんがいいよ」って知人に言われて読んでないんですけど(笑)
でもコレも暗い話みたいですね;;

米澤さんと言えばリカーシブルの連載が完結したので読んだんですがあれも胸糞悪い話でした(-_-;

小市民シリーズの冬季限定をそろそろ冬ですし出してほしいです(ノ゚ο゚)ノ

2012/10/21 (Sun) 14:55 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
月夜さんへ

わ~月夜さん!!ご無沙汰してます~~\(^▽^)/

月夜さん、どうしているかなぁと思ってました。
ブログの方もちょくちょく覗かせてもらっていましたよ♪
いよいよブログ再開ですか??これからもどうぞ仲良くして下さいねっ^^

>ブログ移転されたんですね!
>私もFC2は使いやすくて好きですよ★

そうなんです~どうも楽天さんには不満ばかりでして…(笑)
使いづらさに加え、FC2さんの自由度にも惹かれて結局乗り換えちゃいました!
こちらはホント記事のUPもしやすくて、助かっています(*^-^)

>ダークな米澤さん全開の作品でしたよね^^;
>作中作のお話は今でも印象に残っていますよ。
>全体のお話より、こちらの方が好きでした。笑

月夜さんに同感です(笑)
作中作のお話のほうが、童話風だったので読みやすかったですねぇ。
どちらにしても、全体的に陰鬱でドーンと暗くなる作品でした^^;
「儚い羊たちの祝宴」は好きだったんだけどなぁ……。

2012/10/21 (Sun) 21:42 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

>nanaco☆ちゃんが書いてあるように、時期さえ悪くなかったら、この★の数は変わってたのかな?

本って読む時期によって、大分感想が変わってきますよねぇ^^;
ちょっと心が病んでる時は、どんな作品に対しても否定的になっちゃったりして(笑)
そう考えると、今回のこの作品には全然罪はないんですけど…(=v=)

暗く気が滅入るようなお話ではありましたけど、ミステリとしては本当によく出来てます☆
練りに練ったという印象です。また違う時期に読んでみたいですね~。o@(^-^)@o。
この秋はどっしり重厚なミステリが読みたい気分です!

2012/10/21 (Sun) 21:54 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

おぉ、miwaさんもこの本積んでいましたか~('-'*)
個人的には「読む時期を間違えちゃったかなぁ」と思っただけで、
プロットもよく練られている印象だし、ミステリとしてはすごく面白いですよ!
ただ……なんというかものすごく気が滅入ってしまって(笑)
「ボトルネック」を読んだ時も、こんな感覚だったのを思い出しました~^^;

>せめて、“美青年”という救いは…ないですよねぇ???

う~ん、残念!!私もそれを期待してたんですけど(爆)
陰鬱な青年が美しいと、「陰のある美青年」になっちゃいますね……('ー') フフ
表現によって大分イメージが違うわぁ。。。美しいって、得ですね。。。
miwaさんがどんな感想を持たれるのか、レビュー楽しみにしていま~す☆

2012/10/21 (Sun) 22:01 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
塩平さんへ

塩平さん!!こちらにも遊びに来て下さったんですね~(o^-^o)嬉しいです♪

塩平さんもこの作品、積まれていたんですね~☆
「ボトルネック」も救いようのないお話でしたけど、今回のも負けていません^^;
ただ、どちらもミステリ的にはすごく面白い作品だと思うんですよねぇ…
読む時期(または読む人)によっては、ズドーンと打ちのめされるだけで(笑)
また時間を置いて読んでみたいなぁと思ってます=^-^=

>米澤さんと言えばリカーシブルの連載が完結したので読んだんですがあれも胸糞悪い話でした(-_-;

リカーシブル、、、どこかで聞いた事が…と思ったら、
以前読んだ「Story Seller 2」で「リカーシブル─リブート」というのが収められてました。
この短編はよく分からなかった記憶があるんですけど、連載物だったんですね!?
どうりで中途半端に終わっていたハズだ~><
胸糞悪い話(笑)ちょっとビビりますが、単行本になったらきっと読んでしまうでしょう。。。

2012/10/21 (Sun) 22:13 | EDIT | REPLY |   
nemurineko  
おすすめは

nanacoさん今晩は

エラリー・クイーンはまだ未読だったんですね、この記事とは関係ないkれど
おすすめは【ローマ帽子の謎】から読み始めるのがいいと思います
クイーンといえば国名シリーズですし有栖川さんもリスぺくとしてますしね
その中でローマ帽子は国名シリーズの第一作目に当たりますから(^^)
古典は現在のミステリーの基礎を作ったかたがたなので
興味深いですよ

2012/10/21 (Sun) 23:00 | EDIT | REPLY |   
いりえ  
な、なるほど

nanaco☆さん、こんにちは~(゜レ゜)

 主人公の影が薄くて、陰気……。な、なるほど。なるほど、まあそういうこともありますよね(゜-゜)

 最近、nanaco☆さんの、「作者・作品別INDEX」を活用させてもらってます(^u^) 5星王冠付きの作品だけでも全チェック(来年の目標!)したいッス(^◇^)
 カテゴリの「◆MY BEST本」はまだ0件なのですが、「2012年度nanaco☆賞」という意味ですよね? …違いますか? 読書家nanaco☆さんのベスト本、知りたいなぁ~。更新される日が楽しみです!! 

2012/10/22 (Mon) 13:43 | EDIT | REPLY |   
塩平  
リカーシブル

そうです!そうです(*'-')
「Story Seller 2」に収録されてた「リカーシブル リブート」は「リカーシブル」の冒頭を短編にまとめたものみたいです♪

「リカーシブル リブート」を書いた時には長編にしようって思ってたらしいんですけど、忙しいんでしょうね?2年半置いといて結局去年の12月号の小説新潮から連載が始まって今年の8月号で完結しました。「リカーシブル リブート」は下敷きにしただけみたいで細かい所の設定が違うところがありましたね。

で、内容は土着信仰が関わってくる閉鎖的な町のお話でした(^_^;)胸糞悪いのは、中学生の女の子と小学生の男の子の姉弟が主人公なんですが、この親がちょっとね…

ネタバレしそうなんでこのぐらいにしておきます(゚ー゚;

2012/10/23 (Tue) 06:37 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
nemurinekoさんへ

nemurinekoさん、こんばんは~♪

ハイ、恥ずかしながらエラリー・クイーン未読なんですよ (・・*)ゞ
というか、今まで古典はあまり読んできていないんです~;
だから、nemurinekoさんのブログはいつもすごく参考にさせて頂いています☆

>おすすめは【ローマ帽子の謎】から読み始めるのがいいと思います

わ~ありがとうございます(^人^)
それでは国名シリーズ、少しずつ挑戦してみようと思います♪
秋の夜長にはミステリがピッタリですね!何だか楽しみになってきました。。。

2012/10/24 (Wed) 21:33 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、こんばんは~♪

陰気な主人公って、読んでるこちらまで陰気になってきますよね(笑)
つくづく読む本で自分が形作られていくんだよなぁ…と実感しちゃいますね(゚ー゚;A

そうそう、INDEX活用して頂いているとか!うわぁ、嬉し恥ずかしって感じです(*^.^*)
大分古いレビューもあるので、軽~く流してくださいね(笑)
でもでも、5つ星王冠付きはもう絶対オススメなので!!是非ご一読下さいな~♪

>カテゴリの「◆MY BEST本」はまだ0件なのですが、「2012年度nanaco☆賞」という意味ですよね?

ふふふ…いりえさん、するどいですぜ!
そうなんです~年末あたりに2012年度のBEST本を紹介する予定です^^
本当は楽天ブログの時の過去のBEST本も移す予定だったんですが、
サボリ気味で未だ移せていません。。。そのうち過去のも載せるかもです。

今年もあと残り2ヶ月ちょっと!(早い~)
お互い素敵な本に出会えると良いですね(o^∇^o)ノ

2012/10/24 (Wed) 21:44 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
塩平さんへ

塩平さん、こんばんは~♪

>「リカーシブル リブート」は「リカーシブル」の冒頭を短編にまとめたものみたいです♪

お~やっぱりそうだったんですね!
どことなく中途半端な気がしたのはそのせいだったんですねぇ…(・-・*)

>土着信仰が関わってくる閉鎖的な町のお話

そう聞くと、自分好みのお話のような気がしてくるんですが…
ちょっと横溝正史的な感じかしら?さすがにそこまではいかないですかね~(笑)
なんだかんだでブラックな米澤作品も好きなので、単行本化が楽しみです♪

そういえばまだ小市民シリーズの「秋期限定~」が未読でした。
いつか出る冬期の前に読んでおかなくちゃですね(*'ー'*)

2012/10/24 (Wed) 22:14 | EDIT | REPLY |   
Cozy  
器用貧乏

nanaco☆さん、こんにちは。

コメント&トラックバックありがとうございました♪

米澤穂信氏は器用貧乏なイメージです。
作品のネタだったり、ロジックだったり、構成だったり、雰囲気作りだったり、すべてが巧いのですが、読み終わるとあっさりしているんですよね。

2014/02/02 (Sun) 09:53 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cozyさんへ

Cozyさん、こんにちは~♪
お返事が遅れてしまってゴメンナサイ(▼-▼*)

>米澤穂信氏は器用貧乏なイメージです。

器用貧乏!確かにそうかもしれませんね~(笑)
この作品もそうですが、イマイチ印象に残らないんですよねぇ…。
あ、作中作だけは面白かったので記憶に残っています^^

この作家さんの作品は、なんだかんだで結構読んできているので、
未読の「犬はどこだ」と「さよなら妖精」も近々読んでみたいと思います♪

2014/02/08 (Sat) 16:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『追想五断章』(米澤穂信)
  • 「早計でした。結末こそが、最も重要だった」 『追想五断章』(米沢穂信) 大学を休学し、伯父の古書店に居候する菅生芳光は、ある女性から、死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語」を探して欲しい、という依頼を受ける。調査を進めるうちに、故人が20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の容疑者だったことがわかり―。五つの物語に秘められた真実とは?青春去りし後の人間の光と陰を描き...
  • 2014.01.26 (Sun) 21:49 | Karmaなミステリ読書ブログ