FC2ブログ
Welcome to my blog

「川は静かに流れ」ジョン・ハート

ななこ




川は静かに流れ
著者:ジョン・ハート
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「僕という人間を形作った出来事は、すべてその川の近くで起こった。川が見える場所で母を失い、川のほとりで恋に落ちた。父に家から追い出された日の、川のにおいすら覚えている」殺人の濡れ衣を着せられ故郷を追われたアダム。苦境に陥った親友のために数年ぶりに川辺の町に戻ったが、待ち受けていたのは自分を勘当した父、不機嫌な昔の恋人、そして新たなる殺人事件だった。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作。



これはミステリというよりも、父と子の物語ですねきもち

…とはいえ。
何とも言いようのない深い喪失感。読んだ後もずっとこの感覚が消えてくれない。
ずっとモヤモヤとした黒いものが心の中に残っていて、でもそれを留めておきたくなるような。

とても気が滅入るお話ですが、嫌いじゃないです!
誰もが持っている過去の苦い記憶、小さな罪悪感のようなものを刺激されるんだよなぁ(笑)
秋の夜長に読むのにはピッタリの作品だと思いますよ~かお


ライン

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 家族再生  過去の記憶  怒りっぽい主人公(笑)


殺人の濡れ衣を着せられ、孤立無援で故郷を飛び出したアダム。
5年ぶりに帰ってきた彼を待ち受けていたのは、新たな殺人事件。(なんて不憫・・・)

「ラスト・チャイルド」では、主人公は健気な少年でしたが、
今回のアダムはどこまでも不機嫌な青年(笑)でも周りがこんなんだったらそれも納得だなぁと。

小さな村だから噂は風のように早く、アダムはどこに行っても殺人犯扱いきもち
ついでに妹のように思っていたグレイスに手を出したなんて、あらぬ疑いをかけられる。
人の噂話しか楽しみがないような、閉塞的な村。ホント耐えられないなぁ…

アダムの幼い頃の記憶を交えながら、徐々に事件の真相に辿りつく過程は見事です~!

通常のミステリのように、犯人探しが目的で読むと肩すかしかもしれませんが、
人間の業の深さや心の変遷など、考えさせられるものが多い作品でした。


≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
日向 永遠  
ジョン・ハート!

「ラスト・チャイルド」が良かったので他の作品も読みたいと思っています。家族の話、子供がからむと面白くというか、切なくなりますね!いつか読もう!!

2012/09/23 (Sun) 22:58 | EDIT | REPLY |   
いりえ  
ボンジョルノー(^O^)/

nanaco☆さん、こんにちは! いよいよ、サンマも旨いが読書もしたい、季節になって来ましたね(゜レ゜)

ブログ,雰囲気が変わりましたね(^u^) 清潔でイタリアンな感じがします(^O^)/

「とても気が滅入るお話ですが、嫌いじゃないです!」「人間の業の深さや心の変遷など、考えさせられるものが多い」「秋の夜長に読むのにはピッタリの作品」
おお~。ほほー、なるほど。骨太ですね! 面白そうだなぁ(^-^)

怒りっぽい主人公、いいですねぇ(^'^) ああ、何だか腹へってきました(^0_0^)

2012/09/24 (Mon) 13:43 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪

個人的には「ラスト・チャイルド」ほどのインパクトはありませんでしたが、
なかなか読みごたえのある作品でした!面白かったですよ~=*^-^*=
清々しい気持ちで本を閉じたのを覚えていますが、時間が経つにつれじわじわきますね(笑)
ふとした時に思い出すのは、家族の歪な関係だったりするんです^^;
日向さんも機会があったら読んでみて下さいね。

そういえば私、「アイアン・ハウス」もしばらく積んだままになっています~☆
そろそろ涼しくなってきたので、読書も捗りそうですね(*'-'*)エヘヘ

2012/09/24 (Mon) 20:08 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、ボナセーラ!(* ^-^)ノ(笑)

涼しくなって気分がノってきたので、ブログデザインもさっぱりしたものに変えました♪
そう言われてみれば、イタリアンな雰囲気ですね~パスタが食べたい!!
ふふふ……実は私、明日のお昼はイタリアンランチの予定なのですよ~( ̄▽ ̄) ニヤ
読書もしたい、美味しいものも食べたい、ホント良い季節になりましたね☆

この作品、アメリカの田舎にある閉塞的な村の描写が、とてもイイ感じなんです。
日本とはまた違った雰囲気なんですね~開けているようで監視し合ってるような…
ボリュームのある本なのでかなり読みごたえありました^^

2012/09/24 (Mon) 20:23 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
表紙が素敵ですね~♪

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

人間の業の深さや心の変換…何だかスゴク奥深そうな作品ですね!
それだけに、一読の価値がありそう!!(*^^*)

不機嫌な主人公ですか~? 
何だか八雲とダブっちゃうかも…(笑)
家族再生の話は嫌いじゃないし、
私もいつかチャレンジしてみようかな。。。

2012/09/25 (Tue) 17:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

「ラスト・チャイルド」のようにスッキリ!とはいかないのですが、
考えさせられるものが多い作品でしたね~読み応えあります><
miwaさんも機会があったら、ぜひ手に取ってみて下さいね~☆

この作品を読んでいると、日本とアメリカでは大分家族の在り方が違うんだなぁと実感します。
そして田舎の近所付き合いも、、、読んでいるだけで息苦しさを感じました(笑)

>不機嫌な主人公ですか~? 
>何だか八雲とダブっちゃうかも…(笑)

この本の主人公、八雲のようにクール(何も考えてないだけ?笑)じゃないんですよ!
不機嫌→イラつく→暴走する→すぐ手を出す…というロクでもないヤツです( ̄ー ̄)ニヤリ
でもなぜだか同情しちゃうんですよね。。。

2012/09/27 (Thu) 20:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply