FC2ブログ
Welcome to my blog

「幻想建築術」篠田真由美

ななこ




幻想建築術
著者:篠田真由美
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
魅惑的な建築物と謎に彩られた“都”を舞台に紡ぐ連作短編集。都の秘密に取り憑かれた神学生の葛藤と恐怖を描く「神の墓」、祖父が遺した複雑怪奇な建物の図面に魅せられた少年が、運命的な出会いへと導かれる「偸盗」、人好きのする腸詰屋の女将の悪夢に隠された秘密が恐ろしい「こともなし」ほか、十二話を収録。すべての物語がつながったとき、明らかになる“都”の驚くべき秘密とは…。



ものすごぉ~~くお久しぶりのブックレビューですかお

最後にレビューUPしたのが、なんと7月21日。危く2ヶ月経つところだったよ…(笑)
一応本ブログという事でやっているので、これからはもうちょっと頑張ろうと思います。

さて、今回ご紹介するのは、お友達のmiwaさんに教えて頂いた「幻想建築術」です!
何しろこの本を読んだのは6月。記憶もちょっと怪しいのですが、細かいところはお気になさらず。
ファンタジーとサスペンスの融合という雰囲気で、とても好みだったのを覚えていますきもち

美しく、幻想的で、どこか耽美的な香りさえ感じるほど。
文章が独特なので、もしかすると人によっては苦手と感じるかもしれませんね~。
このふわふわと捉えどころのない夢のような世界観に浸れるかどうか?そこで評価が分かれそう。


ライン

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 幻想文学  連作短編集  美しい


ある謎に包まれた<都>を舞台にした物語です。

「序章 腐爛の美酒」では、正直なんつー読みづらさ!!って思ってたんです(笑)
これは久々に挫折するんじゃないだろうか、、、と内心ビクビクしながら読み進めました。

でもね、本編に入ると途端に読みやすくなるんですよかお
中世ヨーロッパらしき場所を舞台にした、オムニバス形式の連作短編集なんですが、
どれも幻想的で奇怪で、まるで美しさの仮面を被った悪夢のようなお話の数々に魅了されます。

<都>の謎にとりつかれてしまったある神学生のお話。
石工の青年の秘密を目撃してしまった黒猫のお話。(これ一番好き。猫くん…)
夫と娘を亡くして以来悪夢にうなされる腸詰屋の女将のお話。(かなり怖い!)

ひとつひとつが独立したお話ですが、読み進めていくうちに繋がりが見え始めます。

ブラックな部分があるので、純粋なファンタジーを求めている人にはオススメできませんが、
毒のある美しさが好きな人、腐爛の美酒(笑)に酔いしれたい人は是非読んでみて下さい!

*miwaさん、いつも素敵な本のご紹介ありがとうございます~きもち


≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
Cedie  

nanaco☆さん、こんばんは!

nanaco☆さんはきちんと更新しているイメージがあったので、
レビューがもう2か月も経つところだったとはびっくりです。

早速、篠田節子さんと間違ってしまいましたw
この方はまだ未読です・・・

なんだかものすごく美しいイメージです。
読んだらきっとわたしのことだから建築物にも興味をもって関連本?とかも読み漁りそうです。
(和菓子のアンがそうだった・・・)

2012/09/15 (Sat) 19:58 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、おはようございます~♪

本ブログのはずなのに、何故だか肝心のレビュー更新をサボっていたようです(笑)
レビューを書くのが久々すぎて、書き方を忘れてました(* ̄m ̄)エヘヘ

>早速、篠田節子さんと間違ってしまいましたw

ハッ…実は私も未だに篠田節子さんと間違えます!(爆)
この本を買う時も、最初篠田節子さんの棚をずっと探してましたよ。。。
本当に幻想的で美しいんだけど、ピリッと毒が効いているんです。
悪夢といったら言い過ぎかもしれないけれど、雰囲気はそんな感じですね^^

Cedieさんは、一冊の本からどんどん繋がっていきますよね~☆
私は興味を持ってもその一冊きりで終わっちゃうから、世界が広がらないんだなぁ><
いつも見習わなくちゃ、と思ってます(*^-^)

2012/09/17 (Mon) 07:38 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
面白かったですね^^

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

詳しいレビュー、楽しみにしてましたよ~~(*^^*)
私も、序章のところでは、思わず「気色悪!」と思ってしまいました(笑)
タイトルの「幻想」というワードに惹かれて読んでみたものの、
これはちょっと好みと違うかも…と感じたのを覚えてます(^_^;)
でも次の短編からは一気読みの面白さでしたね~♪
(気持ちだけで、実際に一気読みはできなかったけど…(爆))

神学生と黒猫君のお話…良かったですよね~(*≧▽≦*)
ちょっぴり感動的で。。。

nanaco☆さん、TBありがと~~~!!(*^_^*)
こちらもお返しのTBいただいていきますね☆

2012/09/18 (Tue) 18:14 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪
お返事が遅れちゃってゴメンナサイ(><)

この本、かなりクセが強いけど、それがまた自分好みですごく良かったです!!
miwaさんに教えて頂かなければ、きっと手に取ることはなかったであろう作品。
こんなに素敵な本を紹介してくれたmiwaさんには、本当に感謝、感謝です~~(^_-)-☆
序章の読みづらさにはビックリでしたけど、、、それ以降は一気にファンタジーの世界でしたね♪

>神学生と黒猫君のお話…良かったですよね~(*≧▽≦*)
>ちょっぴり感動的で。。。

猫くん、好きでしたねぇ…(しみじみ)
話が話だけに、なかなか「かわいい」だけで片付けられない部分はありましたが、
猫好きなのでかなりテンション上がりました(笑)
こういうブラックで幻想的な世界観って大好きです。もっと読んでいたかった!!

*お返しTBありがと~(*^^)v
また面白い本があったら、ぜひぜひ紹介してくださいね☆

2012/09/23 (Sun) 19:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『幻想建築術』 篠田真由美
  • 今回は篠田真由美さんの『幻想建築術』という作品を読んでみました。「腐爛(ふらん)の美酒」「神の墓」「聖心臓」「炎の髪」「偸盗(ちゅうとう)「叫び」「偶像彫り」「飢える男...
  • 2012.09.18 (Tue) 18:17 | 本を読みましょ