11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.28 *Thu*

5月☆観賞メーターまとめ


5月に観たDVDのまとめです!
…といっても、たった2本しか観賞できませんでした~きもち


5月の鑑賞メーター
観たビデオの数:2本
観た鑑賞時間:250分



カウボーイ&エイリアン 未体験ロング・バージョン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]カウボーイ&エイリアン 未体験ロング・バージョン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
これはなんという斬新な設定!タイトルからしてB級感がひしひしと伝わってくるんですが、ツッコミ所満載ながらもなかなかよくできた映画でした。ダニエル・クレイグは007のジェームス・ボンドをやらせてもカッコイイし、カウボーイ役もビシッと決まる!エイリアン(これは結構グロテスク)見てもかなり冷静なのも笑えるし、最強の腕輪(笑)で次々と排除しまくる展開は、小気味良さすら感じられます。ハリソン・フォードはいくつになっても素敵ですね。これは真面目に観賞しちゃいけません。ツッコミながら笑って観るのが正解^^
鑑賞日:05月13日 監督:ジョン・ファヴロー


光のほうへ [DVD]光のほうへ [DVD]
「光のほうへ」というタイトルに反して、兄弟はあえて光に背を向けているように思える。幼い頃の出来事がトラウマとなり、大人になってもそれを引きずって生きて行く二人が痛々しかったです。子供は親を選べない。どんなに最低の親でも、子供にとってはそれが全てだから。暴力、孤独、痛み。それは繰り返されるのか?負の連鎖を断ち切って光へ向かって歩き始めた二人には、どうか幸せになってもらいたい。
鑑賞日:05月29日 監督:トマス・ヴィンターベア

鑑賞メーター



ライン


「カウボーイ&エイリアン」は、とんでもなくぶっとんだ映画でした(笑)

まぁタイトルから予想していた通りのB級映画だったなぁ。
西部劇に出てくるような村に、突如エイリアンが襲撃してくるというタイトルそのままの作品。
キャストはダニエル・クレイグにハリソン・フォードと、何故か無駄に豪華です。。。

あちこちツッコミ所がありすぎて、笑いながら観賞しました。なかなか良い出来です!


「光のほうへ」は、色々な意味で衝撃的な映画。

幼い頃、まだ小さな弟を亡くしてしまった兄弟。
大人になってからの二人の生き方が、あまりにも暗く刹那的で悲しくなってしまいます。
暴力事件で刑務所から出所したばかりの兄、可愛い息子がいるもののクスリ漬けの弟。

これがデンマーク映画なの?衝撃でした。あまりにも国の持つイメージとかけ離れていたから。
親に愛される事なく育った兄弟…ここから負の連鎖が始まります。それを絶ち切る事はできるのか?

「光のほうへ」良いタイトルです!

関連記事

COMMENT

nanaco☆ちゃん、こんばんは!^^
先月は2本とは、ホントnanaco☆ちゃんにとっては少ないですね。
でも、その2本が対照的で面白いです。
最近は重い映画はしんどいので、カウボーイ&エイリアンぐらいがぶっとんでいいかな。(笑)
映画「将軍」もぶっとびそうですけど!(爆)
どうやら、あり得ない日本が描かれているようで~、たぶんレンタルにもあると思うので、機会があればnanaco☆ちゃんも見て下さい。
ドイツとトルコについてしか分かりませんが、少なくともその2カ国では人気だったようです。^^
by picchuko #-
2012/06/28(木) 20:56 [Edit
「光のほうへ」は、気になります
虐待のトラウマに苦しみながら、生きていこうというドラマは、天童荒太の永遠の仔を思いだします。ぜひ見たいですね。カウボーイ&エイリアンは、突っ込みながら見たいですね。同じ監督のアイアンマンは、痛快アメコミヒーロー物なので、お薦めです。
by daiyuuki #-
2012/06/28(木) 23:01 [Edit
どちらも面白そう♪
nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

とんでもなくぶっ飛んだ映画…私も観た~い!!(笑)
でも、ツッコミどころ満載だと、それだけで疲れちゃいそうかも(爆)
それにしても、ハリソン・フォードとダニエル・グレイグがよく出演してくれたなぁ、という内容ですね(><)

もう一方の「光のほうへ」は、対照的に、
シリアスで感動できそうな映画みたいですね(*^_^*)
「カウボーイ&エイリアン」とは違う意味で面白そう♪
機会があれば是非観てみますね(^_-)
by miwa125 #-
2012/06/29(金) 18:10 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、おはようございます~♪

言われてみれば、対照的な映画ですね!(笑)
「カウボーイ&エイリアン」は、な~んも考えないで楽しめる作品なのでラクといえばラクです^^;
でも気分転換で観るには、人が死にすぎるかもしれないですが。。。
もう一本の「光のほうへ」は、あまりにも重たくてしんどくて、ちょっと気が滅入りました(*_*)

>映画「将軍」もぶっとびそうですけど!(爆)

「将軍」気になったので、レンタルショップで探してみました。…が、置いていない(T_T)
やっぱり昔の映画は探すのが難しいのでしょうか~;違うショップにも行ってみます☆
どんな日本が描かれているのかなぁ、やっぱり色々と大袈裟なんでしょうかね??(笑)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/06/30(土) 08:20 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、おはようございます~♪

「光のほうへ」は、あまりにも重くて若干鬱々としてしまうのですが、
暗い水のそこでもがき続けながらも、光に向って浮上してくるような…。希望を貰える映画です。
兄弟は一見対照的ですが、二人とも同じ過去に引きずられているのが痛々しかったです;
考えさせられる作品なので、daiyuukiさんも機会があったらご覧になってみて下さい☆

>同じ監督のアイアンマンは、痛快アメコミヒーロー物なので、お薦めです。

おぉw(*゚o゚*)w 「アイアンマン」の監督さんだったのですね!
アメコミ系は、実はちょっぴり苦手意識がありまして…(おそらく「ウォッチメン」のせいかと…笑)
でもdaiyuukiさんのオススメなら、挑戦してみたいです~^^
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/06/30(土) 08:33 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、おはようございます~♪

「カウボーイ&エイリアン」は、もうとにかくツッコミ所満載で笑えますよぉ(* ̄m ̄)
まず設定からしてめちゃめちゃですもんね!何故にカウボーイ?という(笑)
一人で真剣に観るには向かないですけど、誰かとツッコミながら観るのは愉しいですよ☆
本当に、ハリソン・フォードとダニエル・クレイグ…よくこんな映画出たなぁという感じです^^;
でもダニエルの方は、意外と色んなB級映画に出ているのを見かけます。。。

>もう一方の「光のほうへ」は、対照的に、
>シリアスで感動できそうな映画みたいですね(*^_^*)

シリアスだし、重いし、暗いし…ずーんと落ち込みそうな映画ではあります;
でもタイトルの通り、一筋の光が見えるラストで救われる思いがしますよ(><)
これが福祉大国であるデンマークの映画だからこそ、意味があるのかもしれませんね~
沢山の賞を受賞しているようです!miwaさんも機会があったら是非ご覧になってみて下さい♪
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/06/30(土) 08:46 [Edit
映画の話題は・・・
nanacoさん、こんにちは★

映画にはとんと疎くて分かりませんが(俳優や女優、タレントの名前を全然知らない・・・)カウボーイ&エイリアンが変そうでそそります^^
by 日向 永遠 #-
2012/06/30(土) 12:33 [Edit
あとアメコミ映画のお薦めは
クリストファー・ノーラン監督のバットマン・ビギンズ、ダークナイト。サム・ライミ監督版スパイダーマン3部作。これらは、お薦めです。
by daiyuuki #-
2012/06/30(土) 15:47 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは~♪

映画の記事にもコメント頂けて、嬉しいです!ありがとうございます(v^-^v)
私も、この頃全然俳優さんの名前や映画のタイトルを思い出せなくて……もう年でしょうか(笑)

>カウボーイ&エイリアンが変そうでそそります^^

ホント変な映画でした。。。
まぁある意味斬新な設定ではあるんですが、いかにもB級だなという印象です^^;
ただ、出演している俳優さんは豪華なんですよね~…だから何となく観てしまうという☆
エイリアン物は最近やたらと出ていますが、やっぱりオリジナルの「エイリアン」が一番です(*^-^)
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/07/01(日) 20:25 [Edit
daiyuukiさんへ
daiyuukiさん、こんばんは~♪

アメコミ映画のオススメ!ありがとうございますd(⌒O⌒)b
スパイダーマン三部作は、一応全部観ています☆面白いですよね~^^
ただ、、、実は主演のトビー・マグワイアがあまり好きではなくって……(笑)
ちなみに、どうでも良いですがニコラス・ケイジも微妙に苦手だったりします^^;
なので、「ゴーストライダー」もあまり好きになれなかったのです。お話自体は好きなのですが☆

>クリストファー・ノーラン監督のバットマン・ビギンズ、ダークナイト。

今は亡きヒース・レジャーのファンだったので(泣)「ダークナイト」は観ました。
ヒースのジョーカーは本当にハマり役でしたねぇ。。。あの演技は素晴らしいです!
亡くなったばかりの頃は、彼の出演している映画を観るのが苦しかったのですが、
最近はやっと、懐かしい気持ちで観る事ができるようになりました(><)
「バットマン・ビギンズ」は未見です。daiyuukiさんのオススメなので、是非観てみたいです~☆
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/07/01(日) 20:37 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
33位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。