FC2ブログ
Welcome to my blog

「夢の上 サウガ城の六騎将」多崎礼

ななこ


夢の上 サウガ城の六騎将
著者:多崎礼
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
サマーアにアライスという「光」が現れ、人々は希望を取り戻す。だが、「光」を未だ目にすることのなかった時代、「光」が己の輝きの萌芽に気づく前、その姿はどう映っていたのだろう。混沌とする「未来」を決して諦めなかった者たちがいた。彼ら六人は時にアライスを支え見守り、救国軍の礎となる。そのケナファ騎士団の六士隊長の軌跡を追った連作短編集。

【目次】(「BOOK」データベースより)

世界で一番速い馬/天下無敵の大盗賊/汝、異端を恐るることなかれ/あの日溜まりの中にいる/約束/手紙



なんとっ…!「夢の上」の外伝が出ちゃいました。

個人的にはあの3冊が最高の作品だったので、まさかまた彼らのお話が読めるなんて!と喜ぶ反面、
あの悲しくも美しい余韻を崩さないで欲しい、、、という気持ちもほんの少しあったんです。


夢の上〈1〉翠輝晶・蒼輝晶 (C・NOVELSファンタジア) 夢の上〈2〉紅輝晶・黄輝晶 (C・NOVELSファンタジア) 夢の上3 - 光輝晶・闇輝晶 (C・NOVELSファンタジア)


でも、そんな事は杞憂だったようですねかお
本編では詳しく語られる事のなかったケナファ騎士団の、過去や未来をちょっぴり覗いた感じ。
六士隊長の一人一人にスポットを当て、「夢の上」の世界をさらに奥深いものにしてくれました。


ライン


この作品には6つの短編が収められていますが、
それぞれの話の聞き役が次の話の話し役になるという、リレー形式の連作短編集ですきもち

特に好きだったのは「汝、異端を恐るることなかれ」「あの日溜まりの中にいる」「手紙」。

ぼたん 「汝、異端を恐るることなかれ」

本編でも登場した(変態)医師トバイットの物語。
飄々として見える彼にも凄まじい過去があったのね。当時異端とされていた蘇生術、人体解剖。
でも邪教と罵られる事を恐れていては、人々を救う事はできない。前に進む事はできない。

困難を乗り越えてきたからこそ、今のトバイットがいるんですね。
昔は彼も「普通」だったのねと、過去のエピソードを読んでいてちょっと笑えました。


ぼたん 「あの日溜まりの中にいる」

無口な第三士隊長イヴェトの物語。
父親に捨てられた少年は、祖父と姉代わりの大山猫と共に山の中で暮らす事になった。
大山猫の事を「姉ちゃん」と呼んで、一緒に眠り、一緒に狩りをするイヴェトが微笑ましかったです。

多崎さんの猫好きがひしひしと伝わってくるような、大山猫の仕草もいちいち可愛くて!
悲しいけれど、ふわっと日溜まりの暖かさに包まれるような心地良いお話でした。


ぼたん 「手紙」

本編でも大好きだった第一士隊長アーディンの物語。
この本の中で唯一本編より後の世界が描かれています。あぁ、相変わらず素敵なアーディン!
でも、正直複雑な気持ちもあって…。語りたいのでネタバレ部分反転しておきますね。
↓↓ココカラ
まさか50歳になったアーディンが出てくるとは!しかも未だに独身とはな!(笑)
分かりますよ、彼が惚れているのはイズガータだけだもの。もう悲しくなるくらい一途なのね。

本編で、イズガータと結ばれる事はないと分かった時にアーディンがアライスに言った言葉。
奴隷も貴族も関係なく、自由に伴侶を選べる国を作ってくれますか?と。
アーディンの悲願が叶ったのは嬉しい。とても嬉しいのだけれど。

イズガータの娘アルアーラに惚れられているのは、何だかなぁ…と思うのです(笑)
イズガータとアーディンの切なくほろ苦い思い出は、そっとしておいて欲しかった気がします。

↑↑ココマデ

ライン


…と、まぁ色々思う所もあるのだけれど、「夢の上」ファンにはたまらない外伝ですね~かお

ホッと心温まるお話、切なさや痛みを感じるお話、涙腺を刺激するお話、
色々なタイプの作品が揃っていますが、どれもふんわりとオブラートに包まれているかのよう。

壮絶な過去が未来へと繋がり、さらに希望の光が見えるラストに心が温かくなりましたきもち



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
miwa125  

nanaco☆さん、こちらにもこんにちは~(^^)/

ネタばれ部分…わたしも同感です~!
あのアーディンの未来の姿だなんて…
想像できない、というより、想像したくないかも(><)
アーディンには、永遠にカッコイイ青年騎士でいてほしいですよね~!!
イズガータのその後のことも、
アーディンの気持ちを思うと触れないで欲しかったような。。。
イズガータには、他の形で登場してほしかったなぁ~(-_-)

この外伝、本編の世界観が広がった意味では、
凄く良かったですよね(*^^)v

TB、どうもありがと~(^O^)/
こちらも早速いただいていきますねっ☆

2012/06/17 (Sun) 16:42 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  

nanacoさん、こんばんは★
外伝も面白そうですね。

とくに トバイットの物語が気になります!!

2012/06/17 (Sun) 20:09 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こちらにもコメントありがとうございます~♪

>アーディンには、永遠にカッコイイ青年騎士でいてほしいですよね~!!

再びアーディンのお話を読む事が出来て、胸が高鳴ると同時にちょっぴりショックだったりして(笑)
何となく彼だけはいつまでもあの姿のままのような気がしてたんですよね~(* ̄m ̄)
でも相変わらず女性にモテモテなようで、、、一体どんだけカッコイイんでしょう^^;
嬉しいやら切ないやら何だか複雑な気持ちになりました☆

>この外伝、本編の世界観が広がった意味では、
>凄く良かったですよね(*^^)v

本編ではあまり目立たなかった人物の事も、深く掘り下げられていましたよね~^^
特に無口なイヴェトなんて、「いたっけ?」ぐらいの存在感の薄さだったんですけど(爆)
こんなにも素敵な青年だったなんてねぇ、、、うっかり素通りしなくて良かったです(¬w¬*)

*miwaさん、お返しTBありがと~(*^0^*)
多崎さんの次回作も楽しみに待ちましょうね!!

2012/06/17 (Sun) 21:22 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪

まさか外伝が読めるなんて夢にも思っていなかったので!ホント嬉しいです^^
本編とは独立したお話でしたが、本編を読んでいるとムフフとできる部分もありましたよ☆

>とくに トバイットの物語が気になります!!

トバイットの物語、すごく良かったです~♪予想に反してマトモでした(笑)
多崎さんのお話は本当に大好きだけれど、読み終えた後に切なさが残るので、
今回も少しだけビクビクしていたんですが。心地良い読後感のお話が多くて安心しました(*^-^)
また「夢の上」の世界が広がるので、日向さんも是非読んでみて下さいね!

2012/06/17 (Sun) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply