FC2ブログ
Welcome to my blog

「硝子のハンマー」貴志祐介

ななこ


硝子のハンマー
著者:貴志祐介
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日曜の昼下がり、株式上場を目前に、出社を余儀なくされた介護会社の役員たち。エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、有人のフロア。厳重なセキュリティ網を破り、自室で社長は撲殺された。凶器は。殺害方法は。すべてが不明のまま、逮捕されたのは、続き扉の向こうで仮眠をとっていた専務・久永だった。青砥純子は、弁護を担当することになった久永の無実を信じ、密室の謎を解くべく、防犯コンサルタント榎本径の許を訪れるが―。



貴志作品は大好きなんですが、この防犯探偵・榎本シリーズだけは未読でした。
貴志さん=ホラーのイメージだったので、本格ミステリとなるとなかなか食指が動かなくって(笑)

今回3作目の「鍵のかかった部屋」がドラマ化された事もあり、何気なく手に取ってみましたかお

あれ、榎本径=嵐の大野君?そして青砥弁護士=戸田恵梨香ちゃん!?
なんだろうこの違和感、このミスマッチ感(笑)ドラマは観てないけど、これで合ってるんですか?
私の中では、榎本=堺雅人さん、青砥=天海祐希さんあたりのイメージでしたね~。

まぁドラマキャストはさておき、本の感想を…こもの

あくまでも個人的な感想ですが、少々物足りないミステリでした。
確かにトリックは斬新で楽しめましたし、プロットはよく練られていると思うんです。

でも例えば「天使の囀り」「新世界より」は、貴志さんの本領だというのが伝わってくるんですが、
今回の作品はセキュリティシステムや介護ロボットの事については、何となく借り物という感じがして。
どうもそのあたりがストーリーにしっくり馴染んでいないのが気になりましたねぇきもち

第一部と第二部では、視点が入れ替わっているのは面白かったです。
犯人の視点から描かれた第二部は、過去のエピソードを交えながらも一気に読ませてくれます!
…が、その反面犯人の殺人動機が弱いなぁ~なんて部分も気になってきちゃったりかお

精力的な貴志さんの事ですから、この作品もかなりの取材を重ねられたと思うのですが、
今回は消化不良の作品になってしまいました。。。やっぱり貴志さんはホラーがいい!



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 16

There are no comments yet.
nemurineko  
nanacoさん今晩は

硝子のハンマー読了お疲れ様です(^^)

貴志祐介さんと言えばホラーのイメージしかないですよね、でも私は
『黒い家』しか読んだことがないけど(^^;
『硝子のハンマー』『鍵のかかった家』は読みましたが正直密室トリックって正統派なトリックはもう出尽くしている
という話を聞いたことがあるので短編で密室ばかり考えるといつか破綻し
そうな気がしないでもないです。
防犯コンサルタントが探偵役という設定は非常に面白いんですけどね
ドラマ版のキャスティングは私も同感です。
天海さんとかちょうどいい感じですよね、でもキャスティングって
事務所の力関係で決まる部分が大きいので原作のファンの方達の
イメージ通りにはなかなか行きませんね~

TBさせていただきますね

2012/05/15 (Tue) 22:21 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
nanaco☆さん

こんばんは!

わたしも榎本が嵐の大野君で青砥弁護士が戸田恵梨香さんという違和感が激しすぎてドラマ見れてないんです(>_<)なぜこのキャストなのか理解を超えてしまって・・・
nanaco☆さんが書いてらっしゃるように青砥=天海祐希さんとか真矢みきさんとかイメージしていたので・・・

貴志 祐介さんはなんでか「新世界より」がいまいち合わなかったんです。
むしろこちらのほうがわたしに合いました(-_-;)
このシリーズの2作目も読みたいです。

2012/05/15 (Tue) 22:41 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
nemurinekoさんへ

nemurinekoさん、こんばんは~♪

貴志さんといえば、やっぱりホラー作家という印象が強いですよねぇ。。。
昔「青の炎」を読んだ時も、それなりに面白かったけど違和感を感じたのを覚えています!
そう、決して面白くない訳ではないのです……でもそれほど記憶に残らないのは、
他のホラー作品のインパクトが強すぎるからなんでしょうね~(笑)
「黒い家」もかなり怖かったですしねぇ( ̄_ ̄|||)

>正直密室トリックって正統派なトリックはもう出尽くしている

そうですよね、オチはある程度予想ついちゃったりしますよね~。
ミステリで先が読めてしまうと、「自分スゴイ!」という嬉しさ半分、つまらなさ半分です(笑)
密室トリックばかり書いている作家さんって、本当に凄いなぁと思います(><)

>ドラマ版のキャスティングは私も同感です。

もうちょっと何とかならなかったのかなって思いますねぇ。
大野君も恵梨香ちゃんも、どちらかというとわりと好きな俳優さんですけど、
自分のイメージしていた榎本&青砥とはあまりにかけ離れていたので残念です^^;

TBありがとうございました~(*^v^*)

2012/05/15 (Tue) 23:17 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、こんばんは~♪

>なぜこのキャストなのか理解を超えてしまって・・・

やっぱりCedieさんもそう思われますか~^^;ホント理解を超えていますよね(笑)
人気のある二人だという事は分かります。どちらも好感度の高い俳優さんですしね☆
でも、何故よりによってこの作品なんでしょう??他にもっと合うキャストがいただろうに…

>青砥=天海祐希さんとか真矢みきさんとかイメージしていたので・・・

青砥弁護士はできる女なイメージですよね(*^^*)
こう、ビシッとスーツを着こなして颯爽と歩くような素敵な女性…恵梨香ちゃんは可愛すぎる(笑)
なかなかイメージ通りにはいかないものですねぇ。。。

>貴志 祐介さんはなんでか「新世界より」がいまいち合わなかったんです。

「新世界より」は合わなかったですか??
良くも悪くも恐ろしく衝撃的な本でしたよね(* ̄m ̄)今でも記憶に新しいです。
この作品アニメ化されるそうですね~ちょっと驚きました!観るのが怖いです^^;

2012/05/15 (Tue) 23:26 | EDIT | REPLY |   
柊♪  

こんにちは。

柊はドラマ化の話を聞いた時に、原作は今一つ、と聞いたので
原作読まずでドラマだけ観て楽しんでいます。
なのでキャストに違和感とか全くありません(笑)

感想を伺っていると、そんなにキャラクターのイメージが異なっているんだ~とか、
本当はそういうイメージの人なんだ~とかわかってびっくりしました!

密室ものって難しいですね。
謎解きは楽しいけれど、実際にそれを実行している様子は映像で見ると現実味が薄くて「変だなあ」なんて感じます^^;

2012/05/16 (Wed) 08:35 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  

nanacoさん、こんばんは★

こちらは、少しものたりなかったですか?未読なんですが、自分も今一つ触手が動かない・・・
やっぱり貴志さんはホラーですか・・・^^
「青の炎」 は面白かったですね。

でもやっぱり「新世界より」がいまのところ一番好きです!!

2012/05/16 (Wed) 20:55 | EDIT | REPLY |   
miwa125  

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

私もドラマ版は観ていません…(^_^;)
配役が大野君と戸田恵梨香ちゃんだと知って、
視聴率稼ぎのTV局の思惑がまる出しな感じがして
全然興味が無くなってしまいました~(><)

nanaco師匠には、この作品は物足りなかったですか~?
確かに防犯コンサルタントが探偵役という設定と、
一部と二部で視点が変わるところは面白かったですけど、
さすがにガツンというインパクトは無かったかも…。
個人的には、謎解きの部分もなかなか楽しめましたけどね(^^♪

TB、いただいていきますねっ(^_-)

2012/05/17 (Thu) 18:01 | EDIT | REPLY |   
まる*  

こんにちはー☆

ドラマ版のほうをちょこっと見てました~。
原作未読なのですがイメージが違うんですねぇ。
なんとなくわたしも堺さんで見たい気がします。

貴志さんはnanacoさん絶賛の「新世界より」を積んでるのでそっちから読もうかな。
そういえばアニメ版になると聞いてサイト見たんですが、
なんだか絵がやたらと可愛い感じでした。

2012/05/18 (Fri) 15:06 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  

おはようございまーす\(*^O^*)/

あ、大野君のドラマ…
一回だけ観た気がします。
「気がする」というのは、ながらで観ていたから、内容うろ覚えというか、面白くなかったというか…(^^;)
うん、多分面白くなかったら、一回しか観なかったんだな(〃▽〃)
ちなみに、堺さん、素敵ですよね♪
よし、私もこの作品を読むときは、堺さんで読みます!!

2012/05/20 (Sun) 08:39 | EDIT | REPLY |   
いりえ  
大野君派なのです

nanaco☆さん、どーも、お久しぶりです!

貴志祐介さんも、要チェックなおっちゃんですよね!(^^)!
私はドラマを見ちゃいました(>_<) 「嵐は大野君派」に属している私としては一応見ておくかと(^-^) …内容はイマイチなんですけど(';')
いつか、貴志祐介さんのホラー作品を読んでみます。

最近ですね、何となく寒くて、「風邪かなぁ」と市販薬を適当に飲んでました。しかし、熱が下がらなくて病院へ。「肺炎」でした(>_<) 今は、なんとか日常に戻りました(*^_^*) nanaco☆さんもお気を付けください。風邪は侮れませんです((+_+))

『十角館の殺人』綾辻行人、読みましたぜ~(^u^) ふふふ、面白いっ。スピード感があって、いいですね! 続きが気になり、病院の待合室でも読んでいたのですが、怖かったです。ラスト、まさかあんなトリックだとは思いもしませんでした。

今は、『十二国記 東の海神 西の滄海』を読んでいます(^O^)/

2012/05/23 (Wed) 13:17 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さん、こんばんは~♪
お返事がものすご~く遅れちゃってごめんなさい(T_T)
ここ最近、バタバタしていてなかなかPCを開く暇がありませんでした。。。
またちょくちょく更新していきますので、ヨロシクです☆

>柊はドラマ化の話を聞いた時に、原作は今一つ、と聞いたので
>原作読まずでドラマだけ観て楽しんでいます。
>なのでキャストに違和感とか全くありません(笑)

柊さんはドラマご覧になっているんですね~(*^v^*)
私もドラマ観てみたいけど、何しろヒアリングが苦手なもので…字幕がないと!(爆)
大野君×恵梨香ちゃんの演技を観ていないので、何とも言えないのですが、
原作を読んだ後だと、あれ?この二人なの?と、ちょっとだけ違和感を感じたのです…。
二人とも、自分の中では年齢がもっと上なイメージがあったんですね、きっと。

密室物は映像化するの難しそうですねぇ;
館シリーズとか、城シリーズとか、映像化したら面白いだろうなぁ…とは思いますが、
映像化した時点でネタバレになっちゃう作品とか、沢山ありそうですもんね~(笑)

2012/05/25 (Fri) 20:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪
せっかくコメントを頂いたのに、お返事が遅れちゃってごめんなさい(*_*)
大分仕事の方も落ちついてきたので、また少しずつブログ更新していきますね!

残念ながら、個人的には物足りない作品でしたねぇ…
多分、貴志さんの他作品のインパクトが強すぎる所為なんでしょうね(笑)
確かにミステリとしてはよく出来ていると思うのですが、「普通」という印象をぬぐえませんでした^^;
「青の炎」は高校生(でしたよね?)の完全犯罪という設定が面白かったのですが。。。
今回は密室プラスもう一捻り欲しかったなぁ…と思います☆

>でもやっぱり「新世界より」がいまのところ一番好きです!!

私も日向さんと同じで「新世界より」が一番かな~(≧∇≦)
でもあの気持ち悪い「天使の囀り」も好きだし、「クリムゾンの迷宮」も大好きです。
うぅむ、もしや心臓に悪い作品が好きなんだろうか。。。自分でもよく分かりません(笑)

2012/05/25 (Fri) 20:39 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪
お返事がめちゃめちゃ遅れちゃって、ホントごめんなさい(>人<)
最近、なかなかPCを開く時間がなくて、ブログを若干放置気味でしたよ~(苦笑)
大分時間に余裕が出てきたので、またちょくちょく更新していきますね^^

>配役が大野君と戸田恵梨香ちゃんだと知って、
>視聴率稼ぎのTV局の思惑がまる出しな感じがして
>全然興味が無くなってしまいました~(><)

あぁ……そう言われてみると確かに視聴率稼ぎっぽい~(笑)
お二人とも好感度の高い役者さんですしね、つい観てしまいそうですね^^;
でも自分の中では、榎本&青砥はもうちょっと大人な二人をイメージしていたんですよぅ。
こういう時役に立つのは妄想力です!(笑)完璧に榎本=堺雅人さんで読んでいましたよ…フフ。

>確かに防犯コンサルタントが探偵役という設定と、
>一部と二部で視点が変わるところは面白かったですけど、
>さすがにガツンというインパクトは無かったかも…。

このあたりは、さすが貴志さんだなぁという気がしましたね。中だるみせずに読ませてくれます♪
まさか犯人の視点で読めるとは思っていなかったもので(*^-^)
でも、動機にもうひとつインパクトが欲しかったなぁ…なんて欲張りでしょうかね(笑)
なんだかんだでなかなか楽しめたので、続編も読んでいこうと思います~^^

P.S.トラバありがとう!!!

2012/05/25 (Fri) 20:52 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる*さんへ

まるさん、こんばんは~♪
お返事が遅れちゃってごめんなさいm(*- -*)mそしてちょっぴりご無沙汰しております☆
そちらはかなり暑そうですね、、、体調を崩さないように気を付けて下さいね^^

>なんとなくわたしも堺さんで見たい気がします。

堺さんが演じる榎本って格好良さげですよね~(*^0^*)
…というか、単に堺さんが好きなだけなんですけど、そこはツッコまないで下さい(爆)
でもあの微笑の裏に何かがありそうな気がして、それが榎本にピッタリな気がするのです。
大野君じゃまだまだヒヨッコな感じがするんですよ~(いや、彼も好きなんだけど…笑)

>貴志さんはnanacoさん絶賛の「新世界より」を積んでるのでそっちから読もうかな。
>そういえばアニメ版になると聞いてサイト見たんですが、
>なんだか絵がやたらと可愛い感じでした。

「新世界より」面白かったです!!!まるさんの感想が待ち遠しいですよ♪
でもアニメ版の絵は、こんな可愛くて良いの?って思っちゃいます~^^;
中身が結構激しい内容なだけに、またもやミスマッチ感があるのですが。。。
でもあんなシーンやこんなシーンは省くのかな…なんて色々想像しちゃいます。ふふ。

2012/05/25 (Fri) 21:38 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさん、こんばんは~♪
お返事が遅れちゃってゴメンナサイm(*T▽T*)m
ここ最近なんだかバタバタしていて、すっかりブログをサボり気味でした。。。
またぼちぼち更新していこうと思うので、またよろしくお願いしまっす☆

>あ、大野君のドラマ…
>一回だけ観た気がします。

おぉ、ちこさんご覧になりましたか!!
大野君って嵐の中では一番好きですけど(何考えてるのか分からなくて。笑)、
何となくミステリ向きじゃないと思うんですよね…かといって恋愛向きでもないし~^^;
人気の原作本をドラマ化するのって難しいですよね。イメージは人それぞれだし。。。

私の場合は、榎本=堺さんでした。あの微笑の裏に何があるの…と思っちゃいます(爆)
怪しげな防犯コンサルタントっていう役にピッタリだと思いません??
青砥弁護士も、原作ではかなりできる女(そして美女)なイメージだったので、
もうちょっと大人な女優さんが良かったなぁと思うのですが…( -.-) =з

2012/05/25 (Fri) 22:01 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、こんばんは~♪
わわ、肺炎ですか!?∑('◇'*)大丈夫ですか??
疲れが溜まっていたんでしょうか…ストレスをためないようにしてゆっくり休んで下さいね(><)

そういえば先日、奈良に4泊してきました!
今回は残念ながら京都は行かなかったのですが、もう十分ってぐらい観光してきましたよ^^
山の辺の道とか、柳生の里とか、足が痛くなるぐらい歩いてきました。
そのせいか、帰ってきてから一気に疲れが出てしまって、、、さらに仕事が立て込んでいて。
やっと週末、泣きたくなるくらい嬉しいですよ~~(笑)やっぱり無理はダメですね。

>「嵐は大野君派」に属している私としては一応見ておくかと(^-^) 

なんとっ!私も「嵐は大野君派」です(* ̄m ̄)ニヤリ
でも今回の役はどうかな?と思うんです。榎本はもっと胡散臭い大人なイメージで(爆)
貴志ホラーはかなり怖くて面白いですよ~「天使の囀り」とかホント鳥肌モノです!
機会がありましたら、いりえさんも是非読んでみて下さいな。o@(^-^)@o。

そうそう、「十角館の殺人」読まれたとか!!
古典的だけど面白いですよね~あのラスト近くで全てが明らかになる一文、すごく記憶に残ってます。
続く「水車館~」や「迷路館~」も面白いので、こちらも読んでみて下さいね^^

>今は、『十二国記 東の海神 西の滄海』を読んでいます(^O^)/

ふふふ~、延王と延麒のお話でしたよね!
この二人、十二国記の中でも特にお気に入りだったりします(≧∇≦)
今年の夏はシリーズが新装版で出始めるみたいだし、盛り上がりそうですねっ☆

2012/05/25 (Fri) 22:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『硝子のハンマー』 著:貴志祐介
  • エレベータに暗証番号、廊下に監視カメラ、隣室に役員。厳戒なセキュリティ網を 破り、社長は撲殺された。凶器は。殺害方法は。弁護士純子は、逮捕された専務 の無実を信じ、防犯
  • 2012.05.15 (Tue) 22:22 | 眠り猫の憂鬱
この記事へのトラックバック
  •  『硝子のハンマー』 貴志祐介
  • 今回は貴志祐介さんの『硝子のハンマー』を読んでみました。防犯探偵・榎本シリーズ第1弾です。◆あらすじ◆日曜日の昼下がり、株式上場を間近に控えた介護サービス会社・ベイリー
  • 2012.05.17 (Thu) 18:04 | 本を読みましょ