FC2ブログ
Welcome to my blog

「第六ポンプ」パオロ・バチガルピ

ななこ


第六ポンプ
著者:パオロ・バチガルピ
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
化学物質の摂取過剰のため、出生率の低下と痴呆化が進行したニューヨーク。市の下水ポンプ施設の職員である主人公の視点から、あり得べき近未来社会を描いたローカス賞受賞の表題作。石油資源が枯渇し、穀物と筋肉がエネルギー源となっているアメリカを舞台に、『ねじまき少女』と同設定で描くスタージョン記念賞受賞作「カロリーマン」。身体を楽器のフルートのように改変された二人の少女を描く「フルーテッド・ガールズ」ほか、本邦初訳5篇を含む全10篇を収録。ヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞受賞の『ねじまき少女』で一躍SF界の寵児となった著者の第一短篇集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ポケットのなかの法/フルーテッド・カールズ/砂と灰の人々/パショ/カロリーマン/タマリスク・ハンター/ポップ隊/イエローカードマン/やわらかく/第六ポンプ



お友達の日向永遠さんから紹介して頂いた作品です。
日向さん、いつもありがとうございます。超好みの作品で、夢中になって読みました~かお

パオロ・バチガルピさん。
「MORSE」のヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストさん並みに覚えづらいお名前です(笑)
でも、今後大注目の作家さんですね。絶対覚えておきます!!

近未来の世界を描いた短編集なんですが、どのお話も世界観が抜群に良いですきもち

暗く退廃的な世界、徹底的に管理された世界、そして資源が枯渇した砂だらけの世界だったり。
荒唐無稽な設定だからこそ、その中で生きる人間達の営みが際立っているんですね。

どれも最高に面白かったですが、とりわけお気に入りなのは以下の3作品。

ライン

ぼたん 「ポケットの中の法」
近未来の中国の不健康な雰囲気がとても良いな~(笑)
雨に濡れた、怪物のようにそびえ立つ高層ビル。不気味に光るネオン。
乞食の少年ワンは、あるチベット人の男からデータキューブを運ぶ仕事を頼まれるが…。


ぼたん 「砂と灰の人々」
砂を食べて養分を摂るようになった人間。肉体はいくら傷つけてもすぐに回復してしまう。
なんかもう、根本的に人間ではないですね(汗)肉体の改造までできてしまうんだもの。
そんな中、弱り切った「生きている」犬が現れる。おそらく地球上で最後の一匹の犬が…。


ぼたん 「ポップ隊」
出産と育児が禁止されるようになった世界。
人々は「若返り処置」によって老いる事がなく、永遠に若く美しいままでいられる。
一見完璧に見えるのだけれど、この虚しさはなんだろう!?こんな世界では生きられないヨー。

ライン


少子化、エネルギーや資源の枯渇、そして自分でものを考えられなくなった人間達。
皮肉を交えながらも現代社会への警鐘を鳴らしていますが、決して教訓めいてはいません。

ディストピア的な世界なんだけど、それが現代社会の延長にある事に気付いてドキッとしますきもち
猛スピードで日々進化していく世界。でも、果たしてそれは本当に進化なのか?退化なのでは?
近い未来、もしかしたらこのお話みたいな世界が待っているのかもね。あなおそろしや…!




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
日向 永遠  

nanacoさん、こちらもこんばんは★

「第六ポンプ」どの短編も面白かったですね。
退廃的未来、ブレードランナーみたいな世界で雰囲気抜群でした!また読みたくなります^^

nanacoさんも高評価で嬉しいです^^

2012/05/13 (Sun) 23:33 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こちらにもコメントありがとで~す♪

>「第六ポンプ」どの短編も面白かったですね。
>退廃的未来、ブレードランナーみたいな世界で雰囲気抜群でした!また読みたくなります^^

素敵な本を紹介して頂いて、本当にありがとうございました!!
ホント「ブレードランナー」みたいな世界観ですね。こういうの大好きです(o^-^o)
「ポケットのなかの法」から一気に引き込まれました。近未来の中国って不思議な魅力があります。
「フルーテッド・カールズ」も官能的な雰囲気が良かったし、表題作もすごく好き。。。
どれも面白かったですね~~(≧∇≦)

「ねじまき少女」も是非読んでみたくなりました!
「カロリーマン」と同じ設定でしたっけ?気になりますよ~^^

2012/05/14 (Mon) 22:04 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、おはようございます!
なんか予言書のような、無気味な面白さのある本ですね!
さすがは日向さんおススメだけあるって感じです!
結構、中身濃いそう!!!!!

nanaco☆ちゃんが特にお気に入りの3作品、本当に面白そうで、私も読んでみたいと思いました!
でも、現実になったら怖いな~~~~。(笑)

2012/05/20 (Sun) 06:14 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

この本、かなり中身の濃ゆい作品でしたよ~(笑)
どの作品も有り得ない設定なんですが、近い未来実際に起こりそうなリアルさもあって。

そういえば最近、会社のお友達とよく話している事があるんです。
ここ数十年で、人類って一気に進歩したけど、
私達がおばあちゃんになった頃には一体どんな世界になっているんだろうね?って^^;
実際、自分が子供の頃と今の世界はまるで違うんですもの。何だか怖くなっちゃいますね。

こういうSF作家さん達は、そんな将来が見えているのかなって思います(><)
この作品とても面白いので、picchukoさんも機会がありましたら是非読んでみて下さい☆

2012/05/25 (Fri) 21:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply