FC2ブログ
Welcome to my blog

「儚い羊たちの祝宴」米澤穂信

ななこ


儚い羊たちの祝宴
著者:米澤穂信
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。



面白かった!!!
青春ミステリを得意とする米澤さんですが、今回はちょっと毛色が違いました。

語り手は、名家に関わりのある若い女性達。お嬢様だったり、使用人だったり、妾腹の娘だったり。
丁寧だけれども淡々とした語り口で、どこかピンと張りつめたような緊張感が漂っていますきもち

この本に収められている5つの作品に共通するのは、とある読書サークル「バベルの会」。
あちこちでその言葉が出てくるものの、結局のところその全貌を知る事はできません。
だからこそ不気味。一体「バベルの会」とは何なのかと、何度も首を傾げる事になりますかお


ライン


ぼたん 「身内に不幸がありまして」
一発目からドドーンときましたね(笑)このタイトルの意味が分かった時はゾクリ。
名家の美しい娘・吹子と、彼女に使える使用人の少女・夕日。毎年殺される吹子の近親者達。
<前半>ひっそりと綴られた夕日の手記→<後半>吹子の述懐で、ガラリと世界が反転します。

ぼたん 「北の館の罪人」
六綱家の優雅な本館のお屋敷の裏手には、薄暗く陰気な別館が建っていた。
妾腹の子としてその館を訪れた少女・あまりは、別館に囚われているある青年の小間使いになるが…
巧いな~これもまた最後の1行に鳥肌が立ちます!

ぼたん 「山荘秘聞」
おぉぉ~怖い。どこかでこんなお話読んだ気がしますが、何の本だったかな。
とある別荘の管理人をしている屋島守子。守子は、ある冬遭難した一人の青年を助けるが…
"変わったお肉"にすっかり騙されました(笑)

ぼたん 「玉野五十鈴の誉れ」
この作品は、以前アンソロジー「Story Seller」で読んだので再読。
これが一番好きですね。旧家のお嬢様・純香と、使用人の少女・五十鈴の深い深い絆。
「始めちょろちょろ、中ぱっぱ。赤子泣いても蓋取るな」最後にこの文章を読むと……ぶるっ。

ぼたん 「儚い羊たちの晩餐」
「バベルの会」から除名されてしまった元会員の少女のお話。よく読みこんでみると深いです!
このお話の中に「アミルスタン羊」なるものが出てくるんですね、これは実は「人間」の事。
結局「バベルの会が消滅=バベルの会のメンバーが厨娘によって殺された」って事ですよね。


あ~~こうやって全ての作品を振り返ってみると、とんでもなくブラックな短編集だわ(笑)

古典部シリーズや小市民シリーズのような青春ミステリを期待していると、肩すかしかもかお
でも後味の良くないミステリや、ラストのどんでん返しが好きな方にはオススメできます。
個人的には、かなりツボにはまった作品でした!




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 14

There are no comments yet.
miwa125  
面白かったですね♪

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

とんでもなくブラックな作品でしたけど、
最後の一行のどんでん返しが面白くて、
どっぷりハマって読んだのを覚えてます^^

私も「玉野五十鈴の誉れ」が一番好きでしたよ~♪
純香と五十鈴の深い絆にちょっぴり感動しながらも、
やっぱり怖かったですね(><)
「始めちょろちょろ、中ぱっぱ。赤子泣いても蓋取るな」という歌(?)が
ものすごく印象的でした!!

TB、いただいていきますね~(^O^)/

2012/05/02 (Wed) 18:28 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、おはようございます~♪

この作品、ホント面白かったですね!!^^
米澤作品は、青春ミステリよりもこういうブラックな作品が好きな事に気付きました(笑)
最初に犯人だとばかり思っていた人物が、一気に反転する所なんて見事でした☆
なかなか悪意に満ちた連作短編集でしたねぇ~( ̄▽ ̄)ニヤリ

>「始めちょろちょろ、中ぱっぱ。赤子泣いても蓋取るな」という歌(?)が
>ものすごく印象的でした!!

良く知っているフレーズだけに、まさかそういう事に使われるとは!って感じですよね~^^;
ラストはやっぱりギョッとしました(笑)私もやっぱり一番印象に残っている作品です。

この作品、北山さんの「私たちが星座を盗んだ理由」に雰囲気が似てるな~と思いました♪
最後の1行でひっくり返されるタイプの作品、ちょっとツボかもしれません(^^ゞ

miwaさん、TBありがと~ヾ(=^▽^=)ノ
こちらからも頂いていきますね!

2012/05/03 (Thu) 06:38 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  

nanacoさん、こちらにも^^

米澤さん、面白そうですね。
あんまり、人気が出すぎると敬遠してしまう、変な癖?がある天邪鬼な性格なので、なかなか読むことができないでいます。
でも感想を伺うとおもしろそうですね~~
う~~・・・・

2012/05/03 (Thu) 10:01 | EDIT | REPLY |   
いりえ  
ふふふっ

nanaco☆さん、どうもです!(^^)!

米澤穂信さん、……『折れた竜骨』買おうかなって、気にしてたんです。(一度も読んだことないのですが、映画で『インシテミル』観たくらいです) どこからはじめればいいのかなぁと。
『儚い羊たちの祝宴』いいですねぇ。初めてですけど、ここから読んで大丈夫でしょうか(*^_^*)

ふふふ、『十角館の殺人』読み始めました(^O^)/

2012/05/04 (Fri) 16:22 | EDIT | REPLY |   
Cedie  

nanaco☆さん、こんばんは。
評価☆5つですね。これも読みたくなりました。

米澤さんは「インシテミル」しか読んだことがなくて、最近「氷菓」のアニメをみて、「春期限定いちごタルト事件」を読みました。(「氷菓」は図書館で予約が結構あったので後回しです(-_-;))

青春ミステリを得意とするとnanaco☆さんが書いてらっしゃるとおりですね。

松岡圭祐さんの万能鑑定士Qの事件簿もそうなんですが、人が死んだり、殺されたりしないのでなんだか安心して読めました。

しかしこれはあらすじ読む限り結構ブラックですね(>_<)
インシテミル寄りの作品っぽくてちょっとコワイです。

2012/05/06 (Sun) 21:16 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こちらにもコメントありがとうございます~^^

>あんまり、人気が出すぎると敬遠してしまう、変な癖?がある天邪鬼な性格なので

ふふふ(* ̄m ̄)私も基本的に同じような性格なので分かります…(笑)
でも、古典部シリーズや小市民シリーズはともかく、
この「儚い羊たちの祝宴」はきっと日向さんもお好きだと思うんです!
米澤作品の中では異色の作品かもですが、かなりブラックで面白いですよ~^^

北山猛邦さんの「私たちが星座を盗んだ理由」に雰囲気が似ている気がします。
日向さんも、是非この作品だけでも読んでみませんか??オススメですヽ(*^^*)ノ

2012/05/07 (Mon) 20:39 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、こんばんは~♪

>米澤穂信さん、……『折れた竜骨』買おうかなって、気にしてたんです。

おぉっ、偶然にも今「折れた竜骨」のラスト数ページを読んでいる所ですよ!!w(*゚o゚*)w
個人的にはなかなか好きな作品ですねぇ、ファンタジーとミステリの融合という感じかな?
「インシテミル」は映画ご覧になってどうでしたか??私はちょっと物足りなかったです~。
……が、原作は全く別物なので是非ともオススメしたい作品だったりします^^

>『儚い羊たちの祝宴』いいですねぇ。初めてですけど、ここから読んで大丈夫でしょうか(*^_^*)

ブラックなオチがOKであれば、この作品が最初の米澤作品でも大丈夫かと思います(o^∇^o)ノ
どの短編も中盤あたりから、じわじわと世界が反転し始めてラストの1行でズドンときます。
好みは分かれそうですが、読む価値のある作品ですので是非いりえさんも挑戦してみて下さい!

>ふふふ、『十角館の殺人』読み始めました(^O^)/

v(`皿´)ノ~'' ヒャッホウ!!
これで館仲間(笑)が増えますね♪読まれたら是非感想を聞かせて下さいね^^
楽しみに待っていますよ~~☆

2012/05/07 (Mon) 21:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさん、こんばんは~♪

「氷菓」や「春期限定いちごタルト事件」は、人が死なないミステリで後味が良いですよね(*^0^*)
でもその中にもほんのりとほろ苦さみたいなものもあって、あぁ青春だなって思います(笑)
そういえば「氷菓」アニメ化されたんですもんね!
こちらでは放送されていないようなので残念です。。。(まぁいつもの事ですが…泣)
キャラデザインは見ましたが、省エネのホータローが意外と可愛くて驚きました(* ̄m ̄)ヘヘヘ

>しかしこれはあらすじ読む限り結構ブラックですね(>_<)
>インシテミル寄りの作品っぽくてちょっとコワイです。

そうですね、ジャンル的には「インシテミル」寄りかもしれませんね~^^;
この後味の悪さ、人間の醜い部分がこれでもかというほど出ていて(笑)
でも、ここまでくると逆に潔ささえ感じてしまうから不思議ですね。。。
Cedieさんも機会がありましたら、是非読んでみて下さい!個人的には大好きな作品です(^^ゞ

2012/05/07 (Mon) 21:18 | EDIT | REPLY |   
Yuri  
こんばんは☆

nanacoちゃん、お久しぶり~っ。

おっ、今回は評価が五つ星だ☆
どの話もすごく不気味そうだわぁ(>_<)
「身内に不幸がありまして」って、
すごく印象的なタイトル!
「バベルの会」って実在しそうで怖いね…。汗

2012/05/08 (Tue) 21:59 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんにちは~!
大変ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか?

もしかして、nanaco☆ちゃんもバベルの会の一員?な~んて、思いながら読ませて戴きました。(笑)
なかなか面白そうな内容で、、、気になる作品ですね~。^^

そうそう、私は無事にミュンヘン旅行より帰国しました!
彼はすごく優しかったし、、、でも観光名所は全然見てない変な旅になりました。(笑)
トルコ料理、美味しかったですよ~!
あと、ビールも美味しかったですっ☆^^

2012/05/13 (Sun) 10:22 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Yuriちゃんへ

Yuriちゃん、おはよう~♪
お返事が遅れちゃってごめんね(*_*)

そちらはもう随分暖かくなったみたいだね(o^-^o)
TVで東京の様子が映ると、すごく気持ち良さそうな感じで羨ましいです。。。
こっちはやっと桜が咲いたと思ったら、ものすごい強風で一気に散ったみたい(笑)
昨日今日とすごく寒くて、外に出るのが億劫になるよ~^^;

>「身内に不幸がありまして」って、
>すごく印象的なタイトル!

なんかいかにも不吉な展開を予想させるようなタイトルだよね(笑)
この短編集、どれもブラックで後味が悪くて~人間ここまで悪くなれるのかと^^;
いつものミステリとは一味違う作品で、すごく面白かったです☆

2012/05/13 (Sun) 10:35 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、おはようございます~♪
ちょっぴりご無沙汰です^^最近バタバタしていて、なかなか遊びに行けなくてごめんなさい!

ミュンヘンから無事帰って来られたんですね、お帰りなさい~(*^0^*)
トルコ料理にドイツビール!あぁ、美味しそう……もう最高ですね(笑)
あっ、素敵な彼のお話も聞かせて下さいね。早速後から遊びに伺います♪

>nanaco☆ちゃんもバベルの会の一員?

えぇ、むしろ入りたいくらいですわ(* ̄m ̄)ニヤッ
でも「夢想家のお嬢様たち」じゃなきゃ入れませんから…(笑)
ま、夢想家って所は当たってますが(爆)お嬢様のような振る舞いはできないわ~^^;
なかなかブラックで後味の良くない短編集でした。こういうの、大好きです!

2012/05/13 (Sun) 10:57 | EDIT | REPLY |   
まる*  

こんにちはー☆ご無沙汰してます☆
しばらく読み逃げばかりしてました。すみません…

「玉野五十鈴~」が一番好きだったんですが、どれもこれも面白かったですね!
「山荘秘聞」、わたしも同じように騙されました…笑

米澤さんと言えば「氷菓」アニメ化されましたね~。
まさかあんな美形なホータローを目にする日がくるとは思ってませんでした。笑

2012/05/13 (Sun) 19:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
まる*さんへ

まるさん、こんばんは~♪
わぁ、ホントご無沙汰してます(><)最近どうしてるかなぁと気になっていました☆
またまるさんのコメントが読めて嬉しいですよ~^^

>「玉野五十鈴~」が一番好きだったんですが、どれもこれも面白かったですね!
>「山荘秘聞」、わたしも同じように騙されました…笑

「玉野五十鈴~」は強烈なインパクトがありましたねぇ。。。
「始めちょろちょろ、中ぱっぱ。赤子泣いても蓋取るな」怖すぎます(笑)
「山荘秘聞」も、最初は主人公の正体に騙され、次はあの言葉に騙され…(*_*)
でも何だか気持ちの良い騙され方でしたよね~こういう短編集、大好きです♪
北山さんの「私たちが星座を盗んだ理由」に雰囲気似てますね^^

>米澤さんと言えば「氷菓」アニメ化されましたね~。
>まさかあんな美形なホータローを目にする日がくるとは思ってませんでした。笑

本当に!!ホータローって、もう自分の中では完全にオタクなイメージだったんです(笑)
別に顔は悪くないけど、妙にこだわりみたいなのを持ってて、趣味がマニアックで、
仲間外れではないんだけど、何となく敬遠されているようなクラスでも微妙な立ち位置の人。
……そんなイメージでしたよ。。。でも意外なほど美形でしたね(* ̄m ̄)ニヤリ
これじゃあモテちゃうよ、ホータロー!
くすん、北海道では観られないのが残念ですよぅ。

2012/05/13 (Sun) 22:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『儚い羊たちの祝宴』 米澤穂信
  • 今回は、米澤穂信さんの『儚い羊たちの祝宴』を読んでみました。「身内に不幸がありまして」「北の館の罪人」「山荘秘聞」「玉野五十鈴の誉れ」「儚い羊たちの晩餐」の5編が収録さ
  • 2012.05.02 (Wed) 18:31 | 本を読みましょ