06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.29 *Sun*

「アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚」クラーク・アシュトン・スミス


アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚
著者:クラーク・アシュトン・スミス
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
彫刻家の暗い情念のこもった怪物像が生気を帯びて恐怖をもたらす「怪物像をつくる者」、修道士たちがなまめかしいウェヌス像の魔力に翻弄される「ウェヌスの発掘」など、緑なす森が広がる神秘の地アヴェロワーニュの年代記に加え、異様な死をとげた作家の日記が明かす、神に背いて禁忌の術を用いた神官の物語「アフォーゴモンの鎖」他、降霊術にまつわる綺譚を併せた18篇を収める。

【目次】(「BOOK」データベースより)
アヴェロワーニュ/怪物像をつくる者/アゼダラクの聖性/イルゥルニュ城の巨像/アヴェロワーニュの媾曳/アヴェロワーニュの獣/マンドラゴラ/ウェヌスの発掘/サテュロス/シレールの魔女/物語の結末/蟾蜍のおばあさん/アフォーゴモンの鎖/魔力のある物語/妖術師の帰還:分裂症の造物主/彼方から狩り立てるもの/塵埃を踏み抜くもの



読んでいるうちに、何だかやましい気持ちになる。

……そんな本はありますか??私の場合、このスミスさんの作品がそうです(笑)
「こんな本を読んで良いんだろうか」「何か良くない事が起こるんじゃないだろうか」

人目を気にしてコソコソしてしまう、そんな何かがこの作家さんの作品にはあるんですよね。。。


「ゾティーク幻妖怪異譚」「ヒュペルボレオス極北神怪譚」ときましたが、
第三弾は「アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚」。またまた思わず見惚れてしまうような表紙絵ですきもち

ゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫) ヒュペルボレオス極北神怪譚 (創元推理文庫)


第一弾の「ゾティーク~」あたりに比べると、全体的にユーモラスな短編が多いですね~かお
魔女、魔術師、人狼、ラミア等、まぁ次々と禍々しいモノがでてくるわという感じなんですが(笑)
恋に結びついた作品が多いからなんでしょうか、不思議と柔らかな読後感を残すものが多いです。


特に印象に残っているのは「イルゥルニュ城の巨像」

崖に建つイルゥルニュ城には、貴族達の幽霊が跋扈し、城主は不死者であるという噂がある。
ある日、葬られて間もない墓が暴かれており、6つの遺体が消失していて…。
恐ろしいスピードで目的地を目指し進む死者の大群。考えるだけでも怖い!


森で逢引きしようとしていた詩人と娘が、異界の城に導かれる「アヴェロワーニュの媾曳」

時間に忘れ去られたような古めかしい城、怪しい城主、驚くほど古いワイン。
そしてその夜、不気味な音が聞こえてくる。古典的ながらも面白い作品でしたね~。
詩人クンのポジティブシンキングはちょっと笑えます。

人間の姿に似た植物の恐怖を描いた「マンドラゴラ」も好き。
「ゾティーク~」ほどのインパクトはないものの、安定した面白さの幻想ホラー短編集でしたきもち




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

COMMENT

nanacoさん、おはようございます★
スミスの第三短編集も面白そうですね。
東京創元からの最後の短編集になりそうで、大事に読みたいです。表紙も毎回、綺麗ですね!
やましい感じ・・なんとなく分かります。人間の押さえつけている感情だとか、原罪だとか、本能だとか、突き詰めるとでてくる醜さとか、自分にもきっとある暗黒面を刺激されそうな(オーバー?)そんな物語集ですね。自分も近々読もうと思いますよ~
by 日向 永遠 #MTvX3K/M
2012/05/03(木) 09:57 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは~♪
お返事が遅れちゃってごめんなさいm(_ _)m

>東京創元からの最後の短編集になりそうで、大事に読みたいです。

東京創元、ちょっとお高いですがスミスのおかげで大好きな出版社になりました^^
今回で最後なんですね、、、ちょっと寂しいなぁ。もっとこの世界に浸っていたいです。
どれも大好きですが、日向さんから教えて頂いた最初の「ゾティーク~」が一番好みでした!
今回の「アヴェロワーニュ~」は中世フランスみたいな雰囲気?これも良いですね(*^v^*)

>自分にもきっとある暗黒面を刺激されそうな

うんうん、そうなんですよね!
上手く言葉にできないのがもどかしいのですが、
読んでいるうちにすっかり心がダークサイドに囚われてしまいそうな…(スターウォーズか?笑)
この邪悪な感じが何とも言えず、後ろめたい気持ちにさせられるんでしょうかねΨ( ̄∇ ̄)Ψ
ラヴクラフトも絶対近いうちに挑戦しようと思います。
日向さんのレビューも楽しみに待っていますね~☆
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/05/07(月) 20:01 [Edit
こんにちは♪
ちょっとご無沙汰しておりましたm(__)m

最近、本の表紙絵でつい手にとってしまう本が多いですよね~この表紙も素敵!中身も興味深々なのですが、
1・2編を読んでなくても、短編集ならいきなり3編を手にとっても大丈夫ですか?

ウソン氏の新しい作品まだ観てませんでした(涙)
好きな俳優さんなので必ずチェックしてみます!(^^)!

うに丼美味しそうです~!
札幌から3時間ですか…。ドライブにはちょっとありますが(笑)、でもその時間かける価値あり!ですね~!
by くりちゃん827 #-
2012/05/09(水) 15:23 [Edit
くりちゃん827さんへ
くりちゃんさん、おはようございます~♪
ご無沙汰しております!お返事が遅れてしまってゴメンナサイ(><)

この作品の表紙、素敵ですよね^^
全て短編なのでこの作品から読んでも全然大丈夫ですよ!
でも個人的には一作目の「ゾティーク~」をオススメしたい所です(笑)
なんかもう、禍々しさ(というか邪悪さ?笑)の度合いがハンパじゃないんですよ…(* ̄m ̄)
この作家さん好き嫌いは分かれそうですが、ハマる人はハマるのではないかと☆

>ウソン氏の新しい作品まだ観てませんでした(涙)
>好きな俳優さんなので必ずチェックしてみます!(^^)!

ウソン氏、あの甘い笑顔にメロメロです~(笑)なんであんなに格好良いんでしょう。
私は全ての作品を観ているわけではないのですが、
チャン・ツィイーと共演してた「MUSA」とか好きでしたねぇ、、、あの役柄最高です。
「レイン・オブ・アサシン」の彼もカッコイイので、是非ご覧になってみて下さい(*^▽^*)

>うに丼美味しそうです~!

今年初のうに、とろけるように甘くて美味しかったです~( ̄¬ ̄*)
ですが札幌からうにのためだけに3時間はちょっと勇気が要りますよね(笑)
次は夏です!うにの季節が待ち遠しいです☆
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/05/13(日) 10:48 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
31位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。