FC2ブログ
Welcome to my blog

「アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚」クラーク・アシュトン・スミス

ななこ


アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚
著者:クラーク・アシュトン・スミス
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
彫刻家の暗い情念のこもった怪物像が生気を帯びて恐怖をもたらす「怪物像をつくる者」、修道士たちがなまめかしいウェヌス像の魔力に翻弄される「ウェヌスの発掘」など、緑なす森が広がる神秘の地アヴェロワーニュの年代記に加え、異様な死をとげた作家の日記が明かす、神に背いて禁忌の術を用いた神官の物語「アフォーゴモンの鎖」他、降霊術にまつわる綺譚を併せた18篇を収める。

【目次】(「BOOK」データベースより)
アヴェロワーニュ/怪物像をつくる者/アゼダラクの聖性/イルゥルニュ城の巨像/アヴェロワーニュの媾曳/アヴェロワーニュの獣/マンドラゴラ/ウェヌスの発掘/サテュロス/シレールの魔女/物語の結末/蟾蜍のおばあさん/アフォーゴモンの鎖/魔力のある物語/妖術師の帰還:分裂症の造物主/彼方から狩り立てるもの/塵埃を踏み抜くもの



読んでいるうちに、何だかやましい気持ちになる。

……そんな本はありますか??私の場合、このスミスさんの作品がそうです(笑)
「こんな本を読んで良いんだろうか」「何か良くない事が起こるんじゃないだろうか」

人目を気にしてコソコソしてしまう、そんな何かがこの作家さんの作品にはあるんですよね。。。


「ゾティーク幻妖怪異譚」「ヒュペルボレオス極北神怪譚」ときましたが、
第三弾は「アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚」。またまた思わず見惚れてしまうような表紙絵ですきもち

ゾティーク幻妖怪異譚 (創元推理文庫) ヒュペルボレオス極北神怪譚 (創元推理文庫)


第一弾の「ゾティーク~」あたりに比べると、全体的にユーモラスな短編が多いですね~かお
魔女、魔術師、人狼、ラミア等、まぁ次々と禍々しいモノがでてくるわという感じなんですが(笑)
恋に結びついた作品が多いからなんでしょうか、不思議と柔らかな読後感を残すものが多いです。


特に印象に残っているのは「イルゥルニュ城の巨像」

崖に建つイルゥルニュ城には、貴族達の幽霊が跋扈し、城主は不死者であるという噂がある。
ある日、葬られて間もない墓が暴かれており、6つの遺体が消失していて…。
恐ろしいスピードで目的地を目指し進む死者の大群。考えるだけでも怖い!


森で逢引きしようとしていた詩人と娘が、異界の城に導かれる「アヴェロワーニュの媾曳」

時間に忘れ去られたような古めかしい城、怪しい城主、驚くほど古いワイン。
そしてその夜、不気味な音が聞こえてくる。古典的ながらも面白い作品でしたね~。
詩人クンのポジティブシンキングはちょっと笑えます。

人間の姿に似た植物の恐怖を描いた「マンドラゴラ」も好き。
「ゾティーク~」ほどのインパクトはないものの、安定した面白さの幻想ホラー短編集でしたきもち




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
日向 永遠  

nanacoさん、おはようございます★
スミスの第三短編集も面白そうですね。
東京創元からの最後の短編集になりそうで、大事に読みたいです。表紙も毎回、綺麗ですね!
やましい感じ・・なんとなく分かります。人間の押さえつけている感情だとか、原罪だとか、本能だとか、突き詰めるとでてくる醜さとか、自分にもきっとある暗黒面を刺激されそうな(オーバー?)そんな物語集ですね。自分も近々読もうと思いますよ~

2012/05/03 (Thu) 09:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪
お返事が遅れちゃってごめんなさいm(_ _)m

>東京創元からの最後の短編集になりそうで、大事に読みたいです。

東京創元、ちょっとお高いですがスミスのおかげで大好きな出版社になりました^^
今回で最後なんですね、、、ちょっと寂しいなぁ。もっとこの世界に浸っていたいです。
どれも大好きですが、日向さんから教えて頂いた最初の「ゾティーク~」が一番好みでした!
今回の「アヴェロワーニュ~」は中世フランスみたいな雰囲気?これも良いですね(*^v^*)

>自分にもきっとある暗黒面を刺激されそうな

うんうん、そうなんですよね!
上手く言葉にできないのがもどかしいのですが、
読んでいるうちにすっかり心がダークサイドに囚われてしまいそうな…(スターウォーズか?笑)
この邪悪な感じが何とも言えず、後ろめたい気持ちにさせられるんでしょうかねΨ( ̄∇ ̄)Ψ
ラヴクラフトも絶対近いうちに挑戦しようと思います。
日向さんのレビューも楽しみに待っていますね~☆

2012/05/07 (Mon) 20:01 | EDIT | REPLY |   
くりちゃん827  
こんにちは♪

ちょっとご無沙汰しておりましたm(__)m

最近、本の表紙絵でつい手にとってしまう本が多いですよね~この表紙も素敵!中身も興味深々なのですが、
1・2編を読んでなくても、短編集ならいきなり3編を手にとっても大丈夫ですか?

ウソン氏の新しい作品まだ観てませんでした(涙)
好きな俳優さんなので必ずチェックしてみます!(^^)!

うに丼美味しそうです~!
札幌から3時間ですか…。ドライブにはちょっとありますが(笑)、でもその時間かける価値あり!ですね~!

2012/05/09 (Wed) 15:23 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
くりちゃん827さんへ

くりちゃんさん、おはようございます~♪
ご無沙汰しております!お返事が遅れてしまってゴメンナサイ(><)

この作品の表紙、素敵ですよね^^
全て短編なのでこの作品から読んでも全然大丈夫ですよ!
でも個人的には一作目の「ゾティーク~」をオススメしたい所です(笑)
なんかもう、禍々しさ(というか邪悪さ?笑)の度合いがハンパじゃないんですよ…(* ̄m ̄)
この作家さん好き嫌いは分かれそうですが、ハマる人はハマるのではないかと☆

>ウソン氏の新しい作品まだ観てませんでした(涙)
>好きな俳優さんなので必ずチェックしてみます!(^^)!

ウソン氏、あの甘い笑顔にメロメロです~(笑)なんであんなに格好良いんでしょう。
私は全ての作品を観ているわけではないのですが、
チャン・ツィイーと共演してた「MUSA」とか好きでしたねぇ、、、あの役柄最高です。
「レイン・オブ・アサシン」の彼もカッコイイので、是非ご覧になってみて下さい(*^▽^*)

>うに丼美味しそうです~!

今年初のうに、とろけるように甘くて美味しかったです~( ̄¬ ̄*)
ですが札幌からうにのためだけに3時間はちょっと勇気が要りますよね(笑)
次は夏です!うにの季節が待ち遠しいです☆

2012/05/13 (Sun) 10:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply