06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.28 *Sat*

3月☆観賞メーターまとめ


ちょっと遅れてしまいましたが、3月に観たDVDを、まとめました~かお


3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:5本
観た鑑賞時間:570分



エイドリアン・ブロディ エスケイプ [DVD]エイドリアン・ブロディ エスケイプ [DVD]
こう言っては失礼かもですが・・・稀に見る駄作だと思います(笑)ふと気付くと、崖から転落したらしい車の中。後ろの席には既に死んでいる見知らぬ男。運転席の主人公は足がはまって抜け出せない。そして一切の記憶がない。さてどうする?という状況。長い、とてつもなく長い。最初の数十分は「うー」だとか「あー」だとか言って頑張って車から脱出しようとするだけ。そして肝心のオチはというと、これまたありきたりすぎるのです。最後まで観た自分を褒めてあげたい!エイドリアン・ブロディは、「戦場のピアニスト」の頃が一番良かった・・・。
鑑賞日:03月04日 監督:マイケル・グリーンスパン


ライフ -いのちをつなぐ物語- DVD スタンダード・エディションライフ -いのちをつなぐ物語- DVD スタンダード・エディション
素晴らしい映像の数々!!これホントどうやって撮ったんだろう・・・と思わず息を飲んでしまうほどの美しさ。全てが動物目線で撮られているのが良いですね。以前観た「アース」よりも押しつけがましいメッセージ性がないので、素直に自然界に生きる動物達の驚異や神秘を楽しめました。ミズダコの赤ちゃんなんて初めて見たよ~~ものすごくちっちゃくて可愛いのに、ちゃんとタコの形してる!と当たり前の事に驚きました(笑)世界最大のコモドオオトカゲ(体長3m!)の獲物に対する恐るべき執着心には鳥肌が立ちました・・・。
鑑賞日:03月11日 監督:マイク・ガントン、マーサ・ホームズ


鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星【通常版】 [DVD]鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星【通常版】 [DVD]
作画は若干雑な所もあり少しだけ不満が残りましたが、それでもハガレンのダークな世界観を再び堪能する事ができて嬉しいです!やっぱりこのシリーズはどこまでも暗く重いんだよなぁ・・・。そこが通常のファンタジーとは一線を画している部分でもありますが^^錬金術、等価交換の原則、賢者の石の代償等、原作ファンにはお馴染みですが、一応説明はしているものの原作未読(又はアニメ未見)の方には、少々駆け足気味に思えるかもしれません。
鑑賞日:03月11日 監督:村田和也


モールス [DVD]モールス [DVD]
想像していた通り、「ぼくのエリ」を超える事はできませんでした。概ねオリジナルに忠実に作られているとは思うのですが、北欧独特の凍てつく空気だとか、悲しくなるぐらいの孤独だとか。そういうのはハリウッド映画では出せないんだな、と思いました。でも、ラストのシーンは結構気に入っています。勿論、どこまでも陰鬱で気が滅入るようなオリジナルも大好きなんですが(笑)
鑑賞日:03月24日 監督:マット・リーヴス


レイン・オブ・アサシン [DVD]レイン・オブ・アサシン [DVD]
期待せずに観たけれど、意外にも面白かったですね~!明朝時代の中国、暗殺組織「黒石」の最強の女刺客・細雨の壮絶な戦いを描いた武侠アクション。ミシェル・ヨーはいつ見ても変わらないな~この人が出ているアクションには安心感がありますね。甘いマスクが魅力のチョウ・ウソンとの夫婦生活も素敵。例によってストーリーは尻すぼみ感ありですが(笑)それでもあまりにも美し過ぎる剣技を堪能できたので満足です。
鑑賞日:03月31日 監督:Array,ジョン・ウー

鑑賞メーター



ライン


「ライフ -いのちをつなぐ物語-」
は驚異的な映画でしたね~きもち
BBC製作のネイチャードキュメンタリーなんですが、よくまぁこんな映像を撮れたなと。
すごく素敵な映画だったし、そんな自然を人間達が壊し続けていると思うと何だか焦ります。。。

スウェーデンのヴァンパイア・ホラー「ぼくのエリ 200歳の少女」をハリウッドリメイクした「モールス」
想像はしていましたけど、自分にはちょっぴり物足りなかったですきもち

忠実にリメイクされているとは思いますが、あの独特の静けさやピリッと凍てつくような空気感は、
やっぱり北欧独特のものなんでしょうかねぇ。とりあえず今回も男の子が可愛かったですが(笑)

ちなみに原作ではエリ(リメイク版ではアビー)は元々は男の子だったという設定なんですが、
今回の映画ではそれがますます分からなくなっていましたね。
どう見てもアビーは男の子だったようには見えないもんね。

個人的にはオリジナルの方が好きです。
(それでも日本では色々カットされているようなので不満ですが…)

関連記事

COMMENT

今日はこちらに今晩は
私も映画はよく見てるのでこちらにもお邪魔します
まあ私はマイナー作品中心ですけど(^^;
この中だとエスケープとモールスを見てますよ、エスケープは
ほぼエイドリアンさんの一人芝居でしたね、演技力のある方ですから
こういう作品でも安心してみれました。
記憶喪失で自分で銀行強盗の仲間だと思いこんでの逃亡でしたね

モールスはもちろんオリジナルの『ぼくのエリ・・・』も
見てます。
エリの重要なシーンをDVDではカットしてたんですよね~
映論が憎いです。あのシーンは絶対必要であるのと無いのとでは
全然違いますから・・・まるまるカットとモザイク有りでモザイクが
かかってもだめなんですよね
by nemurineko #-
2012/05/03(木) 23:05 [Edit
nemurinekoさんへ
nemurinekoさん、こんばんは~♪
お返事が遅れちゃってごめんなさい(>人<)

お~nemurinekoさんも「エスケイプ」ご覧になりましたか!
確かにエイドリアンさんの演技力がなければ、途中で挫折していたかもしれません(笑)
オチに期待していましたが、完全に予想範囲内でちょっぴりガッカリな作品でした^^;
最近彼のイメージがちょっと変わってきましたよ~「プレデターズ」に出てた時は驚きました!

>エリの重要なシーンをDVDではカットしてたんですよね~映論が憎いです。

同感です!エリの秘密に関わる最も重要な部分をカットしたといっても過言じゃないかも…。
原作を読めばこういうお話だったんだと分かりますけど、勘違いしたままの人もいるでしょうね(泣)
オリジナルの方は、北欧の凍てつくような雰囲気が好きだっただけに勿体ないです~(*_*)
ハリウッドリメイクは、これはこれでそれなりに良い作品かもしれませんね☆
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/05/07(月) 20:50 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
22位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。