FC2ブログ
Welcome to my blog

「リリエンタールの末裔」上田早夕里

ななこ


リリエンタールの末裔
著者:上田早夕里
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
彼は空への憧れを決して忘れなかった―長篇『華竜の宮』の世界の片隅で夢を叶えようとした少年の信念と勇気を描く表題作ほか、人の心の動きを装置で可視化する「マグネフィオ」、海洋無人探査機にまつわる逸話を語る「ナイト・ブルーの記録」、18世紀ロンドンにて航海用時計の開発に挑むジョン・ハリソンの周囲に起きた不思議を描く書き下ろし中篇「幻のクロノメーター」など、人間と技術の関係を問い直す傑作SF4篇。



約1ヶ月前に読んだ本なので、若干内容を忘れています…(笑)

面白かったのですが、「魚舟・獣舟」「火星ダーク・バラード」のようなインパクトはなく。
上田さんのダークな世界観が好きなのですが、今回は良くも悪くも「清々しい」印象を受けました。

この抜けるような青空の表紙から受ける印象と、ほぼ同じ読後感でしたね~かお


「リリエンタールの末裔」「マグネフィオ」「ナイト・ブルーの記憶」「幻のクロノメーター」
以上4つの作品が収録されています。お気に入りは、表題作と「幻のクロノメーター」かな。


ぼたん リリエンタールの末裔

表題作は、「華竜の宮」と同じ世界を舞台にしたお話。陸地の大半が水没してしまった近未来。
少年チャムの一族は、背中に鉤腕と呼ばれる第二の腕が付いている。
体重の軽い少年時代までは、それを使って植物の茎から翼を作り空を飛ぶ事ができる。

青年になったチャムは、もう空を飛べない。でも少年時代の体験が忘れられない。
やがて海上都市に出た彼が、差別を受けながらも夢を追いかけ続ける姿が本当に素敵でしたきもち

なんとなく「魔女の宅急便」のキキを思い出したのは私だけかな?(笑)
海上都市は海辺の町に重なるし、思う存分空を飛びたいと思う気持ちも同じですね。

とっても爽やかな読後感でしたきもち (前途多難の予感はするけれども…)


ぼたん 幻のクロノメーター

18世紀ロンドンを舞台に、航海用時計マリン・クロノメーターの開発に一生を捧げる男のお話。

ごく真っ当な(?)作品で、これは上田作品にしては異色かもと思ったのですが(笑)
最後にはやっぱり「仕掛け」がありましたね。きっちりとSFでまとめてくれるのが嬉しいです!

当時の限られた技術の中で、寸分の狂いもないマリン・クロノメーターを開発する難しさ。
どんな分野においても、自分の全てを注ぎ込む職人さんには尊敬の念を抱きますね…かお
また上田さんの新たな一面が垣間見えた作品でした。




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 10

There are no comments yet.
日向 永遠  
上田早夕里さん!

nanacoさん、こんばんは★
トラバありがとうございます。こちらからもトラバさせてください!
リリエンタールの末裔、どれも面白かったです!幻のクロノメーターがやっぱり一番良かったです。初めて魚舟~を読んだときの衝撃と比べると新鮮味は落ちますが、続けて読みたい世界感をもってますね。

2012/04/15 (Sun) 18:59 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪

どの作品も良かったですよね(*^▽^*)
その中でも、特に表題作の世界観は最高に好きです!!
いつかこんな世界が本当に来るかも…みたいなリアリティもあって。続けて読みたくなります^^
「幻のクロノメーター」は、こういう設定でもSFを絡める事ができるんだと驚きましたねぇ。

>魚舟~を読んだときの衝撃と比べると新鮮味は落ちますが

「魚舟・獣舟」は凄かったですね。。。(物語も凄いし表紙も凄い…笑)
あれくらいインパクトのある作品ってなかなか出会えません。
またあんな雰囲気のが読みたいなぁ……(><)今後の作品にも期待ですね☆

TBありがとうございました~(v^-^v)

2012/04/15 (Sun) 22:36 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  

nanaco☆さんコンバンワ~ (*^∇^)ノ☆

以前にnanaco☆さんの「魚舟・獣舟」のレビューを読んで、この作家さん、ずっと気になってました。
そして、読みたい本にクリックしてから早何年…(そんなに経ってない?)
この「リリエンタールの末裔」も面白そうですが、まずは「魚舟・獣舟」から読んだ方がいいですよね☆
早速注文してきまーす♪

「魚舟・獣舟」の装丁もインパクトがありましたが、「リリエンタールの末裔」も素敵ですね♪

2012/04/16 (Mon) 00:16 | EDIT | REPLY |   
miwa125  

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

どの短編も、インパクトは弱いながらも
読み応えがあって面白かったですよね^^
欲を言えば、もう少し『魚舟・獣舟』や『華竜の宮』の世界観を色濃くしてほしかったような気がします(><)

上田さんといえば、新刊が出てますね♪
こちらも上田さんの新たな一面が見れそうで
面白そうな感じですけど、
殺人蜂って…何となく『NO.6』の世界っぽくないですか~?(笑)

TBありがとうございま~す(^O^)/
こちらも遠慮なくいただいていきますね♪
あと、これから『魚神』のレビューをUPするので、
こちらのTBもいただいて帰りますね~☆

2012/04/16 (Mon) 18:12 | EDIT | REPLY |   
Yuri  
こんばんは☆

nanacoちゃん、こんばんは☆

どちらも面白そうな作品だね~。
SFって、映画ではあまり見ないんだけど
こうして小説で読むと
結構面白そうだなぁって思いました♪

そう言えば、最近スープカレー食べてる?笑

2012/04/16 (Mon) 18:42 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさん、こんばんは~♪

「魚舟・獣舟」は凄いですよぉ……w(゚o゚)w
こんなにも独特な世界観を描かれる作家さんがいるのかと、驚いた記憶があります!
今回の「リリエンタールの末裔」は、良くも悪くも「あっさり」とした作品なので、
個人的には、先に「魚舟・獣舟」を読まれる事をオススメします~~(*^0^*)
どろりとした濃厚な世界に絡め取られてしまうようで。。。本当に大好きな本です。

>「魚舟・獣舟」の装丁もインパクトがありましたが、「リリエンタールの末裔」も素敵ですね♪

ついつい手に取ってみたくなるような、素敵な表紙ですよねぇ( ^ ^ )/
「火星ダーク・バラード」(文庫版)の表紙はご覧になった事ありますか??
こちらもめちゃめちゃ綺麗なんですよ~ちなみに美貌の殺人犯がツボの作品でした…(笑)
どれも面白いので、是非読んでみて下さいね。ちこさんの感想が楽しみです~♪

2012/04/16 (Mon) 20:07 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

この作品、「魚舟・獣舟」や「華竜の宮」を読んでしまった後では若干物足りない感がありますが、
それでも4作品、どれもハズレがなくて安定した面白さがありましたねぇ。o@(^-^)@o。
「マグネフィオ」は、短編で終わらせるのが勿体ないくらい魅力的な題材だった気がします!
表題作もだけど、上田さんの作品は「もっと読みたい」という気持ちになりますよね☆

>上田さんといえば、新刊が出てますね♪

購入しようかどうしようか、迷っている所です。。。^^;
殺人蜂というと、私も真っ先に「NO.6」が思い浮かびますよ~(笑)
虫が人間の身体に寄生するとか、もう考えるだけで鳥肌が立ちますねぇ…。イヤダ…。
苦手な分野ではあるけれど、上田さんの事だからきっと面白いんでしょうね(><)

P.S. miwaさん、お返しトラバありがと~☆
「魚神」読まれたとか!わぁ、早速感想をうかがいにお邪魔しますね(≧∇≦)

2012/04/16 (Mon) 20:21 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Yuriちゃんへ

Yuriちゃん、こんばんは~♪

SF、私は逆に昔は映画しか観てなかったよ~(><)
最近になって、お友達からSF本の楽しさを教えてもらったんです☆
SFにしてもファンタジーにしても、物語を自分で作り出せる人って凄いなぁって思うよ^^

>そう言えば、最近スープカレー食べてる?笑

もっちろん!大体週1ペースで食べてるよ~( ̄¬ ̄*)
そういえば最近あんまり写真は撮ってないかも…同じ店に行く事が多いからかな??
スープカレーを食べるのは、ほとんどは休日のお昼が多いんだけど、
食べた日は夜寝るまでお腹が空かないので、意外にダイエットになのですよ…(笑)
久々に新しいお店開拓したくなってきた~♪

2012/04/16 (Mon) 20:27 | EDIT | REPLY |   
nemurineko  
読みましたよ~

今晩は
昨日読み終わりました(^^)
上田さんの作品は2冊目ですけど今回も魅力的なお話で面白かったです
表題作と【幻のクロノメーター】が好みでした。
【華竜の宮】が未読だったのが悔やまれます・・・できれば
発表順に読みたいところですけどこちらの書店では上田さんの作品
少ないんですよね、市内では大型なほうなのですが・・・
今日は車のオイル交換に出かけて待ち時間に中村弦さんの
【ロスト・トレイン】を読んでいたら読了してしまいました・・・
思ったより面白かったです。
てつ子さんの気持ちがわかったような気がしました

2012/07/14 (Sat) 23:03 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
nemurinekoさんへ

nemurinekoさん、こんばんは~♪

おぉ!「リリエンタールの末裔」読まれたんですね^^
私もnemurinekoさんと同じで、表題作と「幻のクロノメーター」が好きでした。
表題作は表紙の真っ青な空のように、爽やかな作品でしたよね~☆
「魚舟・獣舟」とはまた違った魅力があって良かったです。長編で読んでみたいなぁ^^
「華竜の宮」も面白かったです!こちらはどっしりと重厚なSFでした。
感想をお伺いできる日を楽しみに待っていますね(*^0^*)

>今日は車のオイル交換に出かけて待ち時間に中村弦さんの
>【ロスト・トレイン】を読んでいたら読了してしまいました・・・

は、早いです、、、nemurinekoさん!(笑)
何故だか「夏に読みたい本」というイメージができちゃってます。
面白かったようですね~♪私も近いうちに読んでみたいです(o^-^o)

2012/07/15 (Sun) 22:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「リリエンタールの末裔」上田早夕里を読みました!
  • 【送料無料】リリエンタールの末裔価格:714円(税込、送料別) 著者 上田早夕里 早川文庫JA 評価 ★★★★☆ 上田早夕里さんの短編集を読みました。 4つの中短編が収録されて
  • 2012.04.15 (Sun) 18:53 | 知的生活へのあこがれ
この記事へのトラックバック
  •  『リリエンタール末裔』 上田早夕里
  • 今回レビューを書くのは 上田早夕里さんの『リリエンタールの末裔』という作品です。 「リリエンタールの末裔」「マグネフィオ」「ナイト・ブルーの記憶」 「幻のクロノメーター」...
  • 2012.04.16 (Mon) 18:16 | 本を読みましょ
この記事へのトラックバック
  •  【リリエンタールの末裔】 著:上田早夕里
  • 出版社:早川書店 (2011年) 初版:2011年 形態:ハヤカワ文庫 シリーズ:なし ジャンル:SF・ファンタジー 【あらすじ】 彼は空への憧れを決して忘れなかった―長篇『華竜の宮』の
  • 2012.07.14 (Sat) 17:42 | 眠り猫の憂鬱