10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.07 *Sat*

3月☆ブクログまとめ


読書メーターからブクログへ移行し、今月からはブックレビューのまとめはブクログになります。
ブクログでは読メのようにレビューは載らないようだったので、ちょこっとカスタマイズしました。

というわけで、3月に読んだ本のまとめ~きもち

読んだ本の数:20冊(小説7冊・漫画10冊・絵本1冊・雑誌2冊)


nanaco☆の本棚 - 2012年03月 (20作品)

とうとう読み始めました!
難しいかな、眠たくなるかな…と小さな不安を胸に本を開きましたが、
これがまた意外なほど読みやすく面白かったです。

海の商工業国家アテネ、陸の軍事国家スパルタ。
相容れない関係の両国が、団結してペルシアに立ち向かうのに胸が熱くなります。

たった300人のみでテルモピュレーを死守したスパルタ戦士、
思わず映画の「300」を思い出しました。このお話だったんですね。

トロイ戦役もそうだけど、このあたりの時代は映画の題材の宝庫なんだ!
…と、改めて気付きました^^


ライン



上巻はまだまだ謎ばかりです。
「風の影」「忘れられた花園」同様、古書店や館、個性的な双子の少女…
大好きな要素がたっぷりで、思わずニンマリしちゃいます。

老作家ヴァイダ・ウィンターの語る物語は、果たして真実なのか?
彼女の語る双子のお話はのめりこんでしまうほど面白いのですが、
語り手が信用ならない作品というのは、ついつい深読みしてしまいますね(笑)

さて、どんな結末が待っているんだろうか。下巻に行きます!


ライン



小気味良さすら感じられるほどの鮮やかなどんでん返し!

全てが明かされた今、振り返ってみると確かに伏線が張ってあるのですが、
読んでいる間はまた巧く隠されているんだよなぁ…(笑)

崩壊するお屋敷は、「レベッカ」のマンダレーのお屋敷を彷彿とさせます。
どこか夢の中を浮遊するような双子の少女、そして「幽霊」の存在。
置き去りに去られた赤ん坊。全てが繋がった時の驚きといったら…!!

面白いなぁ、すごい物語だなぁ。
作中に登場した、ヴァイダとマーガレットが愛してやまない文学の数々、
全てを手に取り、その世界に浸ってみたい衝動に駆られます。


ライン



詩暢ちゃん、どうした?(笑)
そうか、スノー丸のポーチとハンカチ、無事に手に入れられたのね…。
このキャラ、ホント笑えます。

太一の想いが切ないですね~。
新よりも千早に近い所にいるはずなのにその一歩が踏み出せない。
その姿をひそかに見守るかなちゃんも好きです!

さて、次はいよいよ周防が登場。


ライン


周防名人、表紙だけ見たら惚れそうなのに…色んな意味で残念(笑)

一年生、またすごいキャラがきたなぁ。
すみれちゃん、初登場時の印象はあまり良くないです。
(「君に届け」のくるみちゃんみたいだなぁと思ってしまった^^;)
…が、意外とこういう芯の強い子はかるた向きだったりするのかも。

かなちゃんは一年生の教育係にピッタリだと思います。
もっとビシバシいってくれ!!


ライン



太一が皆からタオル貰うシーン、好きだなぁ。
女性陣の太一への注目度が伺えます(笑)
運がない…のは残念だけど支えてくれる仲間がいる。

新のような天才タイプも大好きですが、
こつこつと努力して積み上げていく太一もつい応援したくなりますね。

そしてヒョロ君、意外と良い事言うじゃない!


ライン



ちょっとすみれちゃん、メイク落としたら別人!!
部長一筋から、段々とかるたへの興味が出てきたようで良い所も見えてきました。

そしてドSの須藤さん。彼が出てくると若干テンションが上がる自分に気付く。
千早ママとのエピソードも涙腺にきますね~。


ライン



表紙のクイーンのヘアピンが、さりげなくスノー丸でニヤリとしてしまいました。

外人さんにクイズ選手権優勝者に…
何とも変わった人達の多いかるた界です(笑)

新やクイーンのかるたは、勢いというよりも流れるような美しさがあって好きです。


ライン



机くんデータ、すごい!彼じゃなきゃこういう分析はできないですね。
恵夢ちゃん、地味すぎるけど何だこの存在感(笑)

押されていた千早が流れをつかむのは、
いつもかなちゃんのおかげのような気がします。

やっぱり日本語って美しいですね!


ライン



詩暢ちゃん、下着までスノー丸!
ここまでくるとどこにスノー丸がいるのかと必死で探してしまうよ…。
彼女のどこまでも強気な性格が大好きです。

千早にはまたやっかいなライバルが現れましたね~。
ちょっとした事がすぐ顔に出る千早と、どこまでも無表情な理音。
この試合はどうなるんだろう!?


ライン



千早VS理音戦、燃えるなぁ!!

この漫画は毎回泣き所があって困ります。
太一は、今までの努力と運の無さ(笑)が分かっているから、余計にグッとくる。

クイーン詩暢ちゃんは、ここにきて初めて千早を「ライバル」として意識した様子。
再び二人が対峙する日が待ち遠しいです。


ライン



この雑誌を読むと、いつも少しだけ自分の世界が広がる。
知識も少しだけ増えて、行ってみたい場所も増える。
それが楽しくてついつい手に取ってしまうのです。

エチオピアのアファール低地、この世のものとは思えない不思議な光景!
世界には自分の理解を超えた自然の驚異が広がっているんだなぁ…。

北極圏の犬ぞり警備隊の記事も面白かったです。
犬達にも性格があり、リーダーシップをとるもの、賢いもの、従うもの…
それぞれの性格を考慮して、その性格に合った役割を担うんですね。


ライン



スミスの作品を読んでいると、いつも何故かやましい気持ちになります(笑)
そう、禁止されている本をこっそり読んでいるみたいな……。
あまりにもおぞましくグロテスクなのに、ふとした時に感じる美しさ。
ちょっとクセになるんですよね~。

一作目の「ゾティーク~」ほどのインパクトはないのですが、安定した面白さ。

「イルゥルニュ城の巨像」が好きです。
死体を使って……というのが、想像するとちょっとアレですが。

詩人と娘が美しき女に惑わされ城に導かれる「アヴェロワーニュの媾曳」
どことなく人間の姿に似た植物マンドラゴラの恐怖を描いた「マンドラゴラ」
失業中の主人公が見つけた新しい仕事は……「妖術師の帰還」

このあたりが特に好みでした。


ライン



亜豆とカヤちゃん表紙だけど、すっかり忘れ去られているヒロイン(笑)
この漫画には恋愛はいらないかも??と思っていたけど、
ここまで登場回数が少ないと流石に不憫に思えてきますよ。。。

あぁ、やっぱり七峰クンがきた。
今の彼がああなってしまったのも、ある意味サイコーとシュージンにも責任が?
小杉さん、いい事言うなぁ…と思ってしまった。
いつかその言葉が七峰クンにも理解できる日が来るのでしょうか。

エイジの新作も亜城木夢叶の新作も、どちらも面白そう。
天才肌のエイジに、努力型の亜城木。勝つのはどちらなのか?
ますます熱い展開になってきました!


ライン



新のかるたは流れるようで気持ちが良いなぁ。

登場回数は少ないのに、太一に気持ちが傾いてきたのが、
あっという間に新に持っていかれちゃうのが、切ないところです(笑)
仲間じゃなくてライバル。太一視点だと何だか複雑な気持ちですね。

そしてやはりクイーンの圧倒的な強さ。
千早は常にクイーン戦を夢見てる。どこまでも真直ぐな所が素敵。

マミィベアタンクトップ!また新しいキャラが登場したぞ。。。


ライン



好みは分かれそうですが、個人的にはとてもツボだった作品です。

米澤さんといえば、古典部シリーズや小市民シリーズのような、
いわゆる「青春ミステリ」の得意な作家さんだと思っていました。
……が、良い意味でその作者像がひっくり返されました!
米澤さんの本領は、こちらなのではないかと思うほど良く出来た短編集。

表向きはお行儀良く、美しい仮面を被っているのだけれど、
最後の一行でその仮面が剥がれた時には、ブラックで悪意のある顔を覗かせる。

北山猛邦さんの「私たちが星座を盗んだ理由」に雰囲気が似ていますね。

「玉野五十鈴の誉れ」は、アンソロジー「Story Seller」で読んだので再読。
やはりこの作品は素晴らしい。あちこちに伏線が散りばめられているのが分かる。
その他の作品も、どれも見かけどおりではなく、一筋縄ではいかない。

巧いなぁ、米澤さん!大好きな一冊になりました。


ライン



3.11の津波の記事。
まだあまりにも記憶に新しくて、あの日の事を思い出すと今でも鳥肌が立つ。
町が一瞬のうちに濁流に飲み込まれる写真には思わず目を背けたくなりました。
世界の海溝地図を見ると、どれだけ日本の周りに集中しているかが分かります。

「美しき姫君の秘密」について。
インクとチョークで描かれたこの肖像画、本当に美しい!!
ダ・ヴィンチの未完の巨大壁画が残されている可能性が、
先日ニュースで取り上げられたばかりだったのでビックリでした。

彼も、自分が死んで500年近く経っても、
まさかこんなに注目を集めていると予想していなかっただろうなぁ。


ライン


ブクログのパブー
パブー
読了日:03月18日
{book['rank']

ハリネズミくんにほっこり癒されました。


ライン



続きを読むために再読。

文句なしに面白い!!
向山さんといえば「童話物語」のファンタジーな印象が強いのですが、
今回のシリーズとのあまりのギャップに驚きながらも引き込まれます。

殺し屋に狙われる少女。少女を守ろうとする少年。
そして暗躍する「孤児院」や「塾」。まだまだ謎ばかりです。

表紙絵やタイトルからは想像もできないくらい凄惨な描写の数々。
主人公・永児は何か秘めたものがありそうで、これからの展開が楽しみ。


ライン



面白い!!
時々寝食を忘れて読み耽る本に出会うけれど、この本はまさしくそれ。
ギョッとするような惨い描写もあるのですが、
嬉々として読み進めてしまう自分が恐ろしくなってきた…(笑)

1巻では謎が多かった「孤児院」や「塾」の様子が少しずつ見えてきました。
あまりにも現実離れした世界。そしておそらく想像以上に恐ろしい世界。
彼らは一体何で繋がっているんだろう。愛情?信頼?それとも力?

阿坂、会長等主人公をとりまくキャラも、皆一癖も二癖もありますね~。
表と裏の顔を使い分ける二人。そして自覚はないながらも永児も…?
彼がいつ覚醒するのかと、ドキドキしっぱなしです。

続きが早く読みたい!!


関連記事

COMMENT

nanaco☆ちゃん、こんにちは~。
またまた怖い思いをされたんですね。><
待ち伏せされて、大丈夫だったのかしら?
何か話したの? 
ホント、くれぐれも気をつけてくださいね~。
最悪の場合、公の機関に相談に行くんですよ~!><

3月も読書が進んだようですね~。^^
お忙しそうなのに、それでも半端じゃない読書量に感動です☆
とうとう読み始めた「ローマ人の物語」
きっとスケールも大きいんだろうな~。^^
私が読めそうなら教えてくださいね。

そして、nanaco☆ちゃんの読書記録を見る度に、私もまた「ナショナル・ジオグラフィック」を購読しようかな~って思わされます。^^
by picchuko #-
2012/04/07(土) 18:20 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、おはようございます~♪

あれからまた手紙とプレゼントをもらいました…^^;
いらないし困るって伝えたんですけど、ずっと付いてくるので(泣)
そのまま警察に駆けこめば良かったのかな、なんて思っています。
でも手紙には今まで付きまとった事の謝罪の文章が書かれていたので、
もしかしたら……もしかしたらもうこれで終わりになるのかもしれません(><)

>3月も読書が進んだようですね~。^^
>お忙しそうなのに、それでも半端じゃない読書量に感動です☆

へへ、まぁ半分は漫画なんですけどね~(笑)
読み始めた「ローマ人の物語」は、もっととっつきづらいかなぁと思っていたんですが、
意外にも面白くて(特にスパルタの話とか!)結構サクサク読めちゃいました(*^v^*)
この本の薄さもちょうど良いのかもしれませんね☆

>私もまた「ナショナル・ジオグラフィック」を購読しようかな~って思わされます。^^

是非是非!一緒に読みましょう~( ^ ^ )/
やっぱり面白いし、すごく勉強になりますね。写真が豊富なのが嬉しいです。
読む度に自分の世界が少しずつ広がるのが分かります♪
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/04/08(日) 09:17 [Edit
こんにちはー☆

おぉ!塩野七生読み始めたんですね!
ちょっと気になってはいるんですが、
なんだか気合いが要りそうな気がして勇気がでません。
でも読みやすいんですね~本当意外です~。

「儚い羊たちの祝宴」、わたしも北山さんと似てると思いました!
全体的な雰囲気とか“ラスト一行で”とか。
玉野五十鈴、別に笑うような話じゃないのにあまりの面白さになぜか笑ってしまいました。
「ほたるの群れ」も3巻が待ち遠しいです!

また恐い目にあわれたんですか…
その人、付きまとってるって自覚はあったんですね…
by まる* #-
2012/04/08(日) 12:52 [Edit
nanaco☆さん、こんばんは。

ちはやふるはちょろっと読んで止まっていたらアニメが始まったので、アニメのほうばかり見てました。
アニメ終わって続きが気になってます。

かなちゃん同様、太一の歌は「しのぶれど」ですよねw

最近「妖狐×僕SS」1巻だけ読みました。アニメがよかったので。
双熾のピュアブラックっぷりと凜々蝶のツンシュンっぷりにメロメロですwメニアックです^m^
by Cedie #SFo5/nok
2012/04/08(日) 18:47 [Edit
3月も・・・
nanacoさん、こんばんは★
3月の読書記録、ローマ人の物語や「13番目の物語」それにスミスに向山さん、大好きな、面白そうな本ばかりです。

ローマ人の物語はのんびり、生涯の友くらいの気持ちで付き合ていきたいです(何気に弱気発言)
「13番目の物語」ツボでした!名作が色々でてくるのも良かったです。海外ものでこういうのにあたると凄く嬉しくなりますね^^「忘れられた花園」今月は読もうと思います!!
「ほたるの群れ」も2巻、購入済みなのでこちらも今月読もう・・・
by 日向 永遠 #MTvX3K/M
2012/04/08(日) 18:51 [Edit
3月もたくさん読んでますね^^
nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

おぉ~『ローマ人の物語』読み始めたんですね~^^ すごい♪
本屋さんでずらっと並んでいるのを見るたびに
気になりつつも、巻数の多さにちょっとビビってしまいます(^_^;)
それにしても、映画の題材の宝庫だなんて…あぁ、誘惑しないで~~(笑)

『13番目の物語』も面白そうですねっ(*^^*)
古書店、館…私にとってもワクワク間違いなしの要素です~♪

『ほたるの群れ』は、もうすぐ第3話がでるんでしたよね☆
nanaco師匠の感想を拝見したら、めちゃめちゃ面白そうなので、
私の「完結してから読もう!」という決意が崩れそうです~(><)
第3話が出たら、私も1話~3話まで一気読みしちゃおうかなぁ。。。
by miwa125 #-
2012/04/09(月) 18:01 [Edit
まる*さんへ
まるさん、こんばんは~♪

>おぉ!塩野七生読み始めたんですね!
>ちょっと気になってはいるんですが、
>なんだか気合いが要りそうな気がして勇気がでません。

なんか、あの薄さがちょうど良いんですよねぇ(笑)
もし普通の文庫くらいの厚みだったら、なかなか読む気が起きなかったかもしれません(*_*)
あ!あと、グインのキャラの名前があちこちに出てくるのも、さりげなく嬉しいですよぅ。
栗本さん、絶対ローマ史好きだったと思います。。。
先は長いので、月1冊ペースぐらいでのんびりと読んでいこうと思います~☆
まるさんもご一緒にいかがですか??^^

>玉野五十鈴、別に笑うような話じゃないのにあまりの面白さになぜか笑ってしまいました。

あぁ、何となく分かるような気がします(笑)ブラックすぎて笑えるというか…。
最後には「おぉ、やったじゃないか!」と思えてしまった自分が怖いです(* ̄m ̄)ニヤリ
ラスト1行でひっくり返る話、イイですね~後味が悪ければ悪いほど記憶に残りますよね。

>また恐い目にあわれたんですか…
>その人、付きまとってるって自覚はあったんですね…

次は図書カードまで貰いましたよ…怖くて使えない…(ー_ーメ)
手紙にはつきまとってごめんなさいみたいな事がびっちりと書かれていて(それはそれで怖い)、
もしかしたら本当にこれで終わり??なのかもしれません。。。
普通にいい人だったんだろうか…いや、でも今時手紙と待ち伏せなんて警戒しますよね^^;
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/04/09(月) 20:55 [Edit
Cedieさんへ
Cedieさん、こんばんは~♪

>ちはやふるはちょろっと読んで止まっていたらアニメが始まったので、アニメのほうばかり見てました。

あぁ、アニメ見逃したぁ~~(><)
…というか、北海道では放送されていたんでしょうか。観てみたいです^^
まさかかるたがこんなに熱いものだったとは…と、驚きました!!
こういう作品こそ、漫画大賞も納得なんですよねぇ。(ズボラ飯はダメダメでした…)
太一は、何だか全てが報われなくて切ないですね。。。(笑)
基本的には新好きなんですが、太一の一途さにも時々キュンときます(T_T)

>最近「妖狐×僕SS」1巻だけ読みました。アニメがよかったので。
>双熾のピュアブラックっぷりと凜々蝶のツンシュンっぷりにメロメロですwメニアックです^m^

おぉ、そうですか!さりげなくあの表紙気になってたんですよ~(*^^*)
双熾って、きっとあの素敵な兄さんですね?
Cedieさんオススメみたいだし、私も1巻だけでも読んでみようかなぁ。。。
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/04/09(月) 21:08 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは~♪

>ローマ人の物語はのんびり、生涯の友くらいの気持ちで付き合ていきたいです(何気に弱気発言)

あはは、私もそんな感じで付き合っていきたいと思います~(*^m^*)まだまだ先は長いですしね☆
それにしても、もっと教科書のように読みづらい本なのかなと思っていたので、
意外にサクサクと読めたのにはビックリでした。これが教科書だったら良いのに!(笑)
特にスパルタの所とか、興味のある部分は読んでいて楽しいですねぇ(^^ゞ
また映画の「300」が観たくなりました!

>「13番目の物語」ツボでした!名作が色々でてくるのも良かったです。

面白かったですね~特に下巻の展開は凄かったです。すっかり騙されましたね。
館の崩壊だとか、「レベッカ」を彷彿とさせるものもあって嬉しかったです☆
「忘れられた花園」もすごく面白かったです!雰囲気も少し似てるかもですね~^^
今から日向さんの感想をうかがうのが、すごく楽しみです。。。

>「ほたるの群れ」も2巻、購入済みなのでこちらも今月読もう・・・

これも、読んだらめちゃめちゃ続きが気になるシリーズですね(笑)
完結後一気読みしたい気もしますが、もう一度手を付けちゃったら我慢できません^^;
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/04/09(月) 21:28 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは~♪

>おぉ~『ローマ人の物語』読み始めたんですね~^^ すごい♪
>本屋さんでずらっと並んでいるのを見るたびに
>気になりつつも、巻数の多さにちょっとビビってしまいます(^_^;)

私もさりげなく気になっていたんですが、やっぱりあの巻数にはビビりますよね(笑)
でも読み始めたら意外にも入り込めるんですよ~(今のところは…ですが^^;)
自分の興味のある部分だと、特に楽しく読めますね。

>それにしても、映画の題材の宝庫だなんて…あぁ、誘惑しないで~~(笑)

ふふふ、ちょっと思いついただけでも沢山あります。。。
「300」「トロイ」「グラディエーター」「スパルタカス」「アレクサンドリア」……贅沢!!
勿論脚色されたものばかりですけど、こういうのを結び付けて読むと面白そうですね(o^-^o)

>『13番目の物語』も面白そうですねっ(*^^*)
>古書店、館…私にとってもワクワク間違いなしの要素です~♪

古書店や館って、どうしてこう惹かれちゃうんでしょうかね~^^あ、あと双子も!(笑)
本好きにはたまらない要素がたっぷり含まれているし、ミステリとしても素晴らしいです。
きっとmiwaさんもお好きだと思うなぁ、是非読んでみて下さい( ^ ^ )/

>『ほたるの群れ』

めちゃめちゃ面白いです!
多分、読み始めたら続きを読まずにはいられなくなっちゃうかも~^^;
でも幸いペースはそれほど遅くないようなので(?)少し安心できそうですね☆
miwaさんのレビュー、楽しみに待っていますよんヽ(*^^*)ノ
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/04/09(月) 22:01 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
24位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。