FC2ブログ
Welcome to my blog

「倒立する塔の殺人」皆川博子

ななこ


倒立する塔の殺人
著者:皆川博子
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦時中のミッションスクールでは、少女たちの間で小説の回し書きが流行していた。蔓薔薇模様の囲みの中に『倒立する塔の殺人』とタイトルだけ記されたその美しいノートは、図書館の書架に本に紛れてひっそり置かれていた。ノートを手にした者は続きを書き継ぐ。しかし、一人の少女の死をきっかけに、物語に秘められた恐ろしい企みが明らかになり…物語と現実が絡み合う、万華鏡のように美しいミステリー。



皆川作品は「聖餐城」「開かせていただき光栄です」に続き3冊目になります。

神聖ローマ帝国、18世紀ロンドンの次は戦時中の日本ですか(笑)
皆川さん、どんだけ守備範囲広いんだろう。。。毎回感心しちゃいますよ~かお

毒のある美しさ。
この本を一言で言い表すなら、迷わず「毒」という言葉を使います。ただ美しいだけじゃないの。
少女達の残酷さ、女学校ならではの閉塞感。万人受けはしませんが、好きな人は好きだろうなぁ。

この作品を読みながら、恩田陸さんの「蛇行する川のほとり」を思い出しましたかお
姉妹のように仲が良い二人の美少女だとか、ふとした時にほんのり悪意が顔を覗かせる瞬間だとか。
読み進めるうちに、決して見た目通りではない世界が広がっていて、ドキリとしてしまいます。


ライン


「倒立する塔の殺人」と名づけられた一冊のノートを中心に、
ある一人の少女の死、そして隠された過去の出来事がじわじわと明らかになります。

ノートに書きこまれた小説と、現実世界での出来事が交互に綴られていくのですが、
ともすれば小説と現実がごっちゃになってしまい(笑)何度も頭の中を整理しながら読み進めました。

太平洋戦争末期の女学校という、ちょっと特殊な設定なのですが。
違和感なくスッと物語に入り込んでいける、皆川さんの圧倒的な筆力には脱帽しますし、
それ以上にこの時代を背景に、あくまでも「ミステリ」として成り立っているのが素晴らしいです~きもち

一種独特な雰囲気だけに読む人を選ぶとは思いますが、これは一読の価値アリです!!




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 8

There are no comments yet.
miwa125  
独特の雰囲気があって、面白そうですね^^

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

『倒立する塔の殺人』、私も購入済みですよん(*^^)v
あらすじを読むと、戦時中が舞台みたいで、
その時代のことを全く知らない私でも
物語にのめり込めるかちょっと不安だったんですけど、
nanaco☆さんの、違和感無くスッと入り込めた、という言葉で
ちょっと安心したしました^^

「毒」ですか~。うーん…ちょっと苦手かも。。。^^;
でも、小説と現実がごちゃごちゃになる感じは面白そうかな♪
私も、しっかり頭を整理しながら読んでみますね~(^O^)/

2012/04/05 (Thu) 18:01 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんばんは~。
今日は私のブログにも沢山コメントをくださって、どうもありがとうございますね~。^^
やっぱりnanaco☆ちゃんがコメントくれたり、こうやってブログを更新してくれるととても嬉しいです。(*^^*)

nanaco☆ちゃんの表現で、すご~く魅力的な作品に思えてきました。
毒のある美しさ~~~あ~、虜になりそうだわ!(爆)
太平洋戦争末期の日本の女学校っていう設定も面白いですよね☆
この方の本、題の付け方も独特で面白いですね。
なんか、独自の世界を持ってる方なんだろうな~。^^

2012/04/05 (Thu) 21:14 | EDIT | REPLY |   
いりえ  
皆川博子先生を讃えたい

nanaco☆さん、こんちは~

う~ん、面白そうだぁ~!!
「一種独特な雰囲気だけに読む人を選ぶとは思いますが、これは一読の価値アリです!!」 →ですよね! 手に入れて、読んでみたいです(^0_0^)


『死の泉』読みましたよ~
ナチス、レーベンスボルン政策、カステラート、地下通路、廃城…。素材だけでも、いい感じです!
巧みな文体、…というより「美しい文字列」、刹那的な美の物語でした。まるで「クリムト」の絵画を観ている気分です。つい口から「完璧だぁ」と声を漏らしてしまいました。

皆川博子先生の世界を堪能しました(^O^)/ 「あとがき」まで凄いッス!

2012/04/06 (Fri) 13:27 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
皆川さん・・・やっぱり面白そう!!

nanacoさん、こんばんは★
皆川さん、これも面白そうですね!!
読みたい!「開かせていただき光栄です」も「死の泉」も読みたい・・・・
少女たちの世界・・・恩田さんの「蛇行する川~」も大好きなのできになりま~す。

2012/04/06 (Fri) 20:54 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

>『倒立する塔の殺人』、私も購入済みですよん(*^^)v

おぉ、miwaさんも購入済みでしたか~(‐^▽^‐)
この本の表紙絵が好きな人は、きっと中身も好きだろうなぁ…なんて思いました(笑)
それぐらい、この絵が物語の雰囲気にピッタリなんですよねぇ^^
私も、戦時中の日本って全然知識がなくて、読み始める前はちょっと不安だったのですが、
そんな事も気にならなくなるぐらい、少女達の物語に引き込まれましたよ~☆

>「毒」ですか~。うーん…ちょっと苦手かも。。。^^;

ふふふ…miwaさんは「毒」のある物語は苦手ですか?(* ̄m ̄)ヘヘ
私は逆に、「毒」がないと物足りないと感じてしまうくらいなんですよ…(笑)
この作品は、どちらかというと幻想的な要素も強いので、そこまで毒々しくはなかったデス^^
miwaさんも是非楽しんで下さいね。感想楽しみに待っていますよ~♪

2012/04/06 (Fri) 21:26 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

こちらこそ、いつも素敵なコメントをありがとうございます☆ヽ(´▽`)/
実は、今日もちょっと朝から大変でした。久しぶりに一人で通勤したのですが、また待ち伏せされて。
仕事は遅刻するし、帰りは猛吹雪の中歩くハメになるし、もうさんざんな一日でした。。。
やっと家に入って鍵を二重に掛け、ワインを片手に一息着いたところです。
picchukoさんの温かいコメントを拝見すると、なんだかホッとしますよ~~(T_T)

>毒のある美しさ~~~あ~、虜になりそうだわ!(爆)
>太平洋戦争末期の日本の女学校っていう設定も面白いですよね☆

この題材だと古臭い作品になりそうなのに、むしろ新しさを感じさせるのがすごいです。
ミステリに軸を置いているからか、すんなりと物語に入り込む事ができました(o^-^o)
少女達だけの世界、美しくて、脆くて、そしてピリッとした毒を孕んでいて。クセになります(笑)

この作品を書かれているのが「おばあちゃん」だっていう事も忘れちゃいけませんね~^^
皆川さん、すっかりファンになってしまいました☆

2012/04/06 (Fri) 21:39 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、こんばんは~♪

皆川先生、やっぱり素晴らしいですね!!
読む度に全く印象が違うし、一見どれも別人が書いたのかと思ってしまうくらい(笑)
でも耽美的な所だとか、あちこちに散りばめられた毒だとか、やっぱり皆川さんだな、と(*^^*)
今回のお話も、ちょっと毛色は違いますがグイグイ引きこまれました。面白かったです!
いりえさんも是非読んでみて下さいね~^^

>『死の泉』読みましたよ~
>ナチス、レーベンスボルン政策、カステラート、地下通路、廃城…。素材だけでも、いい感じです!

うわぁ、読まれたんですね。読破おめでとうございます☆
いりえさんの感想をうかがっていたら、めっちゃ読みたくなってきてしまいました。。。
その素材、大好物なんです(*^▽^*)vそしてクリムトの絵画を見ている気分だとは…!
あぁ、私もその世界に浸りたい。週明けあたりから読み始めようかな~^^

そういえば昨日、「薔薇密室」の文庫版が出ましたね。
ドイツ・ポーランド国境に建つ古びた僧院。咲き乱れる薔薇に閉ざされた狂気の世界。
あらすじだけで読みたくてたまりません(笑)今年は皆川さんの年ですね!

2012/04/06 (Fri) 22:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪

>皆川さん、これも面白そうですね!!

日向さんに「聖餐城」を教えて頂いてから、すっかり皆川ワールドに浸っています(笑)
今回の作品は、「聖餐城」ほどのインパクト(&ボリューム)はないけれど、
太平洋戦争末期の女学校という設定が逆に新鮮で、とても楽しめました~(*^m^*)

少女達の閉ざされた世界は、「蛇行する川のほとり」のあの二人みたい。
しっとりとした美しさに、時折ピリッとした毒が混ざり合って……何て言うか、絶妙です!
少女達のアンバランスな魅力は、この時期だけなのかもしれませんね^^

>読みたい!「開かせていただき光栄です」も「死の泉」も読みたい・・・・

「薔薇密室」もそろそろ文庫化されたはずだし、私も読みたい皆川作品だらけです~(><)
週明けにはいよいよ「死の泉」に挑戦してみようかな、なんて思ってます☆

2012/04/06 (Fri) 22:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply