FC2ブログ
Welcome to my blog

「半身」サラ・ウォーターズ

ななこ


半身
著者:サラ・ウォーターズ
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
独房からは信じがたい静寂が漂ってきた。獄内の静けさを残らず集めたより深い静謐が。それを破ったのは溜息。わたしは思わず、中を覗いた。娘は眼を閉じ…祈っている!指の間には、鮮やかな紫―うなだれた菫の花。1874年秋、倫敦の監獄を慰問に訪れた上流婦人が、不思議な女囚と出逢う。娘は霊媒。幾多の謎をはらむ物語は魔術的な筆さばきで、読む者をいずこへ連れ去るのか?サマセット・モーム賞受賞。



以前読んだ「エアーズ家の没落」が好みだったので、こちらも手に取ってみる事にしました!

う~ん、う~ん……何とも言えない(笑)
美しくミステリアスな装丁は大好きだし、この作品の持つ雰囲気もとても素敵なのです。

でも、「ミステリとしてはどうか?」と考えると、やっぱり首をかしげざるを得ませんし、
唯一どんでん返しかと思われる部分も、それほど目新しいものではなく「やっぱりね」という感じですかお

この本の感想を一言で言い表すなら、勿体ない。
ヴィクトリア朝ロンドンの監獄という舞台も良く、若く美しい女霊媒師と貴婦人という設定も良い。
だけどその題材を巧く活かし切れていない印象を受けました。。。

見方を変えれば、ある種の恋愛小説とも受け取れるんだけど、
「青天の霹靂のごとき結末」と謳っているからには、あくまでもミステリとしての驚きを期待したかったな。

……それとも、もしや何か見落としている部分があるんだろうかかお
「エアーズ家~」のように、原題から色々と推測できるようなタイプのお話だとか??
今はまだ再読する気力はありませんが、いつかもう一度確かめてみたい気もします。

でも、何度も言いますがこの妖しくなまめかしい雰囲気はイイですよ。かなり浸れます(笑)
とりあえず、次の作品に期待したいと思いま~すきもち




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんにちは~。^^
怪しくなまめかしい雰囲気、私も好きです。
というか、自分にその雰囲気が欲しい!(笑)

表紙の絵も綺麗ですね。
あらすじの「独房」からいきなり始まる感じ、ぞくぞくします。^^
ヴィクトリア朝ロンドンの監獄っていう設定もいいですね~。
でも、だからこそ期待も大きくなってしまいそう。^^
もしいつか再読して、新たな魅力が分かったら、その時も教えてくださいね~。^^

2012/03/25 (Sun) 15:29 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
表紙が素敵ですね~

「エアーズ家の没落」面白かったですね。これはもうひとつでしたか?
設定を伺うと、めちゃくちゃ面白そうなんですが。
ロンドンの監獄、霊媒師の女囚ですか・・・・
積読してあるんですが・・・・

2012/03/25 (Sun) 20:30 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  

こんばんわ~☆

あ、この本、「読みたい本」に登録してます。
nanaco☆さんに教えてもらったんだっけ?
いまいちでしたか(^^;
読むの止めようかな(笑)
取り合えず「エアーズ家~」の方から挑戦してみようかしら。

2012/03/25 (Sun) 22:01 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

>怪しくなまめかしい雰囲気、私も好きです。
>というか、自分にその雰囲気が欲しい!(笑)

爆!!!(≧∀≦*)
ゴメンナサイ、picchukoさん……爆笑してしまいました。。。
怪しくなまめかしい雰囲気って、まさにウルスの事ですよね~あ、でも喋ったら違うんだっけ…(笑)
でもいいですよねぇ、私も人間離れした美しさが欲しいです。世の中の男達を虜にするような!
でも中世だったら魔女として狩られちゃうかもしれないですね(* ̄m ̄)やっぱ今のままでいいや…。

>あらすじの「独房」からいきなり始まる感じ、ぞくぞくします。^^
>ヴィクトリア朝ロンドンの監獄っていう設定もいいですね~。

このあらすじ考えた人、スゴイと思います。
本の紹介を読んで美しさを感じる事なんて、初めてかもしれません(^^ゞ
だからこそ、このしょんぼり感…。設定が面白いだけに勿体なく感じてしまいました☆
またいつか再読した時は、違った読み方ができると良いのですが~(*^m^*)

2012/03/26 (Mon) 21:05 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪

>「エアーズ家の没落」面白かったですね。これはもうひとつでしたか?
>設定を伺うと、めちゃくちゃ面白そうなんですが。

いえ、決して面白くないわけじゃないんですよ!
ただ、「ミステリ」としての期待が強すぎたんでしょうか。。。
ちょっと自分の想像していたのとは違う方向に進んでいくので、少し残念だっただけです(*^^*)
「エアーズ家の没落」を読んだからか、深読みしすぎちゃったみたいですね~(笑)
この作品は、素直に雰囲気を味わいながら読み進めると面白いと思います☆

>積読してあるんですが・・・・

おぉ、積まれていますか!是非日向さんの感想を聞かせて下さいね(o^∇^o)ノ
私は「荊の城」も積んであるので、こちらも近いうちに読んでみようと思います。
やっぱり自分は「怖い」「不気味」な作品が好きなのだと実感しつつある今日この頃。。。

2012/03/26 (Mon) 21:12 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさん、こんばんは~♪

>読むの止めようかな(笑)

自分で言うのもなんですが、私の感想はアテになりませんよぉ~~( ̄ー ̄)ニヤリッ
基本的にじめっ、どろっ、ひやっとした作品が好きなので(どんな作品だ!笑)、
そこに恋愛が絡んでくるとガッカリしてしまうんですよねぇ…。しかもこの本は百合っぽい^^;
最初から恋愛物と分かっていて読むのなら問題ないんですが。。。

でもこの作品の雰囲気、とても良いですよ!!
ロンドンの監獄…なんとなくグインの、ネルバの塔を想像しながら読んでいました~☆
ちこさんも機会があったら読んでみて下さいね。どんな感想を持たれるのか気になります。
あ、個人的にはやっぱりホラー風味の「エアーズ家の没落」の方がオススメなのですが(*^▽^*)

2012/03/26 (Mon) 21:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply