FC2ブログ
Welcome to my blog

「キャリアーズ」パトリック・リンチ

ななこ


キャリアーズ(上)(下)
著者:パトリック・リンチ
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
インドネシア・スマトラ島で謎のウイルスが猛威!女性ジャーナリスト、ホリー・ベッカーは現地にいる双子の娘の身を案じて、アメリカ陸軍のカーメン・トラヴィス中佐はウイルス殱滅を期す探査隊を率いて、それぞれ“災厄の島”へ向かう。そして、カーメンのもとに送られてきた一通のアメリカ軍極秘文書のコピー…。幾重にも錯綜した謎が、スマトラのジャングルとアメリカの時空を越えて、結びついたとき、正体不明のウイルス“九日目の悪魔”の真実が明らかになる…。(上巻あらすじ)



いや~~これ面白かった!そして 怖かった!

以前ブロ友さんから教えて頂いた本なのですが、本屋さんには置いていないようで諦めていたんですきもち
……が、ある日ふらりと立ち寄った古本屋さんに置いてあるじゃないですか!しかも1冊100円。
200円でこんな素晴らしい読書ができるなんて、ちょっと信じられません(笑)

バイオ・ホラー?バイオ・サスペンスという括りになるのでしょうか。
今まであまり馴染みのないジャンルだったのですが、とにかく緊迫感溢れていて鳥肌モノの面白さ。

インドネシアのスマトラ島で、突然猛威を振るい始めた謎のウイルス。
エボラ出血熱に似た症状で、全身から出血しもはや「人間」とは呼べないおぞましい姿で死んでいく。

現地にいた双子の娘達を捜すため、単身スマトラ島へ向かう女性ジャーナリストのホリー。
ウイルス殲滅のために捜査隊を率いて島へ向かうカーメン中佐。
それぞれの視点から、この極めて致死率の高いウイルスの謎に迫っていきます。


*ところで、ちょうどこの作品を読み終えた直後に、「コンテイジョン」という映画を観たのですが、
思いがけず同じタイプのウイルス物だったので、密かにビクビクしました(笑)

コンテイジョン Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)


ライン


この作品の初出は1996年。今から15年以上も前の本だったのですねぇ。。。

人智を超えた自然の力、迫り来る未知のウイルスへの恐怖は、いつの時代でも変わりません。
だから、読んでいて全く古臭さを感じない。面白いです~~かお

「キャリアーズ」。読み終えた後、やっとこのタイトルの意味が分かり思わず唖然としちゃいました。
永久保存版入り、決定ですきもち





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 10

There are no comments yet.
日向 永遠  
恐い!ですね・・・・

nanacoさん、こんにちは★

恐そうですね。感染ものは、形を変えて、実際にありえるかも知れないと思うと余計、恐い。

おぞましい姿で・・・のところで貴志祐介さんの「天使の囀り」の異形の死者の姿が浮かんできました。
昔の本なんですね!機会(出会い)があったら、読みたいです。

2012/03/24 (Sat) 13:01 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんばんは~!
おぉ、ぞくぞくしそうな本ですね!
nanaco☆ちゃんの永久保存版入り、今年は続々登場しそう!!!^^

あ~、未知のウィルス、これ本当に起こりそうなので洒落にならないですね~。><
ウィルスがはびこるんじゃなくて、ウルスが迫ってくるんならいいんですが。(*^^*)
って、結局、そこかいっ!(爆)

2012/03/24 (Sat) 20:08 | EDIT | REPLY |   
タシガミ  

おおお、すごい渾身のサスペンスという感じですね。
ひたひたと包囲してくる死が怖そうです。
nanaco☆さんの永久保存版ということで、私も読んでみたいです。
昔の作品ということで図書館を漁ってきます!

2012/03/24 (Sat) 22:04 | EDIT | REPLY |   
Yuri  
こんばんは☆

nanacoちゃん、こんばんは☆
お久しぶりです!

ウイルス感染とかって、
実際に起こり得そうな話だよね。
しかもスマトラ島っていうのがまたリアルw

ウイルスではないけど、
今私は花粉症で苦しんでいます・・・。
晴れた日は鼻と目が大変(>_<)

2012/03/24 (Sat) 23:25 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、おはようございます~♪

>恐そうですね。感染ものは、形を変えて、実際にありえるかも知れないと思うと余計、恐い。

ウイルス物、何だか得体の知れない怖さがありますよね~^^;ものすごく手に汗握りました。
この著者(どうやら二人で書いているようです)も、なかなか不思議な経歴の持ち主らしく、
過去に製薬会社に勤めていて、ウイルスの研究に従事していたらしいのです。
でも著者情報はそれぐらいでその他はほとんど謎。だから、ますますリアルで…(笑)

>貴志祐介さんの「天使の囀り」の異形の死者の姿が浮かんできました。

あぁぁ……私もあの姿思い出しちゃいました~(><)
「天使の囀り」もですが、この作品を読むとサルが怖くなると思います。。。
本当に怖くて面白いので、もし運良く手に入れられたら是非読んでみて下さいね!

2012/03/25 (Sun) 09:50 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、おはようございます~♪

今年は初っ端からガンガン永久保存版入りが出ますねぇ(*^▽^*)
昔の作品でこういう良作に出会えると、嬉しくなっちゃいますね。まだまだ沢山ありそう。。。

この本、本当に怖かったですよ~( ̄_ ̄ i)
決して荒唐無稽なお話ではなくて、あくまでも「ありそう」な所がリアルで怖かったです。
映画ではよくウイルス物ってありますが、映画で観るのとはまた違った緊迫感がありました!

>ウィルスがはびこるんじゃなくて、ウルスが迫ってくるんならいいんですが。(*^^*)

ちょっと、picchukoさん!笑わせないで下さいよ~~(* ̄m ̄)
……ま、ウルスに迫られるのなら大歓迎ですけどね(爆)

2012/03/25 (Sun) 09:58 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
タシガミさんへ

タシガミさん、おはようございます~♪

>おおお、すごい渾身のサスペンスという感じですね。
>ひたひたと包囲してくる死が怖そうです。

この本、とにかくスピード感がハンパないです!
上下巻という長さを感じさせることなく、グイグイ読ませてくれますよ~(><)
ウイルスの発生源だとか徐々に明らかになってくるのですが、その見せ方が本当に巧いです。
実際に作者が製薬会社でウイルス研究をしていたというから、ますますリアルですよ(笑)

>昔の作品ということで図書館を漁ってきます!

是非是非読んでみて下さい(*^0^*)
タシガミさんに気に入って頂けるかどうかドキドキしますが、個人的にとてもオススメなので。
レビュー楽しみに待っていますね~☆

2012/03/25 (Sun) 10:13 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Yuriちゃんへ

Yuriちゃん、おはよう~♪

>しかもスマトラ島っていうのがまたリアルw

でしょ?これでアフリカとかだったら、いかにも…という感じなんだけど、スマトラ島(笑)
舞台も感染者の様子も、何もかもがリアルなので、そのへんのホラー作品よりも怖かったです~^^;
ウイルスは勿論怖いけど、それよりも人間のパニックもまた怖いんだなぁ…と思ったよ。
実際、何年か前にSARSが発生した時も凄かったもんね。。。

>ウイルスではないけど、
>今私は花粉症で苦しんでいます・・・。

あ~もう花粉症の季節なんだぁ(*_*)
マスクだけじゃ強力な花粉には勝てそうにないね。頑張って乗り切ってね~(泣)
甜茶とかヨーグルトが良いって聞くけど、どうなんだろう??

2012/03/25 (Sun) 10:24 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
怖そう(><) だけど面白そう^^

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

バイオ・サスペンス…私もまだ読んだことのないジャンルですけど、
ゾクゾクする怖さと、ドキドキのサスペンスを同時に味わえそうで、
何だか凄く面白そうな作品ですね~^^
未知のウイルス…小説の中だけじゃなく、現実にもありそうだから
余計に恐ろしいかも(><)
映画にしても面白そうですね~♪
未知のウイルスをばらまく悪党と、
それを止める正義の科学者…なーんていうストーリーはどうかしらん!?(笑)

もし本屋さんで見つからなかったら、ブックオフを物色してみまーす(*^_^*)

2012/03/26 (Mon) 18:20 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

>ゾクゾクする怖さと、ドキドキのサスペンスを同時に味わえそうで、
>何だか凄く面白そうな作品ですね~^^

私もこのジャンルはたぶん初めて読んだのですが、とにかくスピード感あって面白かったです!
ウイルスの事なんて書かれてもちんぷんかんぷんかも、、、と最初は思っていたんですが、
そんなのは全然問題ありませんでした。ただ致死率が異常に高いウイルスというだけ(笑)

発生源にいたはずの双子の女の子、元夫はどこへ行ったのか?とか、
登場人物の過去が徐々に明らかになる過程も、本当に巧いなぁと感心しました(o^-^o)
あまりにもリアルで、手に汗握る作品なので、是非miwaさんにも読んで頂きたいです♪

>未知のウイルスをばらまく悪党と、
>それを止める正義の科学者…なーんていうストーリーはどうかしらん!?(笑)

あ、いいですね~そのストーリー!キャストとか色々妄想しちゃいますね(* ̄m ̄)
今ふと考えたんですけど、逆パターンも面白くないですか??
未知のウイルスをばらまく科学者と、それを止める悪党!病んだ世界だ…(笑)

2012/03/26 (Mon) 21:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply