07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.18 *Sun*

「奇面館の殺人」綾辻行人


奇面館の殺人
著者:綾辻行人
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
奇面館主人・影山逸史に招かれた六人の男たち。館に伝わる奇妙な仮面で全員が“顔”を隠すなか、妖しく揺らめく“もう一人の自分”の影…。季節外れの吹雪で館が孤立したとき、“奇面の間”に転がった凄惨な死体は何を語る?前代未聞の異様な状況下、名探偵・鹿谷門実が圧巻の推理を展開する。名手・綾辻行人が技巧の限りを尽くして放つ「館」シリーズ、直球勝負の書き下ろし最新作。



館シリーズ第9弾は、大好きな要素がたっぷりの「奇面館の殺人」ですかお

招待客全員が「仮面」で顔を隠すという奇妙なルール。黒衣をまとった妖しげな美青年秘書。
そして季節外れではあるんだけど「吹雪の山荘」モノ。この閉塞的な空間が、もうたまらなく好き!

前作の「びっくり館の殺人」がジュヴナイル小説で、少々物足りなかったからか、
今回の作品は、これぞ綾辻さんだよね!と思わず唸ってしまうほどの重厚な本格ミステリでした。
大満足とまではいきませんでしたが、最後まで中だるみする事なく面白く読ませていただきましたきもち


「仮面」を使うという事は入れ替わりトリックか…?とかついつい疑ってしまうし、
あの首を切断するという殺し方も、あからさますぎてついつい深読みしてしまうのですが(笑)
それがかえって読者をミスリードさせちゃうんですよね。ホント巧いなぁ、綾辻さん。。。

正直「十角館の殺人」のような驚きやガツンとしたインパクトはないのですが、
これはきっと綾辻さんに期待しすぎているからなんでしょうね~かお

今回は、トリックそのものよりも「館のどこに秘密の扉があるのか?」と想像するのが楽しみで。
何しろ、あの中村青司の作った館ですからねぇ。館内の見取り図を眺めるだけでワクワクします。
最近はある意味こういう正統派のミステリが少ないので、逆に新鮮に感じました~きもち

さて、館シリーズも残すところあと1作品とのこと。寂しいです。
最後は、デビュー作「十角館~」のような、度肝を抜かれる大胆なトリックを期待しています!!


<館シリーズ>
十角館の殺人
水車館の殺人
迷路館の殺人
人形館の殺人
時計館の殺人
黒猫館の殺人
暗黒館の殺人
びっくり館の殺人







≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

COMMENT

こんにちは。
図書館から順番が回って来て、丁度今読み始めたところです♪
どんな内容なのか楽しみです。
「館」シリーズ、あと一作のみなんですか。
それは寂しいなあ…。
そうなったらまた一作目から読み返してみようかななんて思います~。
by 柊♪ #-
2012/03/18(日) 16:07 [Edit
奇面館の殺人 面白そう!
nanacさん、こんばんは★

綾辻さんの館シリーズの新刊、期待通りの面白さみたいですね。仮面をかぶるという設定だと、実は〇〇とxxが△△でみたいな想像しますね~ 

まだ買ってないけど、そのうち読むつもりです(いつなのかは不明・・・)
by 日向 永遠 #MTvX3K/M
2012/03/18(日) 18:29 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、こんばんは~♪

>図書館から順番が回って来て、丁度今読み始めたところです♪

おぉ、順番回ってきましたか~(*^v^*)
今から柊さんの感想をうかがうのがとても楽しみです。
館シリーズ、やっぱり最初の館内見取り図がいいですよねぇ。これだけで色々想像しちゃう(笑)
そういえば先日東京に行った時に、ちょうど綾辻さんのサイン会をやっていたのです。
時間があわなくて行けなかったのですが、惜しい事をしたなぁ…と今更ながら少し後悔してます^^;

次で最後なんて寂しいですよね。。。
できるなら、もっともっと長く書き続けて欲しかったなぁ、と思います~(><)
最後は「暗黒館~」のような、幻想が混ざった重厚なミステリにして欲しいのですが☆
無事完結した暁には、私も一作目から再読してみたいです(^^ゞ
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/03/18(日) 20:45 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは~♪

>綾辻さんの館シリーズの新刊、期待通りの面白さみたいですね。

「完璧!」とまではいかないのですが、久々に本格を読んだという感じです。
ミステリといっても色々な種類があるけれど、何だかんだで古典的なものが一番好きかもです(笑)
今回は鹿谷さんが活躍してたのが嬉しかったですよ~(*^m^*)

>仮面をかぶるという設定だと、実は〇〇とxxが△△でみたいな想像しますね~

そうそう、あのトリックを想像しちゃうんですよねぇ(笑)
でもさすが綾辻さん、一筋縄ではいきません。いつもながら度肝をぬかれちゃいます^^;
「時計館~」の時計がひしめき合っている館もなかなかインパクトがありましたが、
今回の仮面はそれ以上かもしれません。。。想像するだけでちょっと怖いですよね。
日向さんの感想、楽しみに待っています~( ^ ^ )/
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/03/18(日) 20:52 [Edit
nanaco☆ちゃん、こんにちは~!
これは面白そうです。
本の表紙の絵も、なんか想像が膨らむわ~。^^
仮面という設定だけでドキドキしちゃう!
「館シリーズ」、残り1作品ですか?
寂しいですが、最高の作品で飾ってもらいたいですね!
by picchuko #-
2012/03/19(月) 09:03 [Edit
面白そうですね~♪私も早く読みたい(><)
nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

そうそう、このシリーズは、どこに隠し扉があるのか?
と予想しながら読むのが楽しいんですよね~♪
それと、館の見取り図を見ながら
頭の中で館の想像図(?)を描くのが
密かな楽しみだったりして…(笑)

黒衣を纏った妖しげな美青年秘書…ものすごく気になるけど、
事件のキーマンだったりするのかしらん…???
by miwa125 #-
2012/03/19(月) 18:09 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは~♪

>本の表紙の絵も、なんか想像が膨らむわ~。^^

館シリーズの表紙、どれも雰囲気があって素敵なんですよねぇ(‐^▽^‐)
今回の「仮面」も、表紙だけで色々想像しちゃいますよね?まぁ概ね想像通りのお話なんですが(笑)
自分でも怖い事を言うようですが、ミステリはやっぱり人が死なないと盛り上がりません!
それも普通の死に方じゃ物足りなくなってきた私は、ちょっとアブナイ人でしょうか…(*□*)

>「館シリーズ」、残り1作品ですか?
>寂しいですが、最高の作品で飾ってもらいたいですね!

どの作品も大好きだったので、次で終わってしまうなんて何だか信じられません(><)
時間がかかっても良いから、綾辻さんにはシリーズ最高傑作を書いて欲しいなぁ…なんて☆
期待しつつ気長に待ちたいと思います~^^
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/03/19(月) 22:18 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは~♪

>そうそう、このシリーズは、どこに隠し扉があるのか?
>と予想しながら読むのが楽しいんですよね~♪

お、miwaさんも館ツウですねぇ~(*^m^*)
登場人物よりも館の見取り図が気になるなんてこのシリーズくらいだと思います(笑)
どこに秘密の扉があるのかだとか、不可能を可能にする殺人だとか、
あとは登場人物の主張するアリバイだとか…見取り図を見ながら想像するのが楽しいですね^^

>黒衣を纏った妖しげな美青年秘書…ものすごく気になるけど、
>事件のキーマンだったりするのかしらん…???

ふふふ、それは読んでからのお楽しみですよ~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
黒衣の美青年で、しかも秘書!……なんという素敵設定なんでしょう(笑)
miwaさんの感想、うかがうのが楽しみです♪

次でシリーズ最終巻。なんだかすごく寂しいです。
完結したら、また「十角館~」から一気読みしたいなぁなんて思います(^^ゞ
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/03/19(月) 22:33 [Edit
こんばんわ~☆
私もこのシリーズ早く読みたいです~~
10冊でシリーズはお終いなのですか?
リンクの「図書館」というの、いいですね!こんな機能があるのですね。

読書メーター、退会されるのですね。
淋しくなっちゃうな…

私も「沢山の人とコミュニケーションとるのって、多分無理!」て、思っていたので、ブログも読メもセーブしてました。
でも、ちょっとはコミュニケーションとりたい(笑)

何でも、無理なくマイペースでやるのが一番ですよね(*^^*)

by ☆ちこ #-
2012/03/19(月) 22:54 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、こんばんは~♪

>10冊でシリーズはお終いなのですか?

そうなんですよぅ…。私もまだまだ続くとばかり思っていたので、ちょっとした衝撃でした(*_*)
館シリーズ、すごく読みごたえのあるシリーズなので、ちこさんにも是非読んで頂きたいです!
で、「どの館が好きか?」とか「どのトリックが印象に残ってるか?」とか色々お話したいな~♪

>リンクの「図書館」というの、いいですね!こんな機能があるのですね。

図書館リンク、イイですよね(*^v^*)
自分の区域をあらかじめ登録しておけば、ポチしただけですぐ在庫が調べられます☆
図書館派の人には便利かも、と思ってくっつけてみました~^^

>読書メーター、退会されるのですね。
>淋しくなっちゃうな…

私もちこさんと同じで、沢山の人とコミュニケーションは大変だけど、ちょっとはしたいタイプです(笑)
ブログと両立するのが大変になってきたので、思い切って読メの方を退会する事にしました。
やっぱり自分のペースで本を読みたいですもんね☆
ブログは今まで通り更新してくので、どうぞヨロシクです( ^ ^ )/
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/03/19(月) 23:34 [Edit
初めまして
綾辻さんの館シリーズは古典的で好きなシリーズなんですよね
記事はまだ少ないですが全部読んでますよ、この作品も楽しめました
仮面の謎の部分はほぼ予想通りでしたけど(^^;
私は映画の記事は書いてませんが結構見てますのでまた遊びに来ます。
by nemurineko #-
2012/03/24(土) 20:51 [Edit
nemurinekoさんへ
nemurinekoさん、初めまして^^ご訪問頂きありがとうございます♪

>記事はまだ少ないですが全部読んでますよ、この作品も楽しめました

おぉっそうですか!私も館シリーズ、大好きです(*^^*)
個人的には外部との連絡ツールである携帯電話が出てこないのが嬉しいです(笑)
時々携帯を駆使したミステリを読むと、ちょっと興醒めしてしまったりします…^^;
このシリーズもあと1作品との事、何だか寂しくなりますね。

>私は映画の記事は書いてませんが結構見てますのでまた遊びに来ます。

ありがとうございます~♪
私も後ほどご訪問させていただきますね( ^ ^ )/
by nanaco☆ #N6kp4qTg
2012/03/25(日) 10:05 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List

奇面館主人・影山逸史に招かれた六人の男たち。館に伝わる奇妙な仮面で全員が “顔”を隠すなか、妖しく揺らめく<もう一人の自分(ドッペルゲンガー)>の 影……。季節外れの吹
2012/03/24(土) 20:53:10 | 眠り猫の憂鬱 [Del


ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。