FC2ブログ
Welcome to my blog

「奇面館の殺人」綾辻行人

ななこ


奇面館の殺人
著者:綾辻行人
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
奇面館主人・影山逸史に招かれた六人の男たち。館に伝わる奇妙な仮面で全員が“顔”を隠すなか、妖しく揺らめく“もう一人の自分”の影…。季節外れの吹雪で館が孤立したとき、“奇面の間”に転がった凄惨な死体は何を語る?前代未聞の異様な状況下、名探偵・鹿谷門実が圧巻の推理を展開する。名手・綾辻行人が技巧の限りを尽くして放つ「館」シリーズ、直球勝負の書き下ろし最新作。



館シリーズ第9弾は、大好きな要素がたっぷりの「奇面館の殺人」ですかお

招待客全員が「仮面」で顔を隠すという奇妙なルール。黒衣をまとった妖しげな美青年秘書。
そして季節外れではあるんだけど「吹雪の山荘」モノ。この閉塞的な空間が、もうたまらなく好き!

前作の「びっくり館の殺人」がジュヴナイル小説で、少々物足りなかったからか、
今回の作品は、これぞ綾辻さんだよね!と思わず唸ってしまうほどの重厚な本格ミステリでした。
大満足とまではいきませんでしたが、最後まで中だるみする事なく面白く読ませていただきましたきもち


「仮面」を使うという事は入れ替わりトリックか…?とかついつい疑ってしまうし、
あの首を切断するという殺し方も、あからさますぎてついつい深読みしてしまうのですが(笑)
それがかえって読者をミスリードさせちゃうんですよね。ホント巧いなぁ、綾辻さん。。。

正直「十角館の殺人」のような驚きやガツンとしたインパクトはないのですが、
これはきっと綾辻さんに期待しすぎているからなんでしょうね~かお

今回は、トリックそのものよりも「館のどこに秘密の扉があるのか?」と想像するのが楽しみで。
何しろ、あの中村青司の作った館ですからねぇ。館内の見取り図を眺めるだけでワクワクします。
最近はある意味こういう正統派のミステリが少ないので、逆に新鮮に感じました~きもち

さて、館シリーズも残すところあと1作品とのこと。寂しいです。
最後は、デビュー作「十角館~」のような、度肝を抜かれる大胆なトリックを期待しています!!


<館シリーズ>
十角館の殺人
水車館の殺人
迷路館の殺人
人形館の殺人
時計館の殺人
黒猫館の殺人
暗黒館の殺人
びっくり館の殺人







≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 12

There are no comments yet.
柊♪  

こんにちは。
図書館から順番が回って来て、丁度今読み始めたところです♪
どんな内容なのか楽しみです。
「館」シリーズ、あと一作のみなんですか。
それは寂しいなあ…。
そうなったらまた一作目から読み返してみようかななんて思います~。

2012/03/18 (Sun) 16:07 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
奇面館の殺人 面白そう!

nanacさん、こんばんは★

綾辻さんの館シリーズの新刊、期待通りの面白さみたいですね。仮面をかぶるという設定だと、実は〇〇とxxが△△でみたいな想像しますね~ 

まだ買ってないけど、そのうち読むつもりです(いつなのかは不明・・・)

2012/03/18 (Sun) 18:29 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
柊♪さんへ

柊さん、こんばんは~♪

>図書館から順番が回って来て、丁度今読み始めたところです♪

おぉ、順番回ってきましたか~(*^v^*)
今から柊さんの感想をうかがうのがとても楽しみです。
館シリーズ、やっぱり最初の館内見取り図がいいですよねぇ。これだけで色々想像しちゃう(笑)
そういえば先日東京に行った時に、ちょうど綾辻さんのサイン会をやっていたのです。
時間があわなくて行けなかったのですが、惜しい事をしたなぁ…と今更ながら少し後悔してます^^;

次で最後なんて寂しいですよね。。。
できるなら、もっともっと長く書き続けて欲しかったなぁ、と思います~(><)
最後は「暗黒館~」のような、幻想が混ざった重厚なミステリにして欲しいのですが☆
無事完結した暁には、私も一作目から再読してみたいです(^^ゞ

2012/03/18 (Sun) 20:45 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪

>綾辻さんの館シリーズの新刊、期待通りの面白さみたいですね。

「完璧!」とまではいかないのですが、久々に本格を読んだという感じです。
ミステリといっても色々な種類があるけれど、何だかんだで古典的なものが一番好きかもです(笑)
今回は鹿谷さんが活躍してたのが嬉しかったですよ~(*^m^*)

>仮面をかぶるという設定だと、実は〇〇とxxが△△でみたいな想像しますね~

そうそう、あのトリックを想像しちゃうんですよねぇ(笑)
でもさすが綾辻さん、一筋縄ではいきません。いつもながら度肝をぬかれちゃいます^^;
「時計館~」の時計がひしめき合っている館もなかなかインパクトがありましたが、
今回の仮面はそれ以上かもしれません。。。想像するだけでちょっと怖いですよね。
日向さんの感想、楽しみに待っています~( ^ ^ )/

2012/03/18 (Sun) 20:52 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんにちは~!
これは面白そうです。
本の表紙の絵も、なんか想像が膨らむわ~。^^
仮面という設定だけでドキドキしちゃう!
「館シリーズ」、残り1作品ですか?
寂しいですが、最高の作品で飾ってもらいたいですね!

2012/03/19 (Mon) 09:03 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
面白そうですね~♪私も早く読みたい(><)

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

そうそう、このシリーズは、どこに隠し扉があるのか?
と予想しながら読むのが楽しいんですよね~♪
それと、館の見取り図を見ながら
頭の中で館の想像図(?)を描くのが
密かな楽しみだったりして…(笑)

黒衣を纏った妖しげな美青年秘書…ものすごく気になるけど、
事件のキーマンだったりするのかしらん…???

2012/03/19 (Mon) 18:09 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

>本の表紙の絵も、なんか想像が膨らむわ~。^^

館シリーズの表紙、どれも雰囲気があって素敵なんですよねぇ(‐^▽^‐)
今回の「仮面」も、表紙だけで色々想像しちゃいますよね?まぁ概ね想像通りのお話なんですが(笑)
自分でも怖い事を言うようですが、ミステリはやっぱり人が死なないと盛り上がりません!
それも普通の死に方じゃ物足りなくなってきた私は、ちょっとアブナイ人でしょうか…(*□*)

>「館シリーズ」、残り1作品ですか?
>寂しいですが、最高の作品で飾ってもらいたいですね!

どの作品も大好きだったので、次で終わってしまうなんて何だか信じられません(><)
時間がかかっても良いから、綾辻さんにはシリーズ最高傑作を書いて欲しいなぁ…なんて☆
期待しつつ気長に待ちたいと思います~^^

2012/03/19 (Mon) 22:18 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

>そうそう、このシリーズは、どこに隠し扉があるのか?
>と予想しながら読むのが楽しいんですよね~♪

お、miwaさんも館ツウですねぇ~(*^m^*)
登場人物よりも館の見取り図が気になるなんてこのシリーズくらいだと思います(笑)
どこに秘密の扉があるのかだとか、不可能を可能にする殺人だとか、
あとは登場人物の主張するアリバイだとか…見取り図を見ながら想像するのが楽しいですね^^

>黒衣を纏った妖しげな美青年秘書…ものすごく気になるけど、
>事件のキーマンだったりするのかしらん…???

ふふふ、それは読んでからのお楽しみですよ~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
黒衣の美青年で、しかも秘書!……なんという素敵設定なんでしょう(笑)
miwaさんの感想、うかがうのが楽しみです♪

次でシリーズ最終巻。なんだかすごく寂しいです。
完結したら、また「十角館~」から一気読みしたいなぁなんて思います(^^ゞ

2012/03/19 (Mon) 22:33 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  

こんばんわ~☆
私もこのシリーズ早く読みたいです~~
10冊でシリーズはお終いなのですか?
リンクの「図書館」というの、いいですね!こんな機能があるのですね。

読書メーター、退会されるのですね。
淋しくなっちゃうな…

私も「沢山の人とコミュニケーションとるのって、多分無理!」て、思っていたので、ブログも読メもセーブしてました。
でも、ちょっとはコミュニケーションとりたい(笑)

何でも、無理なくマイペースでやるのが一番ですよね(*^^*)

2012/03/19 (Mon) 22:54 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさん、こんばんは~♪

>10冊でシリーズはお終いなのですか?

そうなんですよぅ…。私もまだまだ続くとばかり思っていたので、ちょっとした衝撃でした(*_*)
館シリーズ、すごく読みごたえのあるシリーズなので、ちこさんにも是非読んで頂きたいです!
で、「どの館が好きか?」とか「どのトリックが印象に残ってるか?」とか色々お話したいな~♪

>リンクの「図書館」というの、いいですね!こんな機能があるのですね。

図書館リンク、イイですよね(*^v^*)
自分の区域をあらかじめ登録しておけば、ポチしただけですぐ在庫が調べられます☆
図書館派の人には便利かも、と思ってくっつけてみました~^^

>読書メーター、退会されるのですね。
>淋しくなっちゃうな…

私もちこさんと同じで、沢山の人とコミュニケーションは大変だけど、ちょっとはしたいタイプです(笑)
ブログと両立するのが大変になってきたので、思い切って読メの方を退会する事にしました。
やっぱり自分のペースで本を読みたいですもんね☆
ブログは今まで通り更新してくので、どうぞヨロシクです( ^ ^ )/

2012/03/19 (Mon) 23:34 | EDIT | REPLY |   
nemurineko  
初めまして

綾辻さんの館シリーズは古典的で好きなシリーズなんですよね
記事はまだ少ないですが全部読んでますよ、この作品も楽しめました
仮面の謎の部分はほぼ予想通りでしたけど(^^;
私は映画の記事は書いてませんが結構見てますのでまた遊びに来ます。

2012/03/24 (Sat) 20:51 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
nemurinekoさんへ

nemurinekoさん、初めまして^^ご訪問頂きありがとうございます♪

>記事はまだ少ないですが全部読んでますよ、この作品も楽しめました

おぉっそうですか!私も館シリーズ、大好きです(*^^*)
個人的には外部との連絡ツールである携帯電話が出てこないのが嬉しいです(笑)
時々携帯を駆使したミステリを読むと、ちょっと興醒めしてしまったりします…^^;
このシリーズもあと1作品との事、何だか寂しくなりますね。

>私は映画の記事は書いてませんが結構見てますのでまた遊びに来ます。

ありがとうございます~♪
私も後ほどご訪問させていただきますね( ^ ^ )/

2012/03/25 (Sun) 10:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『奇面館の殺人』 著:綾辻行人
  • 奇面館主人・影山逸史に招かれた六人の男たち。館に伝わる奇妙な仮面で全員が “顔”を隠すなか、妖しく揺らめく<もう一人の自分(ドッペルゲンガー)>の 影……。季節外れの吹
  • 2012.03.24 (Sat) 20:53 | 眠り猫の憂鬱