FC2ブログ
Welcome to my blog

「シャンタラム」グレゴリー・デイヴィッド ロバーツ

ななこ


シャンタラム(上)(中)(下)
著者:グレゴリー・デイヴィッド ロバーツ
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
男は武装強盗で20年の懲役刑に服していた。だが白昼に脱獄し、オーストラリアからインドのボンベイへと逃亡。スラムに潜伏し、無資格で住民の診療に当たる。やがて“リン・シャンタラム”と名づけられた彼のまえに現れるのは奴隷市場、臓器銀行、血の組織“サプナ”―。数奇な体験をもとに綴り、全世界のバックパッカーと名だたるハリウッド・セレブを虜にした大著、邦訳成る。(上巻あらすじ)



お友達の日向永遠さんから紹介して頂いた本ですかお
いや~日向さん、これスゴイ本でしたよ。今まで読んだ事がないタイプの。こんなのが読めて幸せ!!

何がスゴイって、このリアリティ。エンタメ小説、冒険小説でありながら、作者の自伝でもあるのです。
著者紹介を見てみましょう。


ロバーツ,グレゴリー・デイヴィッド(Roberts,Gregory David)
1952年、豪メルボルン生れ。十代から無政府主義運動に身を投じるも、家庭の破綻を機にヘロイン中毒に。’77年、カネ欲しさに武装強盗を働き、服役中の’80年に重警備刑務所から脱走。’82年、ボンベイに渡り、スラム住民のために無資格・無料診療所を開設。その後、ボンベイ・マフィアと行動を共にし、アフガン・ゲリラにも従軍。タレント事務所設立、ロックバンド結成、旅行代理店経営、薬物密輸の後に再逮捕され、残された刑期を務め上げる。



ひぃぃ……どんな波乱万丈な人生を送ってるんだよ!!(汗)

この本のあらすじからも分かるとおり、まさしく作者の人生を描いたような本なのですきもち
だから、ものすごく説得力がある。真実味がある。他の人では絶対に書けないような物語なんですよね。

でも決して自虐的になっている訳ではないし、逆に教訓めいた事を教えている訳でもなく。
インドのスラム、劣悪な環境の刑務所。常に「死」と隣り合わせで、想像を絶するような描写の連続。
人々を徐々に蝕んでいくコレラの恐怖、線虫やシラミに悩まされるシーン等は、思わず鳥肌が立つほど。

だけど、ユーモアがあちこちに散りばめられているので、それほど重くならずに読めます。
熊のカノのくだり、面白かったなぁ。逃亡熊、ちょっとツボです(笑)


オーストラリアの刑務所から脱獄し、インドのボンベイへと逃亡した主人公。
読んでいけば分かるのだけれど、彼は決して悪人ではない。ただ、人生を間違えてしまっただけ。
彼はお調子者のガイド・プラバカルと友人になり、やがてスラムで無資格の診療所を開く事になります。

スラムに住む人々は貧乏だし、小さな傷からすぐに破傷風になってしまうほどの衛生面の悪さかお
それなのに、皆すごく満ち足りている。「インドは心の国」なんですね。


お人好しな主人公リン、陽気なガイドのプラバカルはもちろんの事、
謎の美女カーラや、イケメン兄さんアブドラ、マフィアのボスカーデル。みんなとても魅力的!
誰もが主人公になってもおかしくないくらい、個性豊かなキャラが揃っていますきもち

早くも、今年のきもちマイベスト本きもち入り確実の作品になりました。
改めて日向さん、素晴らしい本を教えて頂いて、本当にありがとうございました~かお









≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 16

There are no comments yet.
miwa125  
やっぱり面白そうですね♪

nanaco☆さん、こんにちは~(^^)/

出ましたね~、王冠付きの5つ星!!
また宝物の本が増えて…ヨカッタですね!!!!!(*^_^*)

それにしても、一冊で(3冊で!?)、
エンタメ小説、冒険小説、自伝小説が楽しめるなんて、
ホントに贅沢でお得な作品ですねぇ!^^
ますます読みたい度がアップしましたよ~!!
逃亡熊のくだりが、やたら気になります(笑)
近いうちに私もGETしてきま~す(^^♪
映画も楽しみですねっ(^_-)

ところで。。。
『三国志』のTB、何故か届いてなかったので、
もう一度いただいていきますね!(^_^;)

2012/02/26 (Sun) 16:16 | EDIT | REPLY |   
picchuko  

nanaco☆ちゃん、こんばんは~^^
すごい力作ですねっ!
って、これ自伝というのがまた凄すぎ☆@@
どんだけ熱く厚い人生送ってんだ~って感じですね。
こんな内容なのに、教訓めいてなく、ユーモアありっていうのも魅力なんでしょうね。
今年早々、いい本に出会えて良かったですね~。^^
こうやって、みんなで素晴らしい本を教え合えるっていうのもいいですよね!

ディビットと聞いて~、IL DIVOのディビットの顔をイメージして読ませて戴きました~。(爆)

2012/02/26 (Sun) 17:42 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  

nanacoさん、こんばんは★
シャンタラムの感想楽しみにしてました!
上中下巻と長いのでどうかなと少し心配でしたが、杞憂でよかたです。

登場人物たちの生き様が凄いですよね・・・
プラカバルはじめスラムに住む人々のなんて逞しくて、以外に幸せなのが面白かった。そばに置いてぱらぱら読むのもいいです。

tb なにか書き方とか設定があるのか受付らてないみたいです。何故なんでしょう・・少し調べてみます・・・

2012/02/26 (Sun) 19:02 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

今年初の王冠付き、きましたよ!!ヾ(=^▽^=)ノ
いやぁ、ホント面白かったです!面白いというとちょっと語弊があるかな…何て言うかスゴイ本でした。
上中下巻、ちょっと躊躇してしまいそうな長さなのですが、読み始めたら全然気にならなくなります☆
むしろ、夢中になりすぎて読み終わってしまうのが惜しくなるほどでした。。。

インドという国は、今まで漠然としたイメージしか抱いていなかったのですが、
この本を読んでみて、グッと身近に感じるというか…一度行ってみたくなりました~(笑)
きっと行ったら行ったで、かなり苦労すると思うんですけどねぇ(;´▽`A``

この作者さんだからこそのリアリティがあるんですよね。
単なる想像の産物ではないという事が分かるので、読んでいてすごく説得力があるんです^^
とても重いお話ではあるのですが、あちこちに笑いの要素もあるので、すごく読みやすいです♪
「逃亡熊」のくだりも、想像するとめっちゃ笑えますよ~(* ̄m ̄)

>『三国志』のTB、何故か届いてなかったので、
>もう一度いただいていきますね!(^_^;)

やっぱりmiwaさんのTB、届いていないみたいです~(><)私のもダメみたいですねぇ。。。
環境設定の変更→ブログの設定→トラックバック設定で、
「言及リンク」を受け付けるに直してみたんですけど、これでもダメでしょうか??
申し訳ないのですが、もう一度試していただけませんか~??
う~~これで上手くいくといいなぁ^^;

2012/02/26 (Sun) 19:04 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
picchukoさんへ

picchukoさん、こんばんは~♪

ホント、この本は作者さんの魂が込められているんじゃないかというくらい、すごい力作でした!!
この方の経歴、凄まじいですよねぇ…私には絶対こんな波乱万丈な人生は送れません(笑)
実はこの中で一番気になっていたのが、「タレント事務所設立、ロックバンド結成」という部分^^;
タレントにロックバンド、、、脱獄犯とは最もかけ離れているようで、すごく気になるのです。

>ディビットと聞いて~、IL DIVOのディビットの顔をイメージして読ませて戴きました~。(爆)

そう言われてみると、私もIL DIVOのデイビットにしか見えなくなってきました(笑)
実際の作者さんのお顔は…大きな声では言えないけれど、結構人相は悪いんですよ~(¬w¬*)
この人がこんな素晴らしい作品を書けるなんて!という驚きがありました。。。

教えて頂かなければきっと手に取る事はなかったであろう作品だと思います。
こうやってブログ上でオススメ頂けるのは、本当に感謝感謝です☆

2012/02/26 (Sun) 20:09 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪

素晴らしい作品を教えて頂いて、本当にありがとうございました!!ヽ(*^^*)ノ
3冊となかなか長い作品でしたが、中だるみする事もなく楽しく読ませて頂きました。
日向さんの感想でも書かれていましたが「何か今凄いものを読んでる!」という感覚でしたね~☆
特にカーデルの言葉、、、哲学的で興味深く、書き留めておきたい台詞が沢山ありました。

>登場人物たちの生き様が凄いですよね・・・
>プラカバルはじめスラムに住む人々のなんて逞しくて、以外に幸せなのが面白かった。

プラバカル、良いキャラしていましたね!すごく存在感がありました。
他の登場人物も皆魅力的すぎて、リンのキャラが薄くなってしまうほどでした(* ̄m ̄)
でもなんだかんだで一番好きだったのは、熊のカノだったりして(笑)

TB、なんだか上手くいかないみたいですねぇ。。。
一応こちらの設定で、環境設定の変更→ブログの設定→トラックバック設定から、
「言及リンク」の部分を受け付けるにしてみたんですけど、これでもダメでしょうか~(*_*)

2012/02/26 (Sun) 20:22 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
nanaco☆さんへ

『三国志』のTB、もう一回チャレンジしてみました!
どうでしょう?無事に届いてますか~??
どうかうまくいきますように☆

2012/02/27 (Mon) 18:09 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪

くすん、、、やっぱりダメみたいです(T_T)
どうして上手くいかないんでしょう??色々調べてみたんだけど分かりません!
何が原因なのかしら~??もうちょっと調べてみます(><)

2012/02/27 (Mon) 23:04 | EDIT | REPLY |   
☆ちこ  

nanaco☆さんおはようございまーす♪\(*^O^*)/

うわぁぁぁ!これ、作者さんがモデルの話なんですね!!
現実とは思えないほど凄い人生だ!!
この間「マザーテレサ」本でインドのスラム街の事を少し知ったのですが、あんな所があるんですねぇ…悲しいことだけど。

これは、私も是非読んでみたいです!

2012/02/28 (Tue) 09:31 | EDIT | REPLY |   
miwa125  
nanaco☆さんへ

nanaco☆さん、こんばんは~(^^)/

やっぱり届いてないですか~(-_-)
言及リンクが無くても届く設定にしてあるのに…
どうしてなんでしょう???
言及リンクが無いとダメならあの設定の意味がないですよねぇ。
私ももう少し調べてみますね!!
何度もお騒がせしてごめんなさ~い<m(__)m>

2012/02/29 (Wed) 18:29 | EDIT | REPLY |   
いりえ  

nanaco☆さん、こんにちは(^O^)/

こりゃぁ、凄いですねぇ。こんな人おられるんですね! 読書して面白いのって、いろんな価値観を体験できることですよね。へぇ~凄そう(';')

前の記事ですが、映画も面白そうですね! それにしても、『インデペンデンス・デイ』 いやぁ~、懐かしいです。ウィル・スミス、カッコ良かったですよね(^O^)

『英国王のスピーチ』ご覧になられたのですね! 俳優さんも素晴らしいですし、ホント名作ですよね(^-^) 私は映画館で観たのですが、DVDも買いたいくらいッス!(^^)!

2012/03/01 (Thu) 14:11 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆ちこさんへ

ちこさん、こんばんは~♪
お返事が遅れちゃってゴメンナサイ(>人<)

>うわぁぁぁ!これ、作者さんがモデルの話なんですね!!
>現実とは思えないほど凄い人生だ!!

そうなんですよ~!ほんとビックリしちゃいますよね^^;
まさかこんな映画みたいな人生を送る人がいるとは……(笑)
そしてそれを自伝にしてくれる事で、そんな人生を垣間見る事ができるなんて…凄い事ですね(*^^*)
素晴らしい作品に出会う事ができて、本当に幸せです☆

マザー・テレサもインドで活動していたんですか~(無知でごめんなさい…笑)
インドのスラム街、きっと想像を絶するような所なんでしょうね。私だったら多分生きていけない。。。
でもインドという国自体に、すごく興味が湧いてきました。
未だ観賞していない「スラムドッグ$ミリオネア」を観てみようかなぁなんて思ってます~^^

2012/03/04 (Sun) 19:53 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
miwa125さんへ

miwaさん、こんばんは~♪
お返事が遅れてごめんなさ~いm(*- -*)m

うぅむ、、、あれから色々調べてみましたけど、やっぱり分からないです。
上手くいく事もあるかもしれないし、ちょくちょく試してみる事にしますね^^;
言及リンクだと思ったんだけどなぁ。。。
また何か分かったらお伝えしますね~☆

2012/03/04 (Sun) 19:57 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
いりえさんへ

いりえさん、こんばんは~♪
お返事が遅れてしまってごめんなさい(*_ _)人

ホント世の中には恐ろしい人生を送っている人もいるもんですね~(笑)
おそらく一生平凡な人生を送るであろう私には、大きな声では言えないけれどちょっと憧れだったりして。
でもこうやって本を読む事で、少しでもそんな人生を垣間見れるのは嬉しいですね(*^▽^*)

>それにしても、『インデペンデンス・デイ』 いやぁ~、懐かしいです。

「インデペンデンス・デイ」は名作ですよね!!
侵略物はいくつか観てきましたが、あれを超える作品はまだ出てこないです。
当時はウィル・スミスだという認識もないまま観てたなぁ…(笑)

昔は、今のようにネットという情報手段もなかったですから、ジャケ借りが多かったですね~^^;
その分、ものすごい掘り出し物に当たったり、逆に超駄作だったり。でもそんなのが面白かったです。
今は、やっぱり事前に評価とか見ちゃいますもんね(* ̄m ̄)フフ
だから、良い意味でも悪い意味でも、驚きが少なくなった気がします。

「英国王のスピーチ」いりえさんは映画館でご覧になったんですか~♪わぁ、いいなぁ!!
私もこの作品は、映画館で観ていたら良かった…というくらい良い映画でした^^
DVD…欲しいなぁ。。。

2012/03/04 (Sun) 20:07 | EDIT | REPLY |   
日向 永遠  
TB してみました^^

tb こっちもやってみました!できました^^うれしいな~
でもなんででしょう?

2012/03/20 (Tue) 11:32 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
日向 永遠さんへ

日向さん、こんばんは~♪

おぉっ!こちらでもTBできたんですね。届きましたよ~~ヽ(*^^*)ノ
どうして突然できるようになったんでしょう……??
この間までは何回やっても出来なかったのに(笑)
この調子でどんどんTBできるようになると良いですね^^

2012/03/20 (Tue) 19:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック