FC2ブログ
Welcome to my blog

「冷たい校舎の時は止まる」辻村深月

ななこ


冷たい校舎の時は止まる
著者:辻村深月
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
学園祭のあの日、死んでしまった同級生の名前を教えてください―。「俺たちはそんなに薄情だっただろうか?」なぜ「ホスト」は私たちを閉じ込めたのか。担任教師・榊はどこへ行ったのか。白い雪が降り積もる校舎にチャイムが鳴ったその時、止まったはずの時計が動き出した。薄れていった記憶、その理由は。第31回メフィスト賞受賞作。



本屋で見かけてずっと気になっていたのですが、素敵な装丁に惹かれてとうとう購入きもち


いやぁ、本当に面白かったです!!!
辻村さんは初めて読む作家さんだったんですが……巧い。繊細な文章に引き込まれます。

調べてみたらこの辻村さん、1980年生まれとのこと。
ということは…デビューした時は今の私とほぼ同じ歳って事かな?軽くショックです~(笑)


物語からは深々とひたすらに降り続ける雪、凍てつくような空気が感じられます。

ちょうどこの作品を読み始めたのが雪がちらほら舞っている時だったからか、
頭の中で物語のイメージがすっかり出来上がっていました。

舞台は学校という閉塞された空間。登場人物一人一人の回想や過去を交えながら進んでいきます。

皆表向きは仲が良いんだけど、人には言えないようなトラウマや劣等感を抱えていたり、
微妙なかけひきがあったり、ささやかな恋愛感情があったり…。

辻村さんは、その一人一人のキャラクターの描き方が本当に丁寧なんですよね~かお


ジャンルとしては学園ミステリに分類されるんだろうけど、ホラーのような描写がちらほら。
じわじわと静かな怖さが迫ってきて、背筋がゾクリと寒くなります。

特に止まっていた時計が動き始めてからなんて、本当に怖い。でもやめられない(笑)


最初から最後まで伏線だらけなんですが…
後半からはパズルのピースが埋まるように伏線が収束していくので、とても小気味が良いですね。

そして読後感は意外にも爽やかなのが好印象でした!


恩田陸さんの「六番目の小夜子」とか「麦の海に沈む果実」が好きな方なら、きっとお好きかと思います。


冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
辻村 深月

講談社 2007-08-11
売り上げランキング : 21090

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
辻村 深月

講談社 2007-08-11
売り上げランキング : 27980

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
関連記事

Comments 8

There are no comments yet.
☆Yuri☆  
Re:「冷たい校舎の時は止まる」読了〜♪(12/20)

面白そうなストーリーだね〜。

これなら、私も読めるかも!?って思いました♪

1980年生まれって、わかっ(>_<)

2007/12/20 (Thu) 22:36 | EDIT | REPLY |   
エンブレムT  
Re:「冷たい校舎の時は止まる」読了〜♪(12/20)

面白そう・・・。

それよりも「麦の海に沈む果実」を未読のまま、続編の「黄昏の百合の骨」読んでしまったばかりなので、この紹介のタイミングに笑ってしまいましたw

私は、まず「麦・・・」から読まなくては、気持ちが悪い状態だわ〜^ ^;

2007/12/20 (Thu) 22:40 | EDIT | REPLY |   
Cedie  
こんばんは(#^.^#)

恩田さんの「六番目の小夜子」とか「麦の海に沈む果実」が好きなのであらすじ読んだだけでなんかツボにきました。というより「麦の海に沈む果実」を思い浮かべてしまった(~_~;)ああいうかんじなのかなって・・・表紙のイラストも。



閉鎖的で、ホラー的で、ミステリアス(*^_^*)

若いのにすごいもの書く人ですね。どこからネタ仕込んでいるんでしょう(笑)ぜひチェックしてみます。

2007/12/20 (Thu) 22:43 | EDIT | REPLY |   
茨木 月季  
Re:「冷たい校舎の時は止まる」読了〜♪(12/20)

こんばんは!

これは一度借りてきて、期限切れで、チャレンジをあきらめた作品です。他の作品同様、いつか読みたいと思っています。「ダ・ヴィンチ」のプラチナ本をまだ信じていた時代に「凍りのくじら」を読んで感銘を受け、「ぼくのメジャースプーン」を読んで気になっていたのですが、読書三昧の日々に戻れず、読書量がすこぶる減ってしまいました。求職中にもう一度トライしてみます。

2007/12/20 (Thu) 23:05 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
☆Yuri☆ちゃんへ

ホント面白かったよ〜!!

あまりに集中しすぎてバス乗り越しちゃいそうになったくらい(笑)

若いのにこんな作品書けるなんてすごいな〜って思ったよ。

若いからこそ書けるっていうのもあるのかな?

2007/12/21 (Fri) 22:44 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
エンブレムTさんへ

「麦の…」と「黄昏の…」とじゃ理瀬ちゃんの印象がかなり違うかも。。。

逆に「黄昏の…」を先に読んだほうがショックは受けないかもしれないですd(>_< )

守り人シリーズといい勾玉シリーズといい、けっこう順番逆だったりしますね(笑)

「麦の…」にハマったら是非冷たい校舎も読んでみてくださいな♪絶対ツボですから…

2007/12/21 (Fri) 22:48 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
Cedieさんへ

Cedieさんは恩田さんの作品好きなんでしたよね♪

「麦の…」にかなり雰囲気似てます。なんか冷たい校舎読んだらもう一度恩田さんの作品読みなおしたくなってきました(笑)



本当若いのに!ってビックリしました。

私も辻村さんのことちょっと調べてみたんですが、顔写真が載ってるサイトがあったんですが顔も若いです^^;

でも実はこの物語の中に作者と同姓同名のキャラがでてくるんですよね。そのキャラがどうも辻村さん本人の顔とかぶってしまってw

2007/12/21 (Fri) 23:03 | EDIT | REPLY |   
nanaco☆  
茨木 月季さんへ

やっぱり既に目つけてましたか♪月季さんの読書量とジャンルの幅広さには本当に感心させられます。

私は辻村さんの本はこの作品が初めてだったのですが、「凍りのくじら」「ぼくのメジャースプーン」も近いうちに読んでみようと思います。「子供たちは夜と遊ぶ」も面白そうです。

この作家さんってほとんどノベルスでしか出していないんですね。なんだかもったいない気がします…。

久々に「これは!!」と思う作家さんに出会えました♪

2007/12/21 (Fri) 23:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply