05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.19 *Mon*

トム・ロブ・スミス「エージェント6」読みました♪





【エージェント6(上)(下)】トム・ロブ・スミス rating_49.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
運命の出会いから15年。レオの妻ライーサは教育界で名を成し、養女のゾーヤとエレナを含むソ連の友好使節団を率いて一路ニューヨークへと向かう。同行を許されなかったレオの懸念をよそに、国連本部で催された米ソの少年少女によるコンサートは大成功。だが、一行が会場を出た刹那に惨劇は起きたー。両大国の思惑に翻弄されながら、真実を求めるレオの旅が始まる。驚愕の完結編。



でました!でましたよーー!!!
「チャイルド44」「グラーグ57」に続く、レオ・デミドフシリーズ (数字シリーズ?笑) 完結編。
完全に続き物なので、このシリーズは順番通りに読んだ方が良いです。


 review.png    review.png


いやぁ、ホント大好きだなぁballoon_75.gif
スピード感のある文章、魅力的すぎる主人公レオ、そして容赦ない展開(笑)
「まさかそこまではやらないだろう」というのを、平気でやっちゃうんですよこの作者さんは…。

美しき家族愛と見せかけておいて、最後に読者を絶望の淵に追いやる。。。
その時になって初めて、そういえばこれは「チャイルド44」の作者だったと思い出すんだなぁ。
単なる感動物語じゃない。生と死の狭間で得られる一筋の光。一人の男の再生の物語です。


leaf_03.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 三部作完結編  ミステリ  容赦ない展開  そして最後は…


以前は、旧ソの国家保安省で捜査官をしていた主人公レオ。

愛する妻のライーサ、養女のゾーヤとエレナ。
富と名誉を捨て、貧しいながらも幸せな生活を送っていた彼にまたもや悲劇がballoon_89.gif

物語の始まりが、レオとライーサの出会いのシーンだった事に最初は戸惑いました。
何故今さら?と。でも、この部分が恐るべき伏線になっている事に気付き…。

あ〜〜もう何を書いてもネタバレになりそうで怖いですballoon_145.gif

妻と娘達がソ連の友好使節団として向かった先は、ニューヨーク。
散りばめられた伏線を収束しながら、上巻最後で怒涛のクライマックスを迎えます。
過去の空白のピースが埋まっていく度に、やりきれなさと切なさが募りました。

面白かったです。ヒジョーにショッキングな展開ですが、最終巻に相応しいラストでしたballoon_131.gif


既にリドリー・スコット監督により映画化が決定している「チャイルド44」。
単なるアクション映画にせず、国家の矛盾に立ち向かう格好良い男の姿を描いて欲しい。

個人的に、あくまでも個人的になんですが・・・
レオ役はレオナルド・ディカプリオ、ライーサ役はゾーイ・デシャネルあたりが良いかと思うのですが・・・どうかなぁ。


Leonardo Wilhelm DiCaprio.jpg Zooey Deschanel.jpg


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



関連記事

COMMENT

Re:トム・ロブ・スミス「エージェント6」読みました♪(09/19)
nanaco☆さん、こんにちは〜(^^)



おぉ、三部作完結編、早速読まれたんですねぇ^^

本屋さんで見かけて、きっと近いうちにnanaco師匠のレビューが

拝見できるだろうって楽しみにしてましたよ(*^_^*)

このシリーズ…一部ずつ読むより三部一気読みする方が、

より面白そうな感じですねぇ。

ハンサムで魅力的なレオがめちゃめちゃ気になります〜(><)



映画化されるんですね〜♪

レオ役がレオ様…それナイスキャスティングかも(*^^)v

by miwa125 #79D/WHSg
2011/09/19(月) 17:11 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「エージェント6」読みました♪(09/19)
nanaco☆さんの感想を読むたびに、

「チャイルド44」から読まなくちゃ〜!!って気分が盛り上がります。

3部作で完結、映画化も決まっているのですね。

映画を観るより先に、原作は読了しておきたいですね…。

ああ、読書ペース上げてかなくちゃ!!
by 柊♪ #79D/WHSg
2011/09/19(月) 17:17 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「エージェント6」読みました♪(09/19)
nanaco☆さん、こんばんは〜!

これ、これ、あらすじ読んだ時、すっごく面白そうって思ったら、チャイルド44もグラーグ55でも同じようなコメント書いてますね、私。(笑)

ここ数年、好みが変わっていないのかも。^^



今回でこのシリーズ完結ですか?なんか、残念!

レオ役、楽しみですね〜。私も映画化されたら見てみたいです♪
by picchuko #79D/WHSg
2011/09/19(月) 18:06 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「エージェント6」読みました♪(09/19)
nanacoさん、こんばんは★

やっぱりこのシリーズ面白そうです。

一作目から読もう、読もうとは思っているのですが、面白そうな本を山積みしてあるのでいつになるでしょう・・・

でも読みたいです。旧ソ連というのも興味湧きます。
by 日向 永遠 #79D/WHSg
2011/09/19(月) 19:33 [Edit
miwa125さんへ
miwaさん、こんばんは〜♪



あはは、すっかりmiwaさんに行動パターン読まれちゃってましたね!(笑)

そうなんです、レオ三部作完結編と聞いていてもたってもいられず早速読んじゃいました^^

期待通りの面白さで、もうこの作家さんのファンになりつつあります〜☆

この作品を30代そこそこで書けるなんて、本当に天才的だと思います。



「チャイルド44」「グラーグ57」「エージェント6」どれも全然印象が違うんですよ〜!

最初は本当にミステリ(猟奇的な殺人事件)として読み始めたのですが、、、

次は冒険譚の趣、そして最後は色んな形の「愛」を描いた作品になっているような気がします。

やっぱりこれは一気読みすると、主人公の心情の変化が分かって面白いと思います〜(*^▽^*)



>映画化されるんですね〜♪

>レオ役がレオ様…それナイスキャスティングかも(*^^)v



でしょでしょ!ハンサムな所もピッタリだし偶然にも名前も一緒だし〜(笑)

品行方正タイプから、だんだんと泥臭くなってく所も巧く演じてくれるような気がします。

どんな作品になるのか、すごく楽しみでもあり、少しだけ不安でもあり…ですねぇ(^^ゞ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/09/19(月) 22:33 [Edit
柊♪さんへ
柊さん、こんばんは〜♪



>nanaco☆さんの感想を読むたびに、

>「チャイルド44」から読まなくちゃ〜!!って気分が盛り上がります。



このシリーズは本当にオススメです〜(*^m^*)

個人的には、やっぱり最初の「チャイルド44」が本格ミステリで一番面白かったけれど、

三部作全て読んで、初めて見えてくるものが沢山あるような気がします!

伏線の張り方が巧みで、うぅむと思わず唸ってしまう事もしばしば…^^;

柊さんがこのシリーズにどんな感想を持たれるのか、是非是非お伺いしたいです〜♪



>3部作で完結、映画化も決まっているのですね。



リドリー・スコット監督だというから、どうしても期待しちゃいますよね〜(*^-^)

きっと、ハリウッド特有の中身のないアクションにはならないと思います!(と信じたい…)

キャストがどんな感じになるのか、今から楽しみですね☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/09/19(月) 22:42 [Edit
picchukoさんへ
picchukoさん、こんばんは〜♪



>ここ数年、好みが変わっていないのかも。^^



うふふ〜だってだって、picchukoさんのお好きな(?)ロシアですからぁ〜(* ̄m ̄)

実際にその目でご覧になってきたから、尚更ビビッとくるものがあるのでしょうね^^

それに秋といえばロシア文学ですし!(笑)

……とはいえ、この作品を書いたトム・ロブ・スミスさん、イギリス人なんですよねぇ。

最初の「チャイルド44」はロシアでは発禁になったというから、恐ろしいなぁと思います;



>レオ役、楽しみですね〜。私も映画化されたら見てみたいです♪



ハンサムで、ちょっと冷酷そうで、でも好きな人のためにはどこまでも一途っぽい人…(笑)

うーん、そんな完璧な人間、ウルスかディカプリオくらいしか思い浮かびませんよ。。。

これを機にウルスも俳優デビューしたらどうでしょうかねぇ(*^^*)

映画化されるのが待ち遠しいです〜☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/09/19(月) 22:48 [Edit
日向 永遠さんへ
日向さん、こんばんは〜♪



>面白そうな本を山積みしてあるのでいつになるでしょう・・・



うんうん、そのお気持ちすごく分かりますよ〜〜(><)

私も小川一水さんの天冥の標シリーズとか、早くリアルタイムで読みたい!と思うのですが…

積読が山積みになってたり、水滸伝に寄り道したりしているとなかなか挑戦できなくて^^;

今年は積読消化に専念するとして、楽しみは来年に回しましょうか。。。



>でも読みたいです。旧ソ連というのも興味湧きます。



きっとこの三部作、日向さんもお好きだと思うんです〜(*^v^*)

舞台がモスクワ、ハンガリー、アメリカ、アフガニスタン…と目まぐるしく移り変わります。

それぞれの国の様子だとか慣習だとか、よくここまで調べ上げたなぁと驚く事ばかりです!

特に最初の「チャイルド44」はミステリとして傑作だと思うので、是非読んでみて下さい〜☆

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/09/19(月) 22:55 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「エージェント6」読みました♪(09/19)
nanaco☆さんこんばんわ〜〜



おおー!早速読まれたのですね。は…早い…



ショッキングな展開…出会いからの複線…ああーん、凄く気になります。



私も早く読まなくちゃ!





by ☆ちこ #79D/WHSg
2011/09/20(火) 20:16 [Edit
Re:トム・ロブ・スミス「エージェント6」読みました♪(09/19)
こんばんわー☆



本屋にすっごい積んでますよねこのシリーズ!

いつも「nanacoちゃんの本だ…」と思いながら前を通ってます。

完結ですか〜買おうかな〜。

読むときは、nanacoちゃんおすすめキャスティングで読んでみますね☆

by まる811 #79D/WHSg
2011/09/21(水) 01:24 [Edit
新潮社の担当編集者でございます。
nanaco☆さま、コメントなさっている皆様。ありがとうございます。

20日付朝日・毎日夕刊の著者インタヴューなどはお読みいただけたでしょうか?

「翻訳ミステリー大賞シンジケート」というサイトでは、著者の日本滞在記も書かせていただきました。

ちょっとお茶目な著者の素顔をお楽しみください。

東京でのトークショウの模様は、近々ストリームでご覧いただけますのでお楽しみに。

担当者としても、これでレオと別れるのは寂しいかぎりです。

でも、これだけの才能を有するトムのこと、また新たな素晴らしい物語世界を披露してくれると信じています。

今後とも、よろしくお願いいたします。

(ちょっと嬉しくなってお邪魔しちゃいました)



by 若井孝太 #79D/WHSg
2011/09/21(水) 03:15 [Edit
☆ちこさんへ
ちこさん、こんばんは〜♪



>おおー!早速読まれたのですね。は…早い…



大好きなシリーズなので、買ったらすぐに読まずにはいられなくって…(笑)

今回も表紙が素敵ですよね。上下巻合わせるとひとつの文字になるのもまた好きです〜☆



>ショッキングな展開…出会いからの複線…ああーん、凄く気になります。



も〜色んな意味でショッキングで…ここまでやっちゃうの?と正直思いましたよ〜(><)

でもよく考えてみれば「チャイルド44」はそんな展開だったのよね、と^^;

でも最後には、このラストで良かったと思いました。

自分の中で消化不良の部分が残った事で、ずっと心に留まり続ける作品になったと思います!

是非是非楽しんで下さいね。ちこさんの感想が楽しみ〜〜早くうかがいたいですヽ(*^^*)ノ

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/09/23(金) 20:21 [Edit
まる811さんへ
まるさん、こんばんは〜♪



>本屋にすっごい積んでますよねこのシリーズ!

>いつも「nanacoちゃんの本だ…」と思いながら前を通ってます。



でへへ……思いだして頂けるなんて光栄ですわん(*^m^*)

私も家に揃えてあるにもかかわらず、本屋さんで平積みされているとつい注目しちゃいます。

で、手に取っている人を見るとつい話しかけたくなります。絶対怪しい人ですー(笑)



>完結ですか〜買おうかな〜。



思っていた以上に文章が柔らかくて読みやすいし、とにかくスピード感があります!

結構意表を突く展開なので、中だるみもないしぐいぐい引き込ませてくれるシリーズです^^

いや〜ホント面白いですよ。主人公のレオがハンサムっていうのもポイント高しです(笑)

まるさんも是非読んでみて下さい♪そしてまた一緒に語り合いましょ〜(*^▽^*)

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/09/23(金) 20:28 [Edit
若井孝太さんへ
若井孝太さん、こんばんは〜♪

わぁ、担当編集者さまですか!お越し頂けて光栄です〜ヽ(*^^*)ノ



>20日付朝日・毎日夕刊の著者インタヴューなどはお読みいただけたでしょうか?



朝日夕刊読みましたよ!「あれ?この写真の人見た事ある…」と思ったら、

なんとなんと愛しのトムさんじゃないですか〜(笑)もう吃驚&嬉しさでいっぱいになりました。

うーん、いつ見てもイケメンさんですね。そして素晴らしい才能もあるのだから…

天は二物を与えてしまったのですねぇ(^^ゞ



>「翻訳ミステリー大賞シンジケート」というサイトでは、著者の日本滞在記も書かせていただきました。



早速先ほど拝見しました〜!トムさんの上機嫌な様子が伝わってきましたね^^

若井さんのユーモアのある文章も、大変楽しく読ませていただきました♪

浅草寺のおみくじの「吉」にはしゃぐなんて、おちゃめですね〜(笑)

大好きな作者さんの素顔が見られて、ますますファンになっちゃいました(*^v^*)

次の作品も首を長くして待っています。若井さん、素敵なコメントありがとうございました♪

by nanaco☆ #79D/WHSg
2011/09/23(金) 20:43 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。