08
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
30
31
<< >>

This Archive : 2016年08月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.08.29 *Mon*

最近ハマっているボディオイル!


最近、とってもハマっているボディオイルがあります。

WELEDA(ヴェレダ)のホワイトバーチ ボディオイル です。

entry_img_1418.jpg

私、長年ボディオイルジプシーで、色々なブランドを試してきたものの、
「これだ!」というアイテムに出会えなかったんです。

もう30代に突入したし、そろそろ良い物を使いたいなーと思いつつ
辿り着いたのがこのヴェレダのボディオイルでしたかお

「オイルってベタつくでしょ?」
いえいえ、お風呂上りのちょっと濡れた肌につけてマッサージすると、
不思議とグングン浸透していくんですよ。翌朝はしっとりツルツル。

何より柑橘系の爽やかな香りで、本当に癒されます。。。

セルライトやむくみにも効くらしいデスヨ。
少々お高いですが、このお風呂上りの後のリラックス効果は何物にも代えがたい(笑)
使った事のない方は、是非お試しあれー!ざくろのオイルも気になるなぁ。

やじるし ヴェレダ公式サイトはこちら

スポンサーサイト

2016.08.28 *Sun*

2016年7月 鑑賞メーターまとめ

7月の鑑賞メーター
観たビデオの数:15本
観た鑑賞時間:1518分

ザ・ウォーク(初回生産限定) [DVD]ザ・ウォーク(初回生産限定) [DVD]
ひえー高いーー怖いーーー!!!高所恐怖症の人なら、おそらく失神するであろう映画ですね(笑)綱渡りに人生を賭けている青年のお話。興味のない人なら、おそらく馬鹿げているように見えるかもしれないが、仲間の協力を得て今はなきワールド・トレード・センターを綱渡りするというのは、何とも心が揺さぶられました。映画館で観たかったなぁ。
鑑賞日:07月03日 監督:ロバート・ゼメキス


スケルトン・キー [DVD]スケルトン・キー [DVD]
ホラーというよりもミステリーですね、ジャケットでかなりビビりますが中身は怖くないです。鏡のないお屋敷、過去に起きた出来事、開かない屋根裏部屋…など好きな要素が揃っています。わりと淡々と物語は進むのですが、最後の最後でひっくり返されてしまいました!後味は良くないですが、ラストで伏線が回収される感じがすごく感心した。また最初から観なおしたくなりました。
鑑賞日:07月04日 監督:イアン・ソフトリー


「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」完全版(DVD)「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」完全版(DVD)
猫の視点から描かれていく物語が、とても穏やかで素敵でした。主人公の心にポッカリと空いた穴を埋めてくれるモフモフの猫ちゃん。子供時代から、徐々にお互い信頼し合っていく様子が良かった。一抹の寂しさを感じつつも、どこか希望のあるラストでした!
鑑賞日:07月05日 監督:坂本一也


インシディアス 序章 [DVD]インシディアス 序章 [DVD]
前2作が面白かったので楽しみにしていました!パッケージの怖さのわりに、どちらかというとホラー度は低めでしたが、良い話だったな。インパクトはあまりないけれど。霊媒師のエリーズおばあちゃんが本当に可愛くて大好き。ラスト母と娘のくだりは思わずウルッときてしまった。このシリーズはグロがなく、「ここで出るぞ」と分かっていてもビクッとしてしまう良質のホラー映画ですね(笑)
鑑賞日:07月08日 監督:リー・ワネル


ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
このシリーズ懐かしい~!と思わず手に取ってしまいました。やはり1作目の出来が完璧だったので、色々とツッコミを入れたい部分はあるのですがなかなか面白かったです。何といってもジャイロスフィア!あの乗り物は夢があっていいなぁ。人がバンバン恐竜に食われるのですが、うまい具合にそういうシーンを見せないようにしているので家族でも観られそう。金儲けは良くないですな…
鑑賞日:07月08日 監督:コリン・トレボロウ


鬼談百景 [DVD]鬼談百景 [DVD]
『残穢』よりも、じわじわと怖さが忍び寄ってきてすごく好き!オムニバスだったのもメリハリが効いていて良かったかも。中でも『赤い女』の恐ろしさよ。赤い女自身も何かブツブツ言っているのが妙に気になる。ラストの『密閉』も自分好み。そう、クローゼットの隙間、ドアの隙間、押入れの隙間って気になるんですよね。『続きをしよう』は、ちょっと笑ってしまった。ケガをして「じゃ、帰るね!」の晴れ晴れとした表情の子供達…(笑)
鑑賞日:07月09日 監督:鈴木謙一,中村義洋,白石晃士,安里麻里,岩澤宏樹


フランス組曲 [DVD]フランス組曲 [DVD]
この映画大好き!ナチスドイツ占領下フランスの田舎町が舞台のお話。フランスとドイツ、敵国同士で決して許されない恋なんだけど、2人は音楽を通して徐々に惹かれ合っていく。ドイツ人中尉が弾くピアノが本当に物悲しく美しくて。ミシェル・ウィリアムズとマティアス・スーナールツ(イケメンすぎる!)の抑えた演技が非常に良かった。それにしてもこれがアウシュビッツの収容所で書かれた物語だとは、驚きだなぁ。
鑑賞日:07月10日 監督:ソウル・ディブ


恐怖ノ黒電話 [DVD]恐怖ノ黒電話 [DVD]
ホラーにSFの要素が混じった作品。過去から電話がかかってくるという設定で、最初はただの間違い電話かと思いきや、徐々に電話口の女性は常軌を逸した言動をし始める。着眼点は面白いですが、いかんせん地味な映画ではある。ビジュアル的にはほぼ怖さはなし。
鑑賞日:07月13日 監督:マシュー・パークヒル


マネー・ショート 華麗なる大逆転  ブルーレイ+DVD セット [Blu-ray]マネー・ショート 華麗なる大逆転 ブルーレイ+DVD セット [Blu-ray]
とても面白い(と言うのはちょっとはばかられるが)映画だった。サブプライムローンの焦げ付きによる、リーマン・ブラザーズの破綻、そして世界恐慌。皮肉とブラックコメディを交えながら進められていく話は、色々な意味でそのへんのサスペンス映画よりも恐ろしかったです。専門用語がバンバン飛び交いますが、著名人を起用し噛み砕いて説明してくれるのでとても分かり易い。世界経済が異常な熱を帯びている中、いち早くその綻びに気付いてしまった人間にスポットを当てています。すっかり引き込まれてしまいました…!
鑑賞日:07月16日 監督:アダム・マッケイ


黒衣の刺客 [DVD]黒衣の刺客 [DVD]
カンヌ国際映画祭<監督賞>受賞とのことだけれど……残念ながら、これっぽっちも良さが分からなかった(笑)許嫁を殺しにきた女刺客の話なんだけど、主人公の感情が全く読めない上に、登場人物の動きがほとんどなく延々と静止画を見せられているような感覚に。このシーンは一体何の意味があるのかと首を傾げる箇所が幾つもあり、結局ストーリーすら何も頭に入ってこなかった。こんな退屈な映画久しぶりに観ました(* ̄∇ ̄*)
鑑賞日:07月19日 監督:ホウ・シャオシェン


死霊館 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]死霊館 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
おどろおどろしいタイトルのわりには、家族愛に満ちた映画で鑑賞後にほっこりしてしまうという不思議な映画です(笑)『インシディアス』同様に、怖いというよりもビックリしてしまうタイプの映画ですね。大きなお屋敷、怪しげな人形、地下室、可愛い姉妹達…好きな要素がいっぱいでした。かくれんぼの「パン、パン…」はかなり不気味。
鑑賞日:07月20日 監督:ジェームズ・ワン


エージェント・ウルトラ [DVD]エージェント・ウルトラ [DVD]
ジャケットから、コメディアクション的な展開を想像していたけれど全然違った!そして予想以上にとても面白い映画だった。ジェシー・アイゼンバーグのダメ男っぷりがハマり役。でもエージェントとしての能力に目覚めてからはあら不思議、とてもカッコ良く見えてしまう(笑)『私が木で、あなたが車』というシーンで、思わずウルッときてしまった…ラストの展開も小気味良く、非常にスピード感のある映画でした。エンドロールのアニメのレベルが高すぎて驚いたなぁ。
鑑賞日:07月23日 監督:ニマ・ヌリザデ


ポルターガイスト [DVD]ポルターガイスト [DVD]
ありとあらゆる怪奇現象を全力で詰め込みましたッ!という感じの映画です(笑)この80年代の映画は、現代のホラー映画に慣れてしまった身としては、怖さとしては物足りない感はあるんだけど、笑って楽しめる作品だったなぁ。子供視点から描かれる怖さ(雷、顔に見える木、夜のピエロ人形)が、どこか懐かしかったです。
鑑賞日:07月25日 監督:トビー・フーパー


ジョーカー・ゲーム 第1巻 [DVD]ジョーカー・ゲーム 第1巻 [DVD]
アニメを見逃していたので。原作では、結城中佐はどこまでも謎の存在だったんだけど、こちらのアニメでは最初から見えている分少し印象が違いますね。キャラクターの顔がわりと皆似ているので、見分け方が難しい(笑)声優さんが無駄に豪華なので、そこに助けられている感はあります。が、緊張感もありなかなか楽しめるアニメでした!続きも楽しみ。
鑑賞日:07月30日 監督:野村和也


ゆりかごを揺らす手 [DVD]ゆりかごを揺らす手 [DVD]
これは良質のサスペンス!絵に描いたような幸せな家庭を、じわりじわりと乗っ取っていこうとするベビーシッター…女性ならではの武器を使う生々しさに嫌悪感を感じつつも、その用意周到さに感心せずにはいられなかったです(笑)いやーそれにしても巧妙すぎる。子供の心を巧く掴む方法をよく知ってるんだなぁ。最後の最後まで緊張感の続く展開で、面白かったです!ジュリアン・ムーアが若くてスタイル抜群だった。
鑑賞日:07月30日 監督:カーティス・ハンソン

鑑賞メーター




8月が終わる前に、7月に観た映画のまとめをこもの

最近、本は全然読めていないのに映画は結構観れています。
毎日会社で、昼休みに観ているっていうのが大きいのかなぁ(笑)

ここのところホラー映画オンリーからは脱出できたので、
色々なジャンルの映画で、面白い作品を見つけることができて嬉しい限り!

久々に乙女モードが全開になったのが『フランス組曲』
ナチスドイツ占領下のフランスの田舎町を舞台に描かれる、許されない恋。
こうやってあらすじを書くと陳腐に思えるんだけどねー

ドイツ人中尉役の、マティアス・スーナールツがとにかくイケメンすぎるんですわ。
一見そんな風には見えないんですが、どこか憂いを帯びた瞳と軍服効果なんでしょうか(笑)

Matthias Schoenaerts

プーチンさんに似ているという噂もありますが。。。
祖国と、敵国の愛する女性との間で揺れ動く葛藤を、抑えた演技で表現していて、
ストイックな雰囲気も含めて、非常に美しいお方でした (ノω〃) ポッ


2016.08.21 *Sun*

2016年7月 読書メーターまとめ

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:4012ページ
ナイス数:347ナイス

七つの大罪(20) (講談社コミックス)七つの大罪(20) (講談社コミックス)感想
バンの衣装にばっかり目がいってしまう20巻…
読了日:7月3日 著者:鈴木央


七つの大罪(21) (講談社コミックス)七つの大罪(21) (講談社コミックス)感想
エリザベス&エレイン組が可愛いな!エリザベスが素直で素敵だっていうけど、いやいやエレインあなたこそ。メリオダス&バン組は、彼女ののろけ自慢大会で面白かった。今は記憶を失っているディアンヌ、少しずつキングとまた距離が縮まっているのが嬉しい。
読了日:7月3日 著者:鈴木央


アルスラーン戦記(5) (講談社コミックス)アルスラーン戦記(5) (講談社コミックス)感想
銀仮面、身勝手で尊大な態度をとるくせにナイーブで…見てるとイライラします(笑)ナルサスとアルフリードの出会い。アルフリードとエラムの相性を想像するとちょっと面白いな。アルスラーンは少ししか登場していないけれど、あの明るい笑顔で場が和む。やっぱり王子に必要なのはこういう所だなぁ。
読了日:7月3日 著者:荒川弘


黒執事(23) (Gファンタジーコミックス)黒執事(23) (Gファンタジーコミックス)感想
新章スタート。何ともツッコミ所満載のパロディと、オカルトチックなダークな雰囲気のバランスが絶妙。ブラバットは果たしてシエルにとって敵となるのか?リジーもどうなってしまうのか気になるところ。
読了日:7月3日 著者:枢やな


コーヒーが冷めないうちにコーヒーが冷めないうちに感想
借り本。『4回泣ける』ということだったけれど、残念ながら一度も泣けず(笑)コーヒーが覚めない間だけ、タイムトラベルができるという設定は面白いのですが、語彙の少なさや表現方法が繰り返しだったり、言い回しに違和感があったり…と言う事のほうが気になってしまってあまり集中できませんでした。「面倒くさい」を「めんどくさい」と書いてたのも気になった。二美子も頭脳明晰でできる大人の女性なら、「マジで?」なんていう言葉遣いはしないのでは……材料が良いだけに、色々と残念な作品でした。
読了日:7月3日 著者:川口俊和


異世界居酒屋「のぶ」 (2) (カドカワコミックス・エース)異世界居酒屋「のぶ」 (2) (カドカワコミックス・エース)感想
エーファちゃん、可愛いなぁ。この作品で出てくる料理は、一見普通なのにどれも食欲をそそられる。みんなまた美味しそうに食べるもんだから…(笑)どれも「トリアエズナマ」が合いますよね。ゆでたまごにマヨつけて食べたくなった。
読了日:7月5日 著者:ヴァージニア二等兵


本好きの下剋上 第一部「本がないなら作ればいい! 1」本好きの下剋上 第一部「本がないなら作ればいい! 1」感想
原作積読ですが、先にコミカライズ版を。マインもトゥーリもとにかく可愛い!本好きにとっては、活字がない世界というのは地獄だろうが、個人的にはお風呂とトイレがないのがかなりの衝撃…!(笑)主人公が前世(なのか?)の知恵と知識を持ったままなので、次々と身の回りを快適な環境に整えていくのが素敵。
読了日:7月12日 著者:鈴華,香月美夜


本好きの下剋上 第一部「本がないなら作ればいい! 2」本好きの下剋上 第一部「本がないなら作ればいい! 2」感想
もうみんな可愛すぎるよ…!マインが焼くホットケーキに感激するルッツも可愛いし、オットーさんも良い人すぎる。紙がないなら作ればいい、自分で文字を覚えて書けばいい。マインの本に対する情熱はすごいなぁ。続きがとても楽しみ。原作も早く読もう。
読了日:7月12日 著者:鈴華,香月美夜


ハイキュー!! 22 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 22 (ジャンプコミックス)感想
赤い表紙は初めてだ!ほぼ主人公の烏野チーム不在で進む試合なんだけど、物足りなさは全く感じず。作者さんが、敵味方関係なくきっちりと人間ドラマを描いてくれている証拠ですね。音駒VS梟谷は、それぞれ思い入れのあるチームなので、どちらが勝っても嬉しいしどちらが負けても辛い。今回は表紙のリベロ、静かに闘志を燃やす夜久さんが格好良すぎた。戸美との試合はストレスがたまりそう、心証が良いほうを贔屓目に見てしまう主審も、やっぱり人間だなぁ。
読了日:7月12日 著者:古舘春一


はんだくん(6) (ガンガンコミックス)はんだくん(6) (ガンガンコミックス)感想
これにて本編は終了!次巻は番外編になるようですね。最初の頃のギャグに徹していた面白さはなくなったけど、半田ウォールをなくして見られるようになったかな?とにかく川藤によって半田くんは作られているんだということはよく分かった(笑)この頃の半田くんが、今の半田先生に繋がらないのですが…まだこの先があるんだろうか。
読了日:7月16日 著者:ヨシノサツキ


不機嫌なモノノケ庵 (1) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵 (1) (ガンガンコミックスONLINE)感想
アニメ化を機に読んでみました。予想していた以上に面白い!最初は『夏目友人帳』に近いお話かなと思っていたけれど、夏目が切ない妖譚だとすれば、こちらはよりコミカルで勢いのある妖譚。モジャが可愛い、安倍さんの制服と着物着用時のギャップが◎。(そして1巻目の表紙を安倍さんにとられてしまった主人公・芦屋の悲しさよ…)
読了日:7月23日 著者:ワザワキリ


不機嫌なモノノケ庵 (2) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵 (2) (ガンガンコミックスONLINE)感想
おぉ、表紙に主人公登場。隠世の描写が本当に好きだなぁ、こんな世界なら一度で良いから行ってみたい。そしてモジャモジャ、尻尾ふりふりの再会!女性キャラ(といっても妖怪だけど)も綺麗で大満足。
読了日:7月23日 著者:ワザワキリ


不機嫌なモノノケ庵(3) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵(3) (ガンガンコミックスONLINE)感想
祝・モジャのレギュラー化!マンジロウのエピソードも良いなぁ。この作品に出てくるのは、まだ優しい妖怪ばかりだけど、いずれ凶暴なやつも出てきたりするんだろうか。安倍さんは、知らず知らずのうちに芦屋の影響を受けている気がしますね!
読了日:7月23日 著者:ワザワキリ


不機嫌なモノノケ庵(4) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵(4) (ガンガンコミックスONLINE)感想
妖狐のヤヒコがもう可愛くて、可愛くて。安倍さんには徹底的に懐くのに、芦屋には一切なびかないという潔さもまた良し(笑)禅子も再登場して、ますますキャラクターに厚みが増してきましたね!安倍さんの過去や、モノノケ庵自体の謎など、まだまだ分からない事ばかり。
読了日:7月23日 著者:ワザワキリ


不機嫌なモノノケ庵(5) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵(5) (ガンガンコミックスONLINE)感想
案山子のお話はホロリときてしまったなぁ。なんだかんだで安倍さんって優しい人。依頼人には丁寧な態度を崩さないけど、どこかで抑圧されているいような気もする。芦屋とのやりとりが、素の姿という気がします。そしてその芦屋が妖怪が見えなくなるという危機…!
読了日:7月23日 著者:ワザワキリ


不機嫌なモノノケ庵(6) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵(6) (ガンガンコミックスONLINE)感想
結局1~6巻まで一気読みでした。芦屋が妖怪を見えなくなったのに、一番心配していたのが安倍さんだったという事実。なんというツンデレっぷり…(笑)モジャの心配⇒不機嫌モードへの切り替わりがまた可愛すぎる。次巻からはリアルタイムで読むぞー!
読了日:7月23日 著者:ワザワキリ


新装版 秘密 THE TOP SECRET 1 (花とゆめCOMICS)新装版 秘密 THE TOP SECRET 1 (花とゆめCOMICS)感想
死者の脳から記憶を取り出し映像化できる、という近未来SF設定がとにかく面白い。美麗な絵柄とは裏腹に、内容自体はかなり猟奇的でヘビー。でもそれすらも美しく見えるような描写は、本当に素晴らしいです。真相が分からないまま時効を迎えた事件、被害者・加害者ともに死亡のまま迷宮入りした事件…こんな科学技術が現実化したら、かなりの事件の解決が見込めるだろうな。そして捜査官のメンタルケアが大変になりそうだなぁ。
読了日:7月31日 著者:清水玲子


新装版 秘密 THE TOP SECRET 2 (花とゆめCOMICS)新装版 秘密 THE TOP SECRET 2 (花とゆめCOMICS)感想
うわぁ、このお話が映像化されたらどんなグロ映画になってしまうのか…!(汗)この清水さんの美しい絵だから良いものの、ちょっと目を逸らしてしまいそうだな。天地さんのお話は、本当に可哀想すぎる。鎌倉一家惨殺事件は、色々な意味で胸が悪くなるようなお話。彼女の境遇を考えても、あのやり口は汚い。ZIPの脳から映し出された記憶には、涙が出ます。
読了日:7月31日 著者:清水玲子


新装版 秘密 THE TOP SECRET 3 (花とゆめCOMICS)新装版 秘密 THE TOP SECRET 3 (花とゆめCOMICS)感想
着ぐるみ・チャッピー連続殺人事件。もうどうしようもないほどに打ちひしがれてしまう読後感><自己保身に走る汚さ、抑えようのない復讐心…人間のドロドロとした闇の部分が描かれていて、鳥肌が立ちました。あぁ、やるせない。それでもページを繰る手が止まらないほどに面白い、圧倒的な画力、筆力。
読了日:7月31日 著者:清水玲子


冥途冥途感想
以前夏目漱石の『夢十夜』を読んだ時に、金井田英津子さんの挿画があまりにも美しく虜になってしまいました。金井田さん繋がりで辿り着いたのが、この内田百けんの『冥途』。現代のように、隅々まで明るく照らされていなかった時代。何かが蠢く暗闇と、不穏な空気。ひどく不安になるような妖しい世界観と、独特な挿画がマッチしています。『件(くだん)』が気に入っています。絵に注目です(笑)
読了日:7月31日 著者:内田百けん,金井田英津子


小説 君の名は。 (角川文庫)小説 君の名は。 (角川文庫)感想
アニメ映画化が待ちきれず、一足先に原作小説を。新海誠監督自ら執筆されたということですが、まだ見ぬ映像が脳裏に広がり、夢中になって読み進めました。男女が入れ替わるという設定から、コミカルな展開を予想していましたが、良い意味で裏切られました!本来決して出会う事のない2人。SF設定を交えながら進められていく物語は、もどかしく、愛おしく、ひどく胸をざわつかせる。東京の都会ならではの喧騒、田舎の美しい自然の対比も見事で、本当に素晴らしい小説でした。ところで古典のユキちゃん先生って…あの『言の葉の庭』の?ドキドキ…
読了日:7月31日 著者:新海誠

読書メーター




7月に読んだ本をまとめましたかお
(マンガばかりで恐縮ですが……笑)

現在アニメ化されている『不機嫌なモノノケ庵』が、非常に好みです!!

最初は『夏目友人帳』的な妖怪物かなぁと思っていたんですが、
夏目よりも明るく、笑い要素ありの妖怪譚という感じで、とても面白いですよ。
モジャモジャの妖怪がね、キュートすぎるんですよ。。。

清水玲子さんの『秘密 THE TOP SECRET』は、随分前から気になりつつも未読だった漫画。
映画化を機に読んでみましたが、こちらも特殊な設定でハマりそうな予感です。


2016.08.02 *Tue*

『夜を乗り越える』又吉直樹



夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

又吉 直樹 小学館 2016-06-01
売り上げランキング : 969
by ヨメレバ


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
芸人で、芥川賞作家の又吉直樹が、少年期からこれまで読んできた数々の小説を通して、「なぜ本を読むのか」「文学の何がおもしろいのか」「人間とは何か」を考える。また、大ベストセラーとなった芥川賞受賞作『火花』の創作秘話を初公開するとともに、自らの著作についてそれぞれの想いを明かしていく。「負のキャラクター」を演じ続けていた少年が、文学に出会い、助けられ、いかに様々な夜を乗り越え生きてきたかを顧みる、著者初の新書。


ご存じ、芸人でもあり芥川賞作家でもある、又吉直樹さんのエッセイです。

随分前に、『第2図書係補佐』というエッセイを読んだことがあります。
当時は芥川賞の"あ"の字も出てきていなくて、ただ読書家の芸人さんという印象でした。
でもその時、「人を惹きつける文章を書かれる方だなぁ」と感心した記憶がありますきもち

今でこそ、芥川賞受賞作家という立派な肩書きがあるけれど、
きっと又吉さんは、今も昔も変わらず、真摯に本に向き合っていくんだろうなぁかお

    イラスト

さてさて、この『夜を乗り越える』というエッセイですが、
読了後に改めてこのタイトルの意味を考えると、何とも深いですなぁ。。。
単純な意味ではなくて、人生における夜の部分を乗り越えるための文学、読書。

又吉さんの子供時代からの体験も交えながら、
「何故本を読むのか?」という問いかけに対して、少しずつ踏み込んでいきます。

いやーなんかねー、耳が痛いというか、ドキリとさせられるような言葉が沢山あるんです。
たとえば、「共感」できない本=面白くない本。人間ってとかくそういう傾向がありますね。
でも確かにそれって、自分の視野を狭めてしまうことなのかも、と深く反省きもち

こんな考え方があったんだ、面白い!
はーこの登場人物の考えてること、まったくもって意味不明。新鮮!

・・・ぐらいの気持ちで、読書したら楽しいだろうな(笑)

近代文学は、小難しくて苦手なイメージなんだけど、
又吉フィルターを通してあらすじを追ってみると、不思議と魅力的に見えてくる。
この機会に、谷崎潤一郎を読んでみようかなと思いますかお

個人的評価:ほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

tag : 又吉直樹 

ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
24位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。