04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
<< >>

This Archive : 2016年04月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.04.30 *Sat*

2016年3月 鑑賞メーターまとめ


3月の鑑賞メーター
観たビデオの数:4本
観た鑑賞時間:304分

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
もはや2は「迷宮」ではないのでは……というツッコミは置いておいて。前作の謎が謎を呼ぶ展開からは一転、まるでバイオハザードのような世界です。こういうタイプの作品でよく思うことは、ゾンビが全速力が走り過ぎ!それでも荒廃した世界と、砂に侵食されつつある街の描写は本当に美しいし、今後ミンホがどうなってしまうのか気になるぐらいには面白かったです。
鑑賞日:03月06日 監督:


ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [DVD]ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [DVD]
うーん、これは物足りないなぁ。お屋敷の雰囲気だとか、濃霧に包まれた沼地だとか、ところどころ好きな要素はあったんですけど。特に盛り上がる部分もなく、怖さも足りず、さらにラストも納得がいかない(笑)誰にも感情移入ができないまま終わってしまいました。あ、唯一ワンコが可愛かった。
鑑賞日:03月09日 監督:ジェームズ・ワトキンス


マラヴィータ [DVD]マラヴィータ [DVD]
証人保護プログラムによって新しい土地に引っ越してきたマフィア一家のお話。デ・ニーロもミシェル・ファイファーも歳取ってるけどこの存在感はさすがですね。子供たちも一見素直で普通に見えるけど、スイッチが入った時はもう手の付けようがない!特にお姉ちゃん(笑)そして犬までマフィア仕様で笑えます。『グッド・フェローズ』観てなかったことに後悔。コメディタッチで描かれていて面白い映画でした。
鑑賞日:03月12日 監督:リュック・ベッソン


ファイナル・デスティネーション 特別版 [DVD]ファイナル・デスティネーション 特別版 [DVD]
先に2作目の『デッドコースター』の方を観てしまって、順番が逆になってしまったが鑑賞。2作目に出てた人=1作目で死なない人と分かってしまっているのが残念ですが(笑)どこにいようと定められた筋書き、定められた死を回避することはできないのか?「あー助かった!」と思って油断したところで突如として死が訪れるパターンには、いつまで経ってもヒヤヒヤさせられる。『デッドコースター』の死に方がどれもこれも凄まじかったので、こっちは少々地味感が否めませんが、それでもこのストーリーは最高に面白い!
鑑賞日:03月17日 監督:ジェームズ・ウォン

鑑賞メーター



あぶないっ、4月が終わってしまう!
かなり遅くなっちゃいましたが、3月に観た映画をまとめました。

『メイズ・ランナー』は前作が面白かったので期待していたのですが、
今作は『バイオハザード』のようなゾンビアクション映画(?)になってしまっていて、
若干期待外れ感がありましたね。

『ファイナル・デスティネーション』は、先日続編『デッドコースター』を先に観てしまったのですが、
こちらも面白かったですー!(と言ったら語弊があるかな?笑)
どんなに頑張っても、定められた死を回避することはできないのか、、、

ホラー映画は時間がない時でもサクッと観られるので、最近は昼休みによく観ています。
事務所に絶叫が響き渡り、周りの人は怯える始末・・・(笑)

スポンサーサイト

2016.04.10 *Sun*

2016年3月 読書メーターまとめ

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1717ページ
ナイス数:145ナイス

史記 武帝紀 3 (ハルキ文庫 き 3-18 時代小説文庫)史記 武帝紀 3 (ハルキ文庫 き 3-18 時代小説文庫)感想
なんと…こうも呆気なく英雄とは死んでしまうものなのか。これが物語であればいくらでも描きようもあるのだけれど、史実に基づいているのだから仕方がない。それでもあまりにも惜しい…!全てを手に入れた劉徹に少しずつ見え隠れする老いの兆しや、衛青のもとで力を伸ばしてきた李陵と蘇武の成長など、時代も人間も刻々と変化していく。栄枯盛衰、諸行無常はこの世の理だけれど、やっぱり虚しさを覚えるなぁ。匈奴側でも世代交代が進みつつあり、力が全ての民族の中でも三兄弟の仲の良さがせめてもの救いでした。
読了日:3月12日 著者:北方謙三


ハイキュー!! 20 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 20 (ジャンプコミックス)感想
表紙のゲスモンスター、何だか嫌だ(笑)絶対王者と思われていた白鳥沢だけど、思った以上に烏野頑張ってる!ウシワカの過去編とかここで入れてくるのは反則だーと思ったけど、ウシワカの表情がどんどん人間味を帯びてくるのが良かった。ツッキーは・・・痛い・・・
読了日:3月16日 著者:古舘春一


ばらかもん(13) (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん(13) (ガンガンコミックスONLINE)感想
おぉ…何だかこのシリーズも終わりに近づいてきたようですね。半田先生の選択、唯一自分一人の意志で決めたのでは?上手くいくといいなぁ。『はんだくん』を読んだ後だと、先生がめちゃめちゃ成長したように見えるよ…前はあんなにコミュ障だったのにね(笑)まぁとにかく次巻の大根騒動が楽しみだ。
読了日:3月20日 著者:ヨシノサツキ


百万畳ラビリンス  上巻 (ヤングキングコミックス)百万畳ラビリンス 上巻 (ヤングキングコミックス)感想
お友達からの紹介で。すごく面白い!ゲーム会社でバグ探しの仕事をしていた2人の女の子が、謎の異世界空間へと迷い込んでしまうお話。主人公・礼香の順応性たるや笑ってしまうほどだし、その友人の庸子にしても正反対の性格ながらとっても心強い相棒。こんな不思議な場所へ放り出されて、楽しみながら脱出ルートを探せるのは礼香ぐらいのものだろうなぁ(笑)表紙からも分かるように、とにかくビジュアルがSF風で素敵です。
読了日:3月25日 著者:たかみち


百万畳ラビリンス  下巻 (ヤングキングコミックス)百万畳ラビリンス 下巻 (ヤングキングコミックス)感想
どこまでも不思議な読後感。この結末をすんなり受け止められるかどうかは人それぞれだけど、礼香の清々しい表情を見ていると切なさも吹き飛んでいきました。仮想の世界でこそ生命力を取り戻す特異な女の子。それにしても「人間アクアリウム」という発想は面白いなぁ。しばらくの間現実逃避ができました。面白かったです!
読了日:3月25日 著者:たかみち


ゴールデンカムイ 6 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 6 (ヤングジャンプコミックス)感想
祝・マンガ大賞受賞!増築に増築を重ねた札幌の殺人ホテル、面白かったです!そして牛山に襲われる白石が本当に不憫でたまらない(笑)それにどんな時でもアシリパさんを守る杉元が格好良すぎです。土方さんと永倉さんは超人だな。良い意味でも悪い意味でも変人ばかりの漫画というのもすごいです。北海道に住んでいるので網走監獄は子供の頃から何回か行っているけれど、扉絵の部分で忠実に再現されていて驚きました。
読了日:3月31日 著者:野田サトル


東京喰種トーキョーグール:re 6 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール:re 6 (ヤングジャンプコミックス)感想
あぁ~カネキ君がどんどん変貌を遂げていく…!次々と別人格(?)が出てくるものだから、本当の彼がどんな人だったのか忘れてしまったよ。ただ、ハイセの頃はずっと違和感が拭えなかったから、黒カネキでワクワクしている自分がいる(笑)月山さんが無事でいてくれてちょっと安心。トラブルメーカーの瓜生が、まともになってきましたね。それにしても展開が早すぎて、油断していると置いていかれそうになる。
読了日:3月31日 著者:石田スイ

読書メーター




またもやお久しぶり~のブログ更新ですかお

年度末の忙しさや、新入社員の研修などで残業続き・・・
なかなか思うように本を読む時間も取れない今日この頃です。

さて、3月に読んだ本のまとめ。マンガばっかだな!(笑)
2月に引き続きどれも「当たり」が多い月でしたきもち

お友達に紹介してもらった『百万畳ラビリンス』は、
ゲーム世界の中にゲーマーの女子大生達が迷い込んでしまうSFマンガなんですが、
『クラインの壺』と映画の『CUBE』を合わせたような雰囲気で、すごく好きでした。

『東京喰種:re』は・・・もうカネキ君がどこへ向かってしまうのか心配すぎて。
本編1巻のカネキ君はなんと初々しく可愛いことよ。。。


ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。