10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
<< >>

This Archive : 2013年10月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.26 *Sat*

「Fantasy Seller」アンソロジー


Fantasy Seller
著者:アンソロジー
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大好評アンソロジー『Story Seller』番外編の登場です。江戸時代を舞台に河童や妖が活躍する畠中氏の力作、仁木氏の大人気僕僕先生スピンオフ、森見氏が綴る四畳半王国秘話、そして宇月原氏が満を持してお届けする、竹取物語に想を得た「赫夜島」など。気鋭の新人から、濃密な異世界を生み出してきたベテランまで8人の豪華競演をお楽しみ下さい。全く新しい大人のためのファンタジー小説集。




積読本消化計画7冊目。残り52冊。

新しい作家さんを開拓するのに最適なアンソロジー。
今回は「Story Seller」の番外編、「Fantasy Seller」を読んでみることにしましたきもち

その名の通り、ファンタジー作品ばかりを集めたアンソロジーです。
例のごとく、楽しく読めた作品もあれば正反対のものもあり、玉石混交といった印象。
という訳で、今回もエラソーにそれぞれの評価&感想を(笑)

太郎君、東へ畠中恵★★★
雷のお届けもの仁木英之★★★
四畳半世界放浪記森見登美彦★★
暗いバス堀川アサコ★★★★
水鏡の虜遠田潤子★★★★
哭く戦艦紫野貴李★★
スミス氏の箱庭石野晶★★★
赫夜島宇月原晴明★★★


イラスト



ぼたん 「太郎君、東へ」(畠中恵)
やっぱり畠中さんの書く物語は、ほっこりしますね!「しゃばけ」と似た雰囲気。
主人公は姉さんと慕われる河童の大親分・禰々子。それだけでなんか笑える。

ぼたん 「雷のお届けもの」(仁木英之)
なんでだろう、一作目の畠中さんの作品に感じが似てる…気がする。
これは「僕僕先生」のスピンオフなのかしら?
人間の子と雷神の子の友情を描いた作品。ライトな読み心地です。

ぼたん 「四畳半世界放浪記」(森見登美彦)
えっと、これ本編読んでないから謎が多いんですけど、、、それに短い!(笑)
でも森見さんの軽妙なようでねちっこい文体は、読むだけで何故かニヤける。これ大事。

ぼたん 「暗いバス」(堀川アサコ)
初めて読む作家さん。すごい好みのお話だった!
ファンタジーってかホラーですね、これ。暗いです。怖いです。
徐々に全貌が明らかになっていく展開はお見事。

ぼたん 「水鏡の虜」(遠田潤子)
「月桃夜」が面白かったので期待していました。これも良かったです。
森鴎外の「山椒大夫」が元ネタのようで。どうしようもなく陰鬱になるお話。
拷問シーンが続くので、苦手な人は苦手かも??

ぼたん 「哭く戦艦」(紫野貴李)
これも何かのスピンオフでしょうか?元シリーズを読んでいないと魅力が分からない…
何となくキャラ読みできそうな作品っぽい気がしますが(笑)

ぼたん 「スミス氏の箱庭」(石野晶)
可愛い&不思議な学園ファンタジーです。
高校に住み着いている、毛むくじゃらの謎の生き物は"スミス氏"と呼ばれている。
お世話係に選ばれた女子高生とスミス氏のお話。読めば読むほど不思議だなぁ。

ぼたん 「赫夜島」(宇月原晴明)
不老不死の霊薬を求めて辿り着いたのは、住む者のない赫夜島。
幻想的というか悪夢のようなというか、想像するとなかなか凄まじい世界。
平将門&藤原純友コンビがかっちょいいです。


全体的にファンタジーというよりは、ホラー寄りの作品だったかも。

特別に「これはッ!」というのがなくて、個人的には少し物足りなかったですかお
こういうアンソロジーにスピンオフを載せるのは、できればやめて欲しいですねぇ…
読む人が読めば楽しい、というのは何だか不親切のような気がするのですが。。。


◆こんな人にオススメ◆
新たな作家を開拓したい人
色々なタイプの作品を読みたい人


<新潮社アンソロジー>
Story Seller
Story Seller2


≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


スポンサーサイト

2013.10.20 *Sun*

「オリーヴ・キタリッジの生活」エリザベス・ストラウト


オリーヴ・キタリッジの生活
著者:エリザベス・ストラウト
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アメリカ北東部にある小さな港町クロズビー。一見何も起こらない町の暮らしだが、人々の心にはまれに嵐も吹き荒れて、いつまでも癒えない傷痕を残していくー。住人のひとりオリーヴ・キタリッジは、繊細で、気分屋で、傍若無人。その言動が生む波紋は、ときに激しく、ときにひそやかに周囲に広がっていく。人生の苦しみや喜び、後悔や希望を静かな筆致で描き上げ、ピュリッツァー賞に輝いた連作短篇集。




積読本消化計画6冊目。残り53冊。

お友達の日向永遠さんから教えて頂いた本ですきもち

日向さん、素敵な作品を紹介して頂いてありがとうございます!!

読んでいるだけで、こんなにも心穏やかになれる本は久しぶり。
上品な語り口、まるで翻訳者を通していないかのように自然で質の高い訳。
この感じ、なんだかカズオ・イシグロさんの「日の名残り」を思い出します。

アメリカの小さな田舎町を舞台に、
オリーヴ・キタリッジという一人の女性を中心とした生活が淡々と綴られています。

このオリーヴ、正直最初は何て鼻持ちならないヤツ!と思っていたんですかお
とにかく口は悪いし、依怙地だし、気分屋だし。小学生かってくらい。
可愛くツンデレと言いたいところだけど、オリーヴは中年大女(笑)
常に不満タラタラだけど、温厚な夫と可愛い息子に囲まれてそこそこ幸せに暮らしている。

読み進めていくにつれて、どんどんこの女性が好きになっていきます。
あまりにも不器用で、繊細。お世辞にも完璧な女性とは言えないんだけど、
逆にその人間くささがとてもリアルで、好感が持てるんですよねきもち


    イラスト



この作品は、連作短編集になっていて、
オリーヴ視点のお話もあれば、別の人間の視点で語られるものもありますきもち

田舎町ならではの、どこか心地良い閉塞感。お馴染みの顔ぶれ。
緩やかな日常を描きつつも、徐々にその幸せな生活は変化していきます。
小さな小さな不穏の種は、やがてオリーヴを圧迫し始める。

それでも彼女は、その時を淡々と生きていきます。
伴侶を襲った悲劇を受け入れ、遠く離れた所に暮らす息子に振り回され、
新たな出会いに、少しだけ胸をときめかせる。

小さな事で一喜一憂して。愛する心は忘れず、嫌いなものは嫌いで(笑)
あぁ、人間ありのままの姿で良いんだって、単純な事を思い出させてくれた本でしたかお


◆こんな人にオススメ◆
慌ただしい生活からちょっと抜け出したい人
毎日が平凡だなと思っている人



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


2013.10.19 *Sat*

9月☆ブクログまとめ☆食欲の秋…


9月に読んだ本&鑑賞したDVDをブクログでまとめました~きもち

漫画が多くて、ホントゴメンナサイって感じです(笑)
一応読書ブログなのにね……


読んだ本の数:12冊(小説3冊・漫画8冊・雑誌1冊)
観たDVDの数:2本


nanaco☆の本棚 - 2013年09月 (14作品)
Another
綾辻行人
読了日:09月06日
{book['rank']


この本の分厚さに躊躇して、しばらく積んだままでしたが、
読み始めたら一気読み!綾辻さんらしいスピード感で面白かったです。

ホラー・オカルト・ミステリを組わせたような作品。
呪われた3年3組。いつの間にか1人増えているクラスメイト。
いないもののように扱われる眼帯の少女。
そして次々とクラスを襲う<災厄>……

死に方が結構凄まじくて、(特に傘のアレ)
既にトラウマになりつつある「殺人鬼」を少し思い出してしまった…

「Another」は誰なのか?
予想もしていなかったあの人で、度胆を抜かれました。
今思えば伏線はちらほらとあったのに、全然気が付かなかった!

どうやら先日続編が出たようなので、近々読んでみたいです。




演技派の俳優さんばかりですね!

ストーリーやトリックは既に知っていましたが、
湖からあの足が出ているシーンは、やっぱり怖い…
どれもビジュアル的に心臓に悪い死に方ばかりですよね~;

同じ古典でも、横溝正史に比べるとアガサ・クリスティーあたりは、
とても上品に思えてしまうから不思議です(笑)

スケキヨさんの仮面を外すシーンは、多分ずっと忘れられない。




しみじみと、良い小説を読んだなぁと思いました。

アメリカの田舎町を舞台に、
一人の女性オリーヴ・キタリッジの日常を描く物語です。

オリーヴは大女で、なんでも思った事を口にしてしまう元教師。
無愛想で、天邪鬼で、夫にも息子にも怒りっぽい。
最初は鼻持ちならないヤツ!と思っていても、
お話が進んでいくにつれて、どんどん彼女が好きになります。

緩やかな日常を描きつつも、徐々にその幸せな生活は変化していく。
息子は成長して都会に移り住み、これまた鼻持ちならない女と結婚する。
小さな小さな不穏の種は、やがてオリーヴを圧迫し始める。

それでも彼女は、その時を淡々と生きていく。
伴侶を襲った悲劇を受け入れ、息子に振り回され、
新たな出会いに、少しだけ胸をときめかせる。

決してこの本から元気をもらえる訳ではない。
幸せな気持ちに包まれる訳でもない。

ただ、こんなにも静かな気持ちになれる読書は久方ぶりの事でした。




待ちに待った、約2年ぶりの新刊!
今回も文句なしに面白いし、手に汗握りました…

書記官風情のエウメネスが、何故王に信頼されるのか?
彼の機転の利く判断、その若さに似合わぬ落ち着き、、、
徐々にマケドニア軍の指揮官達からも信頼を得る過程が良いです。
敵ながらも、アテネ側の指揮官フォーキオンがとても魅力的でした。

次巻もやっぱり2年後になるのですか…?
繰り返し読めば読むほど、面白味が増す漫画だと思うので、
時々再読しつつ、必ず完結するまで追いかけます!




クリケット編、終了しましたねー。
この執事漫画は一体どこへ向かうのかと心配していましたが、
結局のところいつものカオス状態で安心しました。
スポーツ漫画になったりホラー漫画になったり忙しいな(笑)

シエルの二重人格っぷりに拍車がかかってます!
黙っていれば天使のような顔なのにね。

真夜中のお茶会にて、校長の正体が分かった所で終了。
なんだかんだで今後の展開にも期待。




様々な感情が混ざり合って、波乱の展開になってきました!

寮長と月子、上手くいって欲しい…
いや、むしろ寮長と葉月の関係を期待している自分がいます(笑)
そしてトーマとの三角関係に持ち込んで欲しい。
だってびっけさんだもの、そういう展開を期待しちゃうじゃない( ̄ー+ ̄)
葉月と明日美ちゃんも可愛くて好きなもんだから、何とももどかしい。

誰が誰とくっついても、どんな展開になっても切なくなりそう。
性別が安定した時に、それぞれの気持ちがどこに向いているのか?
怖いけど最後まで見届けましょう、、、

葉月と夏輝の同時バースデイメールが可愛くて笑っちゃった^^




読んでいるだけで照れる漫画NO.1(笑)

堂上教官と郁のカミツレデート、何なのもう??(=v=)
精一杯お洒落する郁と、何だかやたらと微笑む教官……
ニヤけないように努力する事で精一杯。

そこに手塚と柴崎の「担保」発言!
もう、原作以上に色々と破壊力のある漫画ですね^^;

このまま別冊まで漫画化されたら、と思うとドキドキが収まらない。




今回も美貌のキャラ満載で目の保養^^

この世のものとは思えないほど美しいマハティ陛下と、
彼をひっそりと支える月のような侍従ナイル。
ナイルの想い人は、、、と思うと切なくなりますね;;

そして立人少年編。(というかほぼ立人パパ編だけど)
幼い立人のあまりの賢さ、でも何か人間として欠けているもの…
花鹿と出会って、その隙間を埋めてもらって本当に良かったなぁ。

どうやら次が特別編の最終巻になるようで。楽しみです!




やっぱりマギ最高!!

アリババとの再会で、ついウルッときてしまったよ…
やっぱりアラジンとアリババ、二人揃うと戻ってきた!って感じだなぁ^^

レーム側のファナリス兵団の戦いが凄まじかったです。
誰もが信念を持って戦っていて、自分の国を守るのに必死で。
この戦いは悲しくなりますね、、、

200年前のレーム帝国のお話もやってくれないかなぁ。




アニメ化決定、おめでとうございます☆

今回も笑ったり、しんみりしたり…忙しい巻でした(笑)
ヒロシの面接練習、爆笑でした!もうお腹痛い、、、
先生、大人気なさすぎてホント可愛い。

後半、キヨばぁのお話は悲しかったなぁ。
それでも村ならではの暗くならないお葬式、素敵でした。

「はんだくん」も楽しみだなー!




話題になっていたので読んでみました。

美麗な絵なのに、シュールで地味に笑えてしまう。
日直の仕事までもがスタイリッシュで美しい坂本君。
反復横跳びがツボでした(笑)

坂本君の中学時代が気になるところ。



Fantasy Seller (新潮文庫)
読了日:09月27日
{book['rank']


アンソロジーは新たな作家さんの開拓になりますね♪

特に好きだったのは堀川アサコ「暗いバス」と、遠田潤子「水鏡の虜」。
どちらもファンタジーというよりはホラー色強いですね。
特に遠田さんは「月桃夜」がとても好みだったので期待大でしたが、
その期待を裏切らない面白さ(&怖さ)。鳥肌が立ちました。

畠中恵「太郎君、東へ」は、ほっこりほのぼの。
河童達が主人公という事もあり、楽しく読む事ができました^^

ところでこういうアンソロジーの時は、
シリーズのスピンオフ作品とか、できれば載せて欲しくないですね…
そのシリーズのファンなら良いけど、未読の読者には魅力が半減。



トランス・ワールド [DVD]
読了日:09月29日
{book['rank']


B級臭がプンプンしていたんだけど、お付き合いで鑑賞。

うん、予想していたより面白かったです!
人里離れた森の中の小さな小屋に迷い込んだ3人の男女。
しかし助けを求め歩くも、何故か同じ小屋に戻ってきてしまう。

3人が認識する時代・場所が異なると気付いたあたりから、
一気にお話が加速し始めて面白くなりました。

絶対に出会うはずのない3人。
こういうSFサスペンスは好みです。




一番興味深く読んだのが「キンシャサ 脈動するコンゴの首都」。

この雑誌を読んでいなければ、
一生この国の事は分からなかったかもしれない。
それどころかコンゴがどこにあるか?なんて考えもしなかったかもしれない。

都市から出る汚水がコンゴ川に垂れ流され、
市民が唯一頼れる存在である警察ですら、ほぼ全員が賄賂に頼っている。
レイプ被害者の女性は後を絶たず、貧しい親達は子供を捨てる。

この国は一体どこへ向かっていくのだろう?
腐敗しきったこの国でも、必死で生きていく人間達がいる。
次号でもコンゴの特集が組まれているようで、楽しみでもあり怖くもある。

powered by booklog


ライン



早くも雪が降ってしまった北海道。
根雪になる前に…と、先日ちょっくらドライブに行ってきましたかお

「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山。山頂にうっすらと雪が…かお


秋の羊蹄山♪
秋の羊蹄山♪ posted by (C)nanaco☆

黒松内の道の駅「トワ・ヴェール・ドゥー」でピザを食べてきました。
ここのピザ、めっちゃ美味しいの!!!大ファンなんです。何度食べただろう、、、
黒松内のモッツァレラチーズやソーセージ。生地はモッチモチです。

生ハム、サラミにバジルペースト。

黒松内ピザ☆
黒松内ピザ☆ posted by (C)nanaco☆

こちらはスモークサーモンにアスパラ、オニオンです。

黒松内ピザ2☆
黒松内ピザ2☆ posted by (C)nanaco☆

食欲の秋ですね~何を食べても美味しいです。。。
ちなみに帰りは北海道ワインを3本買って帰宅しました(笑)


愛用しているベキュアハニーのコスメを買いました~きもち

10月から限定で「冬の森ギフトセット」が発売されてます。
・ワンダーハニー 濃密マルシェのクリームバーム
・ワンダーハニー しっとりハンドクリーム
・森のお家缶ケース

もちろん森のお家缶ケースがお目当てです!

冬の森のギフトセット☆
冬の森のギフトセット☆ posted by (C)nanaco☆

tag : ブクログ  ピザ 

2013.10.13 *Sun*

「Another」綾辻行人


Another
著者:綾辻行人
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木ゆかりが凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい、何が起こっているのか?秘密を探るべく動きはじめた恒一を、さらなる謎と恐怖が待ち受ける…。



皆さま、お久しぶりです。しばらくブログ放置しちゃってました……
北海道はもうすっかり秋の風。ココアとホットワインが美味しい季節になりましたねきもち

しかし。なかなか読書が捗りません!
今年中に積読本を消化する事は早くも諦めてしまいましたが、量より質です!(笑)
秋の夜長にのんびりと読書を楽しんでいこうと思います。。。


という訳で、積読本消化計画5冊目。残り54冊。

読もう、読もうと思いつつも「表紙が怖い!」という、
ただそれだけの理由で封印していた「Another」。やっと読みました。
かなり分厚い本でしたが、スピード感のある筆致で一気に読ませてくれましたよ~かお

another=「もう一人の」って意味でしたよね。

恒一が転校してきた夜見山北中学校の3年3組には、ある不吉な怪談があった。
新学期に何故か一人だけ増えているクラスメイト。
机が一つだけ足りないので気付くんだけど、それが誰なのかは分からない。

その謎の人物(噂によると既に死んだ人らしい)が紛れ込んだ年は、
生徒、親族、関係者が次々と謎の死を遂げるという<災厄>が起こるのですきもち

"another"とは誰なのか?既に始まってしまった3年3組の呪いは止められないのか?
また、クラスでいないもののように扱われている眼帯の少女とは??


イラスト



とっても面白かったですきもち
辻村深月さんの「冷たい校舎の時は止まる」と萩尾望都さんの「11人いる!」を
微妙にミックスさせたような感じかな?(笑)

既に死んでいるはずのその人が誰なのか、何故か誰も思い出せない。
疑心暗鬼に陥った生徒達が<災厄>回避のために考えた、ある決まり事。
3年3組の呪い自体も勿論怖いのだけれど、自己保身を正当化する人間の醜さもまた怖い…かお

"another"の正体にはビックリ。予想外でしたー。
今思えばあちこちに伏線はあるんだけど、例のごとく全然気が付かなかったなぁ。
怖い、でもどこか切なさの残る読後感でした。(そしてほんのり青春風味)

続編の「Another エピソードS」も発売されているようなので、
こちらも近いうちに読んでみようと思いますきもち


◆こんな人にオススメ◆
ホラー風のミステリが好きな人
学校の怪談が好きな人



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

tag : Another  綾辻行人 

ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
26位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。