08
1
2
3
4
5
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
22
23
24
26
28
29
30
<< >>

This Archive : 2011年08月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.31 *Wed*

ジーン・ウルフ「デス博士の島その他の物語」読みました♪





【デス博士の島その他の物語】ジーン・ウルフ rating_50.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「だけど、また本を最初から読みはじめれば、みんな帰ってくるんだよ…きみだってそうなんだ」孤独な少年の元に物語の登場人物が訪れる-ウルフの代表作にして不朽の名作「デス博士の島その他の物語」、治療を目的とした島における少年たちの非情な運命を詩情豊かに描き出すネビュラ賞・ローカス賞受賞作「アイランド博士の死」、冷凍睡眠から目覚めた男を待ち受けていたものは…「不死」のテーマをサスペンスフルに展開する「死の島の博士」、文明崩壊後のアメリカでの謎と幻惑に満ちた彷徨を流麗な筆致で綴る「アメリカの七夜」、目の見えない少年が繰り広げる夢と奇蹟と冒険の物語「眼閃の奇蹟」、そして限定本に付された著者による「まえがき」を特別収録。「もっとも重要なSF作家」ウルフの傑作中短篇を集成。

【目次】(「BOOK」データベースより)
デス博士の島その他の物語/アイランド博士の死/死の島の博士/アメリカの七夜/眼閃の奇蹟



お友達の日向永遠さんに紹介していただいた本です〜balloon_34.gif
日向さん、いつも面白い作品を教えて頂いて、本当にありがとうございます!!

一読しただけではこの作品の100%は理解できない、と思いますballoon_59.gif
現実と幻想のあわいをふわふわと漂っているような心地。境目がない感じかなぁ。
でも、決して難解という訳ではないんです。ただ柔軟性 (妄想力とも言う。笑) が求められる作品。

読み終わった後に、何かにつけ作中のワンシーンを思い出しました〜。
例えば人工衛星の中に包まれた海だったり。頽廃的な未来のアメリカの姿だったり。
そういう時にふと閃くものがあって、不思議と全体像が見えてきたりするんですよね…

これは手元に置いて、何度も読み返したい本ですねbook_01.gif
読む度に印象が変わりそうな、とっても奥の深い作品だと思いますわ。


illust1923_thumb.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ SF  圧倒的な表現力  映画のワンシーンのような…


どのお話も、それぞれ異なる魅力があって面白かったですが、
個人的に一番「凄っっ!!」と思ったのが「アイランド博士の死」でした。

まず設定が凄い。地球外のどこかに浮かんだ惑星、その中には3人しか存在していない。
美しく透き通るような海の中を覗くと、宇宙が見える。もーー度肝を抜かれました!!
何故3人はここに連れて来られたのか、徐々に明らかになる真実は残酷で……balloon_89.gif

イスラムから来た青年が、近未来のアメリカを訪れる「アメリカの七夜」も好きだなぁ。
化学合成物質の影響で、奇形になった人間達が跋扈しているアメリカ。
なんかこの設定、バイオハザードを思い出したよ……(笑)

ラストの「眼閃の奇蹟」は、意外にも(?)爽やかな余韻を残すお話でしたballoon_75.gif
網膜パターンで人々が管理されている社会。目の見えない少年の冒険(というか放浪)物語。
少年は目が見えない代わりに、他の人には見えない別の世界が見えている。

何て言うんだろう、、、一度読んだらクセになりそうな作家さん(笑)
次は<新しい太陽の書>シリーズにも挑戦してみたいです〜〜balloon_28.gif


    


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)



スポンサーサイト

2011.08.27 *Sat*

吉川英治「三国志」(全8巻)読みました!


   
   


【三国志】吉川英治 rating_48.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本では卑弥呼が邪馬台国を統治する頃、中国は後漢も霊帝の代、政治の腐爛は黄巾賊を各地にはびこらせ、民衆は喘ぎ苦しむ。このとき、タク県は楼桑村の一青年劉備は、同志関羽、張飛と桃園に義盟を結び、害賊を討ち、世を救わんことを誓う。―以来100年の治乱興亡に展開する壮大な世紀のドラマ。



先日読んだ北方版「三国志」があまりにも面白かったので。
今度は、吉川英治版に挑戦してみる事にしました。 (普通順番が逆なのかな〜^^;)

初吉川さん、しかも全8巻…読めるかな〜??と不安でしたが、約2ヶ月で読了ですballoon_133.gif
やっぱり現代の文章に慣れている私には、少しだけ読みづらい部分もありましたが、
最後までグイグイ読ませてくれるような吸引力がありました!

どうやら講談社文庫から新装版(全5巻)でも出ているようなんですが、
新装版の方は注釈が載っていないとのことで、こちらの歴史時代文庫の方にしました。
注釈があるのとないのとでは、全然面白さも理解度も違ってきますよね〜balloon_89.gif


leaf_05.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 三国志  吉川さんは蜀贔屓?  孔明が格好良い


とても面白かったです。……が、北方三国志のようにはハマれませんでしたballoon_77.gif

勿論北方さんの方が文章が読みやすい、というのもあるのですが。
吉川さんは呉…いえ、周瑜の扱いが酷いというのが多分に関係している気がします(笑)

北方三国志と吉川三国志の周瑜では、えらい違いがあります。。。
北方さんの周瑜は、才知にたけていて、それでいて大らかで男気溢れる人物でしたが、
吉川さんの周瑜は、なんていうか……ちっちゃい男です!!

赤壁の戦いの所で、孔明に嫉妬する姿があまりにも痛々しくてballoon_131.gif
孔明の裏をかこう、裏をかこうと思うあまりストレスで血を吐くとかどーよと思います。

絶世の美貌&頭のキレる周瑜が大好きなのに……。あまりにも酷過ぎますよぅ。

その代わり、蜀の天才軍師・孔明はめちゃ格好良かったです〜〜balloon_28.gif
関羽・張飛・趙雲もまた然り。ま、全体的に蜀の武将・知将達は皆素敵でしたねぇ。

「泣いて馬謖を斬る」「死せる孔明、生ける仲達を走らす」等の故事は、
ここから来たのかー!!なんて感心するエピソードがあって、面白かったです。


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2011.08.25 *Thu*

シャーリイ・ジャクスン「くじ」読みました♪




【くじ】シャーリイ・ジャクスン rating_48.gif

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
知らぬ間に悪魔がぼくらのあいだを歩き回っているかもしれない。恐るべき22の物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
酔い痴れて/魔性の恋人/おふくろの味/決闘裁判/ヴィレッジの住人/魔女/背教者/どうぞお先に、アルフォンズ殿/チャールズ/麻服の午後/ドロシーと祖母と水兵たち/対話/伝統あるりっぱな会社/人形と腹話術師/曖昧の七つの型/アイルランドにきて踊れ/もちろん/塩の柱/大きな靴の男たち/歯/ジミーからの手紙/くじ/エピローグ



いつの日か、本棚にずらーっと並べてみたいと夢見ている異色作家短篇集の一冊。
シンプルだけどハッと目を引くような装丁。眺めてるだけで美しいわ〜balloon_28.gif

恩田陸さんの「いのちのパレード」に収録されている「当籤者」。
どうやらこの作品の表題作「くじ」が元ネタになっているみたいですねぇ。

最初の何篇かは、「あれっこのオチって何?どーいう事?」と首を傾げるものもありballoon_145.gif
でも、読んでいくうちにふと気付くんです。何か名状しがたい違和感というか不安感というか。
だんだんとその小さな違和感が形になり、読者を狂気の世界へ誘っていきます。

「ずっとお城で暮らしてる」の非日常な雰囲気とは対照的に、
日常の中の人間の醜さや異様さを描いていて、じわりじわりと気持ち悪い作品でした(笑)

 review.png


illust3593_thumb.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 異色作家短篇集  人間の悪意と狂気  じわじわきます…


22の短篇が収められていますが、特に自分の好みだったのは。。。


point_61.gif くじ
やっぱりこれが一番!!最後に収録されているのも良い。
毎年決まった時期に広場に集まる村人達。彼らは何のために「くじ」を引くのか?
くじそのものよりも、それを心の底では楽しんでいる村人達が一番恐ろしい…。

point_61.gif 魔性の恋人
一種の狂気に囚われてしまった人間のお話。
恋人に捨てられても、どうしても希望を捨てられない女性の心理はよく分かる。
結婚式の当日に恋人を捜し回る女。読んでいるうちに、あれ何かおかしいぞ…?と。

point_61.gif おふくろの味
いや〜これは笑えるんだか泣けるんだか!(笑)
最低女と可哀想な男のお話。女もここまでやるかと思うが、男もやりかえせよ、と…。
でも他の作品に比べると、まだまだ可愛いオチかもしれないです。

point_61.gif 背教者
ある忙しい日の朝、突然かかってきた電話。家の犬が鶏を殺しているという。
その事を知った子供達の反応が一番残酷だったりして…。悪意がないだけに、ね。

point_61.gif 
耐えがたい歯の痛みのために、夜行バスで大きな町の歯医者へ向かう女。
「魔性の恋人」でも登場した謎の男が、何故だかここにも現れます。
巻末の解説を読んで、なるほど!と思わず膝を打ちました。


上記以外にも「チャールズ」や「魔女」など、子供が出てくるお話も面白かったなぁballoon_71.gif
(どちらもオチにドキリとするのよねぇ…子供だからこそ、なのかも。)

何だか気になる作家さん。次は「丘の屋敷」を読んでみようと思います〜balloon_34.gif




graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2011.08.21 *Sun*

「ミヤマ物語 第二部 結界の森へ」あさのあつこ




【ミヤマ物語 第二部 結界の森へ】あさのあつこ rating_48.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
出会うべくして出会ったハギと透流は、得体の知れない闇の世界「ウンヌ」へと旅立つ。あらゆるものに生命がやどる、深い森の中へ…。



これまた…短くて良く分からないあらすじだのぅ……
聞いて驚かないで下さい。

な、なんと!3年ぶりの新刊でございます。

も〜あさのさんったら、シリーズ物抱え過ぎなんですよぅ。
「NO.6」シリーズもそうだけど、刊行ペースが遅いから新刊出る度に再読しなきゃいけない。
でも、悔しい事にどれも面白いんです。だから追っかけずにはいられないのですよ〜〜balloon_145.gif

できるなら、あさのさんのシリーズ物は完結してから一気読みが一番良いと思う。
でも一度手を出してしまったら、どこか中毒性のある面白さだから、、、
新刊を喜び勇んで買う→すぐ読み終わる→続きが出なくて悶々とするの無限ループです(笑)


illust3593_thumb.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 異世界ファンタジー  二人の少年の出会い  冒険物


……と、文句タラタラの前置きは置いておいて。(長いですね;)

今回もやっぱり面白かったです!もちろん、第一部を再読してから読みました(笑)

現代に住む少年・透流と、異世界ウンヌに住む少年・ハギとの出会い。
本来出会う事のない二人ですが、不思議な力が働いて二つの世界が繋がってしまう。
も〜この設定だけで、異世界ファンタジー好きにはたまらないです〜balloon_85.gif

こちらの世界に来たハギが、最初はおそるおそるながらも料理を口に運んで、
天ぷらやソーメンに舌鼓を打つ姿が可愛かったなぁ。

ウンヌの社会の底辺にいるハギや、囚われてしまった母親のトモ。
あまりにも理不尽な差別社会から這い上がっていく事はできるんだろうか…balloon_89.gif
お屋敷に住む「ミド様」の正体も分からず、不気味さが増すばかり。気になる、気になる。

願わくは、第三部がさらに3年後とかになりませんように!!!


 REVIEW2.png


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2011.08.20 *Sat*

今邑彩「鬼」読みました!





【鬼】今邑彩 rating_47.gif


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
引きこもっていた息子が、突然元気になった。息子を苛めていた子が、転校するというのだが…「カラス、なぜ鳴く」。かくれんぼが大好きだったみっちゃん。夏休みのある日、鬼になったみっちゃんは、いつまで待っても姿をあらわさなかった。そして、古井戸から…「鬼」。他、言葉にできない不安、ふとした胸騒ぎ、じわじわと迫りくる恐怖など、日常に潜む奇妙な世界を繊細に描く10編。ベスト短編集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
カラス、なぜ鳴く/たつまさんがころした/シクラメンの家/鬼/黒髪/悪夢/メイ先生の薔薇/セイレーン/蒸発/湖畔の家



いつもながら、どこか不安を誘われる北見隆さんの表紙が良いッ!

今邑さんといえば、一番最初に読んだ「よもつひらさか」が傑作すぎて、
その後のホラー作品はどうにもこうにも、それを基準にしてしまうのですよねぇ…(笑)

 是非読んでみて下さい!

今回の作品もやはり「よもつひらさか」ほどのインパクトはありませんでしたが、
どれもザワリと背筋が寒くなるようなお話が満載で、なかなか面白かったですballoon_71.gif

はっきりとしたオチのない作品ばかりですが、それが嫌ァな余韻を残します。


leaf_03.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ホラー短編集  それほど怖くはない  表題作が秀逸


個人的に好きだったのは、表題作「鬼」「メイ先生の薔薇」「蒸発」あたりかな〜balloon_34.gif


point_61.gif 
かくれんぼが大好きだったみっちゃん。彼女は廃屋のそばの古井戸で発見された。
それから20年以上が経ち、次々と当時の仲間達が病気や自殺で死んでいく。
皆に共通するのは、死ぬ直前に当時のままのみっちゃんの姿を見たという事だった。

これはこーわーいーーー!こういう幽霊系(?)は本当にありそうなので(笑)
でも、最後のオチにホッと安堵の気持ちを覚えたのは私だけだろうか…。


point_61.gif メイ先生の薔薇
とても綺麗で優しく、日本人とイギリス人のハーフのメイ先生。
ある日恋人からプロポーズされたメイ先生は、イギリスに永住することになり…。

純粋無垢な子供達ほど、実は怖いモノはないと実感した作品デス。
まだ善と悪の区別も付かない子供達が招いた結末にゾッとする。


point_61.gif 蒸発
目が覚めると、自宅から家族が忽然と消えていた。
自分は不思議な力を身につけたらしい。「消えろ」と言った人間は消えてしまうのだ。

乙一さんの「ZOO2」に収録されている「神の言葉」を思い出しました。
ラストのお母さんの言葉にギョッとする。こういうブラックコメディ大好きです!


graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2011.08.17 *Wed*

道東ドライブ〜♪


先日、道東〜道北方面にプチ旅行…というかドライブに行ってきましたballoon_34.gif

一日目の気温は、なななんと……35℃!!!

道外の方にはバカにされちゃうかもしれませんが、今まで経験した事のない暑さです(笑)
というか30℃超えたら、もう溶けます……。28℃で既に限界ゾーンです。

そんな中、本気で暑さからくる頭痛に苦しみながら色々周ってきましたballoon_77.gif


道東の小清水町にある、リリーパーク。辺り一面ユリの花!
ユリの甘〜い香りが漂って、イイ気分。……しかし暑い。暑過ぎる。
今年は雨がほとんど降らないので、綺麗に観られる時期が長いらしいです。

小清水町リリーパーク
小清水町リリーパーク posted by (C)nanaco☆


北海道ではおなじみ、あちこちに無造作に置かれている牧草ロール。
牧草ロールが出てくると、絶対そのあたりに牛達が潜んでいる気配がします(笑)

牧草ロール
牧草ロール posted by (C)nanaco☆


紋別から見た、オホーツク海の朝焼け。
空がオレンジ色に染まってくると同時に、沢山の漁船が海へと出ていきました。

オホーツクの日の出
オホーツクの日の出 posted by (C)nanaco☆


網走にある「寿し安」さんにて、ウニ・イクラ丼〜〜balloon_28.gif
ウニのとろける甘みと、イクラのプチプチ感。絶妙なハーモニー!!(笑)

ウニ・イクラ丼
ウニ・イクラ丼 posted by (C)nanaco☆


北海道にも遺跡があるんだと初めて知りました。オホーツク海沿いの常呂遺跡。
旧石器時代からアイヌ文化のものまで数多くの遺跡が散在しています。
出土された土器等も展示されていて、ヒジョーに面白い場所です!

常呂遺跡
常呂遺跡 posted by (C)nanaco☆


帰りに寄った、北竜町のひまわり畑。
青空でないのが残念ですネ。この写真を撮ったすぐ後に、豪雨になりました。

北竜町のひまわり畑
北竜町のひまわり畑 posted by (C)nanaco☆


とにかく暑い!ドライブでしたが、日頃の疲れはすっかりとれました〜balloon_71.gif
北海道の夏も、そろそろ終わりに近づいてきています。
お盆が終わり、あっという間に朝晩は秋の風が吹き始めました。。。



2011.08.10 *Wed*

7月☆観賞メーターまとめ


7月に観たDVDのまとめです!

7月の鑑賞メーター
観たビデオの数:9本
観た鑑賞時間:837分



鋼の錬金術師 vol.6鋼の錬金術師 vol.6
22話「造られた人間」のお話が、かなりブラックですね…タッカーさん、怖いよ(笑)アルが自分の存在に疑問を持ってしまう所がやるせなかったです。自分は記憶さえも作られたのか?という事。これ以上ないくらい仲が良く意思疎通が図れているエルリック兄弟だけど、きちんと言葉に出さないと伝わらない事ってあるよね。
鑑賞日:07月31日 監督:


鋼の錬金術師 vol.5鋼の錬金術師 vol.5
第17話 「家族の待つ家」にじんわり。エドは乙女心が分からないヤツだなぁ!(笑)ウィンリィはいつでもエドとアルの帰りを待ってるのにね。そしてこの頃はまだウィンリィの背が高かったのがちょっと笑えました。第15話 「イシュヴァール虐殺」は、「合成獣 (キメラ) が哭く夜」に次いで重く苦しい話。上の命令に従うしかない国家錬金術師達の苦悩が伝わり、なんともやるせないです。
鑑賞日:07月22日 監督:


鋼の錬金術師 vol.4鋼の錬金術師 vol.4
「焔VS鋼」が一番の見所ですね!これも漫画にはなかったエピソード。マスタング大佐・・・あんなにキラキラされたらファンになってしまうよ(笑)金の産地ゼノタイムの偽エルリック兄弟のお話も面白かった。ブラックハヤテ号も無事登場したようで、これからの展開が楽しみ。
鑑賞日:07月17日 監督:


鋼の錬金術師 vol.3 (通常版)鋼の錬金術師 vol.3 (通常版)
ん?んん??第10話「怪盗サイレーン」に違和感が・・・お話自体もハガレンじゃないみたいだし、サイレーン役の声優さんが棒読みすぎてちょっと聞くに堪えない^^;何故に??これは収録しなくても良かったのでは?と思いました。でも、第7話「合成獣 (キメラ) が哭く夜」のニーナとアレキサンダーの話は本当に切ない。これだけで観た価値が十分にありました。
鑑賞日:07月17日 監督:


鋼の錬金術師 vol.2 (通常版)鋼の錬金術師 vol.2 (通常版)
そっかぁ、こっちのアニメ版は原作とは違うエピソードが入ってるんですね。国家錬金術師資格試験の所なんかは、漫画では描かれていなかったので何だか得した気分(笑)母親の人体練成によって、身体の一部を持っていかれるエド。結構凄絶なシーンです・・・。初登場のマスタング大佐(まだこの頃は中佐?)、エドとアルを抑えて圧倒的な存在感!後ろに静かに控えるホークアイも格好良かったです。
鑑賞日:07月16日 監督:


ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 4枚組3D・2Dブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ムービーストーリーブック付) [Blu-ray]ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 4枚組3D・2Dブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ムービーストーリーブック付) [Blu-ray]
今回も面白かった〜!!「アスラン王と魔法の島」というからには、「まさかアスランが主役っ?!」と胸の高鳴りを抑えながら観ていたのですが・・・あぁ、やっぱりイイとこどりなんですね(笑)それでもあの存在感は凄い。ある一枚の絵がナルニアに繋がっているだとか、自らの心の闇を乗り越える試練だとか、子供の頃にワクワクしたファンタジーを思い出して思わずニンマリしました。カスピアン王子は相変わらずの麗しさだし、エドマンドは一作目で密かに目を付けていたとおりイケメン君に成長しています。いつか原作にも挑戦してみたいなぁ。
鑑賞日:07月10日 監督:マイケル・アプテッド


魔女の宅急便 [DVD]魔女の宅急便 [DVD]
金曜ロードショーにて。この映画は何回観ても、胸にジーンと温かいものを残してくれます。久石譲さんの音楽が素敵。海の見える街に着いた時に流れる音楽が、何とも懐かしくちょっぴり切ない気分にさせられます。パン屋のおソノさんやウルスラ、親切な老婦人等、キキをとりまく人間達の気遣いと温かさにほっこりと癒される〜♪ヨーロッパでは「不吉」の象徴とされている黒猫も、この映画のジジの可愛さを見れば考え方が変わるんじゃないかなぁ^^
鑑賞日:07月08日 監督:宮崎駿


鋼の錬金術師 vol.1鋼の錬金術師 vol.1
原作漫画を無事読破したので、今度はアニメで楽しもう〜という事で借りてきました。うわぁ、これまた良い出来だなぁ!エドやアルの声優さんも違和感なくピッタリだし、戦闘シーンの動きにもキレがあってついつい見惚れてしまう。アニメオリジナルのエピソードもあって、ますますその面白さに拍車をかけています。「ダークファンタジー」と言われる所以も納得の、なかなか容赦のない展開。続きも楽しみです♪
鑑賞日:07月07日 監督:


サン・ジャックへの道 [DVD]サン・ジャックへの道 [DVD]
聖地サン・ジャックまでの巡礼。すぐにパウロ・コエーリョの小説「星の巡礼」を思い出したのですが、この映画は決して宗教色の強い作品ではなく、観終わった後にほっこりと心が温かくなるような素敵なロードムービーでした。遺産相続のために仲の悪い3兄弟が1500kmにも及ぶ道のりをただひたすら歩く。失読症の少年や、病気で美しい髪を失ってしまった女性。人種も年齢も性別も様々なメンバーが、やがてひとつの家族のようになっていくのが微笑ましい。ラストシーンが素敵でした!
鑑賞日:07月03日 監督:コリーヌ・セロー

鑑賞メーター


DVDでもハガレンフィーバーballoon_28.gif
原作とはストーリーが違う、アニメオリジナルの展開でめっちゃ面白いです。

「ナルニア国」シリーズは、やっぱり好き。アスランが好き。
「アスラン王と魔法の島」といいつつ、アスランがちょっとしか出てこないのも好き(笑)
エドマンド君はすっかりイケメン君になっていて、思わずニマニマ〜


illust1923_thumb.gif


ところで、明日から4日間プチ旅行に行ってきます。
今回は道東方面に遊びに行く予定です。美味しい海鮮いっぱい食べてきまーす!

皆さんもお盆は、旅行に行かれたり帰省される方も多いのかしら〜??
くれぐれも事故にだけはお気を付けて下さいね。。。
ではでは、しばしのお別れです〜balloon_59.gif



2011.08.06 *Sat*

7月☆読書メーターまとめ(4)


これで最後です!!

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2011年 07月号 [雑誌]NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2011年 07月号 [雑誌]
海底に沈んでいる古代都市の巨像はロマンだな〜。クレオパトラのお墓は未だエジプトに眠っているのか・・・。エジプトに限らず、内紛や革命によって大切な遺跡・遺物が損なわれてしまうのは残念でならない。「消えゆく氷の上で」の記事、雄クマに追われて決死の大ジャンプをするホッキョクグマの子どもが可愛かった。(が、可愛いなんて不謹慎ですね^^;食料がなくて子グマが狙われちゃうのは結局は人間のせいだもの・・・)ポルトガルのペネダ・ジェレス国立公園の写真の美しさにしばし見惚れ。こんな素敵な風景はいつまでも残して欲しい。
読了日:07月09日 著者:


三国志(4)(吉川英治歴史時代文庫 36)三国志(4)(吉川英治歴史時代文庫 36)
とうとう孔明が登場しました!うーん、若くて眩しい!劉備と出会った時はまだ27歳という若さですが、既に一国を背負って立つ才能の片鱗が見え隠れします。それにしても、劉備のもとに次々と素晴らしい人材ばかりが集まってくるのは何故なんだろう・・・?(と、曹操と同じように感じる私は、まだまだ徳が足りないのだろうか。笑)人目もはばからず涙を流したりする所や人間関係を大切にする所に惹かれるのかな。悪く言えば女々しいという気がしないでもないですが・・・。
読了日:07月07日 著者:吉川 英治


屍鬼 11 (ジャンプコミックス)屍鬼 11 (ジャンプコミックス)
漫画版「屍鬼」いよいよ最終巻です。原作と異なる部分は多々ありましたが、大好きな作品を藤崎さんの絵柄で漫画化してくれて良かった!原作とは全く別の、もう一つの「屍鬼」として楽しむ事ができました。本来人の命を守るはずの敏夫が屍鬼を狩る側に周り、逆に沙子をかばおうとする静信と袂を分かつ。二人の違いは一体何だったのだろう。殺された家族の復讐のため、自分の身を守るため。あらゆる大義名分を掲げて、やがて屍鬼の殺戮に悦びを見出していく様がなんともおぞましかった。狂っているのは人間と屍鬼、どっちだったのか・・・。
読了日:07月06日 著者:藤崎 竜


鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)
ついに完結〜!!これ以上のラストはないんじゃないかと思えるくらいの清々しさ。容赦ない展開が続いていたから覚悟は決めていたんだけど・・・こんなに素敵な最終巻が読めるなんて、本当に幸せです!エドが初めてホーエンハイムを「親父」と呼んだ1コマ。今まで見た事のないエドの表情に涙腺崩壊しました。ふとした時の横顔、いつの間にか大きくなっている背中。ウィンリィを抱きしめた時の男らしさにドキッとする〜。最高に面白い漫画でした。荒川先生、ありがとう♪♪
読了日:07月04日 著者:荒川 弘


鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)
ブラッドレイの最期の言葉が印象に残ります。人造人間だけれども、人間としての人生を歩んだという充実感。それにエドの言葉に逆上したセリムもまた、結局は「お父様」に愛されたかった、認められたかっただけの哀しい人造人間だったのだなぁ・・・。エンヴィーの時もそうだったけど、敵も魅力的なキャラばかりで本当に凄い漫画だ。さて、いよいよ残すところあと1冊!
読了日:07月03日 著者:荒川 弘


FLESH&BLOOD18 (キャラ文庫)FLESH&BLOOD18 (キャラ文庫)
待ちに待った新刊。巻を追う毎にますます面白くなっていくフレブラ。いよいよクライマックスが近づいてきました!終わりが見えてきたのは切ないしこのシリーズはまだまだ続いて欲しいけれど、カイトとジェフリーには早く幸せを手にして欲しい。(でもやっぱり今でもビセンテ贔屓。笑)友情と愛情に挟まれるナイジェルが、自らの意思を貫こうと決めた姿勢にも心を打たれます。次巻はいよいよアルマダの海戦。早くも続きが待ち遠しい〜〜!!
読了日:07月03日 著者:松岡 なつき


爆笑 テストの珍解答500連発!! 裏モノJAPAN (ジャパン) 別冊 2010年 10月号 [雑誌]爆笑 テストの珍解答500連発!! 裏モノJAPAN (ジャパン) 別冊 2010年 10月号 [雑誌]
も〜〜腹が捩れる〜〜!!!爆笑、爆笑の連続でした。何だかもう、苦し紛れに書いたんだよね・・・という必死さが伝わってくる解答あり、小学生が素で間違えてる解答あり、大変面白く読ませていただきました。「〜たり、〜たり」を使った文章の問題に「たたりじゃ!たたりじゃ〜!」と答えた中学生、その豊かな発想力を忘れないでください・・・(笑)
読了日:07月03日 著者:

読書メーター



illust1923_thumb.gif


あさのあつこさんの「NO.6」シリーズ、
文庫化を待ち切れず……結局単行本の方で全部読んでしまいました〜balloon_59.gif

矯正施設の部分を結構引っ張った割には、あっさりと終わった感がありますが、
それでもネズミは最後まで格好良かったし、紫苑は最後まで訳が分からなかった(笑)
色々と余韻を持たせた終わり方でしたね。是非あさのさんには続編をお願いしたい!

 「完全ガイド」なるものも出ているようで・・・

そして吉川英治さんの「三国志」も全巻読破しました〜balloon_34.gif
個人的には北方さんほどはハマらなかったのですが、これもすごく面白かったです。
孔明や関羽…蜀の武将・知将達の描き方が格好良くて好きだったなぁ。

漫画では「鋼の錬金術師」を読破、そして「屍鬼」もとうとう完結しました。
特にハガレンの方は、今まで読んだ中で一番!といっても過言ではないほど好きだわ。
今、アニメ版も少しずつ観ている所です。。。



2011.08.06 *Sat*

7月☆読書メーターまとめ(3)


さらに続きます…

赤の世界 (KC×ITAN)赤の世界 (KC×ITAN)
これはまたびっけさんの新境地ですね!人を催眠状態へと誘う花のお話「赤の世界」を始め、4編緩やかに繋がりがある連作短編集。「朗読時間」あまりの切なさに涙が止まらなかった。戦争により幸せな時間を理不尽に奪われた二人。彼女を想っての行動だと思うと、哀しくてたまらない。きっとリデアはテオの事を胸にそっと秘めたまま生きていくんだろうな・・・。好きなのに触れる事のできないもどかしさが伝わる「掌の花」、美少年の鳩に思わず見惚れる「鳩の翼」。どれも切なく温かく素敵なお話でした。大好きです♪
読了日:07月18日 著者:びっけ


NO.6 [ナンバーシックス] ♯3 (講談社文庫)NO.6 [ナンバーシックス] ♯3 (講談社文庫)
再読。このあたりから紫苑クンとネズミが怪しい雰囲気になってくるのよねー(笑)天然で人を疑う事を知らない、西ブロックで生きていくにはあまりにも純粋過ぎる紫苑。お荷物になるとは分かっていても、ネズミもイヌカシも世話を焼かずにはいられないのが微笑ましいです。他人の事なんか関係ない、それどころか陥れるのが当然の世界で、あまりにも異質な存在なんでしょうねぇ。「矯正施設」「人狩り」という言葉が、いやがうえにも今後の不穏な展開を予測させる。
読了日:07月18日 著者:あさの あつこ


鬼 (集英社文庫)鬼 (集英社文庫)
先が読めるお話も多いけれど、それでも最後までグイグイ引きつけてくれるのはさすが今邑さん。「よもつひらさか」のようなインパクトはないけれど、どれもザワリと背筋が寒くなるようなお話で面白かった。死んでなおかくれんぼを続けている女の子の話「鬼」、無邪気な子供達ほど怖いものはないとゾッとした話「メイ先生の薔薇」が特に好き。突然家から人間が消えてしまう「蒸発」は乙一さんを彷彿とさせるようなブラックコメディで、改めて今邑さんの引き出しの多さを確認しました。
読了日:07月17日 著者:今邑 彩


封神演義 3 (ジャンプ・コミックス)封神演義 3 (ジャンプ・コミックス)
再読。申公豹の強さは圧倒的!彼の言う「美学」とはなんぞや?ピエロみたいな格好してるくせに(笑)楊?や太乙真人のように美形が多い中、異彩を放っていますがかなり味のあるキャラですな。殷の太師である聞仲の霊獣は黒麒麟。外見も話し方も主人に似て重々しい。そうか、霊獣は主人に似るんだ!だから太公望の霊獣スープーシャンもあんななんだ・・・。
読了日:07月17日 著者:藤崎 竜


封神演義 2 (ジャンプ・コミックス)封神演義 2 (ジャンプ・コミックス)
再読。無数のヘビとワニに生きながら喰われるという処刑方法・?盆(たいぼん)と、文字通りの酒池肉林が衝撃的。今更だけど妲己の考える処刑方法は残酷すぎる、、、が何故憎めないんだろう(笑)カバっぽいスープーシャンといい、デカいニャンコみたいな黒点虎といい、霊獣は可愛すぎる〜。
読了日:07月17日 著者:藤崎 竜


封神演義 1 (ジャンプ・コミックス)封神演義 1 (ジャンプ・コミックス)
「屍鬼」が無事完結し、久々に読みたくなって再読。学生の頃、思いっきりハマったのを懐かしく思い出しながら読みました。ヘタレのよう見えて実は聡い太公望。霊獣スープーシャンの可愛さ。それに妲己のとんでもない色っぽさ!あーやっぱ面白いー。ちまちま続き読んでいこう。
読了日:07月17日 著者:藤崎 竜


夏目友人帳 6 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 6 (花とゆめCOMICS)
カイ君のお話がほろ苦い。夏目がだんだんと人間と仲良く話せるようになってきたのは嬉しい事だけど、その分妖からは少しずつ遠くなっちゃうのかな、と思うと胸が痛くなります。人間と妖、分け隔てなく優しく接しようとする夏目、優しすぎるよー・・・。このシリーズを読んでいると、何故か新緑の神社に行きたくなるのは私だけでしょうか(笑)
読了日:07月17日 著者:緑川 ゆき


三国志(6)(吉川英治歴史時代文庫 38)三国志(6)(吉川英治歴史時代文庫 38)
趙雲強し!事ある毎に趙雲が圧倒的な強さを見せつけてくれるので、先陣は勿論の事、彼がしんがりをつとめてくれれば大丈夫という安心感があります。関羽に張飛に趙雲。吉川さん、きっとこの3人がお気に入りだったのでしょうねぇ。曹操は若き頃の魅力もどこへやら、だんだんと頑なになっているように見える。(若い頃は勢いで許せるけど、歳を取ったらただの偏屈です。笑)嫉妬心と驕慢。これさえなければ劉備のように良い人材が集まってきたのかもしれませんが・・・。老いてもなお血気盛んな黄忠が格好良かったです!
読了日:07月14日 著者:吉川 英治


NO.6  〔ナンバーシックス〕  ♯2 (講談社文庫)NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)
再読。相変わらず面白い〜!!愛情を込めて育てられてきた紫苑と、誰も信じずたった一人で生きてきたネズミ。育った環境も性格も、まるで違う二人の少年。紫苑を疎ましく思いながらも、その反面彼の大らかさと優しさに惹かれているネズミが、紫苑なしで生きていけるのだろうかと煩悶する様子に、一体今までどれほどの孤独を抱えてきたのだろうと胸が痛くなります。徐々に明らかになりつつある理想都市「NO.6」の暗部。二人が、決して妥協ではない第三の道を見つける事ができるのかどうか、最後まで見届けたい。
読了日:07月13日 著者:あさの あつこ


三国志(5)(吉川英治歴史時代文庫 37)三国志(5)(吉川英治歴史時代文庫 37)
孔明の魅力炸裂の巻。劉備にとって、天才軍師を得た事は彼の人生の中で一番の幸運だったのかもしれない。そしていよいよクライマックスの赤壁の戦い!北方三国志では、とにかく周瑜が男気溢れた格好良い人物として描かれていました。・・・が、吉川三国志ではかなり狭量で怒りっぽい人物なので周瑜ファンとしては残念でなりません。孔明への嫉妬で怒り狂って憤死ってどーなのよ・・・(笑)でもその分、関羽や趙雲が大活躍してくれているので嬉しい。劉備のもとへ嫁いだ孫権の妹・弓腰姫が、いい味出してます。
読了日:07月11日 著者:吉川 英治





2011.08.06 *Sat*

7月☆読書メーターまとめ(2)


読書メーターまとめ、続き〜

三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40)三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40)
吉川三国志、ついに完結です。愚帝・・・とは言わぬまでも、父親劉備の器の大きさとは比べようもないほど浅慮で無能な劉禅に、命を削りながらも最期まで献身的に仕えた孔明があまりにも哀しかった。既に心酔する主もなく、関羽・張飛・趙雲のような勇猛な武将もない。諸行無常、盛者必衰はこの世の理ではあるけれども、もし孔明をはじめ彼らのうちの一人でも生き長らえていたなら蜀はどんな国になっていたんだろう・・・。そう思わずにはいられません。
読了日:07月24日 著者:吉川 英治


くじ (異色作家短篇集)くじ (異色作家短篇集)
最初の何篇かは、「あれっ、この話のオチは何だろう?」なんて訝しく思っていました。・・・が、読み進めていくうちにたちまちこの本の虜に。何気ない日常を切り取った中に、何とも名状しがたい違和感が潜んでいます。「魔性の恋人」「おふくろの味」「背教者」「歯」あたりが特に印象的。人間の奥底にある小さな悪意が積み重なり、やがてラストの表題作「くじ」で大きな狂気に生まれ変わる。恐ろしい・・・。恩田陸さんの「いのちのパレード」で興味を持った異色作家短篇集ですが、他の作品にも俄然興味が湧いてきました!
読了日:07月24日 著者:シャーリイ ジャクスン


三国志(7)(吉川英治歴史時代文庫 39)三国志(7)(吉川英治歴史時代文庫 39)
関羽の死を皮切りに、次々と乱世の英雄達がいなくなっていく。三国志を盛り上げてきた主要な人物が皆去り、次の世代へと受け継がれていきます。関羽や張飛の息子等魅力的な人物はいるけれど、やはり父親達に比べるとどうしても小物感が否めないなぁ。劉備の遺志を継いで孤軍奮闘する孔明、そして老いても蜀のために忠誠を尽くす趙雲。哀しすぎる・・・。吉川三国志も残すところあと1冊!
読了日:07月21日 著者:吉川 英治


NO.6〔ナンバーシックス〕#6 (講談社文庫)NO.6〔ナンバーシックス〕#6 (講談社文庫)
聖都市「NO.6」の化けの皮がどんどん剥がれてゆく・・・。巧みに覆い隠されてきた侵略と虐殺。皆が信じて疑わなかった偽りの歴史。矯正施設に侵入した紫苑とネズミが目の当たりにした事実は、あまりにも衝撃的なものでした。紫苑は内の人間。ネズミは外の人間。いくらお互い歩み寄りを見せても、二人を隔てている見えない壁がもどかしくてたまらない。くっ!もうここまで来ちゃったら、1年後(もしくは2年後?)の文庫化が待てないよ〜〜!!という訳で、文庫化待てず次巻から単行本で読む事にします。
読了日:07月21日 著者:あさの あつこ


封神演義 5 (ジャンプ・コミックス)封神演義 5 (ジャンプ・コミックス)
再読。どんな水も高級酒に変えてしまう仙桃!ほ、欲しいっー!!部下でさえあんな強さなんだから、聞仲には勝てる気がしない。妲己を倒すという目的は同じなのになぁ。キャラクター人気投票は納得です。太公望は圧倒的な1位なんですね〜最近出番少ないのに・・・(笑)それにしても一週間で約4万票って凄いですね!
読了日:07月21日 著者:藤崎 竜


封神演義 4 (ジャンプ・コミックス)封神演義 4 (ジャンプ・コミックス)
再読。あのハンバーグのシーンは、昔相当なショックを受けた記憶が・・・。改めて読み返してみてもやっぱりエグイ。飛虎の奥さんと妹が立て続けに命を絶つくだりも、かなり悲惨。妲己恐るべし!!こんなコミカルな絵柄だけど、描かれている内容はなかなかブラックです^^;太公望の下には徐々に仲間達が集まってきて、やっとこさジャンプらしい展開になってきました(笑)
読了日:07月21日 著者:藤崎 竜


NO.6〔ナンバーシックス〕#5 (講談社文庫)NO.6〔ナンバーシックス〕#5 (講談社文庫)
再読。続けて読むと流れが良く分かる〜!何しろ1冊のページ数が少ないもんだから(笑)紫苑とネズミ、ついに矯正施設へ。累々と積み重なる死体、そしてその死体(中には生きてる人も・・・><)を踏みつけて登っていかなければいけないというおぞましさ。まさに地獄絵図そのもの。紫苑クンがここに来て少しずつ変貌を遂げている気がします。それが結果的に吉と出るか凶と出るか・・・「紫苑のままでいてほしい」というネズミの哀切な台詞が胸に痛かった。さて、これでやっと文庫の新刊が読める〜〜!!楽しみ、楽しみ。
読了日:07月19日 著者:あさの あつこ


NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)
再読。「人狩り」の描写が凄まじいです。(とも児童文学とは思えない〜;)容赦なく人間を選別し、不要になった人間は即排除する。「NO.6」の裏の顔が明らかになるにつれて、紫苑やネズミ達も否応なく闇の中に引きずり込まれていく。イヴのどこか憂いを帯びた美しい歌声は、少なからず人々を絶望の淵から救い出してくれる役割を果たしているんだろうなぁ。聴いてみたい!紫苑クンは、決して暴力に訴える事のない自分なりの戦い方を見つけてどんどん強くなっているよう。二人が、沙布を連れて無事に帰って来られますように。
読了日:07月18日 著者:あさの あつこ


冥途冥途
大人になってから久しく忘れていた「闇」を恐れる気持ち。この作品の纏う独特の静けさと、ねとりと絡みつくような湿り気を帯びた文章が、不気味さと不安を増幅させる。中でも表題作「冥途」は秀逸。装丁・挿絵が美しく、内田百けんさんの幻想的な世界観によくマッチしています。あっ57ページに芥川さんが・・・!
読了日:07月18日 著者:内田 百けん,金井田 英津子


あけるなあけるな
エンブレムTさんの感想で、この絵本が気になって気になって!(笑)「あけるな」と言われるとあけずにはいられなくなる天邪鬼にはもってこいの本。小さい頃に読んでいたら、きっと得体の知れない不気味さを感じただろう。今は、ただひたすら最後のページの意味をあれこれ考えちゃう。余談ですが、不気味といえば小さい頃に読んでトラウマになった本があります。「はじめてのおるすばん」の集金のおじさんが来るシーン。今思いだしただけでゾッとするわ〜。
読了日:07月18日 著者:谷川 俊太郎





2011.08.06 *Sat*

7月☆読書メーターまとめ(1)


7月に読んだ本を、読書メーターでまとめました〜balloon_133.gif
お、今回からナイス数も表示されるようになったんですねぇ。

7月の読書メーター
読んだ本の数:36冊(小説21冊・漫画13冊・雑誌2冊)
読んだページ数:8795ページ
ナイス数:2321ナイス



DEATH NOTE (2) (ジャンプ・コミックス)DEATH NOTE (2) (ジャンプ・コミックス)
再読。月の家の仕掛けられた盗聴器とカメラ。シャーペンだとかドアノブの仕掛けとか、月の念の入れようが凄まじい。どこまで頭良いんだろうね、このコは!こういう人間が正義の側なら心強いけれど、犯罪者になってしまう事ほど恐ろしいものはない。あ、もう犯罪者か・・・(笑)いよいよLが登場です。Lと月の長い長い心理戦の始まり。
読了日:07月31日 著者:小畑 健


NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)
とうとう終わってしまった・・・。若干中盤以降が駆け足気味だった所と、「エリウリアス」の説明が冗長に感じられた事を除いては概ね満足の最終巻でした!二人のこれからの生き方は、これで良いのかもしれないと思う。立つ鳥跡を濁さず、この潔さがなんともネズミらしい。(紫苑クンはネズミにベタ惚れだが大丈夫だろうか?笑)でも決して約束を違える事のないネズミだから、いつかまたふらりと窓から、という事になるんだろうなぁ。あさのさんに、二人の後日談を書いてくれるよう今から必死で念を送っておきます(笑)
読了日:07月30日 著者:あさの あつこ,影山 徹


水滸伝 2 替天の章 (集英社文庫)水滸伝 2 替天の章 (集英社文庫)
梁山泊奪取で、いよいよ仲間達が集ってきました!16人の手練れを相手に、一瞬で勝負を決めてしまう林冲が格好良すぎるー。多少潔癖すぎる印象があった林冲ですが、それすらも彼の魅力の一つだなぁ。武松の義理姉に対する想いが悲しかったです。なんて不器用な男なんだろう・・・今は魂を抜かれたようになっているけれど、王進に預けられた彼が今後どんな風に復活するのか楽しみ。それにしてもこの作品に登場する女性は皆薄命ですね。林冲の妻・張藍、武松の義理姉・潘金連、朱貴の妻・陳麗もまた然り。でも決して不幸ではなかった、と信じたい。
読了日:07月29日 著者:北方 謙三


黒執事(12) (Gファンタジーコミックス)黒執事(12) (Gファンタジーコミックス)
ひぇ〜シリーズ中で最も度肝を抜かれた巻かもしれない・・・(ある意味「フェニックス!」以上に。笑)リジー、腹黒シエル坊ちゃんの嫁にしては純粋すぎるかなぁと思ってたんですが一気にひっくり返りましたね〜好感度UP。かっちょいいよ!蛇達にちゃっかりお料理を持っていってるスネークが可愛い。というか最早スネークの存在自体が可愛い。推理物の次はバイオハザード×タイタニックが混ざり合ったようなスプラッタホラー。この統一感の無さが素敵です(笑)
読了日:07月29日 著者:枢 やな


デス博士の島その他の物語 (未来の文学)デス博士の島その他の物語 (未来の文学)
一読しただけでは理解できない部分があったのですが(決して難解という訳ではない)、あれこれ意味を考えているうちにふと閃くものがあって。言葉の魔術師というのも頷ける圧倒的な表現力でした。表題作は勿論の事、「アイランド博士の死」がお気に入り。強化ガラスでできた人工衛星の中に作られた海なんて、その設定だけでワクワクする!近未来の米国を舞台に描かれる「アメリカの七夜」は、どこか猥雑でありながら夢と現実が混ざり合ったような幻想的な世界観がたまらなく魅力的でした。うーん、ちょっとクセになりそうな作家さんだわ(笑)
読了日:07月27日 著者:ジーン ウルフ,伊藤 典夫,柳下 毅一郎


水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)水滸伝 1 曙光の章 (集英社文庫 き 3-44)
おぉ、面白いぞ!1巻から思わずのめり込んで読んでしまった。これが19巻も続くんだと思うと、またひとつ楽しみが増えますね。水滸伝といえばジャンプで一時期連載されていた天野洋一さんの漫画の印象が強く(打ち切りになってしまいましたが^^;)林冲も花和尚も既にイメージが出来上がってしまっている・・・(笑)一旦完全に脳内をクリーンにして読み進めようと思います。林冲の脱獄、九紋竜史進が鍛え上げられて逞しくなっていくくだりが好きです。「三国志」に並ぶ壮大な物語になりそうで楽しみ♪
読了日:07月26日 著者:北方 謙三


DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)
本棚を整理していたら、久しぶりに出てきたので。パラパラと読み始めたら、やっぱり面白くてつい最後まで読んじゃいました。そういえば当時は月、大好きだったなぁ。人の命を自由に操る事ができるデスノートを手に入れてから、どんどん悪人顔になっていくけど(笑)最初の頃はやっぱり純粋で可愛い。(多少頭がキレすぎる部分はあるけれど)この漫画を読んだ中高生達は、ノートの隠し場所の仕掛けはできないまでも、ドアに紙を挟むという仕掛けは試してみたに違いない・・・。
読了日:07月26日 著者:小畑 健


NO.6〔ナンバーシックス〕#8 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#8 (YA!ENTERTAINMENT)
いよいよクライマックス!沙布が・・・想像はしていたけれど。何故紫苑の隣にいるのは自分ではなくネズミなのか。きっと様々な想いや葛藤が去来しただろうなぁ。それでも、紫苑には生きて欲しい、この世界を変えて欲しいと願う彼女の強さに感服します。それにしても紫苑クンは・・・ますます訳が分からない。そこはネズミを責める場所じゃないでしょうが!と、思わずネズミが気の毒になってしまった(苦笑)でもすぐに自分の非を認めるのは紫苑クンの良い所。崩壊寸前のNO.6。どうか悲しい結末でありませんように。次で最終巻です。
読了日:07月24日 著者:あさの あつこ


NO.6〔ナンバーシックス〕#7 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#7 (YA!ENTERTAINMENT)
ずっと文庫で読んできましたが、7巻の文庫化を待ち切れずつい手を出しちゃいました!だんだんと紫苑クンの変貌ぶりに不安を覚える自分がいる。他者に優しく、世間知らずで、天然で。そんな紫苑像からかけ離れたような冷徹な一面にドキリとしてしまいます。そして逆にネズミの方は、紫苑のままでいて欲しい、手を汚させたくないと涙を流す。あらー立場逆転だわ(笑)囚われの沙布が、今どんな状態にあるのか想像するだけで怖いです。果たして五体満足でいるのか?いるんだよね・・・?
読了日:07月24日 著者:あさの あつこ






ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
26位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。