07
6
7
11
13
15
17
19
20
21
23
24
26
27
28
30
<< >>

This Archive : 2010年07月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.31 *Sat*

ヨンダナ&「悪の教典」届きました!


新潮文庫の100冊のプレゼント、「ヨンダナ」が届きました〜balloon_133.gif
応募券2枚で、「ヨンダナ」(Yonda?のバンダナ)6種類の中から1つ貰えます。

ちなみに今年購入した2冊は「マイマイ新子」と「七つの怖い扉」。


瓶の中に入ってるのも気になる…
↑この中からひとつ。

ヨンダナ♪


届いたのは赤でした!可愛いデス。
毎年何となく夏のプレゼントに応募してしまうものの、あまり使い道はありません(笑)
せいぜいお弁当を包むくらいかなぁ…。「バンダナ」という言葉すら懐かしいわぁballoon_145.gif


pl2.gif


すごいボリュームだぁ.jpg


それと、楽天ブックスで予約していた貴志祐介さんの新刊「悪の教典」が届きましたballoon_85.gif
ハードカバー上下巻。ぶ、分厚いぞ……!!

貴志さんお得意のサイコ・ホラーらしく、夏に読むにはもってこいですね。。。
勿体ないので、この夏はゆっくりじっくり、怖さに浸る事にしましょう。


 


スポンサーサイト

2010.07.29 *Thu*

香月日輪「妖怪アパートの幽雅な日常3」読了☆




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

何の因果か「魔道書」に封じ込められた妖魔たちの使い手となった夕士。だが使えない妖魔揃いで、現実離れした日々ながら将来の夢は相変わらず手堅く公務員かビジネスマン。そんな夕士が通う条東商業高校に幽霊話が降ってわいた。妖怪アパートの住人たちの助けを借りて、夕士は取り憑かれた男を救えるか。




【妖怪アパートの幽雅な日常(3)】香月日輪 rating_46.gif


相変わらず、1時間も経たないうちに読めてしまうこのシリーズ。
前作のように「ブッ」と吹き出すような面白さがなかったので残念ですねぇballoon_89.gif

巻を追うごとにだんだんと、物語の方向性が変わってきた気もするのですが……
最初は児童向けと思っていたのですが、対象年齢が分からなくなりました(笑)
えっと、、、子供に読ませていいの?という言葉遣いもあるんだよな〜balloon_145.gif

使えない魔道書「プチヒエロザイコン」を手に入れ、妖魔たちの使い手となった夕士。
今回は何モノかに取り憑かれた先生を救う、というお話。学園編です。


lp.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ファンタジー  妖怪アパート  ご飯・ご飯・ご飯!!


今回は特に盛り上がるようなシーンもなく……。
しかも途中で中途半端に教訓が入ってくるから、少し水を差されたような気に。
個人的には、教訓・主張を入れず、ファンタジーとして一気に読ませて欲しいです。

でも、やっぱり今回もるり子さんのご飯は美味しそうだった…!
焼きウニにイカソーメンの生ウニ乗せ。ウニ好きにはたまらないですねぇballoon_85.gif

それに夕士と長谷のラブラブっぷり 仲の良さはさらに輪をかけてますballoon_75.gif
この二人はどこまでもこのまま突っ走って欲しいですねぇ。長谷が好きだよ、長谷!
なんかもう、、、本当にどんな本か分からなくなってきました(笑)


 レビュー.gif           レビュー.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.07.25 *Sun*

カズオ・イシグロ「日の名残り」読みました♪



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。




【日の名残り】カズオ・イシグロ rating_50.gif


……ではありますまいか。

読んだ後に、執事スティーブンスのようにそんな言葉遣いがしたくなる(笑)

レビューを書くのがとてもとても難しい本です〜balloon_89.gif
「面白い」「スピード感がある」どちらの言葉も当てはまらない気がします。

決して起伏のある作品ではないですし、むしろテンポ自体は単調かもしれません。
でも、物語全体に漂う郷愁、静謐さ、流麗な文章…どれをとっても素晴らしいの一言です!
心の暗い部分に、サァーッと光が差すような……とにかく素敵な作品でした。


lb.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 格調高い文章  執事の品格  イギリスの田園風景  内省


あらすじを読むだけでは、なかなか食指が動かなかったのですが、、、
読友さんの絶賛レビューを読んで「それなら…」と、ようやく重い腰を上げましたballoon_145.gif

イギリスの大邸宅ダーリントン・ホールで、30年以上も勤めてきた執事スティーブンス。
彼は主人から6日間の休暇を与えられ、何十年ぶりかの旅に出る事に。
美しい田園風景を旅しながら、彼は自分の今までの人生を振り返ります。

心から慕っていた昔の主人、軽口を叩きながらもお互いを尊敬していた女中頭。
過ぎ去った日々は、二度と戻って来ないからこそ美しいのでしょうねぇ。。。

伝統的な英国執事らしい、少し生真面目で丁寧な語り口がとても心地良いです…balloon_28.gif
ジョークの使い方を真剣に悩んでいる所にちょっと吹き出した(笑)

皆さん、騙されたと思って是非読んでみて下さい。間違いなく名作です!!



pl2.gif

オマケ……

今日は天気が良かったので、朝早くから近くの公園までお散歩に行ってきました。
誰もいない静かな森の中で、たっぷり緑の香りを吸い込んできました。
滝の水しぶきがほてった肌に心地良いです〜〜balloon_133.gif

滝….jpg


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.07.22 *Thu*

柴田よしき「聖なる黒夜」読みました♪


 

【聖なる黒夜】柴田よしき
rating_49.gif

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

東日本連合会春日組大幹部の韮崎誠一が殺された。容疑をかけられたのは美しい男妾あがりの企業舎弟…それが十年ぶりに警視庁捜査一課・麻生龍太郎の前に現れた山内練の姿だった。あの気弱なインテリ青年はどこに消えたのか。殺人事件を追う麻生は、幾つもの過去に追いつめられ、暗い闇へと堕ちていく―ベストセラー「RIKO」シリーズから生まれた究極の魂の物語、ついに文庫化!



うぅっ……すごいお話でした。
ここまで人と人との繋がりを濃厚に描いた作品が他にあったでしょうか。
憎しみにも似た歪んだ愛情、過去に犯した罪と赦し、、、圧倒されてしまいましたballoon_89.gif

えっと…「愛情」と書きましたが同性愛です。それもかなり濃ゆい(笑)
読書メーターで皆さんのレビューを読むと、BLと書いている方達もいましたが、
そんな言葉さえ軽く思えてしまうほどの関係です。魂で繋がりあっているような…。

麻生と練の、愛憎相半ばする感情は、読んでいて痛々しいほどです〜balloon_73.gif


leaf_03.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ミステリ  冤罪  刑事×ヤクザ?  愛憎劇


ベースはがっつり本格的な刑事ミステリです。
それに濃厚すぎるキャラクターが絡んでくるので、否応なく引き込まれてしまいます!

暴力団の大幹部・韮崎が、何者かに喉を掻き切られて殺されていた。
容疑者の一人として浮上したのは、韮崎の右腕だった美しい男・山内練。
事件を担当する事になった刑事課一課係長・麻生龍太郎は、10年ぶりに練と再会する。


冤罪という、とてつもなく重いテーマです。。。
優しく気弱な青年から、ヤクザの右腕(愛人?)になるほどの、練の変貌ぶり。
冤罪は、当人にとっては気の遠くなる程過酷な年月。人を別人のように変えてしまうballoon_47.gif


10年前、麻生と練の間には何があったのか?韮崎は、一体誰に殺されたのか?
麻生の追う事件と、過去に起こった世田谷事件を絡めながら真実に迫っていきます。

最悪の展開を予想していたので、希望の光が見えるラストには本当に救われましたballoon_91.gif
文庫上下巻それぞれに収録されているサイドストーリーが、すごく嬉しい。
下巻の方の後日譚「ガラスの蝶々」を読んでニヤついちゃいました(笑)


pl2.gif


話は変わりますが…

ブログがとうとう20万アクセスを超えました!!!

ここまで続けられたのも、毎回遊びに来てくれるお友達のおかげです〜balloon_75.gif
これからも、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。。。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.07.18 *Sun*

コーマック・マッカーシー「ザ・ロード」読みました!



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

空には暗雲がたれこめ、気温は下がりつづける。目前には、植物も死に絶え、降り積もる灰に覆われて廃墟と化した世界。そのなかを父と子は、南への道をたどる。掠奪や殺人をためらわない人間たちの手から逃れ、わずかに残った食物を探し、お互いのみを生きるよすがとして─。世界は本当に終わってしまったのか?現代文学の巨匠が、荒れ果てた大陸を漂流する父子の旅路を描きあげた渾身の長篇。ピュリッツァー賞受賞作。




【ザ・ロード】コーマック・マッカーシー rating_47.gif


救いのない物語です。
重い、辛い、希望がないballoon_47.gif (三拍子揃ってるなー笑)

作者は、何を意図してこの作品を書いたんだろう?未だに分かりません…(笑)
それでも心にズシリと、何かしら残るものがあります。

舞台は、核戦争後の荒廃した近未来です。
灰色の重たい雲が垂れこめ、植物は枯渇し、動物の姿さえ目にする事はない。
ちらちらと冷たい雪が舞い落ちる中、ある父子が南へ向かって旅をしています。


leaf_03.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 近未来SF  荒廃した世界  南には何が待っているのか?


最初、リチャード・マシスンの「アイ・アム・レジェンド」を思い出しました。

 レビュー

雰囲気がかぶる…?と思ったけれど、似て非なるものですねぇ。。。
「アイ・アム・レジェンド」に比べると、こちらはそれほど起伏のある話ではないかな。

凍てつくような寒さと飢えに震えながら、父子は暖かい南を目指します。
耐えがたい飢餓と生き残った人間達に遭遇する恐怖。そして「死」への羨望。
父子の向かう先に希望がない事は疑いようもなく、ただ虚無感ばかりが胸を覆う。

何故世界はこうなってしまったの?とか、息子を手放した母親の事だとか、
色々と説明不足な点もありましたが、それがこの物語の雰囲気を作っているのかな。

とても一言では言い表す事のできない凄まじい作品でしたballoon_59.gif


今ちょうど「ザ・ロード」の映画公開が始まっているみたいですね〜balloon_34.gif
ヴィゴ・モーテンセン主演。公式サイトで予告編が見られます。息子役が可愛い…(笑)


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.07.16 *Fri*

8月新刊*購入予定本*&FE届きました!!!


毎月恒例、8月の購入予定本です〜balloon_28.gif

【文庫】

 5日 「阪急電車」(有川浩)
 5日 「有頂天家族」(森見登美彦)
10日 「こころげそう」(畠中恵)
10日 「マラザン斃れし者の書1 碧空の城砦2」(スティーヴン・エリクスン)
12日 「びっくり館の殺人」(綾辻行人)
28日 「薄妃の恋 僕僕先生」(仁木英之)


【漫画】

 4日 「ONE PIECE」59巻(尾田栄一郎)
 4日 「バクマン。」9巻(小畑健)
25日 「ハイガクラ」3巻(高山しのぶ) 


【単行本】

 7日 「土曜日は灰色の馬」(恩田陸)



とうとうワンピの新刊だ〜〜〜balloon_59.gif

恩田さんの「土曜日は灰色の馬」はどうやらエッセイらしいです。
それと、「夜の底は柔らかな幻」という作品も8月に出るとか出ないとか…?


pl2.gif


ところで……
今日、予約していたゲームが届きました!!!

「ファイアーエムブレム 新・紋章の謎〜光と影の英雄〜」


FE!.jpg

会いたかったよ、マルス!!シリウス〜〜!!
相変わらず顔はのっぺりしてるけど…(笑)スーファミ時代のキミが懐かしいよ…。
今回はマイユニットが作れるみたいだけど、どうなんだろう。とりあえずプレイ!

この夏はゲーム三昧になりそうです。。。



2010.07.14 *Wed*

恩田陸「ロミオとロミオは永遠に」再読しました♪


 

【ロミオとロミオは永遠に(上)(下)】恩田陸 rating_49.gif

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本人だけが地球に居残り、膨大な化学物質や産業廃棄物の処理に従事する近未来。エリートへの道は唯一、「大東京学園」の卒業総代になることであった。しかし、苛酷な入学試験レースをくぐりぬけたアキラとシゲルを待ち受けていたのは、前世紀サブカルチャーの歪んだ遺物と、閉ざされた未来への絶望が支配するキャンパスだった。やがて最下級の「新宿」クラスと接触したアキラは、学園の驚くべき秘密を目にするが…。



ここのところ、なんとなく重い作品が続いていたので、、、
「テンションが上がる小説が読みたい!!」と、久々に再読してみました〜balloon_34.gif

あぁ、やっぱ面白かった。このぶっとび加減がたまりません(笑)
今の恩田さんなら、もうこういう小説は書かないだろうな…と思うと、これは貴重ですね。

恩田さんのミステリは大好きですが、元々はジャンルに縛られない作家さん。
「月の裏側」「禁じられた楽園」みたいなホラー、「ライオンハート」みたいなラブストーリー、
それに今回みたいなSFも、どんどん書いて欲しいなぁと切に願っています…balloon_59.gif


020.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 近未来SF  学園物  命がけの脱走  友情  ノスタルジー


話が脱線しまくったので元に戻します。。。

この作品、驚くべきスピード感で最後まで勢いで読ませてくれますballoon_133.gif
膨大な化学物質や産業廃棄物に埋もれた、近未来の日本が舞台になっています。
唯一将来を約束されるのは、「大東京学園」の卒業総代になること。

まずあり得ない設定なのですが、そういう世界なのだと納得しましょう!(笑)
この設定で「何故?」と躓いちゃう方は、もしかすると最後まで楽しめないかもですballoon_89.gif

過酷すぎる入学試験、異常な教師達、死者さえも続出するゲーム……。
入学するのは、ほんの一握りの優秀な男子生徒のみ。そして脱出はもはや命がけ。

格闘技の達人であるアキラと、美少年(&超毒舌)のシゲル。
この「大東京学園」の矛盾と恐ろしさに気付いた二人は、脱走を企てます。
生徒達皆が互いを蹴落とそうとする中で、この二人の友情だけは妙に眩しいです(笑)

「成仏」後の世界も覗いてみたいぞ…!


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.07.12 *Mon*

綾辻行人「霧越邸殺人事件」読みました!



霧越邸殺人事件

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

或る晩秋、信州の山深き地で猛吹雪に遭遇した8人の前に突如出現した洋館「霧越邸」。助かった…安堵の声も束の間、外界との連絡が途絶えた邸で、彼らの身にデコラティブな死が次々と訪れる。密室と化したアール・ヌーヴォー調の豪奢な洋館。謎めたい住人たち。ひとり、またひとり―不可思議極まりない状況で起こる連続殺人の犯人は。驚愕の結末が絶賛を浴びた超話題作。




【霧越邸殺人事件】綾辻行人 rating_48.gif


館シリーズ以外で、綾辻作品を読むのは初です〜balloon_91.gif

正直、館シリーズほどのどんでん返し、驚きはありません。
でも幻想的な描写やミステリとしての美しさで比べるならば、こちらのほうが上ですねぇ。

この本を見た時、一瞬躊躇しました(笑)

……分厚いぞ、コレ。

約700ページの長編。中だるみせずに読ませてくれるだろうか?とballoon_145.gif
大丈夫でした。一度も睡魔が襲ってくることもなく、一気に読了しちゃいました!
読了後も、ただただ雪の中にひっそりとそびえ立つ霧越邸の姿が目に浮かぶようでした。


leaf_03.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 本格ミステリ  幻想的  見立て殺人  洋館


ある信州の山深い地で、劇団「暗色天幕」のメンバー8人は猛吹雪に遭遇する。

突如として現れた幻想的な洋館「霧越邸」に、彼らは命からがら転がり込むが…
外界との連絡が絶たれた状態で、一人、また一人と何者かに殺されていきます。

北原白秋の童謡「雨」に見立てた連続殺人
読み終えた今となっては、不思議と「残酷さ」よりも「美しさ」の印象が強いです!
雪の中、一輪の真っ赤な花が咲いたような死。映像にしたら、かなり鮮烈だろうな〜(笑)

ちなみに、≪オススメPoint≫で「本格ミステリ」と書きましたが、
オカルトな要素(「霧越邸」の持つ特殊な力だとか)が前提になっているので、
もしかすると本当の意味での「本格」ではないかもしれませんねぇ。。。

犯人やトリックにさほど新鮮味はないですが、面白かったです〜〜balloon_75.gif
この本の主役は、人間ではなく「霧越邸」なのだと思います!


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.07.10 *Sat*

米澤穂信「インシテミル」読みました♪




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給十一万二千円がもらえるという破格の仕事に応募した十二人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった─。いま注目の俊英が放つ新感覚ミステリー登場。




【インシテミル】米澤穂信 rating_50.gif


「インシテミル」やっとこさ文庫化されましたballoon_34.gif

古典部シリーズや小市民シリーズのような日常的なミステリも良いのですが、
「殺人事件のない」ミステリに、少しだけ物足りなさを感じていたのも事実で…(笑)

今回は大好きなクローズド・サークル物!すごく面白かったです〜〜balloon_59.gif
米澤さんの作りだすブラックで悪趣味 (褒めてます。笑) な世界は、かなりツボです。
また米澤ワールドの新たな一面を垣間見る事ができて、もう大満足です!!


003.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ミステリ  クローズド・サークル  疑心暗鬼  館の謎


「時給11万2000円」という、見るからに怪しげな求人広告。
ある者は本気で、ある者は冷やかしで…様々な思惑を持った12人が集まった。
仕事は一週間、<暗鬼館>という密室状態の建物で、四六時中観察される事だった。

蓋をあけてみると、恐ろしいルールが被験者達を待ち受けていた…。
人を殺すとボーナスポイント。さらに犯人を正しく暴いてもボーナスポイントballoon_125.gif

なんつー悪趣味な設定だよ!!
とツッコミ入れつつも、面白くて一気読みballoon_37.gif
それぞれの部屋に、ひとつずつ異なる凶器があり、部屋の鍵はかからない。

周りは見知らぬ人間ばかりで、徐々に疑心暗鬼に陥る被験者達。
そのうちの一人が謎の死を遂げた事を皮切りに、次々と死者が増えていく。。。
<暗鬼館>のみならず、<霊安室><監獄>というネーミングも不安を煽ります(笑)

かなり殺伐とした雰囲気ですが、主人公・結城の飄々としたユルい性格が救いです!


sheep_01.gif  この作品、どうやら映画化されるみたいですねぇ。公開は10月16日。
超豪華キャストです!→ 「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」公式サイト



bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.07.09 *Fri*

6月☆観賞メーターまとめ


6月に観たDVDを観賞メーターでまとめました〜balloon_34.gif


6月の鑑賞メーター
観た本数:3本
観た時間:346分



愛を読むひと (完全無修正版) 〔初回限定:美麗スリーブケース付〕 [DVD]愛を読むひと (完全無修正版) 〔初回限定:美麗スリーブケース付〕 [DVD]
ドイツ文学「朗読者」の映画化。観終わった後、すっかり放心状態になってしまった。少年マイケルのひと夏の恋。ハンナは何故彼に本の朗読を頼むのか?彼女は何を隠しているのか?ハンナの突然の失踪から8年。法学生となったマイケルが傍聴したのは、戦時中の罪に問われるハンナの裁判だった。前半の濃厚なラブシーンから一転。後半は現在と過去からハンナの秘密に迫り、重く悲しい展開になっていきます。ほんとやりきれない。マイケルに怒りすら覚えるのは私だけですか?手紙の返事、書いてよ!
鑑賞日:06月28日 監督:スティーヴン・ダルドリー


遊星からの物体X [DVD]遊星からの物体X [DVD]
面白かった!自分の中では「エイリアン」を上回るSFホラー。南極探検隊の基地で見つかった身の毛もよだつような「物体」。その日を皮切りに、隊員達は一人、また一人と正体不明の「物体」に乗っ取られていく。30年近くも前の作品なのにこの特殊メイクは凄いとしか言いようがない!あの血液検査のシーンの恐ろしさ(思わず飛び上がった。笑)や奇怪なクリーチャーの不気味さはさることながら、仲間達のうち誰が「偽物」なのかと徐々に疑心暗鬼に陥っていく描写は見事。若かりし頃のカート・ラッセルがめちゃめちゃ格好良いです。
鑑賞日:06月27日 監督:ジョン・カーペンター


Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]
死神=金城武はハマり役ですね!ラストで全てが繋がった時の爽快感!どんよりとした曇り空から澄み渡った青空に変わるのが印象的。黒犬が良い味出てますね〜♪原作の雰囲気を壊さず、なかなか良い出来だったと思います。
鑑賞日:06月06日 監督:筧昌也



lp.gif


6月に観たのは3本と少なめでしたが、どれも面白かったです!

「愛を読むひと」は凄かった。涙が止まらなかったです〜balloon_73.gif
原作はドイツ文学「朗読者」。(「愛を読むひと」という邦題はしっくりこない??)



初めて読んだのは、確か高校生の頃だったと思いますが、
当時はそれほど印象に残らなかったんです。むしろちょっと嫌悪感すら感じて(笑)

15歳の少年が、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に落ちる話。
彼女は何故か「何か朗読をしてよ、坊や!」といつも本の朗読を求める。

そして彼女の突然の失踪、そして数年後ナチスの過去を裁く法廷で再会する。
彼女は過去にユダヤ人を迫害したとして重罪を犯していたのだった…という感じです。

The Reader.jpg

年上の女性ハンナ役には、「タイタニック」のケイト・ウィンスレット。
ケイトの体当たり演技にはもう感服します(笑)これぞ女優。す、凄いです……。

何故ハンナは姿を消したのか?何故少年マイケルに朗読を求めたのか?
一体過去に何があったのか?ラブストーリーとしてもミステリとしても秀逸ですballoon_91.gif

昔はマイケル(原作ではミヒャエルだったかな?)に感情移入していたのに、
今ではハンナの視点から観ている事に、自分でも驚きました(笑)
もう一度、原作を読みなおしてみたくなりました〜balloon_59.gif




2010.07.08 *Thu*

ハリー・クレッシング「料理人」読みました♪


料理人
【内容情報】(「BOOK」データベースより)

平和な田舎町コブに、自転車に乗ってどこからともなく現れた料理人コンラッド。町の半分を所有するヒル家にコックとして雇われた彼は、舌もとろけるような料理を次々と作りだした。しかし、やがて奇妙なことが起きた。コンラッドの素晴らしい料理を食べ続けるうちに、肥満していた者は痩せはじめ、痩せていた者は肥りはじめたのだ……。悪魔的な名コックが巻き起こす奇想天外な大騒動を描くブラック・ユーモアの会心作。




【料理人】ハリー・クレッシング rating_48.gif


何とも言えぬ怪しげな表紙に惹かれました。
それに「料理人」。深読みしてくれ!と言わんばかりの意味深なタイトル(笑)

笑える展開ながら、皮肉とブラックユーモアを随所に散りばめていて、
ヘタなホラー作品よりもゾッとします。まぁ一言で言うと「不気味な本」ですねぇ。
この作家もどうやら謎の覆面作家らしく、物語の不気味さに拍車をかけていますballoon_89.gif

この作品が出たのが1972年なので、もう40年近くも前ってことになるの?
随分昔の本なのに、読書メーターを見ると読者数が思いのほか多い事に驚きました!

とにかく奇妙で面白くて、謎に満ちた作品でした…balloon_145.gif


leaf_03.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 不気味な料理人  美味しそう…  謎  どんな秘密が?


名門ヒル家に雇われた新しい料理人の男コンラッド。
彼の作る素晴らしい料理の数々は、我儘なヒル家の人々を魅了していくが、、、
やがて太った者は痩せていき、痩せた者は太っていくという奇妙な現象が起こり始める。

一体、コンラッドの作る料理にはどんな秘密があるのかballoon_38.gif

やっぱり料理っていうのは人間の心を掴むものだと実感しました〜(笑)
「食」は生きていくうえで最も大切なもの。それを自由自在に操れるとしたら…

最初はへりくだった態度に出ているコンラッドも、
徐々にヒル家の人々の心を掌握し、やがて不躾とさえ思える発言も飛び出していく。
でも皆その事に気付かない……間違いなくコンラッドはwing_03.gif悪魔の料理人wing_04.gifですな。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.07.05 *Mon*

湊かなえ「告白」読みました!



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが遂に文庫化!“特別収録”中島哲也監督インタビュー『「告白」映画化によせて』。




【告白】湊かなえ
rating_48.gif


「告白」やっと文庫化されました!長かった〜〜balloon_77.gif

至る所で「衝撃」だとか「後味悪い」という感想を目にしていたので、
ちょっとドキドキしながら読んだんですが、思ったほどではありませんでした。

ただ、これが<本屋大賞>っていうのは世も末じゃのぅ、と思う。
<本屋大賞>=これを売りたい!是非皆さんに薦めたい!と、書店員が選ぶ本。
確かに面白いし、個人的には好きだけど…これを人に薦めたいとは思わないなぁ(笑)

出来ることなら、ひっそりと読んで、ひっそりと自分の胸の内に留めておきたい。
人間誰もが心の奥底に抱える悪意が浮彫りになり、何だか疚しい気持ちにさせられます。
読んでいるうちにムズムズと居心地の悪くなる、そんな本でしたballoon_89.gif


024.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ 教師の告白  悪意  偽善  思ったよりも後味悪くない


……と、↑で書きましたが。個人的にはこの本好きです!

ある幼い女の子の死。物語は、その子の母親である女教師の独白から始まります。
「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺された」と。

彼女は決して激する事なく、あくまでも淡々と静かに語り始める。(これがまた怖い・・・)
少年A・少年B・そして少年の母親の手記…様々な視点から一つの真実に迫っていきます。
生徒達の間にじわじわと伝染していく恐怖、狂気が生み出すラスト。

物語がどこへ向かうのか予想もできず、一気読みの面白さでした〜balloon_28.gif
でも、正直心に残るものは少ないです。。。(笑)


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)





2010.07.04 *Sun*

6月☆読書メーターまとめ(3)


読書メーターまとめ、これで最後です。。。

ロミオとロミオは永遠に〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)ロミオとロミオは永遠に〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
再読。ここ最近ちょっと重めの本が多かったので、一気にテンションが上がりました!やっぱり面白い。恩田さんお得意の本格ミステリも面白いけれど、こういう学園SFや「上と外」のような冒険譚、「月の裏側」のようなホラーもどんどん書いて欲しいです。ジャンルに縛られないのが恩田さんの一番の魅力だと思うので。話が脱線しましたが(笑)「ロミオとロミオ〜」はとにかくスピード感に溢れ、バトロワのような過酷な試練続きの展開に、思わず手に汗握ります。「成仏」した後の世界もちらっと覗いてみたい、と思うのは私だけでしょうか。
読了日:06月13日 著者:恩田 陸


ロミオとロミオは永遠に〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)ロミオとロミオは永遠に〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
久しぶりに再読。やっぱりこの本最高だよ!恩田さんにはこういうぶっとんだSFをもっともっと書いて欲しい、と切に願う今日この頃。膨大な化学物質や産業廃棄物に埋もれた近未来の日本。唯一将来を約束されるのは、「大東京学園」の卒業総代になること。過酷な入学試験、異常な教師達、死者さえも続出するゲーム・・・入学するのは難しく、脱出するのはさらに難しい。スティーブ・マックィーンの映画「大脱走」を思い出します!誰もがお互いを蹴落とそうとする中で、格闘の達人アキラと美少年(でも毒舌)シゲルの友情が何だか眩しい(笑)
読了日:06月09日 著者:恩田 陸


櫻狩り 中 (フラワーコミックススペシャル)櫻狩り 中 (フラワーコミックススペシャル)
や、病んでいる・・・!!蒼磨様の心の深淵を覗きこむ度、絶望と虚無しか感じ取れず動揺してしまう。あまりにヘビー過ぎて、休憩しながらでないと読めません(笑)身体を支配することでしか心を繋ぎとめることはできないと、半ば脅迫観念に囚われている蒼磨様がとても哀しい。痛々しい。泥沼化した二人はどんな結末を迎えるのでしょう?怖・・・
読了日:06月08日 著者:渡瀬 悠宇


櫻狩り 上 (フラワーコミックススペシャル)櫻狩り 上 (フラワーコミックススペシャル)
子供の頃読んでいた「ふしぎ遊戯」とのあまりの違いに愕然!!耽美系には多少(?)耐性はあったかと思ったのですが、驚くほどの美しさと淫靡さ、そして毒々しさにすっかり度肝を抜かれてしまいました(笑)純真な書生・正崇と美しき(魔性の)若様・蒼磨。大正時代の雰囲気が良く出ています。
読了日:06月08日 著者:渡瀬 悠宇


日の名残り (ハヤカワepi文庫)日の名残り (ハヤカワepi文庫)
なんて静かな物語なんだろう。主人公である老執事スティーブンスの回想。心から慕っていた主人。軽口を叩き合いながらもお互い尊敬し合い、良き友であった女中頭。淡々と穏やかと言えるほどに物語は進んで行くのだけれど、読了後にどこか物悲しい余韻が残っていて、あぁこれは悲劇だったのかと気付く。過ぎ去った日々は二度と戻らないからこそ美しい。執事の丁寧な語り口調が何とも心地良く、知らず知らずのうちに引き込まれていきます。上手く言葉にできないのがもどかしい・・・素晴らしい作品なので、是非皆さんに読んでいただきたいです!
読了日:06月08日 著者:カズオ イシグロ


ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス)
あぁぁぁ・・・また今回もなんて所で終わるんだ(泣)ルフィとエース共闘の日が来ようとは思ってもみなかった!いやぁ、これはワンピ史上最高のクライマックスですね。白ひげもイワさんもハンコックも、クロコダイルさえも皆カッコいい!この場に麦わら一味がいない事が本当に悔やまれる〜〜(><)赤犬が憎い!「MARINE」なんてふざけた帽子被ってるくせに!早くも続きが待ち遠しい・・・
読了日:06月06日 著者:尾田 栄一郎


ザ・ロード (ハヤカワepi文庫)ザ・ロード (ハヤカワepi文庫)
諦観。そんな言葉が頭に浮かんだ。世界が灰で覆われ、植物は枯れ、人々は飢え、凄惨な争いを続けている近未来。リチャード・マシスンの「アイ・アム・レジェンド」とは似て非なるものですね。父子は救いを外に求める事はしない。凍てつくような寒さと飢え、半ばゾンビ化した人間達に対する恐怖に震えながら、ただひたすら南を目指す。父子の向かう先に暗い闇が待ち受けている事は疑いようもないのに、「もしかしたら・・・」と頭のどこかで光を探し求めてしまう。虚無。痛み。絶望。とても一言では言い表す事のできない凄まじい作品でした。
読了日:06月02日 著者:コーマック・マッカーシー

読書メーター



heart_01.gif


漫画はどれもアタリでした!!
中でもタシガミさんから紹介していただいた「ヒストリエ」の面白さは群を抜いています。

後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの生涯を描いた漫画なんですが、
まずは1巻…と読み始めたら止まらなくって、既刊本全て読破しちゃいました。
現在出てるのは6巻まで。やっとアレキサンダー青年期の始まりですballoon_28.gif




カズオ・イシグロさんの「日の名残り」も凄く良かったです。
老執事の穏やかな語り口が何とも心地良く、胸が静かな感動で満たされましたballoon_123.gif
同じ執事でも黒執事のセバスとは比べちゃいけないよね〜(笑)




2010.07.04 *Sun*

6月☆読書メーターまとめ(2)


読書メーターまとめ、続きです〜〜balloon_34.gif

インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)
小市民シリーズのような日常的なミステリも良いけれど、殺人事件が起こらないミステリにちょっぴり物足りなさを感じていたのも事実。今回は米澤さんの新たな(ブラックな)一面を垣間見る事ができました!<暗鬼館><霊安室><監獄>。時給11万2000円+人を殺すとボーナスポイント。なんて悪趣味な設定なんだ!と思いつつも、つい夢中で読んでしまう(笑)他の方もご指摘の通りキャラ作りにはもう少し改善の余地がありますが、いや、ストーリーは面白いですよこれ。そしてラストの意味深な手紙・・・続編希望します!!映画化も楽しみ♪
読了日:06月21日 著者:米澤 穂信


乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
は〜〜至福の時でした!!1回目は夢中でストーリーを追い、2回目はアミルとカルルクの仲睦まじさに思わず笑みがこぼれ、3回目は衣装や装飾品、刺繍(!)の煌びやかさにウットリし・・・結局3回も読んじゃいましたわ(笑)本当にこの漫画は凄い!書きたい事が沢山あるのに、どんな感想を書いてもしっくりこないような気がする。8歳も年下の夫カルルクだけど、既にお嫁さんを守ろうという心意気が感じられてドキリとする。でもやっぱりアミル兄に惚れてます・・・あんな男前に悪い人はいない、と信じたい(笑)
読了日:06月20日 著者:森 薫


ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC)
とうとう王子アレクサンドロスが登場しました!金髪オッドアイに蛇の痣。その人目を引く美しい風貌もさることながら、鋭い観察眼や人望の篤さを見ると、やはり生まれながらの帝王だなぁと感じる。早くも続きが待ち遠しい!・・・って、これ1年に1冊ペース(いや、それ以上?)なの?うわぁ、もっと大事に読めば良かった。このペースだと新刊が出る度に1巻から再読、という事になりそうですね。
読了日:06月19日 著者:岩明 均


ヒストリエ(5) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(5) (アフタヌーンKC)
あぁ、4巻の表紙とは凄い差だ・・・(笑)このマケドニア王フィリッポスのエピソードも読んでみたいなぁ。エウメネス故郷編。幼い頃に酷い仕打ちを受けたわけだけど、彼の事を心から思っていてくれる人がいたんだと分かって、少しだけ心が温かくなる。次はとうとうアレクサンドロスの登場?エウメネスとどう絡んでくるのかな・・・楽しみです♪
読了日:06月19日 著者:岩明 均


ヒストリエ(4) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(4) (アフタヌーンKC)
エウメネスの知略が冴える4巻目。本来スキタイ人としての高い身体能力がありながらも、「村人を一人も死なせない」と頭脳戦に持ち込むところがさすが!これでようやく1巻冒頭に繋がったんですねぇ。いつかサテュラやバトに再会する日は来るのでしょうか・・・。それよりもレスボス島の生物研究所にいる変人が気になる〜(笑)これも後々の伏線になってるんだろうな。
読了日:06月19日 著者:岩明 均


料理人 (ハヤカワ文庫 NV 11)料理人 (ハヤカワ文庫 NV 11)
何とも言えぬ不気味な表紙に惹かれて。文句なしに面白い!そして恐ろしい。名門ヒル家に雇われた新しい料理人の男コンラッド。誰もが彼の作る料理の虜になり、太った者はどんどん痩せていき、痩せた者は見苦しい程太っていく。コンラッドの料理には、どんな秘密があるのだろうか?一番恐ろしいのは、彼が人心を掌握する術をすっかり身につけていることでしょうねぇ。不躾とさえ思える発言も、徐々にヒル家の人々にはなくてはならないものとなっていく。一言で言うと不気味。コンラッドが上機嫌の時は要注意です(笑)
読了日:06月15日 著者:ハリー・クレッシング


ヒストリエ(3) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(3) (アフタヌーンKC)
あぁ、ヤバイ。どんどん面白くなってきます!続きが今手元にないので、あまりのもどかしさに発狂しそうになります(笑)冒頭部分から涙が止まらなかった。賢すぎる主人公エウメネス。幼い頃から無意識のうちに処世術を身につけていた・・・と思ったけれど、時折見せる歳相応の表情に少しだけ安堵すると同時に、あまりの不憫さに何も言葉が出てこなくなる。「おまえの最期も・・・不自然なものでなきゃいいよな」お、恐ろしい。少年が言う言葉じゃないよ〜!(笑)
読了日:06月15日 著者:岩明 均


ヒストリエ(2) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(2) (アフタヌーンKC)
ひぇ〜〜っ・・・スキタイ人、容赦ないな(汗)過去に生皮を剥ぐ人間達がいたというのは知っていたけれど、さすがにあのシーンはギョッとしました。ちょっとしたグロも含まれているので、苦手な人は要注意。でもストーリーはめちゃめちゃ面白い!!突如として始まったエウメネスの過去編。「坊っちゃん」から、ある日を境に「奴隷」に成り下がる過酷な運命。ここからどう書記官としての一歩を踏み出していくのでしょう?続きが楽しみ!
読了日:06月14日 著者:岩明 均


ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)
うむ、面白い!後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの生涯を描いた漫画。1巻は特にこれといった起伏もなく淡々と進んでいくのですが・・・何故だか不思議と惹きつけられる。古代ギリシャの街の描写はもちろん、キャラクター作りが巧くて、主人公エウメネスの視点で読み進めていく事ができる。バルバロイ、スキタイ人、懐かしい響きだ〜(笑)学生の頃は暗記するのに必死だったけれど、今なら時代背景を絡めて面白く読める気がします。
読了日:06月14日 著者:岩明 均





2010.07.04 *Sun*

6月☆読書メーターまとめ(1)


6月に読んだ本を、読書メーターでまとめました〜balloon_133.gif
漫画月間です(笑)


6月の読書メーター
読んだ本の数:24冊(小説10冊・漫画14冊)
読んだページ数:6592ページ



FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)
海斗が結核治療のため現代に戻り新章の幕開け。ようやく再会した和哉の変貌ぶり(笑)にちょっと驚き。こんな黒い人になっちゃって・・・と嘆きつつ、扉絵に不覚にもドキリとしてしまう。これは海斗を簡単に返してくれそうにないなぁ。「親友」以上の気持ちに気付くのは時間の問題ですね!16世紀側は読んでいてあまりにも辛い。拷問に耐えるジェフリー、神に助けを求めるビセンテ、ジェフリーへの友情と海斗への愛情の狭間で揺れるナイジェル。なんて罪な子だよ、海斗・・・!早く続きを〜〜!!
読了日:06月30日 著者:松岡 なつき


櫻狩り 下 (コミックス単行本〔フラワーズ〕)櫻狩り 下 (コミックス単行本〔フラワーズ〕)
なんていうか、凄い作品を読んでしまった。罪、赦し、愛憎の果てに正崇と蒼磨が導き出した答えとは・・・。上巻、中巻はあまりの悪意、劣等感、憎しみ、押し寄せる負の感情に怖気づいてなかなか下巻を読めなかったのだけれど、ほんの少しだけ救われるラストに安堵しました。大団円を迎えるとは期待していなかったけど、それでも二人一緒の道を歩んでいく事を願わずにはいられない。気持ちが落ち着いたら、また再読してみよう・・・。
読了日:06月30日 著者:渡瀬 悠宇


隠の王 13 (Gファンタジーコミックス)隠の王 13 (Gファンタジーコミックス)
いよいよ次が最終巻!帳から語られる壬晴の封じられていた過去。先生・・・今までどうでもイイ人だと思ってたけど、実はこんな大切な想いを秘めていたなんて。かなりの重要人物じゃないですか!(今更)正直宵風が登場しなくなってから、ぽっかりと穴が開いたようで。壬晴達が向かう先に希望が見えないのです・・・。それでも最後まで見届けずにはいられません。
読了日:06月30日 著者:鎌谷 悠希


黒執事 9 (Gファンタジーコミックス)黒執事 9 (Gファンタジーコミックス)
いつものことながら、また唐突な展開だなぁ!サーカス編の次はファントムハイヴ城殺人事件編ですか?(笑)何でもありな展開がまた面白い。セバス、どうせ死んでないんでしょ・・・むしろその死人メイクの完璧さのほうに目がいってしまいましたわ。あぁ、来月から始まるアニメはシエルもセバスも出て来ないのか・・・切ないデス。
読了日:06月30日 著者:枢 やな


聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)聖なる黒夜〈上〉 (角川文庫)
山内練という人物の持つ魅力の虜になってしまいました!「フォー・ディア・ライフ」を読んだ時、練には美しさの仮面の下に底の知れない暗さを感じたのですが、まさかこんな壮絶な過去があったとは・・・練と麻生を結びつけている、ある過去の事件。練の憎しみにも似た歪んだ愛が、とても切ない。文庫に収録されていたサイドストーリー「歩道」を読むとますますどうしようもない切なさと愛しさが募る。さてさて、散りばめられた伏線をどう回収していくのか?下巻に進みます〜♪
読了日:06月28日 著者:柴田 よしき


妖怪アパートの幽雅な日常3 (講談社文庫)妖怪アパートの幽雅な日常3 (講談社文庫)
相変わらずサクサク読めてしまうこのシリーズ。前巻のようにブフーッ!と吹き出す場面がなかったのが残念です。(残念、なのか・・・?笑)でも相変わらずるり子さんのご飯は魅力的。焼きウニにイカソーメンの生ウニ乗せ!!お酒が進むなぁ。ウニに目がない私には、もうこの描写だけで満足満足(笑)夕士と長谷は・・・もうどこまでも二人で突っ走って下さい。あなた達は、もう誰も止めませんから!!
読了日:06月25日 著者:香月 日輪


ミストスピリット―霧のうつし身〈1〉遺されし力 (ハヤカワ文庫FT)ミストスピリット―霧のうつし身〈1〉遺されし力 (ハヤカワ文庫FT)
第二部ミストスピリットが、3冊刊行されてから読もう!とずっと読むのを我慢していました。うぉーどんどん面白くなってきますなぁ。王としての振る舞いが徐々に板に付いてきたエレンド。でも彼は心の底では、臣下から「王として」見られるよりも「友として」見られる事を望んでいるようにも感じる。<霧の落とし子>であるヴィンとのこれからの関係も楽しみ。オレ=スールのキャラが何とも良い味出ています!(個人的にはずっとこの姿のままでいて欲しい。笑)謎の<観察者>や、内部に潜んだスパイ。早く続きを買ってこなくちゃ!
読了日:06月25日 著者:ブランドン サンダースン


ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)
前巻に引き続きトルフィン奴隷編。あの血気盛んなトルフィンはどこへ行ってしまったんだ・・・!と、思わず1巻を読み返してしまいました(笑)もう目つきが違うもんね、目つきが。今までヘタレトルフィンと思っていたけれど、今の無気力抜け殻状態よりはまだ生命力に満ち溢れていた。この試練を乗り切れば、一回りも二回りも成長を見せてくれるはず!いつかクヌート王子のように覚醒する日が来るのでしょうか?・・・って、ちょっとクヌートは変わりすぎだよ(笑)あぁ、続きが気になる〜〜!!
読了日:06月24日 著者:幸村 誠






2010.07.03 *Sat*

夏のバーゲンGETアイテム♪


朝から行ってきました、夏のバーゲン〜balloon_75.gif

買い過ぎちゃダメヨーダメヨーと自分に言い聞かせつつも、
5割引の文字を見るとついついレジへ直行してしまいます…(笑)

というわけで、戦利品をちょこっと公開。


白ストラップ

黄リボン


一番のお目当ては靴でした!白と黄色の2足購入。
8cmヒールに限界を感じ始めた今日この頃。足を労わってあげようと、どちらも3cm程度。
ヒールが低いっていうのは、こんなにも歩きやすいものなんですね〜balloon_28.gif


スカ

ひざ丈のスカート。サラサラした素材で夏も涼しげです。
風にブワーッとなるのが心配(笑)


黒ブラウス

チュニ

黄ブラウス

ジャケ


あとはチュニックやブラウス等トップス3枚に、ジャケット1枚です!
ジャケは秋まで出番ないかな〜〜balloon_47.gif



pl2.gif

唐突に話は変わりますが。。。

7月30日に貴志祐介さんの新作が出ます!!

「悪の教典」上下巻です。
狂気と戦慄のサイコ・ホラーらしい。早く読みたい……!!

詳しい内容は文藝春秋のサイトにて紹介されていますので、興味ある方は是非balloon_34.gif



2010.07.02 *Fri*

今邑彩「そして誰もいなくなる」読みました!




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

名門女子校の式典の最中、演劇部による『そして誰もいなくなった』の舞台上で、服毒死する役の生徒が実際に死亡。上演は中断されたが、その後も部員たちが芝居の筋書き通りの順序と手段で殺されていく。次のターゲットは私!?部長の江島小雪は顧問の向坂典子とともに、姿なき犯人に立ち向かうが…。戦慄の本格ミステリー。



【そして誰もいなくなる】今邑彩 rating_44.gif

低い評価でごめんなさい〜〜balloon_47.gif
この作品がお好きな方は、こんなへっぽこレビューは読まないで下さいね…(笑)

アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」を下敷きにした作品です。
舞台は名門女子校。芝居の筋書き通りに、次々と女生徒達が殺されていく。
一人は舞台上で青酸カリを盛られ、一人は斧で頭を割られ……。

こういうお話は大好きなのですが、いかんせん、テンポが単調過ぎます!
いつもの今邑作品の吸引力が、残念ながら今回は影をひそめていました…balloon_77.gif


024.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ミステリ  名門女子校  連続殺人  そして誰もいなくなった


まず、登場人物の思考が理解できません。皆あまりに浅はかすぎます!
警察が、部外者にペラペラと事件の内容をしゃべって良いの?
犯人がこれ見よがしに遺留品を残していくわけないじゃん!ちょっと考えてよ…

も〜〜何ていうかツッコミ所満載なんですよね。
そして伏線が分かり易過ぎて、犯人が簡単に予測できてしまうんですballoon_145.gif

最後の最後に、どんでん返しはあったのだけれど、、、
そもそもこれは伏線が全くないのだから、分かるわけがないんです(笑)
今回は、期待していた今邑さんだけに不満の残る作品になってしまいました〜balloon_89.gif

また「よもつひらさか」みたいなゾゾッと背筋が凍るホラーが読みたいなぁ。




bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.07.01 *Thu*

「風の影」カルロス・ルイス・サフォン


風の影(上)(下)
著者:カルロス・ルイス・サフォン
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1945年のバルセロナ。霧深い夏の朝、ダニエル少年は父親に連れて行かれた「忘れられた本の墓場」で出遭った『風の影』に深く感動する。謎の作家フリアン・カラックスの隠された過去の探求は、内戦に傷ついた都市の記憶を甦らせるとともに、愛と憎悪に満ちた物語の中で少年の精神を成長させる…。17言語、37カ国で翻訳出版され、世界中の読者から熱い支持を得ている本格的歴史、恋愛、冒険ミステリー。



お友達の珂音さんに紹介していただいた本です~きもち
珂音さん、これ凄く良かったです…!!素敵な本を教えていただいて感激です。

実は紹介して頂いてから、軽く1年以上は経ってしまいました。

珂音さんが絶賛されていたので、すごく期待してしまう反面、
もし自分に合わなかったらどうしよう?という不安もちょっとありましたし、
翻訳本(しかもスペイン)の上下巻を読破するのは、なかなか骨が折れる事です(笑)

でも、そんなのは杞憂だったようですねかお

時々寝食忘れる本には出会えますが、鳥肌が立つ本にはなかなか出会えないものです。
すごく、すごく面白かった。レビューを書くのが難しいです。。。


ライン

こもの ≪オススメPoint≫ ミステリ  本の墓場  謎の作家  霧のバルセロナ  


1945年、生々しい内戦の傷跡が残るスペインが舞台です。

ある霧の朝、少年ダニエルは父親に連れられて<忘れられた本の墓場>にやってくる。
そこで出会ったのは、ある一冊の古ぼけた本「風の影」。

ダニエルは、その本の著者である謎の男フリアンを調べていくうちに、
やがてバルセロナの「影」の部分に、徐々に足を踏み入れていく事になります。
ダニエルとフリアン。そしてフリアンの著書を消し去ろうとする<顔のない男>。

現在と過去が交錯し、やがて奇妙な平行線を作りだしていく小説手法は見事ですきもち

いや、正直ね…最初は「過去の事を調べて何が楽しいの?」って思ってたんですよ(笑)
でも驚きました。知らず知らずのうちに、現実と過去の境界線が歪み一つになるのです。

あ~~上手く表現できないのがもどかしいわかお

ミステリ・サスペンス・恋愛小説……様々な要素が融合し、
純文学と言ってもおかしくないほどの、上質な物語に仕上がっていますこもの

ラストで明らかになる真実は、切なくも温かい不思議な余韻を残しました。。。


ぼくは棚からそっと本をひきぬいて、パラパラとページをめくりながら、目をとおした。
書棚の独房から解放されて、本は金色のほこりをまき散らした。
ぼくは自分の選択に満足し、本を小脇にかかえて、口もとに笑みをうかべたまま、
迷宮をふたたび歩きはじめた。(-上巻P18)





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
     にほんブログ村

ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
24位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。