03
1
3
5
7
8
11
12
14
15
16
17
19
20
23
24
25
27
29
30
31
<< >>

This Archive : 2010年03月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.28 *Sun*

春服調達&プレイ中ゲーム♪


もうあとちょっとで4月ですねぇballoon_75.gif
ついこの間、新しい年を迎えたばかりだと思ったのにあっという間です!

北海道は相変わらず、まだまだ寒い日が続いていますが、、、
気分だけでも春らしくしようと思って、春服をちょこっと買って来ましたballoon_34.gif

ensemble

frill

skirt

stole


白のアンサンブルニット、グレーのフリルカットソー、ドット柄スカート、薄手のストール。

あーーーでもこちらはまだこんな感じです↓↓
寒い。いいかげん雪よ、止め…!こんな服着てたら、可哀想な目で見られるよ…(笑)

寒い…



それと!!!
ずっと欲しいと思っていた「薄桜鬼」がDSで出ましたよ〜〜balloon_59.gif

薄桜鬼

あぁ…これのせいで、最近は読書がさっぱり捗りません(笑)

斎藤一が、好きです。一目惚れです。
あの無愛想な性格と、人見知りの激しさがたまりません!

カズキヨネさんのキャラは、言うまでもなくどれも美形なんですが、
斎藤一のふわっと顔の周りに流した髪、冷たい目つき、立居振る舞い…全てが好きだ。
風間千景のキャラが、「華鬼」の響に似てる気がするのは気のせいだろうか…


「薄桜鬼」DS公式サイト


 





スポンサーサイト

2010.03.26 *Fri*

スーザン・プライス「500年のトンネル」読みました!




【500年のトンネル(上)(下)】スーザン・プライス rating_49.gif

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

21世紀の私企業が極秘裡に開発した“タイムチューブ”。トンネル様の装置を抜けると、そこは16世紀のイングランド/スコットランド辺境地帯、戦いに明け暮れる荒くれ者の一族が待っていた!21世紀人は“エルフ”と呼ばれ、“人の国”=16世紀側に対して、未来の産物「鎮痛剤」を提供、見返りに天然資源を要求するが…。カーネギー賞作家による、タイムトラベル・ファンタジイ。



先日続編「500年の恋人」が出たので、数年ぶりに再読。
1999年、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を抑えガーディアン賞を受賞した作品ですballoon_91.gif

ちなみにガーディアン賞は、カーネギー賞に並ぶイギリス二大児童文学賞のひとつ。

これが児童書だとは……!!

イギリスの子供達は侮れん。。。(笑)
戦闘描写にしても、甘〜い恋愛描写にしても、けっこうきわどい所があります。
かなり濃厚です。血の匂い、汗の匂い、咲き乱れる花の匂いが立ち上ってくるようで。


pen_01.gif

key_01.gif ≪オススメPoint≫ ファンタジー  タイムトラベル  時代を超えた恋愛  うっとり


21世紀の私企業が、極秘裏に開発した<タイム・チューブ>。
彼らはそのトンネルを通って、16世紀のイングランド辺境の地へ赴く事に。
そこに住んでいたのは、略奪、殺し合い…危険極まりないスターカーム一族。

16世紀側は<人の国>。21世紀側は<エルフの国>。
…と、スターカーム達は信じている。

<人の国>は<エルフの国>に鎮痛剤を要求し、(何て言ったって争いが絶えない民族だから・・・)
交換条件として<エルフの国>は<人の国>に天然資源を要求するが。。。

荒々しいスターカーム一族が、なんと魅力的な事!!!
長のトーキルドを始め、美人で逞しい妻イザベルや、一人息子の美青年ピーア。
命を守る事よりも、一族の名誉を守る事のほうが大事だというのは、この時代ならでは。


美しいピーアに惚れぼれします。

21世紀からきた女性研究員のアンドリア。
彼女は元の世界では"ふくよか"な部類だけど(笑)16世紀では絶世の美女!
ピーアがアンドリアに向けるあけすけな愛情には、読んでるこちらが赤面しちゃいますballoon_75.gif

もうちょい、21世紀の人間が賢かったらなーと思うんだけどね。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.03.22 *Mon*

4月新刊*購入予定本*&今日買った本達


毎月恒例、4月購入予定の新刊です〜balloon_34.gif

【文庫】

 8日 「告白」(湊かなえ)
10日 「ミストスピリット −霧のうつし身−(2)試されし王」(ブランドン・サンダースン)
15日 「書物狩人」(赤城毅)
23日 「そして誰もいなくなる」(今邑彩)


【漫画】

22日 「戦國ストレイズ」6巻(七海慎吾)
24日 「あまつき」11巻(高山しのぶ)
30日 「バクマン。」8巻(小畑健)


嬉しいのは湊かなえさんの「告白」。とうとう文庫化ですね!
ハードカバーで買おうかどうか迷っていたところだったので、グッドタイミング〜balloon_133.gif

来月の新刊は、ちょっと少なめで安心しました(笑)
積読本がハンパない事になってるので、少しずつ減らさなくては。
とりあえずは、目指せ100冊!です。


pl2.gif


……とか言いつつ、またもや今日積読本を増やしてしまいました。
本屋さんは危険な場所ですね…(今更)

最近お友達の間で話題の「テルマエ・ロマエ」をコソコソと探し周りましたが、
残念ながらうちの近くのショボい本屋さんには置いてありませんでした(笑)
こんな表紙ですけど、決して怪しい本じゃありません!(たぶん…)




「絶叫城殺人事件」はタシガミさんの紹介、「蘆屋家の崩壊」は日向さんの紹介です!
「月桃夜」は、nanaco好みの匂いがぷんぷんしてきますぜ…

買ってしまった….jpg





2010.03.21 *Sun*

加藤直之グイン・サーガ画集!!素晴らしすぎ!!


予約していた「加藤直之グイン・サーガ画集」が届きました〜balloon_28.gif

リンダとレムス。感慨深いものがあります。


グイン・サーガの表紙を飾った絵の大幅加筆と、加藤さんのコメント付き。
あぁ、あまりに素晴らしすぎて、美しすぎて……なんだか眩暈がしそうです。


というわけで、特に自分の好きな絵をちょこっとだけ紹介。

ケッ、アムネリスめ…!

↑麗しきナリス様と、敵国モンゴールの王女アムネリスとの偽りの婚礼。
これ、元々の絵(右上)と大分変っています。ナリス様の表情とかアムネリスのドレスとか。


レムスの戴冠ですねぇ。

↑「パロへの帰還」の、レムス戴冠の絵ですね。
よくよく眺めていると、衣装や王冠が隅々まで細かく美しくてウットリ。
レムスもリンダと同じ顔なんだから、元々は美少年なのよねぇ。あんな事になっちゃって…


幽霊船のイシュト

↑外伝「幽霊船」から、nanacoの初恋の人イシュトヴァーン!!
イシュトの少年時代ですね。キミはこの頃が一番好きだったよ、イシュト…。
同じ黒髪でもナリス様とは違った美しさがあります。


左の絵、なんか好きだわ♪

↑何故だかお気に入りなのがこの左の絵。
敵国に追われるリンダとレムスを、包み込むように優しく見守るグイン!
黄昏時の淡く切ない色遣いが、とてもとても好きなんです。


そしてそして……っ!!!


ナ、ナリス様ー!!


ナリス様ーーー!!!

左のグインも素晴らしいよ!
…でもでも、隣のナリス様に目がくらんでしまった…(爆)

引き締まったあご、高い鼻、長いまつげ、絹糸のような黒髪、憂いを帯びた瞳…
イシュト、ごめん。今日だけナリス様に浮気させてください。。。



これだけの充実度で、このお値段はちょっと安すぎです〜balloon_59.gif
グインファンでなくても大満足の一冊だと思います。ホント、素晴らしい絵です。

 




2010.03.18 *Thu*

リレー短編集「9の扉」読みました〜♪



【内容情報】

「猫」が「コウモリ」を呼び、「コウモリ」が「芸人」を呼ぶ!?
たった一言のキーワードが次の物語へと引き継がれ、思いがけない展開を呼ぶこのリレー短編集には、冒険心と遊び心がいっぱい。個性豊かな凄腕ミステリ作家たちが勢ぞろいしたこの本には、最高に愉快な体験がつまっています。豪華執筆人によるチーム力もまた絶妙。「あとがき」までリレー形式にこだわった欲張りな一冊が出来上がりました。



【9の扉 リレー短編集】(アンソロジー) rating_48.gif


リレー短編集って面白い!!
北村薫さんから始まり、次の執筆者へ好きなお題を回していくという面白い趣向です。

アンソロジー物って、同じ題材を扱っていてもどうもバラバラになる印象が強いのですが、
この「9の扉」は、前のお話と少しずつ繋がっている所が嬉しいですねぇ。。。
異なる作家が書いたとは思えないほど、調和がとれた作品でした〜balloon_28.gif


収録:『くしゅん』北村薫 → 『まよい猫』法月綸太郎 → 『キラキラコウモリ』殊能将之 →
『ブラックジョーク』鳥飼否宇 → 『バッド・テイスト』麻耶雄嵩 → 『依存のお茶会』竹本健治 →
『帳尻』貫井徳郎 → 『母ちゃん、おれだよ、おれおれ』歌野晶午 → 『さくら日和』辻村深月



hana16.gif


key_01.gif ≪オススメPoint≫ リレー短編集  繋がり発見!  爽やかな読後感  面白い


鳥飼否宇さん、竹本健治さん、歌野晶午さんは今回初の作家さんです。

特に好みだったのは鳥飼否宇さんと麻耶雄嵩さんのお話。
なんていうか、、、完全に油断していました(笑)どちらも驚愕のラストに唖然…!!
この二つのお話、実は繋がっているのですねぇ。があって好きだわ〜balloon_59.gif

甘酸っぱく爽やかなのが、アンカー・辻村さんの「さくら日和」
小学生の視点から、近所のたい焼き屋のお兄さんへの淡い恋心が描かれています。

北村薫さんの「くしゅん」は、最初読んだ時はイマイチかなぁと思ったのですが、
ラストの「さくら日和」で見事にリンクしていて、おぉなるほど!と驚きました。
これも最初から意図して書かれていたなら、スゴイな…。

フォントも作品毎に変えられていたり、あとがきまでリレー形式だったり…と、
何とも遊び心たっぷりの素敵な1冊に仕上がっていますballoon_85.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.03.13 *Sat*

小さな企み。


突然思い立って、新しいベッドを買いました。

……理由はただ一つ。

本の収納場所を増やしたかったからです。


newベッド♪

基本、本は購入派です。

理由その1:近くに図書館がないから。
  これは残念。本当に残念。図書館があれば本代はかなり浮くハズ…。

理由その2:ある日突然昔の本を再読したくなる衝動に駆られるから。
  「あの本に出てきたあの人の名前なんだっけ?」
  すぐに読み返せないと、気になって気になって発狂しそうになる。手元に置きたい。

理由その3:本を自分のものにして読みたいから。
  高嶺の花と思っていた女を、やっと自分のものにできた男の心境です。
  これは自分だけのもの、と思うとゆっくりじっくり楽しむ事ができる(笑)

理由その4:コレクションが好きだから。
  読み終えた本を本棚に並べてニマニマするのが好きです。
  特に装丁が美麗なハードカバーは、高くてもついつい買いたくなるのです。


そんな訳で、部屋中に溢れかえる本達。そして何故か売れない、捨てられないballoon_89.gif
去年買った本棚も、あっという間にいっぱいになってしまいました。


本棚をさらにもう一個増やそうかとも考えましたが……地震が怖い。
確か前に、夜中に地震が起こって、本棚の下敷きになって亡くなった女性がいましたね。
あのニュースを聞いて、他人事ではなく感じたものです。。。


……そうだ、収納付きのベッドを買おう!!!


けっこう入るなぁ

ワンピも全部入りました


ベッド下に、左右2つ引き出しがあるので、場所をとる漫画本を収納してみました。

これが結構入るものですねぇ。
漫画本約200冊近く収納することができました〜〜balloon_59.gif

小さな企み、成功ですflash_02.gif



2010.03.10 *Wed*

森見登美彦「きつねのはなし」読了♪




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「知り合いから妙なケモノをもらってね」篭の中で何かが身じろぎする気配がした。古道具店の主から風呂敷包みを託された青年が訪れた、奇妙な屋敷。彼はそこで魔に魅入られたのか(表題作)。通夜の後、男たちの酒宴が始まった。やがて先代より預かったという“家宝”を持った女が現われて(「水神」)。闇に蟠るもの、おまえの名は?底知れぬ謎を秘めた古都を舞台に描く、漆黒の作品集。




【きつねのはなし】森見登美彦 rating_46.gif


「夜は短し歩けよ乙女」がめちゃめちゃ面白かった森見さんballoon_34.gif

今回の作品も京都が舞台ですが、「夜は短し〜」の陽気さは影をひそめ、
漆黒の闇と、禍々しいケモノの匂いに包まれた怪しい奇譚集といったところかな。

どこか恒川光太郎さんの「秋の牢獄」や「草祭」を思い起こさせますねぇ。
黄昏時や真っ暗闇の中で、ふと気付くと異界への扉が開いているような……
現実と非現実がとろりと混ざり合ったような雰囲気が好きです。

 


leaf_03.gif


key_01.gif ≪オススメPoint≫ 幻想怪異譚  京都  古都  異世界  闇


「きつねのはなし」「果実の中の篭」「魔」「水神」4つのお話が収められています。

表題作「きつねのはなし」は秀逸!!
夕闇に沈む竹林、骨董屋、薄暗いお屋敷…まさに"何か"がいそうな予感(笑)
でもある意味ズルイよね。こんな題材だけで魅力的に見えちゃうものballoon_145.gif

淡々とした語り口が、掴みどころのない不気味さを増幅させています。
ひたひたと後ろから忍び寄る影、夏の夜のお祭り、狐の面を付けた男、、、
これはストーリーというよりも雰囲気で読む作品かも。

残念だったのは、表題作以外の作品は印象が薄いことかなぁ〜balloon_47.gif
実際、読んだのは2ヶ月くらい前なんだけど、表題作以外はあまり記憶に残ってません。

でも、でも、何度も言いますが……(笑)とにかく雰囲気は良いですballoon_91.gif



bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.03.09 *Tue*

2月☆観賞メーターまとめ


2月に観たDVDを観賞メーターでまとめました〜balloon_34.gif

2月の鑑賞メーター
観た本数:9本
観た時間:1867分



スケート・オア・ダイ [DVD]スケート・オア・ダイ [DVD]
「ロード・オブ・ドッグタウン」を観てから、スケボーの映画が観たい!と思いたまたま目についたこれを観てみました。二人のスケボー少年が、ある殺人現場を目の当たりにし、彼らの存在に気付いた殺人犯から逃れるために命がけの逃走をするというお話。うーん・・・思っていたよりも結構地味な映画です(笑)もとよりストーリーの濃さは求めていないので、もっとスケボーの技中心に見せてくれたら良かったのにな。人物造型にしてもなんとも印象が薄く、一週間もすれば忘れてしまう映画です。題材は好きなのになぁ、残念。
鑑賞日:02月28日 監督:


暗い日曜日 [DVD]暗い日曜日 [DVD]
「暗い日曜日」。第二次世界大戦中、この曲を聞いて信じられない程沢山の人々が自殺をしたという。ナチスドイツによるユダヤ人弾圧、戦争による疲弊、人心の荒廃・・・色々な要素が絡み合って多数の自殺者を出したのだと思いますが、もしもこの曲が別の時代に生まれていたら「自殺の聖歌」とは呼ばれなかったでしょうねぇ。哀愁の漂う、とてもとても美しいメロディーです。イロナ役のエリカ・マロジャーンの美しさには思わず目を奪われます!誰もが夢中になるのも納得。沢山の男が絡む何とも微妙な恋愛模様でしたが(笑)素晴らしい映画。名作です。
鑑賞日:02月27日 監督:ロルフ・シューベル


ガタカ [DVD]ガタカ [DVD]
とても深い映画でじわりと心に沁み込んでくる。幼い頃から宇宙飛行士になる事を夢見てきた兄と、DNA操作により優秀な遺伝子を持って生まれた完璧な弟。半身が不随になった元エリートと、心臓に欠陥を持ちながらも夢を追いかけ続ける美しき女性。遺伝子の優劣で人生が決まってしまうという徹底的な管理社会で、必死に夢を追いかける兄がとても痛々しく涙を誘わずにはいられません。イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ。抑えた演技にも関わらず存在感が半端じゃない。特筆すべきはジュードの憂いを帯びた瞳でしょう!あぁ胸が痛い…
鑑賞日:02月21日 監督:アンドリュー・ニコル


バッド・エデュケーション [DVD]バッド・エデュケーション [DVD]
妖しい!このジャケットは妖しすぎる!(笑)久しぶりにガエル君の濃ゆい演技が観たくなり、手に取ってみたのですが・・・予想以上に濃密な作品でした。同性愛、神父の背徳・・・社会的なタブーが盛り沢山。主演二人の体当たりの演技にも脱帽です。少年時代の秘密、一途な愛、そしてある手紙によって明らかになる真実。映像の美しさはさることながら、サスペンスとしても素晴らしい出来!ガエル君は「罪」という言葉がよく似合う。
鑑賞日:02月19日 監督:ペドロ・アルモドバル


アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ [DVD]アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ [DVD]
今回も、とても人間技とは思えないアクションで興奮しましたー!!!この際、ストーリーはどうでも良いんです。この二人を見ているといつも、「マッハ!!!」に出演したムエタイの達人トニー・ジャーと闘わせたらどちらが強いかなぁと真剣に考えてしまいます(笑)あぁ、でも大団円的な終わり方だったので、もう続きはでないのかな・・・もっとこの二人が活躍できる場を増やして欲しいです。
鑑賞日:02月14日 監督:


ロード・オブ・ドッグタウン コレクターズ・エディション [DVD]ロード・オブ・ドッグタウン コレクターズ・エディション [DVD]
ヒース・レジャー目当てで観たのですが、思いのほかストーリーそのものにハマってしまった!え、これ実話?しかもスタントマンなしなんですか?もう目が釘付けになってしまいました。スケボー好きの3人の少年、とにかくめちゃくちゃでやりたい放題。でもスケボーと仲間達を心から愛している。金に目がくらんでからはどんどん輝きをなくしていくのがとても切ない。青春って儚いものだ・・・
鑑賞日:02月10日 監督:キャサリン・ハードウィック


フェイク (Blu-ray)フェイク (Blu-ray)
ブルーレイにて再見。うわ、凄いですねぇ。昔の映画なのにこんなに鮮明に映るんだ!とビックリ。まるでつい最近撮ったかのようです。アル・パチーノの何ともいえぬ渋さがたまらない。ジョニー・デップはあまり変わりませんね(笑)
鑑賞日:02月07日 監督:マイク・ニューウェル


エイリアス ~2重スパイの女 シーズン1 DVD COMPLETE BOXエイリアス ~2重スパイの女 シーズン1 DVD COMPLETE BOX
再見。やっぱりこのシリーズは面白い!2重スパイとして活躍するシドニーのコスプレ(笑)も毎回楽しみ。シドニー役ジェニファー・ガーナーの身体の鍛え方は半端じゃないですねぇ。
鑑賞日:02月06日 監督:


ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー [DVD]ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー [DVD]
ザック・エフロン君おっかけ中。ホント、参りますねこの格好良さ&爽やかさは!出演者みんな歌のレベルが半端じゃなく高くて驚きます。1の時よりも格段に成長していましたねぇ。思わず口ずさみたくなる曲ばかりで、思いっきり楽しめました〜♪
鑑賞日:02月05日 監督:ケニー・オルテガ



お気に入りは、お友達のpicchukoさんから教えていただいた「暗い日曜日」

いやぁ、この映画の雰囲気とてもとても好みでした!!
「暗い日曜日」という曲を聞いて、ハンガリーや世界中で数百人の自殺者が出たとの事。
その実話を元に作られた映画です。悲惨ですが、とても美しいです。名作です。

gloomy sunday

映画の中で、何度も繰り返しこの「暗い日曜日」が演奏されるのですが、
nanacoも正直「この曲聞いた後に自殺したくなったらどうしよう…」と思ってました。

幸い、そんな事はありませんでしたヨ(笑)
哀愁の漂う、ものすごく綺麗な曲なんですよ〜balloon_59.gif

audition_01.gif 聴いてみる?笑




2010.03.06 *Sat*

2月☆読書メーターまとめ(3)


さらに続き〜


獣の奏者 (3)探求編獣の奏者 (3)探求編
まだ完結編が残っている、これからどんな展開になるのかは分からない・・・そう思っていても、エリン達の前途には重い暗雲が垂れこめているのは疑いようもなく、読んでいる間中何度も胸が苦しくなりました。過酷な運命を背負った少女が成長し、夫・息子と共に幸せな一時を手に入れたのも束の間。闘蛇と王獣、国家間の争いに翻弄されるエリン達に穏やかな日々は訪れるのでしょうか・・・続きを読むのが恐ろしい。
読了日:02月06日 著者:上橋 菜穂子


金春屋ゴメス 異人村阿片奇譚 (新潮文庫)金春屋ゴメス 異人村阿片奇譚 (新潮文庫)
厚顔無恥、冷酷無比、極悪非道のゴメス親分に再び会えて嬉しいです!(笑)近未来日本の中にある独立した「江戸国」。この斬新な設定ならではの要素がたっぷり詰め込まれていて、時代物が苦手でも知らず知らずのうちにこの世界に引き込まれていきます。辰次郎が徐々に男らしい一面を見せ始めて(甚兄にはまだまだ及ばないけれど)これからの成長がますます楽しみ。
読了日:02月06日 著者:西條 奈加


バクマン。 6 (ジャンプコミックス)バクマン。 6 (ジャンプコミックス)
あぁ、こんな気になる所で終わるなんて!サイコーの入院で、連載打ち切りの危機。ライバルだけど仲間。仲間だけどライバル。サイコーのために立ち上がる福田さん達の結束力には、じんわりと胸が熱くなります。平丸さんは本当良いキャラしてる!エイジの「レッツホスピタル!」の妙な動きに思わず吹き出した。危険危険・・・
読了日:02月06日 著者:大場 つぐみ


屍鬼  7 (ジャンプコミックス)屍鬼 7 (ジャンプコミックス)
まさかまさかのアニメ化ですか!!藤崎竜さんの絵は独特の怖さがあるので、どんな風に映像化されるのかとても楽しみです。起き上がりの場面・・・恐ろしそうだな。原作とは違った展開になってきて、ますます予測ができません。夏野贔屓だった自分にとっては、彼の出番が増えて嬉しい半面、状況が状況だけに複雑な気持ち。あぁ、続きが気になる・・・
読了日:02月06日 著者:藤崎 竜


AKABOSHI-異聞水滸伝 3  (ジャンプコミックス)AKABOSHI-異聞水滸伝 3 (ジャンプコミックス)
面白かった〜モコモコのキャラがとにかく気に入ったので、もっと彼の活躍が読みたかったです(笑)最後の最後になって戴宗と育ての親・洪信のエピソードが出てくるなんてずるいですよ〜。絵もとても綺麗だし実力のある方だと思うので、是非次の作品も読んでみたい。これからも応援してます、天野さん!
読了日:02月06日 著者:天野 洋一


AKABOSHI-異聞水滸伝 2 (ジャンプコミックス)AKABOSHI-異聞水滸伝 2 (ジャンプコミックス)
戴宗や林冲達の人物描写を始め、ストーリーがとても丁寧に描かれているので、次の巻で終わりとは本当に惜しいです。登場人物達も増えてきてますます面白くなってきたのに・・・長期連載って厳しいものなんだなぁ。
読了日:02月06日 著者:天野 洋一


新選組刃義抄 アサギ 2 (ヤングガンガンコミックス)新選組刃義抄 アサギ 2 (ヤングガンガンコミックス)
沖田・平助・斎藤3人揃っての登場が可愛かったです♪斎藤の飄々とした性格が好きだなぁ。・・・が、どうやら訳ありらしく続きが気になるところ。二重人格の芹沢と、彼を徹底的に支える新見の関係がとても哀しい。漫画ではどの部分まで描かれるのでしょうか・・・新見があまりにも好みで困ります(笑)
読了日:02月06日 著者:山村 竜也


+C sword and cornett 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)+C sword and cornett 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
オルセリートの真意が謎に包まれているので、読んでいてもどかしいです。どんな結末に持っていくのか今のところ全く掴めないので、オルセリートやキリコの一挙一動にハラハラさせられっぱなし。終始ドロドロしたお話だけに、ミュスカの無邪気な性格に救われます。
読了日:02月06日 著者:遊行寺 たま


時計館の殺人 (講談社文庫)時計館の殺人 (講談社文庫)
「十角館〜」の江南君、再登場ですね!こんな凄惨な殺人事件の現場を二度も目の当たりにしながらも、あくまでも冷静にノートに書きとめているのはさすがだな、と(笑)館中で時を刻み続ける恐ろしい数の時計、ある夏の日突然命を失った少女の亡霊、死んだ姉を女神のように慕っていた美少年・・・現在、過去とあちこちに伏線が張られ二転三転する犯人像。とても面白かったです!ただ、皆さんが書かれているように確かにこの館には住みたくない。時計の音って、真夜中に意識しちゃうと眠れないのですよね。
読了日:02月03日 著者:綾辻 行人

読書メーター




2月に読んだ中でのイチオシは、漫画「ヴィンランド・サガ」ですねぇ。
お友達のてんてんさんから教えていただきました。本当にありがとうございます!

簡単に言っちゃうと10世紀にイングランドに侵攻したヴァイキングのお話です。
史実をもとに書かれているので、世界史(特に北欧)好きな方も楽しく読めるかと。



残虐なヴァイキング達。戦闘の場面は、首は飛ぶわ胴体は飛ぶわホント容赦ない!
でも、これが現実だったんだなぁと思う。うぅ、恐ろしい世界だ。。。
決してキャラ読みできる漫画ではありません(笑)

今8巻まで出ていて、あっという間に読破してしまいましたが、
続きはいつ出るのやら〜〜とにかく描き込みが半端じゃないのでねballoon_89.gif



「500年のトンネル」の続編「500年の恋人」も良かったなぁ。
タイムトラベルラブストーリー物で、若干ハーレクイン風なお話(笑)

16世紀イングランド辺境の地に住む、スターカーム一族の荒々しさが魅力的です。






2010.03.06 *Sat*

2月☆読書メーターまとめ(2)


つづきです〜

同級生 (EDGE COMIX)同級生 (EDGE COMIX)
今まで、絵が苦手かも〜と避けていたんですが、「卒業生」が話題になっていたので読んでみることに。すごくすごく良かった!二人のピュアな恋愛にひたすらときめきました・・・!!なんとも言えない微妙な距離感、言葉にできないもどかしさ、触れる事へのためらい。いいなぁ、甘酸っぱいなぁ。永久保存版入り決定です!
読了日:02月20日 著者:中村 明日美子


八百万(やおよろず) (Flex Comix フレア)八百万(やおよろず) (Flex Comix フレア)
畠中恵さんのお話にピッタリの絵柄ですね〜♪江戸時代、小さな稲荷にやってきた新米神様と、お供である3匹のお狐様が事件を解決する捕物帖。3匹のお狐様、意外と出番が少なくてちょっと悲しい。せっかく化けた姿は美男美女なのに(笑)続編希望です!!
読了日:02月20日 著者:みもり,畠中 恵(原作)


500年のトンネル 下   創元推理文庫 F フ 7-2500年のトンネル 下 創元推理文庫 F フ 7-2
再読。21世紀側の人間が、あまりに浅はかで思いやりのない事がとても悲しい。上巻のユーモアに満ちた温かな展開とは打って変わって、下巻はひたすら血生臭い戦い、死、逃亡・・・以前読んだ時はこのラストに納得が行かなかったのですが、これが続編「500年の恋人」に繋がると思えば面白く読む事ができます!でも同じタイムトラベルラブストーリー物の「時の旅人クレア」にはあと一歩及ばず、といったところでしょうか。
読了日:02月20日 著者:スーザン プライス


500年のトンネル 上   創元推理文庫 F フ 7-1500年のトンネル 上 創元推理文庫 F フ 7-1
続編が出たので再読。やっぱり面白い!21世紀の私企業が極秘裏に開発した<タイムチューブ>。チューブを抜けた先は、16世紀・英国の辺境地帯。残忍、野蛮で知られる一族スターカーム達が、何とも生命力に溢れていて魅力的な事!一族の長であるトーキルドを始め、一人息子である利かん気の美少年ピーア、いつもピーアを優しく見守る大男スウィート・ミルク・・・スターカームの絆の深さに胸を打たれます。ピーアが21世紀からきた連絡係の女性アンドリアに向けるあけすけな愛情には、読んでいるこちらが赤面してしまいます(笑)
読了日:02月18日 著者:スーザン プライス


獣の奏者 (4)完結編獣の奏者 (4)完結編
読み終えた後、しばらく呆然としてしまった。王獣と闘蛇を「利用する」事で衝突する人間達の愚かさがとても悲しい。エリンといたずら好きな息子ジェシとの日々は微笑ましく胸に温かさが広がるけれど、その分否応なく戦に巻き込まれていく後半部とのあまりの落差に涙が止まりませんでした。妻を隣で支え続けたイアルの静かな愛情にも胸を打たれます。とても読み進めるのが苦しかったけれど、読後は深い充足感に包まれました。
読了日:02月13日 著者:上橋 菜穂子


ソフィー (創元推理文庫)ソフィー (創元推理文庫)
とてもとても好みの小説でした!早熟で聡明な姉ソフィーと、純真無垢な弟マティー。幼い頃の閉ざされた二人だけの世界。子供達に見向きもしない母、夢の中に出てくる恐ろしい男、無人の納屋に秘密の日記・・・姉弟のフィルターを通すと、どんな些細なものでも禁忌を感じさせるのは何故だろう。永遠に続くと思われた楽園の崩壊。弟の抑えた語り口で、徐々に過去の真実が明らかになっていきます。本当に巧い!!終始不穏さを感じさせ、すべての謎が明らかになった時の驚きといったら筆舌に尽くしがたいです。静かな哀しさに包まれ読了。
読了日:02月12日 著者:ガイ バート


戦國ストレイズ 5 (ガンガンコミックスJOKER)戦國ストレイズ 5 (ガンガンコミックスJOKER)
殿様!まさかあんなあんな・・・本人が何気に一番気に入っているのがウケます。今回はちょっと一休み的な巻でしたが、3馬鹿の家庭訪問やらお祭りやらかさねの稽古やら、楽しく華やかな描写が続いて気分が盛り上がりました♪そして激しく続きが気になる終わり方。いっそのこと虎徹と正宗もこちらの世界に・・・
読了日:02月11日 著者:七海 慎吾


丸角屋の嫁とり (ディアプラスコミックス)丸角屋の嫁とり (ディアプラスコミックス)
あぁ、好きだなぁこのお話!表題作「丸角屋の嫁とり」は男前すぎる新三郎に惚れて二度読み(笑)「王子と小鳥」でも思ったけど、ヒコさんの描く表情って良いですよね。言葉にしなくても気持ちが分かる。鈴ををひっそりと慕う荘太の気持ちがとても切ない。続編は出ないのかな・・・
読了日:02月11日 著者:山中 ヒコ


ツミツキ (角川コミックス・エース 170-4)ツミツキ (角川コミックス・エース 170-4)
ツミツキ=罪憑き。人の罪悪感に憑く異形の鬼。取り憑いた鬼は人を襲い、二度と人の姿には戻れなくなる。永遠に続く死の連鎖・・・設定は面白いんだけど、どうもお話に広がりがないんですよねぇ。人間だれしも罪悪感なんて少なからずあるもの。もうちょっと「罪」について細かい説明が欲しかったかな。でも、この方の絵は素晴らしく綺麗ですね!ラストの「第零話 クロエ」のお話が好みでした。
読了日:02月11日 著者:清原 紘


ハサミ男 (講談社ノベルス)ハサミ男 (講談社ノベルス)
やられた!!もういっそ清々しいほど作者にミスリードされちゃいました。巧みな叙述トリックに脱帽。少女を狙うハサミ男の視点と、彼を追いかける刑事側の視点が交互に綴られていくのですが、、、全ての謎が明らかになった今振り返ってみると、恐ろしいほど沢山の伏線が散りばめられていることに気付きました。あぁ、これは再読したら面白いだろうなぁ。トリックは素晴らしく鮮やかでしたが、もう少しだけハサミ男の内面と「医師」について迫ってくれると更に良かったかも。不穏さを感じさせるラストが好きです。
読了日:02月09日 著者:殊能 将之




2010.03.06 *Sat*

2月☆読書メーターまとめ(1)


2月に読んだ本を読書メーターでまとめてみました!
ここの所、小説よりも漫画の割合が多くなってきているのは気のせいだろうか…balloon_77.gif


2月の読書メーター
読んだ本の数:29冊(小説11冊・漫画18冊)
読んだページ数:6266ページ



メルカトルと美袋のための殺人 (講談社ノベルス)メルカトルと美袋のための殺人 (講談社ノベルス)
皆さんの感想をうかがって、メルの鬼畜っぷり?何ぞや?と思いながら読み進めましたが・・・納得!自分の好奇心のためだけに謎解きをする探偵。メルカトルに振り回される(というか虐められる)美袋クンが哀れです(笑)連作短編という形式が良いですね。個人的に好きだったのは「小人間居為不善」と「シベリア急行西へ」。トリックが鮮やかで好きです。シリーズ他の作品も読んでみたい!
読了日:02月28日 著者:麻耶 雄嵩


虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
9.11後、紛争が拡大している世界が舞台。至る所で繰り広げられる凄まじいまでの虐殺の現場には、いつも一人のアメリカ人の影があった。特殊部隊の暗殺者である主人公は、その男を暗殺しようと追い続けるが・・・最新のテクノロジーにより「痛み」を遮断された軍人達。銃弾によりバラバラにされるまで戦い続ける少年兵達。主人公の一人称で淡々と語られるせいか、虚無感だけが胸を覆っていく。膨大な知識量に、まるで翻訳本を読んでいるかのような圧倒的な筆力。大森望さんの解説に胸が詰まりました。また読み返したい作品。
読了日:02月28日 著者:伊藤計劃


ヴィンランド・サガ 6 (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ 6 (アフタヌーンKC)
王子が!王子がついに覚醒してしまいました!最初のうちは優柔不断さに若干イラついていたものの、一皮も二皮も剥けて、まるで別人のよう。既に王としての貫禄すら漂ってきました!面白い。面白いです。物語のストーリー自体も急展開を迎え、この先「神」を否定した王子がどんな人生を歩んでいくのか最後まで見届けたいです。トルフィンもちょっとは成長してくれぃ。
読了日:02月28日 著者:幸村 誠


ヴィンランド・サガ(5) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(5) (アフタヌーンKC)
意外や意外。料理上手なクヌート王子。これで一気に王子のファンになりました(笑)悲惨な出来事を経験して、クヌートも一回り成長したようです。あぁ、トルフィンも少しは彼を見習ってくれ!とも思うのだけれど、あまりにもトルフィンの心に巣食った憎しみは強いのでしょうね。怖い・・・怖いよ、トルケル。馬を素手で殴り倒すのはやめてください。
読了日:02月28日 著者:幸村 誠


ヴィンランド・サガ(4) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(4) (アフタヌーンKC)
クヌート王子登場!後に北海帝国を築く事になる偉大なデンマーク王クヌートの少年時代。まだ周りの人々の言動にオドオドしているような優柔不断な王子として描かれています。トルフィンとは同い年・・・だけどこの差は何だろう!彼らの人生が今後交錯してくことになるんでしょうか。略奪(というかもはや虐殺)のシーンは容赦ないですねぇ。当時の時代背景が余すところなく描かれているのですが、あまりの残虐さに鳥肌が立ちます。
読了日:02月28日 著者:幸村 誠


ヴィンランド・サガ(3) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(3) (アフタヌーンKC)
トルフィンの幼少期編終わり。またまた凄いやつが現れました。トルケル!あなた人間ですか?(笑)善も悪も関係ない、ただ本当に強い相手と闘いたいというある意味潔い願望を持つトルケルは、何故だか憎めない。父親を殺されたトルフィンの心の闇が、どこまでも深く取り返しの付かない所まで来ているのが心配。父トールズのように、いつか「本当の強さ」を理解する日が来るのでしょうか・・・
読了日:02月28日 著者:幸村 誠


500年の恋人 (創元推理文庫)500年の恋人 (創元推理文庫)
「500年のトンネル」の続編。<タイムチューブ>を通って、アンドリアは再び21世紀から16世紀のイングランド辺境の地へ。でもそこは以前とは別のパラレルワールド。再びスターカームの土地を踏んだアンドリアは、ある豪奢な結婚式を目の当たりにする。それは、以前彼女の恋人だった美青年ピーアの婚礼だった・・・。何故だかハーレクイン風の展開に(笑)敵対する民族同士の婚礼。終始血生臭さが漂ってくるような凄惨なシーンが多い。こんな良い所で終わるなんて・・・!早く続きを書いて欲しいです。
読了日:02月23日 著者:スーザン・プライス


ばらかもん 2 (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん 2 (ガンガンコミックスONLINE)
あ〜やっぱりこの漫画癒される〜♪都会からきた書道家の青年(村人には先生と呼ばれてる)が、田舎でスローライフを送るお話。先生・・・やさぐれたお人だと思ってたのに、本当はこんな可愛いキャラだったなんて(笑)ネコパンチに笑いました。次回は新キャラ登場?続きが待ち遠しいです〜!!
読了日:02月23日 著者:ヨシノ サツキ


ヴィンランド・サガ(2) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(2) (アフタヌーンKC)
1巻の表紙の、少年トルフィンの憎悪に満ちた表情。一体どんな経験をすれば、あんな表情をするようになるのか・・・それが明らかになった時、胸がつまりました。2巻はトルフィンのアイスランド幼少期編。つましくても愛のある家族に囲まれた温かな生活。穏やかな父の隠された過去。そしてアシェラッド達との戦い。悲惨です。幼いトルフィンが目の当たりにするには悲惨すぎます。あぁ、早く続きを買いに行かなくちゃ!
読了日:02月20日 著者:幸村 誠


ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)
なんだこれ!面白すぎる〜〜!!!10世紀、ヴァイキングがイングランドに侵攻した時代の物語。北欧を舞台にした漫画は今まで読んだ事がなかったので新鮮です。戦闘シーンの生々しい描写、父の仇であるアシェラッドの傭兵団で戦う少年トルフィンの心の闇。緻密なストーリー構成から魅力的なキャラ作り、全てにおいて満点をあげたいくらい面白いです!容赦ない、、、本当に容赦ない展開で続きを読まずにはいられません。
読了日:02月20日 著者:幸村 誠







2010.03.04 *Thu*

アンソロジー「午前零時 P.S.昨日の私へ」読了☆




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

夜のバーで恋人を待ちながら、子どものころ近所の空き地で、インドの人混みをかき分けながら、あいつらから逃げ隠れた小さな部屋で、占い師が予言した運命の人を探しながら─それぞれが迎える、午前零時。13人の豪華競演による、夜の底から始まった、誰も知らない物語たち。P.S.昨日の私へ今夜、人生は一瞬で変わってしまうと知りました。でも運命の夜は、まだ始まったばかり。13人の豪華競演による、真夜中の物語。



【午前零時 P.S.昨日の私へ】(アンソロジー)rating_46.gif


アンソロジーって、新しい作家さん開拓目的でたまに読みたくなりますよねballoon_133.gif
13人の豪華執筆陣による<午前零時>を題材にしたアンソロジーです。

装丁から、もっとおどろおどろしい作品を期待していたのですが。。。
特に、これといったジャンルが決められているわけではないみたいですねぇ。
ホラーあり、ミステリあり、ファンタジーあり、SFあり…色々なタイプのお話を楽しめました。

好きなお話もあれば、??のお話もあり、総合的に見ると可もなく不可もなく(笑)
まぁそのアンバランスさが、アンソロジーの醍醐味なのかもなぁballoon_89.gif


bee_01.gif


key_01.gif ≪オススメPoint≫ アンソロジー  午前零時  好きな作家が見つけられるかも


今回初の作家さんは、坂東眞砂子さん、馳星周さん、桜庭一樹さん。
特に好きだったものだけ、書き出しておきます arrow_119.gif

point_21.gif 「1、2、3、悠久!」(桜庭一樹)
町一番の美女から生まれた、4人の可愛い女の子達の生活を描いた作品。
おとぎ話のようなストーリーと、ちょっぴり皮肉めいた軽妙な語り口が好きでした。
こういう可愛いお話、もっと読みたい!!


point_21.gif 「ゼロ」(高野和明)
この作家さんって「13階段」の印象が強くて、てっきり社会派作品を書かれる方かと…!
目覚めたら全ての記憶を無くした男が主人公。まさかまさかのSFでした(笑)
ラストの意味に気付いて、思わず鳥肌が立ちました。


point_21.gif 「卒業」(恩田陸)
短編集「朝日のようにさわやかに」に収録されていたものですね。
ひとつの場所に集まった少女達。外からは彼女達を追いかけてくる恐ろしい音が…。
午前零時を過ぎれば卒業。果たしてこの中の何人が卒業できるのか?


【目次】(「BOOK」データベースより)
ハンター(鈴木光司)/冷めたい手(坂東眞砂子)/夜、飛ぶもの(朱川湊人)/卒業(恩田陸)/分相応(貫井徳郎)/ゼロ(高野和明)/死神に名を贈られる午前零時(岩井志麻子)/箱の部屋(近藤史恵)/午前零時のサラ(馳星周)/悪魔の背中(浅暮三文)/1、2、3、悠久!(桜庭一樹)/ラッキーストリング(仁木英之)/真夜中の一秒後(石田衣良)



bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




2010.03.02 *Tue*

ギルバート・アデア「閉じた本」読みました♪




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

事故で眼球を失った大作家ポールは、世間と隔絶した生活を送っていた。ある日彼は自伝執筆のため、口述筆記の助手として青年ジョンを雇い入れる。執筆は順調に進むが、ささいなきっかけからポールは恐怖を覚え始める。ジョンの言葉を通して知る世界の姿は、果たして真実なのか?何かがおかしい…。彼の正体は?そしてやって来る驚愕の結末。会話と独白のみの異色ミステリ。



【閉じた本】ギルバート・アデア
rating_47.gif


じわりじわりと怖い。とらえどころのない薄気味悪さ。

この本を読んだ時の第一印象がこれでしたballoon_89.gif

「閉じた本」という何やら意味深なタイトル。よくよく眺めると不気味な表紙絵…。
でもこんな雰囲気がとても好きなのです。読んでいる間中胸がざわざわするような感覚が。


事故で眼球を無くしてしまった大作家ポール。
彼は自伝を書くために、筆耕者としてある一人の青年ジョン・ライダーを雇い入れる。
その日からジョンはポールの手足となり、二人の奇妙な共同生活が始まるが……


pen_01.gif


key_01.gif ≪オススメPoint≫ サスペンス  失明作家  謎の青年  隠された過去


この作品、会話と独白のみで成り立っているという、ちょっぴり変わった構成で。

徐々に二人の会話から生じてくる齟齬、表向きは穏やかな青年の不審な行動。
第三者の視点が入らないっていうのが、こんなにも落ち着かない気分にさせるとは!

ネタバレになりそうなので、感想を書くのが難しい作品ですわ〜balloon_145.gif

<驚愕の結末>という事ですが、ラストは予想範囲内だったのが残念。。。
うーん、最近海外物でやたらとこういう動機が多いので、実はちょっぴり食傷気味。
病んでる。 いや、ホント読んだら分かりますって(笑)


まぁ動機が動機なだけに、賛否両論ありそうな作品ですが、
個人的にはこの閉塞的な空気と緊張感が大好きだったので、読む価値ありました。
ミステリーとしては首を傾げざるを得ませんが、サスペンスとしては好みの作品ですballoon_34.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ

≪検索用INDEX≫

 作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
 作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆
                      (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)




ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。