11
2
5
8
10
14
18
19
22
23
25
27
30
<< >>

This Archive : 2009年11月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.29 *Sun*

トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」再読♪



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

長い冬眠からさめたムーミントロールと仲よしのスナフキンとスニフが、海ベリの山の頂上で黒いぼうしを発見。ところが、それはものの形をかえてしまう魔法のぼうしだったことから、次々にふしぎな事件がおこる。国際アンデルセン大賞受賞のヤンソンがえがく、白夜のムーミン谷のユーモアとファンタジー。



【たのしいムーミン一家】トーベ・ヤンソン rating_50.gif


小学生時代のバイブル、ムーミンシリーズ!!!

久々に再読してみたくなったので、大好きな「ムーミン谷の冬」まで5冊購入。
小学生の頃はおこづかいも雀の涙ほどしかなかったので、図書館で借りていましたが、
今回再読して、このシリーズはやっぱり手元に置いておきたいなぁと思いました〜balloon_28.gif


   


ムーミンとサンタクロースの故郷といえばフィンランド。
フィンランドは、国土の8割を森林と湖沼といった自然が占めているらしいです。
ムーミン一家のおおらかでのんびりした性格は、この自然が形作ったんでしょうねぇ…balloon_133.gif



leaf_05.gif



子供の頃読んだ時は、メルヘンチックでほのぼのとしたお話だと記憶していたんですが…

意外とムーミンって毒舌……!!

いや、確かにほのぼのしているんですよ、しているんですけどね。。。
あのとぼけた顔で、サラリと「おまえが死んでからね」と口にするムーミンが空恐ろしい!!
笑う場面じゃないのに、何度もプッと噴き出しそうになるのをこらえました……(笑)

雨の日は皆で昼寝とか、天気の良い日はボートでニョロニョロの島までピクニックとか、
ムーミン谷の住人は好きな時に好きな事をする、思い思いの生活をしているのが良いです。
時間や規則に縛られない生活、、、あぁ永遠の憧れですねぇballoon_85.gif

そして特筆すべきは、やっぱりスナフキンのカッコ良さ。

「みんなちっちゃな動物は しっぽに弓を持っている〜〜♪」

これが機嫌の良い時に、スナフキンが歌うフレーズです(笑)
さっぱり訳が分からない所がまた素敵。そしてまたふらりと一人旅に出ちゃうんですね…
置いていかれるムーミントロールの落ち込みようったら、それはもう酷いものですが。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト

2009.11.28 *Sat*

ガルシア・マルケス「予告された殺人の記録」読みました♪


予告された殺人の記録.jpg
【内容情報】(「BOOK」データベースより)

町をあげての婚礼騒ぎの翌朝、充分すぎる犯行予告にもかかわらず、なぜ彼は滅多切りにされねばならなかったのか?閉鎖的な田舎町でほぼ三十年前に起きた幻想とも見紛う殺人事件。凝縮されたその時空間に、差別や妬み、憎悪といった民衆感情、崩壊寸前の共同体のメカニズムを複眼的に捉えつつ、モザイクの如く入り組んだ過去の重層を、哀しみと滑稽、郷愁をこめて録す、熟成の中篇。

 


【予告された殺人の記録】ガブリエル・ガルシア・マルケス rating_47.gif


「百年の孤独」でノーベル文学賞を受賞したガルシア・マルケスの作品。
158ページという薄さで、あっという間に読み終えてしまいますが中身は濃厚ですballoon_59.gif


 こっちは未読〜


ていうか、その場面(ラストとか)を思い浮かべるとかな〜り凄絶なのに、
どことなくコミカルな感じがして、プッと笑えちゃう所が凄い。自分でも怖いわ(笑)


村をあげての結婚披露宴の翌朝、青年サンティアゴは滅多切りにされて殺される。
しかも、充分すぎるほどに犯行予告がされていたのに!!
何故村人達誰もが知っていた殺人を、防ぐ事ができなかったのか?? というミステリです。


leaf_03.gif


「○月○日○時○分、○○が殺される」という殺人予告があったとする。
その予告が細かければ細かい程、殺人が起こる確率は低くなるハズですよねぇ。
それが小さな村中に知れ渡っているというなら尚更。でも予告通り殺害されてしまうんです。

閉鎖的な村に渦巻く差別や羨望…
それらの背景が土台となり、偶然に偶然が次々と重なって悲惨な結末を迎えますballoon_89.gif

その一日を、様々な村人達の視点から追っていくわけなんですが、
もう誰が加害者なのかさっぱり分からないの。言いかえると村人全員が加害者なのかも。
時代背景に加え、小さな村特有の雰囲気が事件に運悪く重なったとも言えるのかなぁ。

登場人物が多くて、最初は若干読みづらさがありましたが、面白かったです〜balloon_28.gif
これ、映画化もされているらしい。気になります。



★ところで、本っ当にどーでも良い話なんですが、、、
読書メーターの感想で、「表紙の右下の人が細木○子に見える」と書いてる人がいて…
一度その事を気にし始めたら、どうしても細木○子にしか見えなくなってしまった…(笑)


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ




2009.11.26 *Thu*

吉野匠「レイン2 招かれざる帰還」び、びみょー……




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

異世界に存在する大陸ミュールゲニア。その南西部に位置する小国サンクワール─国王亡き後、上将軍のレインとラルファスは国の再建に着手する。その一環として、王女シェルファの戴冠式の準備も着々と進められていた。その前日、国民へのお披露目のため、馬車で市中をパレードするシェルファ。しかし、王女暗殺を企てる黒い影がその身に忍びよる─剣と魔法の最強戦士ファンタジー「レイン」シリーズ第2弾。




【レイン2 招かれざる帰還】吉野匠 rating_44.gif


剣と魔法の王道ファンタジーは大好きです。お姫様と騎士という設定も大好きです。
…でも、なんだかこのシリーズは読む気が失せてしまいました(笑)

決してストーリーが悪いわけではないんです。
ただひとえに王女シェルファが、 ものすご〜くイライラさせられる  から!!

レインに全幅の信頼を置いているのは分かるよ、分かるけど、、、
自分を狙う暗殺者がいるって分かっているのに、よくそんな呑気でいられるなぁ。
「わたくしは、レインさえいればあとは何でもいいんです」そんな甘えがすごく嫌いballoon_89.gif

一度イラッとさせられると、もう色んな行動が鼻についてきます〜balloon_145.gif
特にレインの顔をペタペタ触るとか、とてとて走るとか、もうそういう描写がイヤ(笑)
そして極めつけはお風呂シーン。あなた、曲りなりにも一応次期国王なんだからさ……


pen_01.gif


このお話だけだったら、間違いなく1つ星だったと思うんですが。。。
番外編の「贈る言葉」が、すごく良かった〜balloon_59.gif こっちがメインだったら良いのに。

レインの少年時代を描いたお話です。
現在の女たらしのレインとは雲泥の差。こんなに無口で陰のある少年だったなんてねぇ。
少年レインの方が断然好きです。どこでどう変わっちゃったんだろうね……くすん。

続きを読むかどうかは微妙な所です〜balloon_47.gif
どのキャラもみんな好きになれないのよね……ナイゼル以外は……


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ




2009.11.24 *Tue*

綾辻行人「十角館の殺人」読みました♪





【内容情報】(「BOOK」データベースより)

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!’87年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。



【十角館の殺人】綾辻行人 rating_50.gif


いやぁ、こんなに面白い作品だったなんてね。
長い間積読だったんですが、もっと早く読んでいれば良かったわ〜balloon_89.gif

改訂版が出たのはつい2年程前ですが、初出は1987年です。
しかも綾辻さん、22歳の時にこの作品を書かれたとか…自分の目を疑いました(笑)
プロットの巧みさもさることながら、とにかく中盤以降のスピード感が凄かったですballoon_59.gif

孤島に建つ奇妙な建物<十角館>。
ある天才建築家によって建てられたもの。けれど彼は半年前に謎の焼死を遂げている。
ミステリ研究会に所属する7人は、曰く付きのその館で一週間を過ごす事になるが…


pen_01.gif


中盤ぐらいまでは、一切殺人が起こらないのでちょっぴり肩すかしを食らいますballoon_145.gif

7人の学生達は、西洋の有名な推理小説家からとったあだ名を使って、
お互いを<ポゥ><エラリィ><カー><アガサ>なんて呼び合っています。

大きな声では言えませんが、最初はこれがちょっと鼻につくなぁなんて思っていました。
でも最後に、これもまたトリックの一部だったと気付き驚愕しました。(綾辻さんゴメンナサイ。笑)
前半の一見冗長に見える文章でさえも、その伏線だったのねぇ。。。

次々と殺されていく学生達。そして死んだはずの男から送られてきた謎の手紙。
ラスト近くの1行の大どんでん返しに、しばし呆然としてしまいました。

館シリーズ、続きもどんどん読もう〜balloon_34.gif


★ 余談ですが、、、
辻村深月さんは、この作品で綾辻さんの大ファンとなったらしいですねぇ。
「辻」という"しんにょう"の二つの点も、綾辻さんのペンネームから取ったとか。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ




2009.11.21 *Sat*

12月新刊*購入予定本*&積読本追加


毎月恒例、12月の購入予定本です〜balloon_34.gif

【文庫】

上旬  「グイン・サーガ130 見知らぬ明日」(栗本薫)
15日 「妖怪アパートの幽雅な日常」3巻(香月日輪)
15日 「掘割で笑う女<浪人左門あやかし指南> 」(輪渡颯介)
19日 「Walhalla−ヴァルハラ−希望の大樹」3巻(流星香)


【漫画】

4日  「AKABOSHI−異聞水滸伝−」2巻(天野洋一)
4日  「ONE PIECE」56巻(尾田栄一郎)
26日 「隠の王」12巻(鎌谷悠希)


グインは次でとうとう最終巻……balloon_73.gif
来年からは新刊を待つ楽しみがなくなるんですねぇ。悲しいです。


hana15.gif


積読するヒマあったら読め!.JPG


本屋さんに物色しに行ったら、我慢できずにまた買ってしまった……

遅まきながら、今ひそかにマイブームになっている館シリーズ3冊(笑)
「迷路館〜」はついこの間新装版が出たばっかなんですね。表紙がすごい好きです。

「アンナ・カレーニナ」は、全4冊に怖気づいてひとまず2冊だけ買ってきました!!
picchukoさん、既に秋ではなくなっちゃいまいしたが…一緒に読み始めますよ〜んballoon_133.gif

和田竜さんのはついつい表紙に惹かれて買っちゃいましたが、
そういや「のぼうの城」「忍びの国」が未読の事に気付き、今ネットで注文中。
今月の飲み会はナシです。。。




2009.11.20 *Fri*

神永学「心霊探偵八雲 secret files 絆」読みました♪



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

一心の口から語られる驚くべき八雲の過去に、晴香は涙する─中学教師の高岸明美は、他人を寄せ付けず、寂しげな目で教室にたたずむ1人の少年のことが気になっていた。彼の名は斉藤八雲。“幽霊が見える”と噂され、クラスメートから疎まれる孤独な少年を、明美は必死に理解しようとするが…迫りくる恐るべき事件の影、その先に待ち受ける最大の悲劇、その時八雲は!?謎に包まれた過去が明らかになる、衝撃の八雲少年時代編。




【心霊探偵八雲 secret files 絆】神永学 rating_48.gif


八雲の少年時代のお話、待ってました〜balloon_85.gif
シリーズでは外伝的な位置づけになるんですねぇ、面白かったです。

「あいつは幽霊が見える」ただそれだけの理由で、クラス中から疎まれていた八雲。
中学時代の八雲は、誰彼構わず敵意をむき出しにしていて、とても痛々しい…。
それが寂しさの裏返しだということが分かるから、なおさら切ない気持になりますballoon_73.gif

そして、唯一八雲の事を真っ直ぐに受け止めた担任の明美。
彼女がいたからこそ、無愛想で不器用だけど温かい八雲があるんだな、と。


leaf_03.gif


赤い左眼のせいで「化け物」扱いされるのに慣れていた八雲。
そんな眼を「綺麗」と言ってくれた晴香は、八雲にとって本当に貴重な存在だろうなぁ。
もしさっちゃんが最初にそれを言っていたら、状況は変わっていたかもね。

ところでこの巻は、八雲の伯父・一心編といっても過言ではありません!!
カッコエエよ、一心さん……あなたほど度量の大きな人はなかなかいないですわ。
能天気なキャラという印象が強かったんだけど、こんな悲しい過去を背負っていたのねballoon_89.gif

毎度の事ながら、若干出来すぎ感がなきにしもあらずですが、、、(笑)
でも過去編により、八雲のキャラにさらに深みが出てきたみたいです〜balloon_75.gif


余談。
お友達のまるさんに紹介してもらった、小田すずかさんの漫画版八雲。
これ、八雲が超カッコイイです!!! な、なんなのこの色気は…

まるさん、こんな素敵すぎる漫画を教えてもらって、感謝感謝ですー!!!

 キミの瞳が素敵だ ・・・


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ




2009.11.17 *Tue*

ねぇ、ムーミン♪


こっち向〜いてballoon_28.gif

ムーミン♪.JPG

最近妙にムーミン熱が再発し始めまして……(笑)
来年のカレンダー、買っちゃいました。あぁ、眺めてるだけでニヤけてしまう。

おっとりしているように見えるムーミンだけど、意外と辛辣な言葉を吐きます。
こないだ「たのしいムーミン一家」を読んでビビりました。

スニフ「ねぇ、きみ、とりかえっこしないか。きみの古ぼけたブイと、ぼくのひしゃくと」

ムーミン「おまえが死んでからね」

な、なんて恐ろしい子なんだ、ムーミン…。


そんな恐ろしさを微塵も感じさせないこのカレンダーballoon_34.gif
特にお気に入りなのが7月のスナフキンです。

スナフキン.JPG



こっちもムーミン.JPG

これだけでは飽き足らず、スタンドタイプのムーミンカレンダーも買っちゃった!!!
どんだけ好きなんだ、ムーミン…balloon_125.gif

ちなみにうちのダーリン君は、何故かスポンジボブのカレンダーを購入していた。
何もツッコめねぇです。





pl2.gif


ところで、わたくし昨日○○回目の誕生日を迎えました!!

四捨五入したら30歳です。。。
中学生…いや、小学生の頃から何一つ成長していない気がしないでもないです。

学校の授業で人生設計のシミュレーションをしたのが懐かしいですねぇ。
確か、この歳には結婚して二人目の子供が生まれた頃だった…ハズなんですが…(笑)
人生って分からないモノです。



2009.11.16 *Mon*

木下祥「マルゴの調停人」読みました♪




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

父親に会うためアルゼンチンまでやってきた高校生ケン。平凡だった人生は、美少年イサとの出会いを契機に思いもよらない方向へ。あちらとこちらの境界の向こう、人ならぬものが暮らす世界―彼はそこで起こった諍いをおさめる「調停人」の候補だそうで…。
第4回C・NOVELS大賞特別賞受賞作。




【マルゴの調停人】木下祥 rating_48.gif


この本でまず特筆すべきは、口絵の美しさでしょう〜balloon_75.gif

表紙をペラッとめくって、突然飛び込んできた美青年にしばし見とれました…(笑)
紙に穴があくほどその美麗絵を堪能した後、いよいよストーリーへ。

高校生ケンは、将来の事で思い悩むごく普通の高校生。
離れて暮らす父親に会うために乗ったアルゼンチン行きの飛行機で、ある少年イサと出会う。
ブエノスアイレスで再会した二人だったが、やがてケンはある事件に巻き込まれ…


024.gif


<調停人>って、人間と「人ならぬもの」の間の調停だったのね…
ほぼ予備知識ナシで読んだので、吸血鬼や妖怪やらの登場に度肝を抜かれました(笑)

人ならぬ異形のモノが集う夜の祭りは、恒川さんの「夜市」を思い出しました。
現実と幻想が混じり合ったような一種独特な雰囲気。あぁ、こういうのすごく好きballoon_85.gif

突然「キミは調停人候補だよ」と言われて、すぐにその力を発揮する訳ではありません。
悶々と思い悩んで、自己嫌悪に陥って、それでも全力で問題に取り組んでいく。
ケンはある意味ものすごく人間くさくて、、、だからこそ応援したくなっちゃうんですballoon_133.gif

そして主人公のケンでさえも見惚れてしまうほどの美青年ノエル。
彼は、調停人としてはケンの先輩にあたる人なんですが、もう非の打ちどころがない美形。
あ、ちなみにさっき言った口絵の人はノエルです。物憂げな顔にときめきます。。。

まだまだストーリー的には序章といったところ??
これから、調停人としては未熟なケンがどう成長していくかが楽しみですねぇballoon_91.gif

★さくら姉さま、素敵な本を貸していただいて本当にありがとうございま〜す!!!


 ちなみにこれが続編


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ




2009.11.15 *Sun*

貴志祐介「クリムゾンの迷宮」再読〜☆



著者:貴志祐介
出版社:角川書店
サイズ:文庫
ページ数:393p
発行年月:1999年04月
価格:\700(税込)


【クリムゾンの迷宮】貴志祐介rating_50.gif

藤木はこの世のものとは思えない異様な光景のなかで目覚めた。視界一面を覆う、深紅色の奇岩の連なり。ここはどこだ? 傍ら携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された」

何度再読したのか分からないほど、繰り返し読んでいる作品です〜balloon_28.gif

中学生の頃に初めて読んで、全身が総毛立つ程の面白さを感じたのを覚えています。
もう、nanacoの持っているこの文庫はボロッボロですよ〜〜(笑)

主人公の藤木は、ある異様な光景で目覚める場面から物語は始まります。
まるで火星のような深紅色の岩。蒸し暑くねっとりしたような空気。濃い緑の香り。
傍らにある見覚えのないゲーム機には「火星の迷宮へようこそ」というメッセージが…

藤木と同じく記憶をなくしたまま、この世界に放りこまれた人間が8人。
この謎の世界とは?? 果たして生きて出る事はできるのか?? そして仲間は誰??


02.gif


一昔前に、ゲームブックって流行りましたよねぇ。
「○○を選ぶ時は3へ進む、それ以外は5へ進む」みたいなやつ。
なんだか、小説というよりもサバイバルなゲームブックを読んでいるような感覚です。

まぁ言ってしまえば「バトル・ロワイアル」みたいな、血で血を洗う凄惨なゼロサムゲーム。
でも、そのバトロワさえも子供向けと思えてしまうほど…balloon_89.gif

サバイバルのためのアイテムを求める者は東へ、護身用のアイテムを求める者は西へ、
食糧を求める者は南へ、情報を求める者は北へ進め。(P60より)


ここでどの選択をするのか、これが8人の命運を分ける事になるんですねぇ…
ま、普通に考えるなら「食糧」だと思うんだけど、ここでは何が起こるのか分からない。

一線を越えてしまった人間の狂気が、本当に醜くて恐ろしい。
人によっては拒否反応を起こすぐらいの描写があります。凄まじい世界です。。。
でもでも本当に面白い作品なので、未読の方には是非オススメしたい一冊です〜balloon_133.gif


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ




2009.11.13 *Fri*

10月☆鑑賞メーターまとめ


最近はDVDの本数も少なくなってしまいましたが、、、

「鑑賞メーター」にもまとめ機能があるのを発見したので、10月分をまとめておきますballoon_34.gif

10月の鑑賞メーター
観た本数:3本
観た時間:241分



ストレンジャーズ / 戦慄の訪問者 [DVD]ストレンジャーズ / 戦慄の訪問者 [DVD]
午前4時の突然の訪問者。少女は「タマラはいますか?」と問う。不気味な仮面を付けた3人に、徐々に追い詰められていくお話。よくありそうなあらすじではあるんだけど、これが実話に基づいているというから恐ろしい。そしてこの事件は未解決のまま終わっているとのこと・・・仮面を付けた殺人鬼よりも、リヴ・タイラーの悲鳴に一番ビビりました(笑)続編が作られるとの事で、なんだか観ずにはいられないような気がします。
鑑賞日:10月25日 監督:


ウォーロード/男たちの誓い 完全版 [DVD]ウォーロード/男たちの誓い 完全版 [DVD]
ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武となんとも豪華なキャスト。でもこんなに救いのない話があるだろうか・・・戦闘場面もリアルで、終始血なまぐささが漂ってくるような作品でした。
鑑賞日:10月04日 監督:


ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション [DVD]ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション [DVD]
王の愛人でいるには、アンは野心が強すぎたんでしょうねぇ。最後の最後までアンの事を心から案じていたのは妹のメアリーだけだったんだな、と。彼女の純真さがなければ、この映画はもうドロドロで観れたもんじゃないでしょう(笑)この時代は、自分の子供でさえ出世の道具なのね。なんだかすさまじい世界を見せつけられました・・・
鑑賞日:10月02日 監督:ジャスティン・チャドウィック




この中でもやっぱり面白かったのが「ブーリン家の姉妹」ですねぇ。

エリザベス1世の母親アン・ブーリンと、その妹メアリー・ブーリンのお話です。
ナタリー・ポートマンがアン役、スカーレット・ヨハンソンがメアリー役。

世継ぎとなる男の子が生まれなければその妻は用済みなんて…
そして、娘達を出世の道具として使う(つまり王の愛人となる)親達もまた恐ろしいballoon_57.gif
王の寵愛を受けるために、姉と妹が敵対し相手を陥れようとする、、、凄まじい世界です。


「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」は怖かった〜〜(汗)
午前4時に、扉をたたく音。不気味な少女の訪問。仮面を付けた殺人鬼達。
これが実話に基づいた話なんて…こんな一方的な殺人なんてたまったもんじゃないよballoon_89.gif




heart_01.gif


余談ですが。。。

三浦しをんさんの「まほろ駅前多田便利軒」が漫画化されるらしいです〜balloon_28.gif
漫画家は山田ユギさん。あぁ、絵の雰囲気ピッタリだよねぇ。行天がかっちょいい!!



【予約】 まほろ駅前多田便利軒 (1)


ピアニッシモで連載してたやつですね。あれ、でもこれ休刊なってたんだ…。
どうやら白泉社の「メロディー」2010年2月号から、移籍連載スタートするみたいです。

何やら気になる記事はコチラ

まほろ.jpg



2009.11.12 *Thu*

柴田よしき「フォー・ディア・ライフ」読みました♪



著者:柴田よしき
出版社:講談社
サイズ:文庫
ページ数:493p
発行年月:2001年10月
価格:\750(税込)



【フォー・ディア・ライフ】柴田よしきrating_50.gif

新宿二丁目で無認可だが最高にあったかい保育園を営む男・花咲慎一郎、通称ハナちゃん。慢性的に資金不足な園のため金になるヤバイ仕事も引き受ける探偵業も兼ねている。ガキを助け、家出娘を探すうちに巻きこまれた事件の真相は、あまりにも切なかった…。稀代のストーリーテラーが描く極上の探偵物語。

いやぁ、面白かった〜〜balloon_85.gif
柴田さん、なんとなく食指が動かなかった作家さんだったんですが、これはハマるかも…

まず設定が良いのよねぇ。
新宿で無認可の保育園を営んでいるのは、元刑事(しかも暴力団担当)のハナちゃん。
資金不足な園のために、裏ではちょっとヤバい探偵業にも精を出している。

保育園に子供を預ける母親達も、皆訳アリ。
夜のお仕事をしているママもいれば、他国からこっそり出稼ぎに来ているママも。
事もあろうに、子供を預けたまま姿をくらましちゃうママさえいて、ハナちゃんも大変balloon_145.gif


003.gif


「にこにこ園」の資金調達のために、ハナちゃんが裏で引き受けた事件は二つ。
失踪した社長の娘を探し出す事と、ヤクザに監禁された少年を無事救い出す事
全く関係のないように見えた事件が、最後には繋がってくるんですねぇ。ホント巧いわballoon_133.gif

詰め込みすぎ〜ってくらい、伏線がたっぷり張られてるんだけど、、、
きちんとそれを残らず回収しているのが本当に凄いと思う。完全に消化しました!!

登場人物が皆一癖も二癖もあって、それが物語に深みを与えています〜balloon_34.gif
主人公ハナちゃんはもちろんの事、何やら訳アリの美人女医・奈美先生や、
美形ヤクザの山内、そして「にこにこ園」の保母さんにしたって濃いキャラばかり(笑)

ハナちゃんが、何故刑事をやめて保育園の園長をしているのか??
そんな隠された過去も事件に密接に関わってきます。もう最後まで読ませてくれるなぁ。


「自分は顔に自信がないわけじゃないけど、足はコイツのほうが長いぞ」って、
ハナちゃんが微妙に山内に敵対心を持ってるトコに笑ってしまった。。。
確かに山内は綺麗だ…!!! あんな事までされちゃー男でもドギマギするよね(笑)


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ





2009.11.11 *Wed*

「活字倶楽部」2009秋号です♪




巻頭大特集 伊坂幸太郎・人気・実力NO.1作家の全て!ー全作品ブックガイド+ロングインタビュー、映画・コミックナビ、伊坂作品ツアーin仙台レポート/特集 おいしい小説[おやつ編]ーあなたの胸をときめかせる物語の中のおやつ・大集合!/[話題の作家]「榎田尤利&榎田ユウリ」ー二つのペンネームで多彩に活躍する人気作家をクローズアップ!

「活字倶楽部」2009年秋号読み終わりました〜balloon_34.gif

今回は(ちょっぴり苦手な)伊坂幸太郎さん特集です。
この作家さんはまだ2、3冊しか読んだ事がないけど次は「魔王」を読もうと決めた。

  と言いつつ、マンガが先になりそうな予感(笑)


覚書のため、気になる本を記録しておきます。

    
    



それと、この雑誌にちょこっと紹介されていた榎田 尤利「夏の塩」と「夏の子供」。
たまたま先日GETしたところだったので、なんだか嬉しくなっちゃいましたballoon_133.gif

  ついこの間復刊されたんですよねぇ





2009.11.09 *Mon*

「魚神」千早茜


魚神(いおがみ)
著者:千早茜
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
生ぬるい水に囲まれた孤島。ここにはかつて、政府によって造られた一大遊廓があった。捨て子の姉弟、白亜とスケキヨ。白亜は廓に売られ、スケキヨは薬売りとして暗躍している。美貌の姉弟のたましいは、惹きあい、そして避けあう。ふたりが再び寄り添うとき、島にも変化が…。第21回小説すばる新人賞受賞作。



これは、もうとにかくnanacoの好みど真ん中な作品です~~きもち
まだレビュー書いていない本が沢山あるけど、興奮が冷めやらぬうちに書いておきたくて。

いつものように、「あまりに面白い本はレビューが支離滅裂になるという法則」……
お友達のまるさんが名付けてくれた「あおレ滅法」(笑) なにとぞご容赦くださいましかお


舞台は、本土から隔離された島にある一大遊郭です。
電気は通っておらず、あるのは遊女屋のぼんやりとした行灯のみという幻想的な場所。

まるで鏡を見ているかのように、同じ容姿と魂を持った美貌の姉弟・白亜とスケキヨ。
二人は幼い頃から言葉を交わさずともお互いを感じ合い、半身のように求めあってきたが、
ある事件がきっかけで仲違いをしてしまい、離れ離れになってしまう。

やがては、誰もが欲望の炎を燃やすほど美しく成長した二人。
白亜は遊女として、そしてスケキヨも陰間としてそれぞれの道を歩んで行くが。。。


ライン


もう、なんて美しい文章を書かれる作家さんなんでしょう…かお

キリリと冴え渡った文章なのに、行間からねっとりとした妖艶さが立ち上ってくるようで。
まるで夢の中をフワフワと漂っているような、とても幻想的な雰囲気が感じられます。

白亜とスケキヨ。
お互いを狂おしいほど求めているのに、その感情とは裏腹にどんどん気持ちが離れていく。
そしてどんな運命の悪戯か、再び二人の人生が交差することになるんですねぇきもち


物語は主に白亜の視点から進んでいくので、スケキヨはヴェールに包まれたような存在。
白亜が遊女として働き始めた後も、常に美しい弟の影が見え隠れしています。

ヘドロの匂いと血生臭さ。肌にまとわりつくような生温かさと、薄暗く猥雑な遊郭。
そんな中で、白亜とスケキヨだけは、あまりに清らかで一歩離れた所に存在しているみたい。
二人に魅せられる人達は、どんどん堕ちていく。ある意味魔性の姉弟じゃのぅ…(笑)


※以下ネタバレなので反転しておきま~すかお

ライン

何気に好きだったのが、剃刀男ですねぇ。
幼い姉弟を引き離した剃刀男は、本来白亜にとって憎むべき存在のハズ。
けど、数年後に再会した白亜と剃刀男は、お互いの中に孤独を見出したと思うんです。

美しく成長した白亜を見て「小娘を抱く趣味はねえんだよ」と言ったのも、
彼にとっての罪滅ぼしと愛情だったのかな、と。(まぁ結局は……だけれども。笑)

そしてあまりにも切ない最期。イイ奴すぎて涙が出るぞ。


ライン


この世界が好きすぎてレビューが上手くまとまりませんでした。。。
恐るべし、あおレ滅法!!!(笑)

とにかくオススメしたい作品なので、未読の方は是非是非読んでみてくださいな~きもち




≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
tag : 魚神  千早茜 

2009.11.07 *Sat*

バチが当たりませんか…?


あと10日ぐらいで、nanacoの誕生日です。
うちのダーリン君から、ちょっと早めの誕生日プレゼントを貰いました〜balloon_59.gif







……見て驚かないでください(笑)











ドドォーーーーン!!!









積読本が増えました.jpg


絶対に自分のお金では実現できない(笑)必殺・大人買い!!!
いいのかい、ダーリン君や…ちょっと怪しい本が入ってるがキミは気付かないのかい…

何と言っても嬉しいのは「ゲド戦記」全6巻ですねぇ。
文庫化されたとはいえ、全巻揃えるとなかなか手が出せないですもの〜balloon_77.gif

nanacoの小学生時代のバイブル「ムーミン」シリーズも、久々に読んでみたくなったので。
当分読む本には困らなさそうです。




それと、調子に乗ってカズキヨネさんの画集まで買ってもらった。
表紙だけで何時間でも眺めていられそうな美しさです。

美しい….jpg



あとはピンクゴールドのネックレス。
ダーリン君にとってはこっちがメインだったと思われる(笑)

こっちがメイン?.jpg




2009.11.06 *Fri*

吉本ばなな「N.P」読みました♪




【N・P】吉本ばななrating_46.gif

97本の短編が収録された「N・P」。著者・高瀬皿男はアメリカに暮らし、48歳で自殺を遂げている。彼には2人の遺児がいた。咲、乙彦の二卵性双生児の姉弟。風美は、高校生のときに恋人の庄司と、狂気の光を目にたたえる姉弟とパーティで出会っていた。そののち、「N・P」未収録の98話目を訳していた庄司もまた自ら命を絶った。その翻訳に関わった3人目の死者だった。5年後、風美は乙彦と再会し、狂信的な「N・P」マニアの存在を知り、いずれ風美の前に姿をあらわすだろうと告げられる。それは、苛烈な炎が風美をつつんだ瞬間でもあった。激しい愛が生んだ奇跡を描く、吉本ばななの傑作長編。


実は、初ばななさん作品です〜balloon_34.gif

「なんとなくペンネームが気に入らない」ただそれだけの理由で敬遠していた作家さん。
乙一さんと同じパターンですねぇ(笑)さて、この作家さんはどうなることやら。

「N・P」というある一冊の本を巡る物語。
作者は自殺し、その本の98話目の翻訳に携わった人々も次々と自殺していく。
そして風美の恋人・庄司もまた、その謎の本によって自ら命を絶っていた。

一体この本にはどんな秘密があるのか??
ある日風美は、「N・P」の作者の遺児、咲と乙彦の姉弟に再会するが…


leaf_03.gif


この本のあらすじを読んで、「呪いの本」 みたいなのを期待していたのですがballoon_145.gif
どちらかというと、本そのものよりもそれを中心とする人間関係に重きを置いています。

仲睦まじい二卵性双生児の姉弟、何にも縛られない自由奔放な萃。
風美と彼らの関係は、どこかぼんやりとヴェールがかかったようにつかみどころがなくて。

ギラギラと照りつける日差し。さわやかな風が吹いていく河原。真っ赤な夕暮れ。
一つ一つの場面は、どれも本当に美しくて鮮明に頭に思い描ける程なのに、
不思議と人間関係だけは曖昧模糊としていて……自分の中で消化しきれない感じballoon_89.gif

上手く説明できませんが、「喪失感を伴う読後感」というのがしっくりきますねぇ。
また何年後かに再読してみよう。自分にはまだちょっと早すぎたかもです。


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ




2009.11.04 *Wed*

美青年でイメージする100の質問 【本番】


ふは〜やっとこさ終わりましたballoon_28.gif

お友達のさくらさんが企画してくれた美青年でイメージする100の質問


美青年でイメージする100の質問.gif ←詳しいルールはさくらさんのサイトへGO!!


前回は【肩慣らし編】に挑戦しましたが、今度はとうとう【本番】です。
肩慣らしだけでもヒィヒィ言ってたのに、本番となるとさらに難しいですわ〜(笑)
でも、すっごく楽しんで挑戦させていただきました。

こんなに頭を使ったのって何年ぶりだろうってぐらい考えましたが、
2問だけ回答できないのがありました。む、無念…balloon_131.gif
(ちなみにその2問は、「182.時効を待つ男」と「184.弔い合戦」です…)

前回と結構本はかぶっていますが、、、
どれも間違いなく美青年(美中年・美少年・たまに例外)をチョイスしています!!

やっぱり困った時はグインのキャラになってしまうのよねぇ。
イシュトが好きなハズなのに、ナリス様率が妙に高いのはどうしてなんでしょうballoon_145.gif

前回も書きましたが、かな〜り趣味が露わになってますので(笑)
「どんな本を見ても怒らないよ」という方のみどうぞ。 知らないよ、知らないよ…。
ま〜前回よりも若干ノーマルかもしれませんが。




それでは今回も…了承いただける方はネコちゃんからどうぞ……

↓ ↓ ↓

maneki_01.gif





2009.11.03 *Tue*

道尾秀介「背の眼(上)(下)」読みました☆


 

【背の眼(上)(下)】道尾秀介rating_48.gif

児童失踪事件が続く白峠村で、作家の道尾が聞いた霊の声。彼は恐怖に駆られ、霊現象探求所を営む真備のもとを訪れる。そこで目にしたのは、被写体の背中に人間の眼が写り込む、同村周辺で撮影された4枚の心霊写真だった。しかも、彼ら全員が撮影後数日以内に自殺したという。これは単なる偶然か?第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。

ちょうど一年ぐらい前に、お友達の日向永遠さんに紹介いただいた作品です〜balloon_34.gif
日向さん、やっと読めました〜〜面白い本のご紹介ありがとうございました!!

ホラーは好きなくせに、心霊系となると途端に半泣きになるnanacoですが(それでも読む。笑)
これはホラーというよりもミステリーですねぇ。夜中のトイレも一人で行けますよ…(笑)
上下巻、全く長さを感じさせず、最後までグイグイ読ませてくれましたballoon_133.gif

前に読んだ「向日葵の咲かない夏」は、どうも生理的に受け付けなかったんですが、
今回の真備シリーズは、この先も面白く読めそうな気がします。

  どんでん返しは凄かったんだけどね…


02.gif


「レエ……オグロアラダ……ロゴ……」
ホラー作家の道尾が、福島県の白峠村で聞いた不気味な声。
恐怖のあまり東京に逃げ帰った道尾は、大学の時の友人・真備の元を訪れる。

白峠村で相次いでいる子供達の失踪事件。村に隠された天狗の伝説。
そして、自殺した人々の背中に浮き出た二つの眼。これらには関連性があるのか??

……もうこれだけでビビりな人は読む気すら失せてしまうかもしれませんねぇballoon_145.gif
でも、安易に心霊現象に持っていかないのが、この作者さんの凄いところです。
若干こじつけ??と思える部分もありますが、きちんと合理的に解決されていますもの。

こういう風にミステリーとオカルトが巧く融合されている作品って好きです〜balloon_28.gif
「屍鬼」を彷彿とさせるような閉鎖的な村と、人々が隠している血塗られた過去。
もうこれは題材だけでも買いですね(笑)


霊現象を探究しているという真備の、飄々としたキャラが良かったです!!
常日頃から美青年を追い求める者としては、こんな作品からもこの一文を見逃しません。
もうなんかね、↓こういう文章だけ浮き出て見えるのよ…(笑)野性的なものかねぇ。

すらりとした長身。鋭角的な顎と鼻を持った顔は日本人ばなれしていて、
髪は相変わらず少し長めで―どこか欧米の美人女優を彷彿とさせるような風貌。(P100より)



さて、次は真備シリーズ二作目「骸の爪」を読もう。

 怖いよ…表紙が…


bookshelf_01.gif  graph_01.gif  にほんブログ村 本ブログへ




2009.11.01 *Sun*

10月☆読書メーターまとめ(4)


さてさて、やっとこさこれで最後です。お付き合いありがとうございます(笑)


失はれる物語 (角川文庫)失はれる物語 (角川文庫)
乙一さんは、読むたびに全く作風が違っていつも新鮮な気持ちで読めますねぇ。今回は久々に白乙一。「Calling You」「しあわせは子猫のかたち」が特に好みです。どれも人間の輪から一歩離れた場所にいるような子の視点が、とても悲しくて切ない。
読了日:10月06日 著者:乙一


幸福な王子―ワイルド童話全集 (新潮文庫)幸福な王子―ワイルド童話全集 (新潮文庫)
子供の頃、「幸福な王子」の絵本を読んで泣いた記憶があります。大人になって久々に手に取ってみても、やっぱり泣いてしまった。でもそれは感動ではなくて、人間のあまりの残酷さや身勝手さに翻弄されるツバメと王子があまりにも哀れで・・・。他の短編も作者の皮肉な視点が入っているからか若干気の滅入る作品が多いです(笑)ワイルドは「ドリアン・グレイの肖像」のほうが個人的にはお気に入り。
読了日:10月04日 著者:ワイルド


オリンポス 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)オリンポス 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
あれっ、この巻で終わりなんですね。まだまだこの不思議な世界を堪能できると思っていたので残念。人間の飽くことなき欲望と、神々の気まぐれ。やりとりはまるで禅問答のよう。冥王ハーデスが好きだ!何でも分かっているような顔して、実は何一つ分かっていないんじゃないかって気もしてくる(笑)
読了日:10月04日 著者:あき


あまつき (10) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)あまつき (10) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
今まで守られっぱなしだった鴇が、やっと主人公としての役割を果たしてきた気が!今回の巻はわりと混乱せずに読めた気がします♪でも続きが読めるのは1年先かー・・・長いです。
読了日:10月04日 著者:高山 しのぶ


新暗行御史 1 (サンデーGXコミックス)新暗行御史 1 (サンデーGXコミックス)
もう初っ端からこの世界観に圧倒されっぱなしです!「暗行御史」という特殊官吏、幽幻兵士、世にもおぞましい化け物達・・・戦い(というか殺戮)の描写が半端ないです!そして主人公の人相の悪さも半端ない(笑)
読了日:10月03日 著者:尹 仁完


「ギロチン城」殺人事件 (講談社文庫 き 53-4)「ギロチン城」殺人事件 (講談社文庫 き 53-4)
うわ〜今回も凄かったです!!何故か読まずにはいられない城シリーズ(笑)次々とあっけなく登場人物達が殺されていく容赦ない展開。最後の最後に明らかになる大掛かりなトリックには唖然。降霊術の一種として使われているという「スクウェア」のお話が面白かったなぁ。次の作品も楽しみです!
読了日:10月01日 著者:北山 猛邦

読書メーター



pl2.gif


今月のイチオシは森薫さんの漫画「乙嫁語り」ですねぇ。



中央ユーラシアが舞台の、ラブストーリー…なのかなぁ(笑)
美しき花嫁アミル(20歳)と、夫のカルルク(12歳)の歳の差夫婦。
カルルクは歳のわりに大人びているんだけど、これがまた超可愛いんですよ…

そして他民族から嫁いできたアミルも、美人で知的で逞しくて。
民族衣装だとか、絨毯だとか、装飾品だとか…もう隅々まで細かくて美しくて〜balloon_75.gif

続きが楽しみな1冊です。
アミルのお兄さんがとんでもなく男前です。妹もあんな美人だからなぁ。




2009.11.01 *Sun*

10月☆読書メーターまとめ(3)


さらにさらに続きです〜〜
今回は長いな…balloon_89.gif


銀の果実 (ミリオンコミックス 57 Hertz Series 62)銀の果実 (ミリオンコミックス 57 Hertz Series 62)
黒ブレザーにリボンタイ、全寮制学園に地下室、もう好きな要素が一杯!(笑)幼い頃離れ離れになった兄を捜しに転校してきた楓。横暴でムカつくけど、兄と同じ台詞を口にする昴。最後の最後まで昴が兄なのか分からず、徐々に惹かれてあっていく二人に読者までドキドキしっぱなしです!どこか海外物の雰囲気が漂う作品。できることなら続編が読みたい!設定がモロ好みなだけに、これだけで終わるのは勿体ない気が・・・^^;
読了日:10月17日 著者:さかもと 麻乃


王子と小鳥 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)王子と小鳥 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
あぁ、アラブ物やっぱり好きだぁ。サラリとシンプルな絵柄なのに、登場人物の切ない気持ちが痛いほどズッシリ伝わってきて。王子の愛情と懐の大きさに、胸が一杯になりました。でも主人公のスズキは、意外とどんな所でも(たとえばハーリド王子の兄のところでも)生きていけそうな気がする(笑)二人の後日譚が読みたいなぁ。
読了日:10月17日 著者:山中 ヒコ


イオニアの風イオニアの風
どっしり重厚な作品で大満足です♪「銀の犬」同様、一度この世界を受け入れるとあっという間にのめりこんでしまいますねぇ。神々から見た人間の営みって、なんてちっぽけなんだろう。人間を賭けの対象にして一喜一憂している姿は、なんだか妙に可愛いのだけれど(笑)オデュッセウスとペネロペイアの出会いのエピソードがすごく好きでした。ヘルメス神がどうしようもなく魅力的です!
読了日:10月14日 著者:光原 百合


〔MF文庫ダ・ヴィンチ〕竜岩石(りゅうがんせき)とただならぬ娘 (MF文庫ダ・ヴィンチ (か-1-1))〔MF文庫ダ・ヴィンチ〕竜岩石(りゅうがんせき)とただならぬ娘 (MF文庫ダ・ヴィンチ (か-1-1))
あぁ、すごい好きだなぁこの作品。特に「楽師の息子」「流刑」「白桃村」等中国を舞台にした怪奇譚(といっても怖さというより不思議なお話)が好き。これからが楽しみな作家さんになりました。
読了日:10月14日 著者:勝山海百合


ミルクマン 1 (UNPOCO COMIX)ミルクマン 1 (UNPOCO COMIX)
狐目の大家さんが可愛いです〜♪もう、ホントしょーもない漫画で笑えます。牛乳屋とコーヒー牛乳屋の息が妙にピッタリなのがまたウケます。もっそれの屋久島が登場しててちょっと感激。
読了日:10月14日 著者:南国 ばなな


運命の子―グイン・サーガ〈129〉 (ハヤカワ文庫JA)運命の子―グイン・サーガ〈129〉 (ハヤカワ文庫JA)
ガーン・・・面白い。面白すぎる。ヤガ編に入ってから感じてた事だけど、もう怒涛の展開です。あのシルヴィア救出のキタイ編を思わせるような、ゾクゾクするような面白さ。次々と気になっていたキャラが登場して、この先の展開が気になって仕方がありません!スーティが可愛くて可愛くて・・・小さな王子の成長がもう見られないんだと思うと、本当に悲しくなります。次の巻でとうとう終わり。気になる所は沢山あるけど、最後はやっぱりグインのサイロン編が読みたいなぁ。
読了日:10月11日 著者:栗本 薫


屍鬼 6 (ジャンプコミックス)屍鬼 6 (ジャンプコミックス)
お、原作とは違う展開になってきましたねぇ。今後の展開が楽しみになってきました。それにしても、敏夫の屍鬼実験のシーン、怖っ!あれぐらい冷徹な人間じゃないと、医師は務まらないのかもしれないけど。夏野父の壊れっぷりが哀れです・・・
読了日:10月11日 著者:藤崎 竜


中庭の出来事 (新潮文庫)中庭の出来事 (新潮文庫)
うわぁ、こんな感覚の小説初めて読みました!賛否両論ありそうですが、個人的には概ね賛のほうでしょうか。3つの別々の世界が入れ子構造になっていて、今自分がどの世界にいるのか曖昧になってしまう。ただひたすら、役者達の演じる演技に流されていくだけ。最後の台詞からも分かるように、それこそがきっと恩田さんの意図したところなんでしょうねぇ。再読する時は、読書メモ片手にじっくり浸ってみようと思います!
読了日:10月10日 著者:恩田 陸


10月☆読書メーターまとめ(4)につづく…



2009.11.01 *Sun*

10月☆読書メーターまとめ(2)


10月☆読書メーターまとめ続きです〜balloon_28.gif


新暗行御史 5 (サンデーGXコミックス)新暗行御史 5 (サンデーGXコミックス)
能恵衣のお話が切なすぎる・・・どのお話も、韓国に元ネタがあるのが面白いです!それは実在した人物だったり、伝説の中で語り継がれている人物だったりもするのですが・・・またまた強そうな女刺客が登場。山道の良いライバル(?)になりそう。それにしても阿志泰の本心が全くつかめなくてもどかしい!!!
読了日:10月24日 著者:尹 仁完


N・P (角川文庫)N・P (角川文庫)
ある一冊の本に関わった人間が次々と自殺をしていく、という何ともダークで不思議な物語。本そのものよりも、その本を元に広がっていく人間関係を描いているんですねぇ。仲の良い二卵性双生児の姉弟、自由奔放な萃、そして何事も真っ直ぐに受け止める風美。ぼんやりとヴェールがかかっていて、ともすれば一夏の幻とも錯覚してしまいそうな・・・とても切なく幻想的な物語。
読了日:10月24日 著者:吉本 ばなな


背の眼 下 (3) (幻冬舎文庫 み 11-2)背の眼 下 (3) (幻冬舎文庫 み 11-2)
オカルトとミステリがこういう風に巧みに絡み合ってくるお話は大好きです。消えた子供達や、背中に浮き出る眼、「白い女」(これ最後に明らかになって安心しました〜笑)。これらの謎は意外にもあっさりしていましたけど、最後まで飽きずに読めました。でも、もうちょっとオカルト度を高めにして、おどろおどろしい展開にして欲しかった気も・・・。さて、続編も読もう♪
読了日:10月22日 著者:道尾 秀介


背の眼 上 (1) (幻冬舎文庫 み 11-1)背の眼 上 (1) (幻冬舎文庫 み 11-1)
消える子供達、体の見つからない死体、天狗の言い伝えがある迷信深い村・・・続きが気になって仕方ない!今のところ、それほど怖いという感覚はないのだけれど(あくまでも今のところ。笑)、この閉塞されたねっとりとまとわりつくような空気が好き。真備のどこか飄々とした一筋縄ではいかないキャラクターが良いですねぇ。下巻に進みます!
読了日:10月20日 著者:道尾 秀介


くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)
あぁ、これすごい面白かった。もう明楽と鳥原の表情とか、会話のテンポとか絶妙なんですよねぇ。年下相手に本気で怯えてる明楽が笑えました。同時収録されている「フォギー・シーン」もすごく良い!切ないねぇ・・・片思い。この何とも言えない余韻を残した終わり方が好きです。次は先生メインの続編が読みたいな♪
読了日:10月20日 著者:ヤマシタ トモコ


ミストボーン 1―霧の落とし子 (1) (ハヤカワ文庫 FT サ 1-3)ミストボーン 1―霧の落とし子 (1) (ハヤカワ文庫 FT サ 1-3)
前作の「エラントリス」もそうだったけど、本当この作家さんは特異な設定を思いつくなぁとつくづく感心します。合金術の描写が面白いですね!相手の感情を操ったり、空中に浮いてみたり。一度イメージできてしまえば世界が大きく広がっていきます。ちょっと主人公ヴィンのキャラが薄いのが気になりましたが(ケルシャーの圧倒的な存在感に負けているような・・・)、まだまだ序章といったところでしょうか。この先強く美しい女性に成長してくれることを願って!続きが楽しみです♪
読了日:10月19日 著者:ブランドン・サンダースン


新暗行御史 4 (サンデーGXコミックス)新暗行御史 4 (サンデーGXコミックス)
まさかまさかの女暗行御史登場。幽幻兵士・・・つ、強っ!(笑)元述と山道の戦いが凄まじいですねぇ。山道の露出が高いだけに、もう次々と傷を負っていく姿が見てるだけで痛い・・・
読了日:10月17日 著者:尹 仁完


新暗行御史 3 (サンデーGXコミックス)新暗行御史 3 (サンデーGXコミックス)
いつもながらに、山道は目のやり場に困ります・・・(笑)この露出っぷりは作者さんの好みなんでしょうかねぇ。阿志泰?! えぇぇ〜あんなに人の良さそうな彼が??? 文秀と阿志泰の間に、どんな過去があったのか・・・続きが気になります。
読了日:10月17日 著者:尹 仁完


新暗行御史 2 (サンデーGXコミックス)新暗行御史 2 (サンデーGXコミックス)
相変わらずこの圧倒的な画力に惚れぼれしてしまいます!曼陀羅華を調合した鍼で死人を生き返らせる村のお話は、本当に悲しかった・・・それにしても文秀、いつも呼吸器を持ってなくちゃいけないなんて大変だわ〜^^;
読了日:10月17日 著者:尹 仁完


Dの魔王 1 (ビッグコミックス)Dの魔王 1 (ビッグコミックス)
「ジョーカー・ゲーム」漫画化!原作ファンとしては、これは読まずにはいられません。とにかく絵が隅々まで綺麗で、一切隙がない印象(勿論良い意味で!)ですねぇ。結城中佐は、影のような存在をイメージしていたので、ちょっぴり違和感がなきにしもあらず・・・ですが、それでもやっぱり格好良いです。三好の美形度には仰天。こんなスパイ・・・目立って仕方ないんじゃなかろうか(笑)原作のD機関は確かに"化け物"という印象が強いのですが、コミックはスパイ達の心理を丁寧に描いているので随分と親しみやすくなっている気がします。
読了日:10月17日 著者:柳 広司,霜月 かよ子


10月☆読書メーターまとめ(3)につづく…



2009.11.01 *Sun*

10月☆読書メーターまとめ(1)


毎月恒例、10月に読んだ本をまとめてみました〜balloon_133.gif

ドラクエが終わったので、やっとこさ読書ペースが上がってきました。
…とかいいつつ、漫画が半分を超えてますけどねー(笑)
今回も文字制限を超えたので4分割しています。


10月の読書メーター
読んだ本の数:34冊(小説14冊・漫画20冊)
読んだページ数:6259ページ



ハイガクラ 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)ハイガクラ 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
1巻では世界観を追いかけるだけでいっぱいいっぱいだったんですが、この巻になってようやくストーリーを楽しめるようになってきました♪(相変わらず複雑ではありますが・・・笑)可愛い子どもやら動物やらがたっぷりでてきて、思わずニンマリしてしまいますが、やっぱりツボなのはテンコウのあの豹変っぷり!! こんなテンコウに頭は下げたくないけど、でも・・・という一葉のあの葛藤する表情がたまらなく好き。次は一葉と白珠龍のチビ時代のお話かな〜楽しみです☆
読了日:10月31日 著者:高山 しのぶ


AKABOSHI-異聞水滸伝 1 (ジャンプコミックス)AKABOSHI-異聞水滸伝 1 (ジャンプコミックス)
ジャンプでちょこっと読んで気になっていた漫画。いやぁ、面白かった!腐りきった国を打倒するために108の同志を集める旅に出るというお話。主人公の戴宗のキャラも良いし、虎の師匠(かなり狂暴)も、どんだけ強いんだという王進も、長髪美形の林冲も、、、とにかくキャラがみんな立っている。少しずつ登場人物達の過去を交えながらの進み方も落ち着いていて好み!! どうか打ち切りになりませんように・・・
読了日:10月31日 著者:天野 洋一


新暗行御史 9 (サンデーGXコミックス)新暗行御史 9 (サンデーGXコミックス)
文秀が昔愛した(でも殺してしまった)女が登場?! 自分が正義だと思いこんでいる事でも、他人にとってはそうとも限らないって事なのね。なんだか鼻持ちならない女でしたが、最後の最後になって彼女の過去を見せるなんて反則です。切なすぎます(泣)それにしても元述は、あんなんで良いんでしょうかねぇ・・・一度死んだ人物っていうのは、どうやったら死ぬのかな。
読了日:10月31日 著者:尹 仁完


新暗行御史 8 (サンデーGXコミックス)新暗行御史 8 (サンデーGXコミックス)
どうしても縦ロールばかりに目がいってしまう^^;山道の強くなりたい、でも文秀に弱さも受け入れて欲しいという気持ちが痛いほど伝わってきて胸が痛くなります。元述は死んでさらに強くなったんじゃなかろうか・・・元々の外見が美しかっただけに、顔の下半分を包帯で覆ってしまっているのが痛々しい。
読了日:10月31日 著者:尹 仁完


新暗行御史 7 (サンデーGXコミックス)新暗行御史 7 (サンデーGXコミックス)
なんだかまた凄いキャラが現れました。あの縦巻きロール・・・邪魔にならないんだろうか(笑)温達・平岡編もとりあえず完結。平岡は良い領主になれるだろうなぁ。最後の最後で元述が登場してビックリ。あなた殺されたハズじゃなかったんですか?!
読了日:10月31日 著者:尹 仁完


新暗行御史 6 (サンデーGXコミックス)新暗行御史 6 (サンデーGXコミックス)
温達と平岡のお話。平岡のコレクションの多さに最初異常なものを感じたんですが、まさかこんな展開が待っていようとは・・・。温達が小綺麗になった時の、あのあどけない表情が好きです♪
読了日:10月31日 著者:尹 仁完


クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
時々無性に読みたくなるこの本。何度読んでもやっぱり面白い。ある日、突然異様な光景の中で目覚めた一人の男。手元には「火星の迷宮へようこそ」というゲーム機が。過酷な状況の中生き残るのはただ一人。これを読むとバトロワは、まだまだ軽めの小説という気がしてくるから不思議です(笑)何しろ、一線を越えてしまった人間の狂気が、例えようもなく醜くおぞましい。血で血を洗うこの凄惨なゲームの目的は?誰が味方なのか?果たして生きて戻れるのか?スピード感、恐怖感、面白さ、全てにおいてクリアしている永久保存版の一冊です。
読了日:10月30日 著者:貴志 祐介


レイン〈2〉招かれざる帰還 (アルファポリス文庫)レイン〈2〉招かれざる帰還 (アルファポリス文庫)
ダメだ・・・シェルファはどこをどうとっても苦手だ。レインに全幅の信頼を置いているのは分かるけど、お風呂シーンでもうガックリ。王女として以前に乙女としてどうかと思いますぞ(笑)もうレインとシェルファの会話は終始イライラしながら読んでいたんですが、番外編は面白すぎる。レイン・・・あんなに無口でクールな少年だったのに・・・どこでどう変わっちゃたんだか。
読了日:10月29日 著者:吉野 匠


フォー・ディア・ライフ (講談社文庫)フォー・ディア・ライフ (講談社文庫)
は〜良いお話だった!無認可の保育園を経営する園長先生ハナちゃん。裏ではちょっとヤバい事にも足を突っ込む探偵稼業。保育園に子供を預けるママ達も皆訳あり。とにかく人間関係が濃くて面白い。ハナちゃん、なんだかんだ言いながらも子供達の笑顔が見たいがために、日々腐心している所が微笑ましい(笑)山内と自分を比べて「顔には自信がないわけでもないけど、足はコイツのほうが長い」と微妙に気にしているところがウケました。
読了日:10月28日 著者:柴田 よしき


乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
何なの、この絵の美しさは!!! 民族衣装だとか、装飾品だとか、もう1コマ1コマが美麗すぎて目を奪われてしまいます。多民族から嫁いできたアミル20歳。夫のカルルクは12歳。言葉は少ないけど、二人のほのぼのとした雰囲気に、読んでいるこちらまでニヤニヤしてしまう。美しい・知的・逞しい、と三拍子揃ったアミル。ふとした時に見せる照れた表情や、獲物を狩る時の凛とした横顔が本当に素敵。それにしても兄のアゼルに惚れたのは私だけでしょうか・・・(笑)
読了日:10月24日 著者:森 薫


10月☆読書メーターまとめ(2)につづく…



ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
22位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。