FC2ブログ

「月の裏側」恩田陸

月の裏側著者:恩田陸評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)九州の水郷都市・箭納倉。ここで三件の失踪事件が相次いだ。消えたのはいずれも掘割に面した日本家屋に住む老女だったが、不思議なことに、じきにひょっこり戻ってきたのだ、記憶を喪失したまま。まさか宇宙人による誘拐か、新興宗教による洗脳か、それとも?事件に興味を持った元大学教授・協一郎らは“人間もどき”の存在に気づく…。先日GETした恩田さんの...
  •  30, 2008 11:37
  •  18

「空中ブランコ」奥田英朗

空中ブランコ著者:奥田英朗評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が…。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!?直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾。先日読んだ「イン・ザ・プール...
  •  28, 2008 20:55
  •  16

「八月の博物館」瀬名秀明

八月の博物館著者:瀬名秀明評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)小学生最後の夏休み。少年トオルは、偶然に見つけた不思議な建物「THE MUSEUM」で、謎の美少女・美宇に出会う。あらゆる時代と場所へ、時空を超えて移動することが可能なこの建物の中で、過去のエジプトへ飛んだ二人。しかしその冒険は、長く封印されていた邪悪な力を召喚し、大人になった未来の自分自身さえも呼び寄せてゆく。壮大なスケール...
  •  25, 2008 19:54
  •  22

「NO.6〔ナンバーシックス〕#4」あさのあつこ

NO.6〔ナンバーシックス〕#4著者:あさのあつこ評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)どうやったら矯正施設の内部に入れるのか。中はどうなっているのか。どんな手を使っても探りだし、侵入しなくてはならない。それが沙布を救う唯一の方法なのだから。紫苑のまっすぐな熱情にネズミ、イヌカシ、力河が動かされる。そして軍が無抵抗な人間を攻撃し始めた。「人狩り」だ。いったい何のために…。 <NO.6>シリーズ4巻目、...
  •  22, 2008 21:04
  •  12

「イン・ザ・プール」奥田英朗

イン・ザ・プール著者:奥田英朗評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。この本はある種の癒し効果...
  •  20, 2008 20:23
  •  28

「黄金の王 白銀の王」沢村凛

黄金の王 白銀の王著者:沢村凛評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)百数十年にわたり、国の支配をかけて戦い続けてきた鳳穐一族と旺廈一族。生まれた時から「敵を殺したい」という欲求を植えつけられていた二人の王。だが、彼らは過去のしがらみを断ち切った。そして、争いのない平和な世の中を作りたいという思いを理解し、陰で協力し合う道を選んだ。しかし、それは想像以上に厳しいものだった…。敵に捕われの身と...
  •  18, 2008 20:54
  •  20

礼文島☆北の4時間コース歩いてきました!

14日から2泊3日で、日本最北の島・礼文島に行ってきました今回の目的は北の4時間コース。島の最北端スコトン岬~ゴロタ岬~鉄府海岸を通って西上泊〜浜中まで歩くコースです。稚内からフェリーで礼文島まで向かいます。礼文は8月でもやっぱり寒い!!18℃前後でしたが、霧雨&風が強いので、体感的にはもっと低く感じますねさて、いよいよスコトン岬から出発。あ、道舗装されてるのね??余裕じゃ~ん!…と喜んだのも最初だ...
  •  17, 2008 00:00
  •  28

「天帝妖狐」乙一

天帝妖狐著者:乙一評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)とある町で行き倒れそうになっていた謎の青年・夜木。彼は顔中に包帯を巻き、素顔を決して見せなかったが、助けてくれた純朴な少女・杏子とだけは心を通わせるようになる。しかし、そんな夜木を凶暴な事件が襲い、ついにその呪われた素顔を暴かれる時が…。表題作ほか、学校のトイレの落書きが引き起こす恐怖を描く「A MASKED BALL」を収録。前に「...
  •  12, 2008 00:00
  •  20

「すべてがFになる」森博嗣

すべてがFになる著者:森博嗣評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。ブログのお友達柊さんに教えて頂いた作...
  •  11, 2008 20:17
  •  28

「グイン・サーガ122巻 豹頭王の苦悩」栗本薫

グイン・サーガ122巻 豹頭王の苦悩著者:栗本薫評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)忠実な臣下たちとの再会を喜びつつケイロニアに帰国したグインは、国民から盛大な歓呼の声をもって迎えられた。そしてなによりも、グインの長の不在に心ふさいでいたアキレウス帝の喜びようはひとしおであった。しかしそのような光り輝く歓喜とは裏腹に、サイロンの王妃宮の奥深くで、シルヴィアは要人にあるまじき乱行に耽溺した結...
  •  10, 2008 21:47
  •  14

「虚空の旅人」上橋菜穂子

虚空の旅人著者:上橋菜穂子評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)隣国サンガルの新王即位儀礼に招かれた新ヨゴ皇国皇太子チャグムと星読博士シュガは、“ナユーグル・ライタの目”と呼ばれる不思議な少女と出会った。海底の民に魂を奪われ、生贄になる運命のその少女の背後には、とてつもない陰謀が―。海の王国を舞台に、漂海民や国政を操る女たちが織り成す壮大なドラマ。シリーズを大河物語へと導くきっかけとなった第...
  •  04, 2008 20:12
  •  20

「黄金の羅針盤」フィリップ・プルマン

黄金の羅針盤(上)(下)著者:フィリップ・プルマン評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)両親を事故で亡くしたライラは、お転婆な11歳の女の子。そんな彼女のまわりで子供が連れ去られる事件が起きる。どうやら北極で子供たちが何らかの実験に使われているらしい。ライラと彼女の守護精霊は子供たちを助けるために、船上生活者ジプシャンに同行する。世界に6つしかない黄金の羅針盤を持って北極へと向かったライラ...
  •  02, 2008 20:32
  •  12