04
1
3
5
7
9
11
14
15
18
20
22
23
25
28
<< >>

This Archive : 2008年04月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.30 *Wed*

「千年の時をこえて」沢村凛


千年の時をこえて
著者:沢村凛
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“しきしまのやまとのくにはことだまのたすくるくにぞまさきくありこそ”はるかな昔、人は喜びや悲しみの思いを美しいリズムにのせて、口ずさんだ…それが和歌。思いのこもった和歌を、神としてまつるヨロズバ神社で、静枝は不思議な少年と出会う。少年の名前は、マコマ。千年も前の世界から来たという。「ほっとけない。」静枝は、マコマのもとに通い始める…。千年の時をこえた、不思議な恋の物語。



発想自体はとても面白いと思うんだけど…正直何かが物足りませんでしたきもち

主人公静枝がある日神社で出会った少年マコマ。
なんとマコマは千年も前の世界から来たという。彼の姿は何故か静枝にしか見えない。

静枝の周りで起こる事件を、マコマは「万葉集」を引用して謎解きをする…という物語です。

謎解きもごく身近な小さなものだし、あまり神秘性も感じられなかったなぁ。
児童向けではなくて、大人向けに世界を広げたらきっとすごく面白いと思うのですが。。。

それに…つい先日、極上のラブストーリー「ライオンハート」を読んだ後ですもの(笑)
小学生の静枝の初恋がなんだか幼すぎて、個人的にはいまひとつといったところでしたかお

でも、もしこの作品を小学生の時に読んでいたら、もっと古典が好きになっていたかも??
引用されていた「万葉集」の和歌から、改めて日本語の美しさを再認識しましたよきもち





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
スポンサーサイト

2008.04.29 *Tue*

久しぶりのペンタブ画です♪


img7bc1fec9zik7zj.jpeg

またまた久しぶりになっちゃいましたが、ペンタブ画描いてみましたこもの
なんとなく色鮮やかな絵が描きたいなぁ、と…。カゴがなんだか面倒臭かったです(笑)

ちょっぴり春っぽさアピールです。

tag : ペンタブ 

2008.04.27 *Sun*

「図書館危機」有川浩


図書館危機
著者:有川浩
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!!図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱!玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法!―そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!?そこで郁を待ち受けていたものは!?終始喧嘩腰でシリーズ第3弾、またまた推参。



「図書館戦争」シリーズ第3弾!!あっという間に読了しちゃいました~きもち

郁と堂上の甘甘っぷりにもさらに磨きがかかりましたね。
でも、あと一歩!あと一歩なのにぃ~!!何故にそこまでじらす、有川さん…(笑)

信頼できる部下と上司の関係からもうちょっとだけ親密になった微妙な距離感。
最終巻の「図書館革命」では、勿論ハッピーエンドで終わらせてくれるんでしょうね??


さてさて、今回は色々な意味で成長した郁の姿を見ることができました。

例えば派遣先の女子寮での陰湿なイジメ。現実でもこういうのって日常茶飯事なのよね。
そんな嫌がらせにあった時の郁の行動には思わず拍手喝采きもち
男の人にこそ、このくだりは読んでほしいなぁ。女の子は意外と大変なのよ~って(笑)

図書館での痴漢のエピソードも面白かったです。
どっからどう見ても美人の柴崎と、お洒落をすると意外とモデル並みな郁が痴漢の囮に。。。
思った通りの郁の痴漢撃退法と、相変わらずの柴崎の毒には思わずニヤリとしちゃいました。

このシリーズ、取り上げている問題は何気に深刻なのに重くなりすぎないのが良いですネかお


*次はとうとう最終巻。郁と堂上、どーなることやら。
柴崎と、有能なのに最近ちょっぴりボケてる手塚の関係も微妙に気になる、気になる。


<図書館戦争シリーズ>
図書館戦争
図書館内乱





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.26 *Sat*

「ライオンハート」恩田陸


ライオンハート
著者:恩田陸
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いつもあなたを見つける度に、ああ、あなたに会えて良かったと思うの。会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ…。17世紀のロンドン、19世紀のシェルブール、20世紀のパナマ、フロリダ。時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会う。結ばれることはない関係だけど、深く愛し合って―。神のおぼしめしなのか、気紛れなのか。切なくも心暖まる、異色のラブストーリー。



恩田作品の中でも数少ないラブストーリー「ライオンハート」は、とりわけ大好きな一冊きもち
このタイトルは1978年に発売されたKate Bushのアルバム"Lionheart"から取られたそうです。

ある2人の男女は時空を超えて生まれ変わり、何度も何度も巡り合う。
決して結ばれることはない、ほんのちょっとだけの短い逢瀬。

いつの時代も、2人はあるはずのない記憶を持ち、やがて再会の時を心待ちにするように。。。


このお話、何度読んでも切なくて苦しくて、涙が出てしまいますかお

エドワードとエリザベス。二人はいつも若い男女というわけではないんですよね。
時には青年と少女だったり、老紳士と若い女性だったりするんだけど、必ず相手を見つける。

再会が素晴らしすぎて、すぐに訪れる別れの瞬間はいつも絶望の淵に立たされる二人。
次はいつ会えるのか、次に生まれ変わったときも相手を見つけられるだろうか…と。

生涯、再会の瞬間だけを夢みて生きていくのがあまりにも酷です…きもち


個人的に特に好きなのは、「エアハート嬢の到着」「春」あたりでしょうか。

陰鬱な空の下での悲劇の再会と、雨上がりの虹の下での再会。
いやぁ、ホントこの二つは感涙モノですよ。…バスの中ではとてもとても読めません(笑)


*ちなみにこの作品、各章に初めにカラーで絵画が載せられていますかお
ジャン・フランソワ・ミレーの「春」やアルフォンス・ミュシャの「イヴァンチッツェの思い出」など。
その絵画に基づいてストーリーが作られているのは、さすが恩田さんですね。

これからも何度も何度も読み返したい、とっても素敵な物語ですかおきもち





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.24 *Thu*

「ミミズクと夜の王」紅玉いづき


ミミズクと夜の王
著者:紅玉いづき
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。願いはたった、一つだけ。「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望の果てからはじまる小さな少女の崩壊と再生の物語。



第13回電撃小説大賞<大賞>受賞作ですほしきもち

何だか珍しくライトノベルらしからぬ装丁。
素敵ですよねぇ。ライトノベルがみんなこんな表紙だったら手に取りやすいんだけど(笑)
妖しくて神秘的な雰囲気が漂うおとぎ話のような作品でしたきもち

額に焼印、手足に鎖を繋がれた少女が魔物の森を彷徨う場面から物語は始まります。

大抵の人間なら決して足を踏み入れない恐ろしい森。
自らをミミズクと名乗る少女は、そこで月のように美しい魔物の王に出会うことに…。
何故少女はこんな場所に?魔物の王の正体とは…??


この作品、ビックリするぐらい映像的なんですよね~かお
真っ暗な森を鎖をつけてふらふらと歩く少女や、凍てつくような美貌を持った夜の王。
隣国の塔に訳あって閉じ込められている王子…まるで映画を観ているかのように頭に浮かびます。

この1冊だけで終わるには惜しいぐらいの世界観ですきもち

ミミズクや美しき夜の王の秘められた過去については、もっと掘り下げて欲しかった気もするし、
聖騎士アン・デュークとその妻オリエッタの出会いのエピソードももっと読みたかったなぁ。。。

この物語の根底にあるのは間違いなく"純愛"。

陳腐な言葉だけど、不思議とこの妖しい魅力漂う物語にはピタリとはまるんだよなぁ(笑)
読み終えた後は「こんな愛の形もあるんだな…」、と胸がギュッと締め付けられるようでした。

ラノベだけあって文章も軽く、あっという間に読めちゃうので是非かお






≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.21 *Mon*

「あやし」宮部みゆき


あやし
著者:宮部みゆき
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
美しいお千代を妬み、神社の梅の木に大凶のおみくじを結びつけながら、その凶運を願うおえん。実際にお千代が不幸な死に方をして…(「梅の雨降る」)。お義母さまにとりついていた鬼は、穢れの化身だった。近づく者は、自分の邪な心をその鬼に見る。ところが、わたしには見えなかった…(「安達家の鬼」)。ほかに、「居眼り心中」「影牢」「布団部屋」「女の首」「時雨鬼」「灰神楽」「蜆塚」の計九編。



この間読んだ宮部さんの「あかんべえ」が面白かったので、引き続き時代物に挑戦です。

江戸を舞台にした怪談短編集。表紙の絵がなかなか良い味出してますよね~かお

「あかんべえ」がほんわかとあたたかさを残した作品だったのに比べると、
「あやし」は人間の悪意や恐ろしさがむき出しになった、ホラー色の強い作品に仕上がっています。


一番好みだったのは「安達家の鬼」

心に穢れを持っている人には恐ろしい形相の鬼の姿が見えるという…。
よく海外のファンタジー小説に「心を映す鏡」なんていうのが出てくるけど、そんな感じかな??
恐ろしさと同時に、どことなく物悲しい余韻を残した作品でもありました。。。

「影牢」「女の首」あたりは読んでいると思わずゾクリと鳥肌が…きもち


結局のところ一番恐ろしいのは幽霊や鬼よりも、人間の嫉妬、憎しみ、欲望なのよねぇ。
幽霊や鬼っていうのは、この時代の人達にとって人間のドロドロした醜い部分が形を変えた存在。
海外のホラー小説では見られない、日本ならではの概念ですよね。

たまにはこういうおどろおどろしい作品も良いですね。夏の夜にはピッタリかもきもち






≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.19 *Sat*

「南の島の魔法の話」安房直子


南の島の魔法の話
著者:安房直子
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
電灯が消えてまっくら闇の中におかれた青年が、ろうそくの妖精の声にさそわれて翻訳中の美しくふしぎな物語の世界に入っていく「南の島の魔法の話」、愛の悲哀を抒情約に展開した日本児童文学者協会新人賞作「さんしょっ子」や、「鳥」「きつねの窓」など、鋭い洞察力と鮮やかなイメージで人生の真実をえがいたファンタジー童話十二編を収録。



初版が刊行されたのはなんと1980年!!
随分昔の本ですが、去年新装版が出ていたので思わず購入してしまいましたよ~きもち

幻想的でちょっと不思議なお話ばかりを集めた短編集です。
どれも面白かったのですが、個人的に特に好みだったのがコチラ やじるし



ライン


ぼたん 「南の島の魔法の話」

ある台風の日、暗がりの中で翻訳の仕事をコツコツとこなしていた青年。
激しい雨風でとうとう家の灯りも消え、真っ暗闇の中を手探りに歩いていくうちに…
いつの間にか本の世界に入り込んでしまった者の話。


ぼたん 「夕日の国」

父の手伝いでショーウィンドウの飾りつけをしていた僕の前の現れたのはある一人の少女。
彼女はオレンジ色の液体を縄跳びに振り掛けて飛ぶと、夕日の国が見えてくると言うのです。
縄跳びを飛んだ僕の目にも、遥か彼方の砂漠の情景が見えてきて…


ぼたん 「きつねの窓」

いつもの山道を歩いていた若者は、ふと自分が見知らぬ土地に立っているのに気付きます。
それは見渡す限り青い、青い、桔梗の花畑。
そこで彼は"そめもの、ききょう屋"という店がポツンと佇んでいるのを見つけ…


ぼたん 「だれも知らない時間」

時間を持て余している長生きのカメと、貧乏でいくら時間があっても足りない良太。
良太は酒をカメにあげる代わりに、毎日真夜中の12時から、1時間だけ余分な時間をもらうことに。
誰も入ってこれないはずのその時間に、良太の元にある一人の少女が訪ねてきます。


ライン



上で紹介したのはごく一部の作品ですかお

物悲しさを帯びた作品もあれば、心に灯りがともったようにほんわかする作品もあり。
どの作品にも共通するのは、その鮮やかな色合いが目に浮かんでくることかな。
真っ青な桔梗の花畑、砂漠を染めるオレンジ色に輝く夕日、青々と茂る新緑の木々の香り…。

幻想的な安房ワールドをたっぷり堪能できた作品でした~きもち







≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.17 *Thu*

「しゃばけ読本」畠中恵


しゃばけ読本
著者:文・畠中恵/絵・柴田ゆう
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
畠中・柴田コンビが初めて明かす秘話や創作講義、人気キャラたちの知られざる素顔を徹底紹介―。待望のナビゲートブック。



「しゃばけ」を読んでいなくても十分楽しめる、ガイドブック的な本です。
むしろこの本から興味を持つ人も多かったりするのかなきもち

ドラマ版「しゃばけ」で主演を務めたNEWSの手越君のインタビューなんかもありましたかお
私はドラマの方は、当時原作を読んでいなかったのでほんのちょっとしか観なかったんだけど…
DVD化された時には、きっと観ちゃうと思います。。。

個人的には小説未収録のイラストが嬉しかったな~きもち
「しゃばけ」って物語の内容はもちろんだけど、柴田ゆうさんのイラストが楽しみでもあるんですよね。

全体的にカラーページが多くて見やすいし、大好きな鳴家のイラストも沢山あるし、
内容的にもデザイン的にも大満足の1冊でした!!


しゃばけ読本しゃばけ読本
畠中 恵 柴田 ゆう バーチャル長崎屋奉公人

新潮社 2007-11
売り上げランキング : 265752

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.16 *Wed*

「図書館内乱」有川浩


図書館内乱
著者:有川浩
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行政戦隊図書レンジャー!いろんな意味でやきもき度絶好調の『図書館戦争』シリーズ第2弾、ここに推参!――図書館の明日はどっちだ!?



最近ハマりにハマっている「図書館戦争」シリーズ第2弾こもの

や…やばいぞ!!これは面白すぎる…(笑)
個人的には前作「図書館戦争」よりもさらに好みだったりします。


前作は、本が制限されるようになった背景や、図書隊の設立についての説明が多かったんだけど…

今回は主要な登場人物1人1人にスポットを当てているせいなのか、
徐々に主人公・郁をとりまく人間関係が浮き彫りになってきて、物語が俄然面白くなりましたきもち

美人だけど超毒舌の柴崎が持つ隠された過去と葛藤、郁のライバル手塚とその兄の間の確執、
穏やかな小牧教官と耳の不自由な美少女の微妙な距離感。
ただでさえ個性ありまくりのキャラ達の深みがさらに増してきました。


郁の査問会の場面ではドキドキハラハラしながら「郁、やっちまえ!!!」と応援したり、
郁と堂上のやりとりで思わずニヤけてしまったり、、、と10代の少女のように一喜一憂(笑)
こんなにも読者を夢中にさせる有川パワーは本当にすごいですねぇかお


ラストに近づくにつれて嫌な予感がしていたんだけど…やっぱり。
こんな良い所で終わるわけね。罪作りな作家さんだわ。

第3弾の「図書館危機」は既に購入済みなので、続けて読もうと思います~かお


<図書館戦争シリーズ>
図書館戦争


図書館内乱図書館内乱
有川 浩

メディアワークス 2006-09-11
売り上げランキング : 83009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.13 *Sun*

「幸せのレシピ」ほのぼのします。


幸せのレシピ
出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アビゲイル・ブレスリン アーロン・エッカート
評価:ほし



【内容紹介】
マンハッタンの高級レストランで料理長を務めるケイト(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)は、ある日、姉を交通事故で失い、残された姪のゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ることに。一方、仕事場には、ケイトとは正反対の性格の陽気な副料理長ニック(アーロン・エッカート)が新たに雇われる。



ドイツ映画「マーサの幸せレシピ」のハリウッドリメイク版ですきもち

マーサの幸せレシピ [DVD]
マーサの幸せレシピ [DVD]  ドイツ版オリジナルはこちら


オリジナル版がとても好きだったので、リメイクと聞いてちょっぴり不安だったのですが。
これが大好きなキャサリン主演なら観るしかない!と迷わず手に取ったのでした(笑)

この作品、予想していた以上にオリジナルに忠実に作られているんですねぇ。
登場人物の台詞や、挿入されている曲まで一緒という徹底ぷりかお

細かい演出やラストの展開なんかは違いましたけど、私はこちらのほうが好きかも~きもち


img6d8cb310zikbzj.jpeg


NYマンハッタンの超高級レストランの料理長を務めるケイト。
料理の腕前は認められているものの、頑固でプライドが高く、同僚達からも辟易されている女性。

ケイトは姉を事故で亡くし、母親を失って悲嘆に暮れている姪のゾーイを引き取ることになります。
姪との距離感のある関係を続ける中、職場にある陽気な副料理長ニックが入ってくることに。。。

あら?ゾーイ役の女の子、「リトル・ミス・サンシャイン」のオリーブじゃない。
痩せて可愛くなってたから、最初気付かなかった(笑)

同じ料理を作っていても、頑なな性格でいつもピリピリしているケイトの料理より、
オペラを流していつも陽気に歌っているニックの作る料理のほうが、なんだか美味しそう。

観ていると、思わずバジルを散らしたパスタやピザを食べたくなってしまいますよ~かお


img0df9b182zik1zj.jpeg


ケイトが初めは疎みながらも、だんだんとニックの陽気さに惹かれていく様子が良いです。
こんなに優しくて素敵な男性がいたら、そりゃぁいくら頑固な女でも恋に落ちちゃうと思うわ。。。

ラストもとっても爽やかで後味の良い映画。
日曜日の午後なんかに、パスタを食べながら是非観て欲しい作品ですきもち


2008.04.12 *Sat*

「グイン・サーガ120巻 旅立つマリニア」栗本薫


グイン・サーガ120巻 旅立つマリニア
著者:栗本薫
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ケイロニアからの使節が到着し、クリスタルはその歓迎のあわただしさに包まれていた。しかしマリウスは、自らの去就を決めあぐね、パロ側でもその存在をもてあましていた。一方、催眠治療の結果、グインの記憶は古代機械に深く関係していることが明らかになり、グインを古代機械のもとへ連れて行ったところ、一度封印された機械がよみがえり、彼の体を光線で覆い、ついにその記憶を失踪以前のものに「修正」してしまった。



待ってました!!!グインの新刊ですかお

ケイロニアとパロとの友好関係、フロリー親子の旅立ち…
アモン戦以来の混乱がひとまずは終息し、あるべきところに収まったという感じですね。
何とも穏やかな巻でしたが、今後の激動を伺わせるようなキーワードも。。。

ミロク教徒。

もともとは、かの怪しげな国キタイ発祥ってのがなんだかねぇきもち
グインにとってはもはや存在自体が悪夢に近いヤンダル・ゾックが一枚噛んでたりするのかも。

ミロク教徒の聖地【ヤガ】も、理想郷というよりはかなり胡散臭い場所のような気がしますかお
実際これでキタイが絡んでくるとなると、ヤガを舞台にした物語はかなり面白くなるだろうなぁ(笑)
そんなヤガでスーティが大活躍するような気がしてならない…というかそうなって欲しい。


それにしてもスーティはどんな青年に成長するのでしょうきもち

ミロク教徒の慎ましやかな母フロリーと、今や殺戮王となってしまった父イシュトの間に生まれたスーティ。
スーティの大ファンのnanacoは、逞しく成長した彼の姿を何としてでも見てみたいのです!(笑)


*リンダとハゾスってピッタリだと思ってたけど…
そういえばハゾスって妻子持ちだったんだっけ…(笑)あぁ、残念。


ライン


栗本さんの容態も、手術が成功したようでひとまずは安心です。

あとがきで「あと五年しか余命がないにしても20冊は書ける」ということを仰っていましたが…
栗本さん、無理をしなくても良いのでまずは身体を労わって、健康第一に考えて下さい。

そして、超スローペースでも構わないので、必ずグインを完結させて欲しいなぁ。。。


旅立つマリニア―グイン・サーガ〈120〉 (ハヤカワ文庫JA)旅立つマリニア―グイン・サーガ〈120〉 (ハヤカワ文庫JA)
栗本 薫

早川書房 2008-04
売り上げランキング : 296588

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.10 *Thu*

「バベル島」若竹七海


バベル島
著者:若竹七海
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
イギリス・ウェールズ北西部・彼の地の伯爵は長年「バベルの塔」建設に取り憑かれていた。六十年の歳月をかけて完成した日、悪夢の惨劇が―(表題作)。残業の夜、男は急停止したエレベーターに閉じこめられてしまう。中にはもう一人、髪の長い女が。そのビルには幽霊が出るという噂があって…(「上下する地獄」)。鮮やかなプロットが光る単行本未収録作十一編。



若竹さんは違う作家の作品の解説なんかでよく登場するので、お名前だけは知っていたんですが…
ご本人の作品を読むのは実は初めてなんです~かお

初めて読むのがこの作品でよかったのかしら…?イマイチ自信が持てませぬ。

日常の中に潜む恐怖を描いた短編集。
一言に「恐怖」といっても、人間の悪意や超常現象など様々な恐ろしさが描かれています。


「上下する地獄」「回来」は思わず背筋がゾクリと寒くなります。
夜中に一人、エレベーターや車に乗るのがちょっと怖くなりそうだわ~(笑)

一番好みだったのは表題作「バベル島」ですきもち

ブリューゲルの描いた"バベルの塔"は、きっと誰もが今までに必ず一度は目にしているハズ。

イギリス・ウェールズ北西部で「バベルの島」建設に取り付かれた伯爵とそこで起きた惨劇の話。
ボランティアとしてこの島を訪れた大学生の一樹と、60年前に同じ場所を訪れた曽祖父。

2人の書いた日記を元に、物語は進んでいきます。



どれも背筋が寒くなるようなお話が多いんだけど、微妙に怖さ加減が中途半端な気がきもち

中盤までは怖さを盛り上げておいて…ラストは"読者のご想像にお任せします"みたいな。
本格的なホラーって感じじゃないのよねぇ。設定は面白いのにもったいないなぁ。


バベル島 (光文社文庫)バベル島 (光文社文庫)
若竹 七海

光文社 2008-01-10
売り上げランキング : 310016

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.08 *Tue*

「夏の名残りの薔薇」恩田陸


夏の名残りの薔薇
著者:恩田陸
ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
沢渡三姉妹が山奥のクラシック・ホテルで毎年秋に開催する、豪華なパーティ。参加者は、姉妹の甥の嫁で美貌の桜子や、次女の娘で女優の瑞穂など、華やかだが何かと噂のある人物ばかり。不穏な雰囲気のなか、関係者の変死事件が起きる。これは真実なのか、それとも幻か?



まず宣言しておきます。私、恩田さんの大・大・大ファンなんです!
……が、今回はどうも自分には合わなかったようですかお

この作品は「第一変奏」から「第六変奏」まで、6つの章から構成されています。

それぞれの章の終わりでは必ず殺人事件が起こるんだけど、
次の章では前の章で殺された人物は存在していて、最後には別の登場人物が死んでしまいます。

だから、今読んでいる物語が夢か現実か分からなくなってくるんですよね~きもち


この境目がだんだん曖昧になってきて…読んでいる自分の記憶さえも改竄されているような気に。
まぁ恩田さんはまさにこれを狙ったのかもしれないですけど…(笑)

雰囲気的には「木曜組曲」のような感じかも。 (そういや、私これも苦手だったなぁ…笑)

木曜組曲 (徳間文庫)
木曜組曲 (徳間文庫)


どうもこの作品を好きになれなかった一番の理由は、登場人物にありそうです。

美貌の姉弟という設定は良いんだけど、なんとこの2人…人には言えない仲なの(笑)
しかも2人とも家庭持ちのうえに、姉はさらに別の不倫関係にも手を出しているというツワモノ。
ううむ、恩田作品にしてはかなりヘビーな内容だわ…きもち


*ところで…皆さんはご存じでしょうか??「去年マリエンバートで」という映画。
作中のあちこちに、この映画の引用文が挿入されています。…が、これがまたなんともちぐはぐな感じで。
確かに耽美的な雰囲気を高めるのには合ってるのかもしれませんが。。。


夏の名残りの薔薇 (文春文庫)夏の名残りの薔薇 (文春文庫)
恩田 陸

文藝春秋 2008-03-07
売り上げランキング : 428479

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.06 *Sun*

「彩雲国物語 黄金の約束」雪乃紗衣


彩雲国物語 黄金の約束
著者:雪乃紗衣
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
彩雲国に暑い夏がやってきた。朝廷の諸官は夏バテと超過勤務で次々とダウン。人手不足を補うため、貧乏街道爆走中の名門紅家のお嬢様・秀麗に助っ人要員のお呼びがかかる。だが外朝は女人禁制、それに春先に求愛を蹴って後宮を辞した手前、城内をウロウロして王様にばったり会ってしまうのもマズイ。仕方なく変装(!?)し、こっそり仕事を始めた秀麗だったが―。



彩雲国物語、第2弾です~きもち

このシリーズ、超面白い!という噂を聞いて読み始めたのがつい先日。
いやぁ、見事にハマってしまいましたね…。美形揃いのこの物語、かなり自分のツボです(笑)

この物語は軽く読めるのはもちろん魅力的なんだけど、思いの外しっかりとした作品なんです。
相変わらずこのカラフルな表紙には怖気づいちゃうけどね。。。


今回主人公・秀麗は、女であることを隠して外朝に勤めることに。
秀麗の仕事に対する勤勉さは本当に見習いたいわ~もうホントに女の鑑!!

今の私の状況って秀麗の置かれている立場と比べると、随分と恵まれてるなぁと思っちゃいますかお


「女性は国試を受けられない」という大きな壁。秀麗にとって努力以前の問題ですものね。

そんな秀麗の為に王・劉輝が考えたのは"女人も国試を受けられるようにする"こと。
これによって秀麗にもず、っと追い求めてきた官吏への道が開けることになります!

彼女ならきっと正義感あふれる、温かく有能な官吏になってくれることでしょうかお


…にしても皮肉なものですねぇきもち
劉輝は秀麗を自分のそばにおいておきたい、彼女の望みを叶えたいと思って考案したことなのに。
後から事の重大さに気がつくとは、さすが天然ボケ王です。。。(笑)

こんな主上だから、思わず2人の恋路を応援したくなってしまうんですが。


<彩雲国物語シリーズ>
彩雲国物語 はじまりの風は紅く


彩雲国物語―黄金の約束 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語―黄金の約束 (角川ビーンズ文庫)
雪乃 紗衣 由羅 カイリ

角川書店 2004-02
売り上げランキング : 25643

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.04 *Fri*

「桃夭記」井上祐美子


桃夭記
著者:井上祐美子
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
博陵郡王の屋敷で怪異が頻発する。桃の木のたたりと断じる道士の騙りを見破り、眠りから醒めなくなった娘を救うのは、式神を操る青年・陶周明。はたして彼の正体は?(表題作)他に、孤独な少年帝に忠誠をつくす虎、竜王の甕が見せる夢幻、墨に命を賭けた名匠を描いた、心ゆさぶる幻想的な珠玉の短篇を収録。中国傑作小説集。



ずっとずっと読みたかった作品です~~きもち

もうネットでも書店でも手に入らなかったので、古本屋さんで探してみようかと思っていた矢先…
な…なんと新装版で発売されているじゃありませんか!ラッキーでしたかお

いやぁ、満足満足。すごく面白かったです。

中国を舞台にした作品って、一見とっつきにくそうに見えるんですけどね…
不思議なお話ばかりを集めた伝奇小説のような感じなので、あっという間に引き込まれちゃいました。

この作品には4つの短編が収められていますきもち


どれも面白かったのですが、表題作「桃夭記」が一番好みでした。

ある屋敷で夜な夜な怪異が生じ、そこに住む娘は眠りから醒めぬようになってしまう。
娘を助けるのは、自らを陶周明と名乗る人間離れした力を持つ謎の青年…。

読んでいるうちに、桃の花の甘い香りがふわりと漂ってきそうな作品ですね。
陶周明の飄々とした、どこか厭世的な人柄もとっても魅力的。最高に良い読後感ですよんかお


ライン


その他に「迷宮譚」という作品も自分好みだったなぁ。

商売敵の洪孝先が亡くなり、杭州にある彼の広大な屋敷を見にきた日本人の主人公。
そこに今住んでいるのはある一人の青年と、素晴らしい美貌を持つ少女。
主人公は女の子を養子にしたいと思うが、その屋敷には化け物が出るという噂があり…。

この夢と現実の区別がつかなくなるという世界観は大好きです。

どれも心地良い読後感で、この季節にぴったりの作品でしたきもち


桃夭記 (中公文庫)桃夭記 (中公文庫)
井上 祐美子

中央公論新社 2008-03-23
売り上げランキング : 531677

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.02 *Wed*

「パンズ・ラビリンス」ある意味トラウマになりそうな…


パンズ・ラビリンス
出演:イバナ・バケロ
評価:ほし



【内容紹介】
再婚した母に連れられ、山中でレジスタンス掃討の指揮をとる冷酷な義父のもとへとやって来た空想好きの少女は、やがて残酷な現実世界から逃避し森の中の不思議な迷宮へと迷い込んでいくが…。イマジネーションあふれるヴィジュアルと深いテーマ性が高く評価され、アカデミー賞3部門受賞をはじめ、数々の映画賞を席巻した話題作。



ちょっとこの映画… めちゃめちゃ怖いんですけど。

「ダークファンタジーとはいえ、所詮"ファンタジー"でしょ」と高をくくっていたのですが。。。
あまりにもダークすぎる世界観で、ちょっと目を背けたくなっちゃった(笑)


フランコ独裁政権がスペイン中を覆いつくしていた暗黒時代きもち
主人公オフェリアが逃げ込んだもう一つの世界は、魅惑的でグロテスクな妖精の世界。

ファシズムの残虐さがとてもリアルに描かれていて、目を覆いたくなったのは確かなんだけど、
それ以上に、地下の妖精王国の容赦ない美しさと恐ろしさといったら…!!

それでも現実世界で傷ついた少女には、地下世界のほうが魅力的に感じられたのでしょうかお


img4f008be8zik3zj.jpeg


自分が地下世界の王女であると不気味な半人半獣のパンに告げられたオフェリアは、
王女の座に戻る為に3つの試練を与えられることになります。

1つ目の試練。うむ、だんだん面白い冒険になってきたぞ…と思っていたら。
2つ目の試練。ひぇ~!!怖すぎですから~~!!!
3つ目の試練。オフェリアの勇気と愛に何気に感動。

確かにおとぎ話のようなストーリーではあるんだけど、何ってビジュアルが怖いの。。。
これ、子供の頃に観てたら間違いなくトラウマになってたと思う(笑)


img03d01405zikbzj.jpeg


全体的にちょっとグロい映像が多いので子供にはオススメできませんが… (実際PG-12指定ですヨ)
でも現実世界の重々しい暗さと、地下世界の色鮮やかな美しさの対比がとても印象的な作品きもち

オフェリアの行った地下世界をどのように見るか…。
現実派のダーリン君と妄想癖の私の間では、当然のように意見が分かれた作品でした(笑)


パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント 2008-03-26
売り上げランキング : 4611

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
29位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。