FC2ブログ

「千年の時をこえて」沢村凛

千年の時をこえて著者:沢村凛評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)“しきしまのやまとのくにはことだまのたすくるくにぞまさきくありこそ”はるかな昔、人は喜びや悲しみの思いを美しいリズムにのせて、口ずさんだ…それが和歌。思いのこもった和歌を、神としてまつるヨロズバ神社で、静枝は不思議な少年と出会う。少年の名前は、マコマ。千年も前の世界から来たという。「ほっとけない。」静枝は、マコマのもとに通い始...
  •  30, 2008 00:00
  •  17

久しぶりのペンタブ画です♪

またまた久しぶりになっちゃいましたが、ペンタブ画描いてみましたなんとなく色鮮やかな絵が描きたいなぁ、と…。カゴがなんだか面倒臭かったです(笑)ちょっぴり春っぽさアピールです。...
  •  29, 2008 18:59
  •  18

「図書館危機」有川浩

図書館危機著者:有川浩評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!!図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱!玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法!―そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!?そこで郁を待ち受けていたものは!?終始喧嘩腰でシリーズ第3弾、またまた推参。「図書館戦争」シリーズ第3弾!!あっという間に読了しちゃいました...
  •  27, 2008 00:00
  •  16

「ライオンハート」恩田陸

ライオンハート著者:恩田陸評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)いつもあなたを見つける度に、ああ、あなたに会えて良かったと思うの。会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ…。17世紀のロンドン、19世紀のシェルブール、20世紀のパナマ、フロリダ。時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会う。結ばれることはない関係だけど、深く愛し合って―。神のおぼしめしなのか、気紛れなのか。切なく...
  •  26, 2008 00:00
  •  18

「ミミズクと夜の王」紅玉いづき

ミミズクと夜の王著者:紅玉いづき評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。願いはたった、一つだけ。「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望...
  •  24, 2008 00:00
  •  18

「あやし」宮部みゆき

あやし著者:宮部みゆき評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)美しいお千代を妬み、神社の梅の木に大凶のおみくじを結びつけながら、その凶運を願うおえん。実際にお千代が不幸な死に方をして…(「梅の雨降る」)。お義母さまにとりついていた鬼は、穢れの化身だった。近づく者は、自分の邪な心をその鬼に見る。ところが、わたしには見えなかった…(「安達家の鬼」)。ほかに、「居眼り心中」「影牢」「布団部屋」「女の...
  •  21, 2008 00:00
  •  14

「南の島の魔法の話」安房直子

南の島の魔法の話著者:安房直子評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)電灯が消えてまっくら闇の中におかれた青年が、ろうそくの妖精の声にさそわれて翻訳中の美しくふしぎな物語の世界に入っていく「南の島の魔法の話」、愛の悲哀を抒情約に展開した日本児童文学者協会新人賞作「さんしょっ子」や、「鳥」「きつねの窓」など、鋭い洞察力と鮮やかなイメージで人生の真実をえがいたファンタジー童話十二編を収録。初版が...
  •  19, 2008 00:00
  •  20

「しゃばけ読本」畠中恵

しゃばけ読本著者:文・畠中恵/絵・柴田ゆう評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)畠中・柴田コンビが初めて明かす秘話や創作講義、人気キャラたちの知られざる素顔を徹底紹介―。待望のナビゲートブック。「しゃばけ」を読んでいなくても十分楽しめる、ガイドブック的な本です。むしろこの本から興味を持つ人も多かったりするのかなドラマ版「しゃばけ」で主演を務めたNEWSの手越君のインタビューなんかもありました私...
  •  17, 2008 00:00
  •  16

「図書館内乱」有川浩

図書館内乱著者:有川浩評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありやなしや!? どう打って出る行政戦隊図書レンジャー!いろんな意味でやきもき度絶好調の『図書館戦争』シリーズ第2弾、ここに推参!――図書館の明日はどっちだ!? 最近ハマり...
  •  16, 2008 20:17
  •  20

「幸せのレシピ」ほのぼのします。

幸せのレシピ出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アビゲイル・ブレスリン アーロン・エッカート評価:【内容紹介】マンハッタンの高級レストランで料理長を務めるケイト(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)は、ある日、姉を交通事故で失い、残された姪のゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ることに。一方、仕事場には、ケイトとは正反対の性格の陽気な副料理長ニック(アーロン・エッカート)が新たに雇われる。ドイツ映画「マー...
  •  13, 2008 22:07
  •  16

「グイン・サーガ120巻 旅立つマリニア」栗本薫

グイン・サーガ120巻 旅立つマリニア著者:栗本薫評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)ケイロニアからの使節が到着し、クリスタルはその歓迎のあわただしさに包まれていた。しかしマリウスは、自らの去就を決めあぐね、パロ側でもその存在をもてあましていた。一方、催眠治療の結果、グインの記憶は古代機械に深く関係していることが明らかになり、グインを古代機械のもとへ連れて行ったところ、一度封印された機械が...
  •  12, 2008 00:00
  •  18

「バベル島」若竹七海

バベル島著者:若竹七海評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)イギリス・ウェールズ北西部・彼の地の伯爵は長年「バベルの塔」建設に取り憑かれていた。六十年の歳月をかけて完成した日、悪夢の惨劇が―(表題作)。残業の夜、男は急停止したエレベーターに閉じこめられてしまう。中にはもう一人、髪の長い女が。そのビルには幽霊が出るという噂があって…(「上下する地獄」)。鮮やかなプロットが光る単行本未収録作十一...
  •  10, 2008 00:00
  •  16

「夏の名残りの薔薇」恩田陸

夏の名残りの薔薇著者:恩田陸【内容情報】(「BOOK」データベースより)沢渡三姉妹が山奥のクラシック・ホテルで毎年秋に開催する、豪華なパーティ。参加者は、姉妹の甥の嫁で美貌の桜子や、次女の娘で女優の瑞穂など、華やかだが何かと噂のある人物ばかり。不穏な雰囲気のなか、関係者の変死事件が起きる。これは真実なのか、それとも幻か?まず宣言しておきます。私、恩田さんの大・大・大ファンなんです!……が、今回はどうも自...
  •  08, 2008 00:00
  •  12

「彩雲国物語 黄金の約束」雪乃紗衣

彩雲国物語 黄金の約束著者:雪乃紗衣評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)彩雲国に暑い夏がやってきた。朝廷の諸官は夏バテと超過勤務で次々とダウン。人手不足を補うため、貧乏街道爆走中の名門紅家のお嬢様・秀麗に助っ人要員のお呼びがかかる。だが外朝は女人禁制、それに春先に求愛を蹴って後宮を辞した手前、城内をウロウロして王様にばったり会ってしまうのもマズイ。仕方なく変装(!?)し、こっそり仕事を始...
  •  06, 2008 00:00
  •  12

「桃夭記」井上祐美子

桃夭記著者:井上祐美子評価:【内容情報】(「BOOK」データベースより)博陵郡王の屋敷で怪異が頻発する。桃の木のたたりと断じる道士の騙りを見破り、眠りから醒めなくなった娘を救うのは、式神を操る青年・陶周明。はたして彼の正体は?(表題作)他に、孤独な少年帝に忠誠をつくす虎、竜王の甕が見せる夢幻、墨に命を賭けた名匠を描いた、心ゆさぶる幻想的な珠玉の短篇を収録。中国傑作小説集。ずっとずっと読みたかった作品で...
  •  04, 2008 00:00
  •  18

「パンズ・ラビリンス」ある意味トラウマになりそうな…

パンズ・ラビリンス出演:イバナ・バケロ評価:【内容紹介】再婚した母に連れられ、山中でレジスタンス掃討の指揮をとる冷酷な義父のもとへとやって来た空想好きの少女は、やがて残酷な現実世界から逃避し森の中の不思議な迷宮へと迷い込んでいくが…。イマジネーションあふれるヴィジュアルと深いテーマ性が高く評価され、アカデミー賞3部門受賞をはじめ、数々の映画賞を席巻した話題作。ちょっとこの映画… めちゃめちゃ怖いんで...
  •  02, 2008 20:20
  •  20