09
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
20
21
23
24
25
27
28
29
30
<< >>

This Archive : 2007年09月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.09.26 *Wed*

「黒祠の島」小野不由美


黒祠の島
著者:小野不由美
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「そう―ここは黒祠なのですよ」近代国家が存在を許さなかった“邪教”が伝わる、夜叉島。式部剛は失踪した作家・葛木志保の姿を追い求め、その地に足を踏み入れた。だが余所者を忌み嫌う住民は口を閉ざし、調査を妨害するのだった。惨事の名残を留める廃屋。神域で磔にされていた女。島は、死の匂いに満ちていた。闇を統べるのは何者なのか?式部が最後に辿り着いた真実とは。



たまに本格的なミステリが読みたくて、手に取ってみました。
…が、本格的じゃなかったかもしれない(笑)

黒祠(こくし)の島。
なんともおどろおどろしいタイトル&表紙ですよね~きもち


舞台は、古くからの因習と邪教が人々の生活を支配している島。

閉鎖的な島の人々。人影も見えない台風の夜にカラカラと音をたてる異常な数の風車。
今にも崩れおちそうな廃屋。そして無残に殺され、磔にされていた女。。。

こんな情景が次々と思い浮かび、一気にのめりこんでしまいました。


さすがは小野さん、最後まで中だるみせず読ませてくれます。
ラストは犯人像が二転三転するので、じっくり読んでいないと置いていかれちゃうほどでしたかお

最後にこんなどんでん返しがあったとは、、、すっかり騙された!!


ひとつだけ残念だったのは、主人公に感情移入ができなかったことでしょうか。
式部と失踪した葛木が友人じゃなくて、恋人同士だったらもっと面白かった気がするのですが。
そのほうが捜索に一段と力が入るだろうし、ラストの場面もしっくりくるような気が…。


でもその事を差し引いても、とても読み応えのある重厚なミステリでしたきもち


*余談ですが、この作品コミックにもなってるみたいですね。
いやいや、絵にしてほしくないんですけど…(笑)想像するだけで怖いですから!!


黒祠の島 (新潮文庫)黒祠の島 (新潮文庫)
小野 不由美

新潮社 2007-06
売り上げランキング : 173194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
スポンサーサイト

2007.09.22 *Sat*

「薄紅天女」荻原規子


薄紅天女
著者:荻原規子
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「東から勾玉を持った天女が来て、滅びゆく都を救ってくれる」病んだ兄の夢語りに、胸を痛める皇女苑上。だが「東」の国坂東で、いにしえから伝わる明の勾玉を輝かせたのは、蝦夷の巫女の血を引く少年阿高だった。物の怪の跳梁する都へと足を踏み入れた阿高と仲間たち。そして苑上と阿高が出会ったとき、神代から伝わる最後の「力」は…?“闇”の末裔の少年と“輝”の末裔の皇女が織りなす、「最後の勾玉」の物語。



500ページ弱、2段組みというなかなか厚みのある本でしたが、あっという間に読了です~かお

「空色勾玉」「白鳥異伝」に続く<勾玉三部作>最後の物語。
この「薄紅天女」は、「更級日記」の中にある竹芝伝説が基になっているそうです。

今回の舞台は物の怪が跳梁する平安の都。
ちょっと寂しい気もするのですが、既に前2作はこの時代には伝説となっているんですよね。。。


「二連」と呼ばれ一心同体のような藤太(とうた)阿高(あたか)
性格は正反対だけど二人とも女の子の憧れの的。(ふとちびまる子ちゃんの大野くんと杉山くんを思い出した)

男同士の友情っていいなぁ、としみじみと思ってしまいました。
友のためなら(正確にいうと叔父と甥の関係)命まで投げ出す覚悟がある、女同士ではありえない絆(笑)

自分が阿高にとって2番目になる事を承知で、藤太を待ち続ける千種が何とも健気でしたかお

そして、藤太&阿高と共に旅をすることになる皇女苑上(そのえ)
とてもお姫様とは思えない腕白っぷり!勾玉三部作は女の子が元気ですね(笑)


ゾクゾクするような妖しい魅力に包まれた平安の都。陰陽道が政治さえも操っていたような時代。
歴史の裏に、本当にこんなお話があったような気がしてくるから不思議ですきもち


<勾玉三部作>
空色勾玉
白鳥異伝


薄紅天女 (トクマ・ノベルズ Edge)薄紅天女 (トクマ・ノベルズ Edge)
荻原 規子 佐竹 美保

徳間書店 2005-11-18
売り上げランキング : 316075

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2007.09.19 *Wed*

「都市伝説セピア」朱川湊人


都市伝説セピア
著者:朱川湊人
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人間界に紛れ込んだフクロウの化身に出会ったら、同じ鳴き真似を返さないといけない―“都市伝説”に憑かれた男の狂気を描いたオール讀物推理小説新人賞受賞作「フクロウ男」をはじめ、親友を事故で失った少年が時間を巻き戻そうとする「昨日公園」など、人間の心の怖さ、哀しさを描いた著者のデビュー作。



朱川さんの本は初めて読みましたが、すごく自分好みの雰囲気でした~かお

怖いけれど、どこか切なく懐かしい。
ノスタルジックな雰囲気が漂う、ホラー短編集です。


ぼたん アイスマン

主人公はお祭りで見知らぬ女の子に誘われ、氷漬けの河童を見ることに。
昔はお祭りで見世物小屋なんていうのが本当にあったんでしょうね。いけないモノを見ている感がいい(笑)
昭和40~50年代。ふと、この時代に子供時代を過ごした人が羨ましくなりました。


ぼたん 昨日公園

この本の中で一番好きな作品です!
不思議な力の働いている公園。死ぬ運命にある親友を救うため、繰り返しタイムスリップを試みる主人公。
SFではベタな展開だと思うんだけど、この怖さと切なさが混じり合った感じはなかなかないと思います。


ぼたん フクロウ男

ラストで見事に騙されちゃいました!こんな仕掛けがあったとは~かお
自らを「都市伝説」にするために、次々と連続殺人に手を染めるという男の狂気を描いたお話です。
ある人物にあてた手紙。抑えられた口調で淡々と物語は語られていくのですが。。。


ぼたん 死者恋

正統派ホラーですね。得体の知れない不気味さよりも、人間の欲望や狂気が際立っている作品。
死者に恋をしてしまった二人の女の行き着く先は??やっぱり女って恐ろしい、と思います(笑)


ぼたん 月の石

読後感はわりと爽やかです。この物語で締めくくってくれて良かったです~きもち
毎朝満員電車で通勤する主人公。ある日、窓から見えたのは死んだはずの母の姿でした。



短編小説はあまり深みがなくて苦手なのですが、この作品はどれも巧みな仕掛けがあって面白かったきもち
次は直木賞受賞作の「花まんま」も読んでみたいと思います。


都市伝説セピア (文春文庫)都市伝説セピア (文春文庫)
朱川 湊人

文藝春秋 2006-04
売り上げランキング : 63321

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2007.09.13 *Thu*

「長安異神伝」井上祐美子


長安異神伝
著者:井上祐美子
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
花の都・長安。通行が禁じられた夜間、坊壁に血飛沫が。以降、坊城内で血痕が発見されること、都合七たび。肉片や人髪らしきものが傍らにあることから、唐王朝の重臣魏徴は、皇帝を狙う何者かの呪詛と見抜く。更なる惨事を防ごうとする魏徴のもとへ、謎めいた長身の青年が、まだ早い秋の風をまとって現れた―中国の人々に口伝で親しまれた神話中の武神を唐代に生き生きと描きだす。



中国の神話に基づいたファンタジー小説ですきもち

中国の歴史に疎かったこともあって、最初こそ馴染みのない政治の仕組みや役職に戸惑いましたが。

でも井上さんの筆力のおかげなのか、知らず知らずのうちにどんどんのめりこんでしまいました。
そして、いつの間にか心は魑魅魍魎の跋扈する長安の都へ……かお


主役は半神半人の長身の美青年・二郎真君。ヒロインは男がみんな惚れてしまいそうな美少女・翠心
そして二郎真君にもらった焼餅に恩を感じて、ずっと忠実についてくる黒いワンコ(笑)

本気を出せば、一瞬のうちに何百人も倒すほどの力と残酷さをもった二郎真君。
その反面、ふとしたときに見せる心細かな思いやりや愛情もあり。このギャップがいいんですよね~かお


とっても面白かったんだけど、ストーリー的には良くも悪くも少し軽めな感じがしました。
会話がコメディタッチな部分があるからなのかな?ストーリーというかノリが軽いんだろうか(笑)
まぁただでさえ中国の歴史が苦手なのに、さらに重厚な物語となると途中で放棄していたかも。

長安異神伝シリーズがいくつか出ているようなので、そちらも読んでみようと思います!


長安異神伝 (中公文庫)長安異神伝 (中公文庫)
井上 祐美子

中央公論新社 2001-05
売り上げランキング : 181607

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2007.09.07 *Fri*

「西の善き魔女」荻原規子


西の善き魔女(全8巻)
著者:荻原規子
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
舞踏会の日に渡された、亡き母の首飾り。その青い宝石は少女を女王の後継争いのまっただ中へと放り込む。自分の出生の謎に戸惑いながら父の待つ荒野の天文台に戻った彼女を、さらなる衝撃が襲う。―突然の変転にもくじけず自分の力で未来を切りひらく少女フィリエルの冒険がはじまった。(1巻「セラフィールドの少女」より)



2週間かけて全巻読破しました~かお

心から面白かったー!!と言える本ですね。読んでいる間中、ワクワクしていました。
ふとした瞬間に、竜のいる森や焼け付くような砂漠を鮮明に思い描いている自分がいますきもち


荒れ野に住む少女の話から始まり、「ん、学園物か?」と思えば、
いつの間にやら政治的陰謀にどっぷり浸かっていて。そして後半は一気にSFの世界へ突入(笑)

次から次へとめまぐるしく世界が移り変わり、テンポ良く終始全く飽きさせることのない展開でしたきもち


ただ、ラストに関しては少~しだけ不満が残らなくもないデス。

自由奔放で正直な女の子フィリエルと、無愛想だけれど数字に関してだけは滅法強いルーン。
この二人のビミョーな関係がどうなるのか、やっぱり見届けたかったですね。

それにロウランド家の美男子ユーシスと、妹のアデイルのその後も気になります。。。
……まぁ一応児童文学なのでねかお


勾玉三部作と同じファンタジーとはいえあまりの違いに良い意味でビックリ。
こんなにもジャンルの違う作品を書けるなんて、よほど発想の豊かな作家さんなんだなぁ。


西の善き魔女〈1〉セラフィールドの少女 (中公文庫)西の善き魔女〈1〉セラフィールドの少女 (中公文庫)
荻原 規子

中央公論新社 2004-10
売り上げランキング : 18363

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)
荻原 規子

中央公論新社 2004-12
売り上げランキング : 58712

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西の善き魔女〈3〉薔薇の名前 (中公文庫)西の善き魔女〈3〉薔薇の名前 (中公文庫)
荻原 規子

中央公論新社 2005-02
売り上げランキング : 60972

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西の善き魔女〈4〉 世界のかなたの森 (中公文庫)西の善き魔女〈4〉 世界のかなたの森 (中公文庫)
荻原 規子

中央公論新社 2005-04
売り上げランキング : 60725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西の善き魔女〈5〉銀の鳥プラチナの鳥 (中公文庫)西の善き魔女〈5〉銀の鳥プラチナの鳥 (中公文庫)
荻原 規子

中央公論新社 2005-06
売り上げランキング : 63463

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西の善き魔女〈6〉闇の左手 (中公文庫)西の善き魔女〈6〉闇の左手 (中公文庫)
荻原 規子

中央公論新社 2005-08
売り上げランキング : 129517

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西の善き魔女〈7〉金の糸紡げば (中公文庫)西の善き魔女〈7〉金の糸紡げば (中公文庫)
荻原 規子

中央公論新社 2005-10
売り上げランキング : 92291

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)
荻原 規子

中央公論新社 2005-12
売り上げランキング : 96452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
24位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。