07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
20
23
24
25
26
28
29
30
31
<< >>

This Archive : 2007年07月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.27 *Fri*

「闇の守り人」上橋菜穂子


闇の守り人
著者:上橋菜穂子
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
女用心棒バルサは、25年ぶりに生まれ故郷に戻ってきた。おのれの人生のすべてを捨てて自分を守り育ててくれた、養父ジグロの汚名を晴らすために。短槍に刻まれた模様を頼りに、雪の峰々の底に広がる洞窟を抜けていく彼女を出迎えたのは―。バルサの帰郷は、山国の底に潜んでいた闇を目覚めさせる。壮大なスケールで語られる魂の物語。読む者の心を深く揺さぶるシリーズ第2弾。



「精霊の守り人」に続く、守り人シリーズ2作目ですきもち


女用心棒バルサは、25年ぶりに生まれ故郷に戻ってきます。
養父ジグロの汚名を晴らし、過去と決着をつけるために。

前作と比べると、物語全体に何とも言い難い暗い雰囲気が漂っている印象でしたかお
今回のキーワードは「復讐」と言っても過言ではないかも。。。


自分の過去をまっすぐに見つめ直すのは本当に難しいこと。
過去に目を背けず向き合う事で、本当の意味で過去を自分のものとすることができるのですね。

あとがきにものせられていましたが、、、「精霊の守り人」は子供に人気があるのに対して、
「闇の守り人」は、どちらかというと大人の読者に人気というのも頷ける気がしました。


上橋さんの、読者を物語に引き込む力は本当にすごいですね~きもち
<闇の守り人>であるヒョウルと、バルサの槍舞いの描写は、まるで映像を見ているかのよう。


個人的には前作よりも、さらに好みのお話でした!


<守り人シリーズ>
精霊の守り人


闇の守り人 (新潮文庫)闇の守り人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子

新潮社 2007-06
売り上げランキング : 14770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
スポンサーサイト

2007.07.22 *Sun*

「精霊の守り人」上橋菜穂子


精霊の守り人
著者:上橋菜穂子
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは身体を張って戦い続ける。建国神話の秘密、先住民の伝承など文化人類学者らしい緻密な世界構築が評判を呼び、数多くの受賞歴を誇るロングセラーがついに文庫化。痛快で新しい冒険シリーズが今始まる。



評判どおり、一度読み始めたらとまらない~~きもち


長編ファンタジー、といえば外国人作家のものが圧倒的に多いので、
日本人作家が書いたというのはとても新鮮に感じました。……が、違和感は全く感じません。

舞台がアジアぽい雰囲気だからなのか、抵抗なくスラスラと読み進めることができましたかお


主人公バルサが、「色気も化粧気もない女用心棒」という設定が面白い(笑)
そして、槍を使えば右に出る者はいない!というほどの短槍の使い手。(剣はともかく槍は珍しいよね)


ひょんなことから、一国の皇子チャグムの用心棒をすることになったバルサ。

初めのうちはチャグムのことを重荷としか考えていなかったバルサが、徐々に心を開いていく様子や、
世間知らずで甘ったれだったチャグムが、逞しく成長してゆく所が見所でしょうか。。。


バルサみたいな逞しくて格好良い女性は憧れですきもち

彼女の隠された過去が明らかになるにつれて、無愛想で冷たい顔の裏の優しさが見えてくる。
知れば知るほど、好きになっちゃうタイプですよ、バルサさん!


ライン



原作があまりに面白かったので、アニメ版DVDも観てみる事にしました。


精霊の守り人 1〈通常版〉 [DVD]
精霊の守り人 1〈通常版〉 [DVD]


最近のアニメはこんなに映像が綺麗なのかぁ~~ちょっとびっくり!!

バルサは本当は色気のない30歳という設定なのに、アニメでは綺麗なお姉さんですね(笑)
それでも逞しさや誰にも媚びない強さはきちんと出ているし、原作に忠実に作ってあると思います。


精霊の守り人オフィシャルサイト


精霊の守り人 (新潮文庫)精霊の守り人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子

新潮社 2007-03
売り上げランキング : 9819

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2007.07.21 *Sat*

「ネバーランド」恩田陸


ネバーランド
著者:恩田陸
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。やがて、それぞれが隠していた「秘密」が明らかになってゆく。驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。



登場人物はみな魅力的なんですが、もうちょっと4人の過去を掘り下げてほしかった気がします~きもち
4人の心に抱えている秘密が、気持ち良く解決されないまま終わってしまったという印象。

でもその割り切れなさが、この恩田さんの独特な雰囲気を作り上げているのかな。
学生時代特有の、甘酸っぱくてどこかくすぐったいような。。。


これは恩田さんの全作品に共通する事かもしれませんが、
登場人物の他愛ない会話が、実は一番面白かったりするのですかお

学生の頃はこんなとりとめもない話をして楽しんでたなぁ、なんてちょっと懐かしさに浸りました。


恩田さんはいつも心の中にある言葉にできない微妙な感情を、的確に文章にしてくれます!
まさにピンポイントなの。その筆力は見事としか言いようがありませんかお


ネバーランド (集英社文庫)ネバーランド (集英社文庫)
恩田 陸

集英社 2003-05-20
売り上げランキング : 47572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2007.07.19 *Thu*

「空色勾玉」荻原規子


空色勾玉
著者:荻原規子
評価:ほしほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
輝の大御神の双子の御子と、闇の氏族とが烈しく争う戦乱の世に、闇の巫女姫と生まれながら、光を愛する少女狭也。輝の宮の神殿に縛められ、地底の女神の夢を見ていた、「剣の主」稚羽矢との出会いが、狭也を不思議な運命へと導く…神々が地上を歩いていた古代の日本を舞台に、絢爛豪華に織りあげられた、人気沸騰のファンタジー。



きっと、私の人生の中でこれからずっと特別な一冊になるであろう作品きもち
身近にこんな素敵な本があったなんて!なんで今まで知らなかったんだろう??


舞台は、まだ神々が人々と密接に結びついていた時代。現代の私達が「神話」と呼ぶような昔のお話。
この物語のテーマとなっているのは万物に対する慈愛、そしてベタだけど永遠の愛ですね(笑)

闇(くら)の氏族でありながら輝(かぐ)に惹かれてしまう水の乙女狭也(さや)
輝の御子でありながら闇に焦がれてしまう稚羽矢(ちはや)

いつの時代も相反する存在というのは、不思議と惹かれあうものなのよね~かお


輝の一族でも闇に惹かれてしまうため「おちこぼれ」とされ、一人閉じ込められていた稚羽矢。
彼は狭也の力(愛の力?笑)によって、徐々に自我を目覚めさせていきます。


「さっきまでわたしは、自分はいつも一人だと思っていた。おぼえのあるかぎり昔から一人だったから。
けれど、どうしてもっと早く気づかなかったのだろう、狭也がわたしのもとへ来てくれたことに。
狭也は何度も来てくれた。くり返し―
今はわかる。狭也がいなくては、わたしは一人でさえないのだ―」


う~キュンとくるなぁ、この台詞。。。
あの涼しい表情でサラッと言われてしまったら、ドキドキしてしまうわ(笑)
狭也のためなら黄泉の国まで行ってしまう(!)稚羽矢の一途な愛に心打たれますきもち


輝と闇の戦いとはいえ、単なる勧善懲悪の世界ではないのがこの作品の良いところですね。
それぞれ自分達の信念や守るべきものがあるんだから、どちらが正しいなんて言えない。

輝は全世界を光で照らし、一つの統一された王国を作ろうとする。
闇はうつろいゆく自然に美しさを感じ、流れに逆らわずにありのままに生きようとする。


世界のあり方に一つの答えなどないのだと思い知らされます。



*ひとつだけ願いがかなうとしたら私は何を望むだろうきもち

富?不老不死?照日王や月代王のように永遠に美しさと若さを保つこと?
稚羽矢がたったひとつ望んだのは、、、ちょっぴり切なく愛に満ちたものでした。


空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)
荻原 規子 佐竹 美保

徳間書店 2005-09-21
売り上げランキング : 267141

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2007.07.17 *Tue*

「影のオンブリア」パトリシア・A・マキリップ


影のオンブリア
著者:パトリシア・A・マキリップ
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
オンブリア―それは世界でいちばん古く、豊かで、美しい都。そこはまた、現実と影のふたつの世界が重なる街。オンブリアの大公ロイス・グリーヴの愛妾リディアは、大公の死とともに、ロイスの大伯母で宮廷を我が物にしようとたくらむドミナ・パールにより宮殿から追いやられる。だがそれはふたつの都を揺るがす、怖るべき陰謀の幕開けにすぎなかった…2003年度世界幻想文学大賞に輝くマキリップの傑作ファンタジイ。



2003年度世界幻想文学大賞を受賞した作品ですきもちほしきもち
タイトルにもなっていますが、地下世界に広がる影のオンブリアがとても魅力的。


一般的なヒロイン像は、容姿端麗、賢く、教養があり、裕福な家柄…というのがお決まりですが、
この物語のヒロインは、ある意味正反対のタイプかもしれません。

リディアは美しく、世渡り上手ではありますが、家は貧しく字を読むのがやっとというほどの教養のなさ(笑)

たまたまオンブリア大公の目にとまり、愛妾として大公の寵愛を受けていた人物なのです。。。
そんな決して完璧ではないヒロインに、ついつい感情移入してしまう自分がいますかお

女魔法使い。自分のことをずっと蝋人形だと思い込んでいる少女。
魔法の力を借りて驚くべき年月を生きているドミナ・パール。

一度読み始めると、魅力的な登場人物と幻想的なオンブリアの世界にのめりこんでしまいますね~きもち


魔法が好きな方、幻想的なファンタジーが好きな方はもちろん、
マリー・アントワネットの世界のような、ドロドロした宮廷陰謀劇が好きな方にもオススメします。


影のオンブリア (ハヤカワFT)影のオンブリア (ハヤカワFT)
パトリシア・A・マキリップ 井辻 朱美

早川書房 2005-03-24
売り上げランキング : 388093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2007.07.10 *Tue*

「グイン・サーガ外伝21巻 鏡の国の戦士」栗本薫


グイン・サーガ外伝21巻 鏡の国の戦士
著者:栗本薫
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
真夜中、ケイロニア王グインのもとを訪れた美しい少年カリュー。彼の怪しげな頼みを入れたグインは、異様な世界に引きずり込まれてしまう。そこは、奇怪な法則が支配し、妖異のものが跳梁する、鏡の国だった!かつてサイロンを揺るがした恐るべき“七人の魔道師”事件も過去のものとなった時代、新たな連れ合いを得た豹頭王がくりひろげる幻惑の冒険行。「蛟が池」「闇の女王」「ユリディスの鏡」連作各150枚を三篇収録。



待ってました!こういうお話が読みたかったんですよ~かお


もう一度七人の魔道師を読み返したくなりました。

ここ最近のグインは政治的な話ばかりで、それはそれで最高に楽しいんだけど。
こういう風に怪奇現象や妖魔でいっぱいの世界こそが、「グイン・サーガだ!」という気がするのです。


この外伝は3つの短編から成っていますが、最後の「ユリディスの鏡」が一番好きだったかな。
予想外の展開でした。(こんな物語を考える栗本さんは、本当にスゴイ…)


グインの愛妾もすごく感じがよかったですね~きもち
常に好機の目にさらされてきたグインは、異形を気にせず心から愛してくれる人を大切に思うのね。。。

本編を進んでいけば、いつかはこの外伝の話にたどりつくんだろうけどいつになることやら(笑)

あとがきでもありましたが、「一生読み続けていたい、でも絶対最終巻を読みたい」そんな作品です!


鏡の国の戦士―グイン・サーガ外伝〈21〉 (ハヤカワ文庫JA)鏡の国の戦士―グイン・サーガ外伝〈21〉 (ハヤカワ文庫JA)
栗本 薫

早川書房 2007-07
売り上げランキング : 409878

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
14位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。