11
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
<< >>

This Archive : 2006年11月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.25 *Sat*

「手紙」東野圭吾


手紙
著者:東野圭吾
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。



東野圭吾さんのお名前だけは、あちこちで聞いていたものの、
今回「手紙」が映画化されたことで初めて興味を持ちました。という訳で初・東野作品で~すかお


一言で「面白い!」というにはちょっとテーマが重過ぎますが、もう本当にページをめくる手がとまらないきもち
非常にスピード感のある展開なので、サクサクと読めてしまいました。


強盗殺人で刑務所に入れられてしまった兄を持つ弟・直貴。

強盗殺人犯の弟。そのレッテルを貼られてしまっているせいで、世間からは白い眼で見られてしまう。
就職、自分の夢、そして恋人さえも自分のもとから離れていってしまう。


「もし直貴のような境遇の人間が近くにいたら自分はどう接するんだろうか?」と考えてしまいます。

当然、同情しちゃうよね…。だって、本人は何も悪くないんだもの。
でもそのような人に「かわいそう」と思ってしまう事自体が、もしかしたら差別なのかもしれません。。。


切りたくても切れない兄弟の絆。

兄の自分を気遣う気持ちを知りながらも、自分を取り巻く苛酷な境遇に次第に苛立ちをつのらせる直貴。
獄中から届く月に1度の手紙さえも、直貴を除々に追い詰めていきます。


最終的に直貴のとった選択は、本当に心苦しいものですね~やりきれなくなりますかお
兄が強盗殺人を犯してしまった理由を考えると、尚更切なくなってしまうなぁ…。


とにかく重い題材でしたが、実際にこのような犯罪が多い世の中なので、考えさせられますね。
映画も是非観てみたいなぁと思います。結局DVD化してからになっちゃうと思うけど(笑)


手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
東野 圭吾

文藝春秋 2006-10
売り上げランキング : 2436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 
スポンサーサイト
tag : 手紙  東野圭吾 

2006.11.13 *Mon*

「アジアンタムブルー」大崎善生


アジアンタムブルー
著者:大崎善生
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
葉子を癌で失ってからというもの、僕はいつもデパートの屋上で空を見上げていた-。万引きを犯し、衆人の前で手酷く痛めつけられた中学の時の心の傷、高校の先輩女性との官能的な体験、不倫による心中で夫を亡くした女性との不思議な縁、ファンの心を癒すSMの女王…。主人公・山崎が巡りあった心優しき人々と、南仏ニースでの葉子との最後の日々。青春文学の名作『パイロットフィッシュ』につづく、慟哭の恋愛小説。



主人公・山崎が、末期癌に冒された恋人と南フランスで過ごす最後の日々を描いた作品。

読み終わったときは、あまりに苦しくてしばらく呆然としてしまいましたきもち
去ってゆく者と置いてゆかれる者。どちらが辛いかといえばやはり置いてゆかれる者でしょうか。。。


自分がもし主人公の立場だったら、日々痩せ細ってゆく恋人を直視できるだろうか?
恋人の最期を看取ることができるだろうか?と考えてしまいます。


「これは全て夢であってほしい」という山崎の切実な願いが痛いほど伝わってきて、とても苦しいかお

山崎とは反対に、自分の死期が近づいていることを自覚している葉子は驚くほどに心穏やかです。
自分の最期が刻々と迫る中「今が生まれてから一番幸せ」という葉子の言葉が心に残りました。


死を前にして人間の力はあまりにも無力。
最後には愛する人との記憶だけが残るのだということを実感させられる小説でした。


アジアンタムブルー (角川文庫)アジアンタムブルー (角川文庫)
大崎 善生

角川書店 2005-06-25
売り上げランキング : 103428

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2006.11.04 *Sat*

「真珠の耳飾りの少女」少女はその後…?


真珠の耳飾りの少女
出演:スカーレット・ヨハンソン コリン・ファース
評価:ほし



【内容紹介】
1665年のオランダ、デルフト。つましい家庭の少女グリート(スカーレット・ヨハンソン)。彼女は、タイル職人の父が事故で失明したことから一家の家計を支えるため働きに出る。そして、画家ヨハネス・フェルメール(コリン・ファース)の家で奉公することとなった。夫婦ゲンカが絶えず、子供たちが騒々しい中で日夜働き続けるグリート。そんなある日、フェルメールはグリートの窓掃除がきっかけで新作を描くきっかけを掴む。フェルメールは彼女の色彩感覚を認め、絵の具の調合を手伝わせるようになる。しかし、フェルメールの創作意欲を刺激するグリートの存在は、やがて周囲に思わぬ波風を起こしていった…。



実際にフェルメールの絵を見たことはないのですが、
主演のスカーレット・ヨハンソンとこの「真珠の耳飾りの少女」の雰囲気がぴったりでした~きもち

ヨハンソンの透き通るような白い肌(ほぼノーメイク?!)、ぽってりした唇は女の私から見てもウットリかお

imgc0ae28ebzikezj.jpeg


フェルメールの奥さん、少しだけでもフェルメールの才能を認めていたら、、、
もっと良い結末が見られたのかもしれませんね。奥さんが嫉妬に狂う姿はちょっと見ていられなかった(笑)
まぁフェルメールの作品に共感する、美しい少女にはどう考えても太刀打ちできないでしょうけど。。。かお


実はこの映画ラブシーンは一切ないんですよね~かお
グリートとフェルメールはお互いを恋愛対象というよりも唯一の理解者として見ていたように感じられます。

二人とも感情を表情や言葉に出さないことで、いろんな意味で含みを持たせた作品ですね。。。


imga46e7131zik0zj.jpeg


フェルメール役のコリン・ファースは、
「ブリジット・ジョーンズの日記」のときはあまり好きになれなかったけど、今回の役柄で見直しました。
無口だけど妙に存在感がある。…というか、どちらかというと威圧感があるかもしれない(笑)


それにしても…この映画を観ながらふと思ったのが、
当時の画家っていうのは有力なパトロンがいないと食べていけなかったのかしら??ということ。

フェルメールほどの才能がある画家でもこんなに苦労しているなら、
才能が認められないために貧しい暮らしをしている画家だって、ごまんといるハズですよね~きもち

この映画を観て、改めてこの時代の芸術家たちの暮らし向きの厳しさを実感しました。
ラスト…主人公グリートが肉屋の少年とその後どうなったのかが気になります(笑)


真珠の耳飾りの少女 通常版 [DVD]真珠の耳飾りの少女 通常版 [DVD]
オリビア・ヘトリード

メディアファクトリー 2005-01-25
売り上げランキング : 5431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
14位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。