11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : ◆BOOKレビュー

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.11.26 *Sat*

『夢みる葦笛』上田早夕里


夢みる葦笛

上田 早夕里 光文社 2016-09-15
売り上げランキング : 29586
by ヨメレバ


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
決して相容れぬモノたちが異形と幻想の物語を彩る、珠玉のSF短編集!
アマチュア音楽家の亜紀が街中で遭遇した人型の白いモノ。イソギンチャクのような頭を持つ奇妙な生物の正体とは!? 日本SF大賞受賞作家の真骨頂! 人工知性、地下都市、パラレルワールド、人の夢―― あなたの想像を超える全10編を収録!
【目次】
夢みる葦笛/眼神/完全なる脳髄/石繭/氷波/滑車の地/プテロス/楽園(パラディスス)/上海フランス租界祁斉路320号/アステロイド・ツリーの彼方へ


めちゃめちゃ面白かった!!!

今年読んだ中でも、おそらくNO.1になるかなというところです。
(今恩田さんの『蜜蜂と遠雷』を読んでるから、それにかかってるかな。笑)

上田さんといえば『魚舟・獣舟』という、素晴らしい作品との出会いに始まり、
しばらくSF作品を追っかけてきましたが、そのどれもが最高級の作品でした。
そして今作、またもや名作が生まれてしまいました・・・!!

表紙絵の美しさ、タイトルの秀逸さもさる事ながら、
近未来SF、地下都市、近い将来に実現するであろう人工知性など、
短編ながらも全て長編のような重厚さを持った、素晴らしい作品集に仕上がっています。

ホラーからSFまで珠玉の短編集



10の短編が収められていますが、ホラーテイストのものからSFまで網羅されています。
特に自分好みだったもの↓

『夢みる葦笛』…ホラーテイストの表題作は、インパクトたっぷり。
町中にイソギンチャクのような、人間のような不気味な生き物が増える話。
人々を幸せな気持ちにさせるその歌声に、亜紀は嫌悪感を抱く。

『眼神(マナガミ)』…まるで伝奇を読んでいるような、というのが第一印象。
山白朝子さん(乙一さん別名義)が描く物語に雰囲気が似ていて、とても好みでした。
村に残る奇妙な風習。<橋渡り>の儀式。勲ちゃんの手紙に涙が出ました。

『上海フランス租界祁斉路320号』…最初はね、「これがSFなの?」と思うんですよ。
1931年、上海。日本の科学者は、上海に日中共同の研究所を開設するが……
上海の猥雑さ、混沌。どこか妖艶さすら感じさせるこの空気が気に入っています。

『氷波』…地球から遠く離れた衛星に配置された人工知性のお話。
タイトルからは想像もできないような、暖かな読後感がしばらく余韻として残りました。
いつの日か、暖かな海を感じられる日が来るんだろうか。

『滑車の地』…荒廃した地、泥の中を蠢めく奇怪な生き物、地下都市。
いやーこの素晴らしい世界観を作ってくれた上田さんに、感謝の気持ちでいっぱい(笑)
なんとも言えぬ後味が残る作品で、これは是非長編で読みたいと思いました。

個人的評価:ほしほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



スポンサーサイト

2016.10.23 *Sun*

『グイン・サーガ外伝23巻 星降る草原』久美沙織



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
草原。見渡す限りどこまでもひろがる果てしないみどりのじゅうたん。その広大な自然とともに暮らす遊牧の民、グル族。族長の娘リー・オウはアルゴス王の個室となり王子を生んだ。複雑な想いを捨てきれない彼女の兄弟たちの間に起こった不和をきっかけに、草原に不穏な陰が広がってゆく。平穏な民の暮らしにふと差した凶兆を、幼いスカールの物語とともに、人々の愛憎・葛藤をからめて描き上げたミステリアス・ロマン。



なんと・・・約7年ぶりの『グイン・サーガ』になるんでしょうか( ;∀;)

栗本薫さんの突然の訃報に茫然とした日のことを、未だ鮮明に覚えています。
あんなにショックを受けたのは、今まで生きてきた中で初めての経験でした・・・
それほどまでに『グイン・サーガ』を愛していて、その世界にどっぷりと浸っていました。

別の作家さんが、栗本さんの遺志を継いで書き続けている。
そんな話も耳にしましたが、栗本さん以外のグインはあり得ない!と思っていました。

でも月日の経過とともに、少しずつ痛みも薄れ、
もう一度だけグインワールドに触れたいなぁという興味が湧いてきて。。。
お馴染みの加藤直之さんの表紙だったこともあり、ついつい手に取ってしまいました!


まずは外伝から



本編の続きが出ていましたが、何しろ131巻目。
7年のブランクの後に、あの壮大なストーリーの続きを読む勇気がなかったので(笑)
まずは1冊で完結できる外伝から!著者は久美沙織さんという方です。

グインファンなら、タイトル『星降る草原』からすぐ分かる。
そう、モスの大海が舞台です。後にアルゴスの黒太子と呼ばれたスカールの幼少時代

いやースカさん大好きだったので、彼のやんちゃな少年の姿が見られて感無量!!!
やっぱり子供の頃から、きかん気で、でも情に厚くて、既にリーダーシップを兼ね備えている。
カッコイイっすなー!13歳(だっけか?)の頃から黒衣を身に纏ってるってスゴイな(笑)

母親のリー・オウは、兄弟達さえ惑わすほどの美貌の持ち主だというから、
きっとスカさんもさぞや美しいのだろう、と思うんだけど、、、
どうしても黒髪、ヒゲ面のオッサンというイメージしか思い浮かばない(爆)

あと、後に最愛の妻となるリー・ファとの出会いも描かれていて、ニマニマしちゃいました。
この2人、本当に素敵すぎる。風のように自由奔放で、同じ場所に留まらない。

スカールの愛馬ハン・イーの名前の由来も分かって、
あのシーンは、思わず涙してしまいました・・・あぁ、もうズルイよ( TДT)


久美さんのグインは最高でした。



という訳で、読み始めの十数ページはやはり少し違和感はあったものの、
文章が栗本さんに近い印象だったので、どんどん物語にのめり込む事ができました。

あとがきからも分かるように、ご本人も最初は恐る恐るという感じだったようですが。
(まー日本中のグインファンの目が光っていますからね。笑)
筆が乗ってくると、作者さんも楽しんで書かれているのが伝わってきました!

この後は、引き続き外伝を読み進めてみるか・・・
または勇気を出して本編131巻『パロの暗黒』を読んでみるか・・・
本編のほうは賛否両論があるらしいので、手に取るのがちょっと怖いです(ΦωΦ)

個人的評価:ほし


ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


2016.10.08 *Sat*

『本日は大安なり』辻村深月


本日は大安なり (角川文庫)

辻村 深月 KADOKAWA/角川書店 2014-01-25
売り上げランキング : 55417
by ヨメレバ


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
11月22日、大安。県下有数の高級結婚式場では、4月の結婚式が行われることになっていた。だが、プランナーの多香子は、クレーマー新婦の式がつつがなく進むか気が気ではない。白須家の控え室からは大切な物がなくなり、朝から式場をうろつくあやしい男が1人。美人双子姉妹はそれぞれ、何やらたくらみを秘めているようで―。思惑を胸に、華燭の典に臨む彼らの未来は?エンタメ史上最強の結婚式小説!


積読本消化計画8冊目。残り72冊。

お久しぶりーの辻村さんです。
どうやら2年前に読んだ『ツナグ』が最後だったようで。

初期の頃は、学園ミステリが大好物で追っかけていたんですが、
途中から作風が変わってきたこともあって、辻村さんから少し離れていました。
『冷たい校舎の時は止まる』とか『子どもたちは夜と遊ぶ』大好きでしたねー


2年ぶりの辻村さん。



さて、2年ぶりの辻村作品ですが、なかなか面白かったです!
「結婚」を題材にした4組のカップルのドタバタ劇なんですが、
結婚式って大変そうーと思う反面、やっぱり素敵なことだなぁと思ったり。

ただ事前の準備とか莫大なお金の事を考えると、
無事終わった後には、精も根も尽き果ててしまいそう・・・(笑)

300万もお金をかけて結婚式をした半年後に、
残念なことに、性格の不一致で別れてしまった友達カップルがいますが、
そう考えると、ちょっとリスキーな一大イベントになりますねΣ(・∀・;)


クセのある登場人物たち



相馬家・加賀山家・・・美人の双子姉妹・鞠香と妃美佳が新郎に仕掛ける勝負
十倉家・大崎家・・・最後までプランナーを困らせるわがままギャル系新婦・玲奈
東家・白須家・・・大好きなりえちゃんを守りたい!小学生・真空の一途な気持ち
鈴木家・三田家・・・新郎・陸雄はひたすらイラッとするダメ男(ΦωΦ)

4組のカップルのうち、特に面白かったのは東家・白須家ですね。
だって、過去の辻村作品の狐塚と恭司が登場しているんだものー!!
予備知識なしで読んだので、嬉しいサプライズでした。

鈴木家・三田家は、もう新郎の陸雄に最初から最後までイライラしっぱなし。
なんか読みながら、矢沢あいさんの『NANA』を思い出してしまいました。
バンドやっててイケメンで、でもろくでもない・・・ってこんなキャラいなかったっけ(笑)

早くも今年残り3ヶ月を切りました。
積読本消化がさっぱり進みませんが、来年に持ち越しになりそうだなー

個人的評価:ほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

tag : 辻村深月 

2016.09.17 *Sat*

『深泥丘奇談・続々』綾辻行人


深泥丘奇談・続々 (幽BOOKS)

綾辻 行人 KADOKAWA/角川書店 2016-08-01
売り上げランキング : 117276
by ヨメレバ


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
鬼才、綾辻行人の奇なる跳躍!“もう一つの、ありうべからざる京都”に住まうミステリ作家が遭遇する、奇天烈な怪異の数々。当惑と恐怖、驚愕と忘却の繰り返しのうちに月日は流れ…ついに“世界”は、目眩く終焉を迎える―!?破格の怪談絵巻、待望の第三集にして完結篇。
【目次】
タマミフル/忘却と追憶/減らない謎/死後の夢/カンヅメ奇談/海鳴り/夜泳ぐ/猫密室/ねこしずめ



『深泥丘奇談』『深泥丘奇談・続』に続く完結編ですきもち

ホラーというよりも、タイトルにあるように「奇談」というのがしっくりきますね。
"もう一つの、ありうべからざる京都"を舞台に、ミステリ作家(綾辻さんがモデル)が出会う
様々な怪異や不思議な出来事を描いた作品です。

1作目を読んだ時は、夢と現実が曖昧になったような世界観に慣れず、
「オチなし、山場なし(´・ω・`)」と、かなり失礼な事を思っていたんですけど(笑)

2作目、3作目を読んでいくにつれて、
この薄ぼんやりとした奇妙な空気が、だんだんと心地良くなってきて・・・
読み終えた頃には、まだまだこの世界に浸っていたいという気持ちにさせられました。


奇妙なお話の玉手箱



今作は9つの短編が収められていますが、
独立しているように見えるものの、お話同士が少しずつリンクしているのが面白い!

ぼたん 記憶を司るという奇妙な<面>に惑わされる『忘却と追憶』
ぼたん 交通事故で死んでしまい、死後の世界に行ったと思いきや・・・『死後の夢』
ぼたん 老舗ホテルのプールで、深夜に起きた恐怖を描く『夜泳ぐ』
ぼたん プロットとはこんな風にして作られるのかと感心した『猫密室』
ぼたん 想像すると妙にシュールで可愛い!?猫好きは必読の『ねこしずめ』

このあたりが特にお気に入りでしたねー
前2作と比べると、コミカルな描写も増えていてとても楽しめました。
『猫密室』は、是非綾辻さん短編で出して下さい。読んでみたい!!


今回も装丁にうっとり



このシリーズのブックデザインは、全て祖父江慎さんが担当されていますこもの

これね、電子書籍なんかじゃなくて、ちゃんと紙の本を手に取って欲しい!!
中のページからカバー下に至るまで、隅々まで手を抜いていないんですよね~。
手触りまで違って、視覚でも触覚でも楽しめるというこだわりっぷり。

作中にもあちこちにイラストが散りばめられていて、遊び心たっぷりです。
今回も「やっぱり紙の本っていいな」と実感できる作品でした。

シリーズはこれにて一旦完結らしいですが、
あとがきによると、もしかしたら続きを書くかも?いや、どうかな?・・・と、
これまたこの本に相応しい、ぼんやりとした曖昧さで幕を下ろしました(笑)

個人的評価:ほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


2016.09.11 *Sun*

『挫折を経て、猫は丸くなった。』天久聖一・編



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
一瞬で読める、自由で楽しい416の物語。書かれているのは冒頭だけ。続きは読み手のイマジネーション次第。選りすぐりの新しい文学、ここに集う!


完璧にジャケ買い(*´∀`*)

だって、こんな真ん丸の目をしたネコちゃんに見つめられたら・・・!
ネコ好きじゃなくても買わずにはいられないですよ。(ネコ好きだけど。笑)

というわけで、ほぼ予備知識のないまま購入してしまったというツワモノですが、
これがまたすごく面白くて、あっという間に読み終わってしまいました。

「書き出し小説」という、物語の最初の一文だけを集めたちょっと特殊な作品。
最初は、現存する小説の中で印象的な書き出しを集めたものかと思っていたんですが、
どうやらこの企画のために、一般から募集された作品の中から厳選したようです。


挫折を経て、猫は丸くなった。



こんな印象的な書き出しで始まったら、一体どんな物語なんだろう?と思いますよね。

最初のワンフレーズで、無限に想像が広がりイマジネーションが刺激されます!
ある意味、たった一文だけで読者の心を掴まなきゃいけないんだから、
作者の全てが詰まった渾身の作品である必要がありますね!(笑)

この本には416本の書き出しが収められているんですが、
中でもちょっと気に入っているものを一部抜粋。

上陸した猫は、各地に深い爪痕を残していった。(P23)
猫がやらかした事に対する絶望と、作者さんの猫好きが伝わる書き出しですね。
何となく主人公は若い男の子のような気がする。(完璧な妄想

「いいか、おまえは何もするな」未来から来た自分に言われた。(P51)
未来の自分、一体何をしてしまったんだ!?このままいくと何かとんでもない事が起こる。
どうやらタイムトラベルが可能になったSF設定らしい。続きが気になるぞー

もう米のことなどどうでもいい平八郎だった。(P118)
何が起こった、大塩平八郎(笑)


自分のお気に入りの書き出しは



皆さん、最初の書き出しが印象的だった本ってありますか??
普段は意識しないんだけど、時々「オッ(・∀・)」と思うような書き出しに出会う事があります。

昔、こちらのブログで最初の1行目から引き込まれる本を紹介したことがありますが、
『グイン・サーガ』(栗本薫)・・・「それは― ≪異形≫であった。」
『屍鬼』(小野不由美)・・・「村は死によって包囲されている。」
特にこの2つのフレーズは何年経っても、鮮明に記憶に残っています。

インパクトのある書き出しに出会ったら、メモしておくと面白いかもしれませんね。
数年後に、そのメモを眺めて思いを巡らすのも楽しそうー!


個人的評価:ほし

ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
33位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。