03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.10.23 *Sun*

『グイン・サーガ外伝23巻 星降る草原』久美沙織



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
草原。見渡す限りどこまでもひろがる果てしないみどりのじゅうたん。その広大な自然とともに暮らす遊牧の民、グル族。族長の娘リー・オウはアルゴス王の個室となり王子を生んだ。複雑な想いを捨てきれない彼女の兄弟たちの間に起こった不和をきっかけに、草原に不穏な陰が広がってゆく。平穏な民の暮らしにふと差した凶兆を、幼いスカールの物語とともに、人々の愛憎・葛藤をからめて描き上げたミステリアス・ロマン。



なんと・・・約7年ぶりの『グイン・サーガ』になるんでしょうか( ;∀;)

栗本薫さんの突然の訃報に茫然とした日のことを、未だ鮮明に覚えています。
あんなにショックを受けたのは、今まで生きてきた中で初めての経験でした・・・
それほどまでに『グイン・サーガ』を愛していて、その世界にどっぷりと浸っていました。

別の作家さんが、栗本さんの遺志を継いで書き続けている。
そんな話も耳にしましたが、栗本さん以外のグインはあり得ない!と思っていました。

でも月日の経過とともに、少しずつ痛みも薄れ、
もう一度だけグインワールドに触れたいなぁという興味が湧いてきて。。。
お馴染みの加藤直之さんの表紙だったこともあり、ついつい手に取ってしまいました!


まずは外伝から



本編の続きが出ていましたが、何しろ131巻目。
7年のブランクの後に、あの壮大なストーリーの続きを読む勇気がなかったので(笑)
まずは1冊で完結できる外伝から!著者は久美沙織さんという方です。

グインファンなら、タイトル『星降る草原』からすぐ分かる。
そう、モスの大海が舞台です。後にアルゴスの黒太子と呼ばれたスカールの幼少時代

いやースカさん大好きだったので、彼のやんちゃな少年の姿が見られて感無量!!!
やっぱり子供の頃から、きかん気で、でも情に厚くて、既にリーダーシップを兼ね備えている。
カッコイイっすなー!13歳(だっけか?)の頃から黒衣を身に纏ってるってスゴイな(笑)

母親のリー・オウは、兄弟達さえ惑わすほどの美貌の持ち主だというから、
きっとスカさんもさぞや美しいのだろう、と思うんだけど、、、
どうしても黒髪、ヒゲ面のオッサンというイメージしか思い浮かばない(爆)

あと、後に最愛の妻となるリー・ファとの出会いも描かれていて、ニマニマしちゃいました。
この2人、本当に素敵すぎる。風のように自由奔放で、同じ場所に留まらない。

スカールの愛馬ハン・イーの名前の由来も分かって、
あのシーンは、思わず涙してしまいました・・・あぁ、もうズルイよ( TДT)


久美さんのグインは最高でした。



という訳で、読み始めの十数ページはやはり少し違和感はあったものの、
文章が栗本さんに近い印象だったので、どんどん物語にのめり込む事ができました。

あとがきからも分かるように、ご本人も最初は恐る恐るという感じだったようですが。
(まー日本中のグインファンの目が光っていますからね。笑)
筆が乗ってくると、作者さんも楽しんで書かれているのが伝わってきました!

この後は、引き続き外伝を読み進めてみるか・・・
または勇気を出して本編131巻『パロの暗黒』を読んでみるか・・・
本編のほうは賛否両論があるらしいので、手に取るのがちょっと怖いです(ΦωΦ)

個人的評価:ほし


ライン

≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

2008.10.11 *Sat*

「グイン・サーガ123巻 風雲への序章」栗本薫


グイン・サーガ123巻 風雲への序章
著者:栗本薫
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ハゾスは、シルヴィアが生んだ赤子を殺すことができずロベルトに託し、公けには、王女は想像妊娠であったとして、赤子の存在を隠蔽した。そして、彼女の不祥事に関与した者たちを訊問し、事実関係を詳らかにしてゆく。苦悩するグインは、シルヴィアと話し合おうとするのだが、彼女からは憎しみに満ちた罵声を聞くばかりで、ついにグインは訣別の言葉を告げる。そして皇帝アキレウスも大きな決断を迫られようとしていた。



でたでた、グイン新刊~きもち

この表紙、かなりお気に入りです。立派になったね、グイン…。
ルードの森で裸同然で現れたのを思い出すと、なんだか感慨深いものがあるわぁ。

前巻があまりにも陰惨きわまりなかったので、ちょっとドキドキしていたんですが。
今回はやっとこさ"ホッ"と一息つける展開でした(笑)

シルヴィアは影も形もなく、もう既に過去の人になりつつありますかお
や、それでもあの呪われた子供はどうなるの?!って気がしないでもないですが。
まぁ、なにはともあれ"腐臭"からは逃れられたようでよかったわ。。。

グインとオクタヴィアをくっつけるなんて話もあったけど、それはやめて欲しいです。
何故かオクタヴィアって好きじゃないの。 (美形なんだけどね) 
男装のイリスのままなら良かったんだけどなぁ…。皇女になってからは、影が薄いよね。


で、今回!!ものすごく久々に大好きなイシュトヴァーンとカメロンが登場しますかお

イシュト、、、あなたの残忍さは痛いほど分かっているけど…
リンダを利用するのだけはやめてくれぇ~~きもち  あなたの初恋の人だよ??

未だに"王になってリンダを迎えにくる"という約束を信じているnanacoですが。
でも、今更くっつくにはもう遅すぎるのかなぁ。
あまりにも二人の状況も、想いも変わりすぎちゃってるのね。切ないです。

この先は、やっぱりあのスーティが鍵になってくるようで。
父親イシュトヴァーンとの対面が怖いですきもち



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.08.10 *Sun*

「グイン・サーガ122巻 豹頭王の苦悩」栗本薫


グイン・サーガ122巻 豹頭王の苦悩
著者:栗本薫
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
忠実な臣下たちとの再会を喜びつつケイロニアに帰国したグインは、国民から盛大な歓呼の声をもって迎えられた。そしてなによりも、グインの長の不在に心ふさいでいたアキレウス帝の喜びようはひとしおであった。しかしそのような光り輝く歓喜とは裏腹に、サイロンの王妃宮の奥深くで、シルヴィアは要人にあるまじき乱行に耽溺した結果、誰とも知れぬ男の子供を宿し、事態の急を知ったハゾスによる追及のさなか、出産する。



待ちに待ったグインの新刊、読了しましたきもち

前の巻の終わり方があまりにも衝撃的だったので、今回はビクビクしながら読み始めたんですが。
………終始 陰惨 としか言いようがありません(笑)

この手の問題に全く耐性がなかったグインには、むごい展開だなぁ…。
誰からも敬愛され、強靭な精神力を持つグイン。
彼は"恐れ"や"苦悩"という言葉からはもっともかけ離れていたはずなのに。

生まれて初めて(?)愛した人が、こんな人だったとはねぇかお
こりゃ女性恐怖症になるだろうネ。やっぱりグインの奥さんは人間界で見つけるのは難しいのか。

…で、結局子どもの父親って誰??
黒い目と薄いブルーの目を持つ子って、なんだか只者じゃないオーラが漂っているんですが。
"醜い""発育不全"とはいえ、アリストートスみたいのに育ったら嫌だな…きもち

このシルヴィアの子と、アムネリスの子ドリアン、そしてイシュトの隠し子スーティ。
後々この3人の子ども達の人生が、交差してくることになるのでしょうか…。

ミロクの聖地ヤガへ旅立ったスーティが、今どうしているのかかなり気になっています。

陰惨きわまりない展開も、この巻だけでどうやら決着がついたようなのでホッとしました!
クム編みたいに長々と続いたらどうしようかと思った(笑)

次巻からはまた新たなストーリーが期待できそうですよ~きもち



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.06.07 *Sat*

「グイン・サーガ121巻 サイロンの光と影」栗本薫


グイン・サーガ121巻 サイロンの光と影
著者:栗本薫
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
古代機械によって記憶を「修正」されたグインは、自分がケイロニアの豹頭王であることを思い出したのだが、逆に、パロの内乱前後からの最近の記憶がなくなってしまった。あれほど可愛がっていたスーティのことまで忘れてしまっていた。それはフロリーに、ミロク教の聖地ヤガへの旅立ちを促すようでもあった。そしてグインは忠実な臣下の迎えを得て帰国する。しかし彼を待ち受けていたのは、必ずしも歓喜の声だけではなかった。



表紙の絵、初めは誰かわからなかったけど、ハゾス…??こんな男前だったとは(笑)

ハゾスにはとんでもなく災難続きの巻でもあります。
とうとうパロを出て、病床のアキレウス大帝の為、強行軍でケイロニアに向かったグイン一行。

グインを熱烈に崇拝しているケイロニア中が歓喜の嵐です~きもち
あのとんでもないクム&パロ編の後だけに、ケイロニアの実直さと素朴さが心地良いですね。


自分の存在を快く受け入れてくれるケイロニアに戻り、ホッとしたのも束の間。
新たな難問…というよりもグインにとって唯一の悩みの種であるシルヴィア王妃の問題がかお

第三話「腐臭」って… すごいタイトルだなぁ(笑)

まさか…と思ったけど、そのまさかなんですよね。もう考えるだにおぞましいわ…。
シルヴィアよ、、、そこまで堕ちたか…!!

またまた面白いところで終わっちゃうんだもの…。続きは2ヶ月後までお預けですきもち



≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

2008.04.12 *Sat*

「グイン・サーガ120巻 旅立つマリニア」栗本薫


グイン・サーガ120巻 旅立つマリニア
著者:栗本薫
評価:ほし



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ケイロニアからの使節が到着し、クリスタルはその歓迎のあわただしさに包まれていた。しかしマリウスは、自らの去就を決めあぐね、パロ側でもその存在をもてあましていた。一方、催眠治療の結果、グインの記憶は古代機械に深く関係していることが明らかになり、グインを古代機械のもとへ連れて行ったところ、一度封印された機械がよみがえり、彼の体を光線で覆い、ついにその記憶を失踪以前のものに「修正」してしまった。



待ってました!!!グインの新刊ですかお

ケイロニアとパロとの友好関係、フロリー親子の旅立ち…
アモン戦以来の混乱がひとまずは終息し、あるべきところに収まったという感じですね。
何とも穏やかな巻でしたが、今後の激動を伺わせるようなキーワードも。。。

ミロク教徒。

もともとは、かの怪しげな国キタイ発祥ってのがなんだかねぇきもち
グインにとってはもはや存在自体が悪夢に近いヤンダル・ゾックが一枚噛んでたりするのかも。

ミロク教徒の聖地【ヤガ】も、理想郷というよりはかなり胡散臭い場所のような気がしますかお
実際これでキタイが絡んでくるとなると、ヤガを舞台にした物語はかなり面白くなるだろうなぁ(笑)
そんなヤガでスーティが大活躍するような気がしてならない…というかそうなって欲しい。


それにしてもスーティはどんな青年に成長するのでしょうきもち

ミロク教徒の慎ましやかな母フロリーと、今や殺戮王となってしまった父イシュトの間に生まれたスーティ。
スーティの大ファンのnanacoは、逞しく成長した彼の姿を何としてでも見てみたいのです!(笑)


*リンダとハゾスってピッタリだと思ってたけど…
そういえばハゾスって妻子持ちだったんだっけ…(笑)あぁ、残念。


ライン


栗本さんの容態も、手術が成功したようでひとまずは安心です。

あとがきで「あと五年しか余命がないにしても20冊は書ける」ということを仰っていましたが…
栗本さん、無理をしなくても良いのでまずは身体を労わって、健康第一に考えて下さい。

そして、超スローペースでも構わないので、必ずグインを完結させて欲しいなぁ。。。


旅立つマリニア―グイン・サーガ〈120〉 (ハヤカワ文庫JA)旅立つマリニア―グイン・サーガ〈120〉 (ハヤカワ文庫JA)
栗本 薫

早川書房 2008-04
売り上げランキング : 296588

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





≪検索用INDEX≫ (クリックすると別ウィンドウで開きます♪)
    作家名から調べたい時は… ◆ 作家別 INDEX ◆
    作品名から調べたい時は… ◆ 作品別 INDEX ◆

    ブログランキング・にほんブログ村へ 
    にほんブログ村 

ブログパーツ

遊びに来てくれてありがとう☆

プロフィール

ななこ

Author:ななこ
本のレビューを中心に
のんびりと更新しています。

ミステリ、ファンタジー、SF等
ふと現実を忘れられる作品が好きです。
コメント&トラックバック、大歓迎!

積読本消化計画
2016年も始めました!


☆ななこの自己紹介☆

プロフ


☆心に残った言葉☆
随時更新中!


entry_img_1396.jpg


☆ランキング参加中です☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

レビューの評価について

基本的に評価は甘めかもです。
ストーリーはいまひとつでも、キャラが良ければ全て良し!雰囲気が良ければとりあえず許せる!みたいな所もあります(笑)

ちなみに5つ星に王冠マーク ほし が付いているものは永久保存版きもち

ほし もう最高っ!!
ほし 面白い☆
ほし 惜しいあと一歩
ほし まぁまぁ良い
ほし 普通です。
ほし 苦手…
ほし 何も言えない

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

作者・作品別INDEX

アリスドーム

お友達&よく遊びに行くサイト

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
1013位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミステリー
20位
アクセスランキングを見る>>

人気ページランキング

よく遊びに来て頂いているページです♪

只今読書中!

nanacoの今読んでる本

最近読んだ本


nanacoの最近読んだ本

最近観た映画

nanacoの最近観たビデオ

twitter

注目コミック新刊

愛読コミックの新刊情報です☆

◆2015年マイベスト3◆

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

1位 百年法
(山田宗樹)


不老不死が実現した世界で、100年後には強制安楽死させられてしまう。

自分ならどうするだろうか、と思わず考えてしまう近未来SF作品。近い未来本当にこんな事が起こりそう。

スピード感あり、とても面白い作品です。
映像化希望!



絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)

2位 絶望名人カフカの人生論
(カフカ/頭木弘樹・編訳)


フランツ・カフカといえば、
ある朝起きると、巨大な虫に変身していた『変身』などが有名ですが、 カフカ自身のネガティブさ加減には、思わず吹き出してしまうほどです・・・!(笑)

あまりにも自虐的でネガティブゆえ、自分の悩みなんかちっぽけに思えてしまう。
元気のない人にこそ、読んで欲しい一冊。



EPITAPH東京

3位 EPITAPH東京
(恩田陸)


エッセイ風の物語、自らを「吸血鬼」と名乗る男の追想、そして作中の戯曲。
・・・と、3つのパートに分かれて物語は進んでいきますが、正直相当のカオス状態(笑)

でも、シェイクスピアの「エピタフ」(墓碑銘)だったり、 なかば都市伝説的な平将門の首塚の話、動物交差点の話など、とにかく雑学が豊富。

何故か最後まで面白く読めてしまった一冊です。

★4位以下はこちら

◆2014年マイベスト3◆

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

1位 ハーモニー
(伊藤計劃)


もうとにかく面白くて、想像以上に読み易かった事に驚きでした!

戦争、疫病、、、この世の全ての悪を取り除き、完璧に管理された世界は、
ある一人の少女によって綻び始めます。

劇場アニメ化もされ話題になった作品。



深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

深紅の碑文 (下) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

2位 深紅の碑文
(上田早夕里)


第32回日本SF大賞を受賞した、
「華竜の宮」の続編です。

陸地の大部分が水没した未来。
地球規模の未曽有の大異変を前に、人類はどう対応するのか??

SFですが、決して遠い未来ではない世界の姿かもしれません。傑作です。



ウール 上 (角川文庫)

ウール 下 (角川文庫)

3位 WOOL
(ヒュー・ハウイー)


<サイロ三部作>の第一部目。

全ての生き物が死に絶え、荒廃した未来の世界。 生き残ったわずかな人間達は、地下144階建てのサイロで暮らしているという設定。

<清掃の刑>やらサイロの秘密やら、とにかく謎ばかりの展開で、夢中になって読みました。

★4位以下はこちら

◆2013年マイベスト3◆

金色機械

1位 金色機械
(恒川光太郎)


めちゃめちゃ好みのお話だったー!!

恒川さんといえば幻想的でちょっぴり怖い世界観が魅力なんだけど、
今回はSF・ファンタジーで味付けされた時代物。恒川さんの新境地です。

切なく悲しく、人間臭い恒川ワールドを是非堪能してみて下さい。



10月はたそがれの国 (創元SF文庫)

2位 10月はたそがれの国
(レイ・ブラッドベリ)


不気味・奇妙・不思議。
・・・と3拍子揃ったこの作品。

全体的にホラー色が強く、特に「群衆」「びっくり箱」は一度読んだら忘れられません。

読んでいるうちに、のめり込んでしまう事間違いなしの短編集です!



新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)

3位 新選組 幕末の青嵐
(木内昇)


これを読んだら、絶対新選組が好きになる!保証するよ(笑)

様々な隊士の視点から進んでいく物語。皆がカッコ良くて(沖田さんは可愛くて)素敵すぎる。
女性作家さんならではの繊細で、それでいて力強い描写が魅力的でした!

それにしても、土方さんの男前っぷりは異常(* ̄∇ ̄*)

★4位以下はこちら

メールフォーム

お気軽にメッセージ下さいね♪

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © ++薫風日記++ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。